FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



Thai & Laos sutdy tour at 1st day

この年末、ダルニー奨学金に賛同した、
新潟県高校教員のあるグループさんが、
海外研修のためタイ・ラオスへ視察旅行に行かれました。

旅行サポートとして、
新潟ダルニー連絡会から、
数名のドナーが同行させていただきました。
現地では、強行スケジュール!
スケジュールをサポートした日本事務局から、
「完遂は絶対無理」というお墨付き(笑)をつけたほど。

早速、Thaiから当ブログへのアクセスが来ていますので、
今日からThai&Laos旅行のリポートします。

1日目
 6:20  起床 
 7:00  家出発
 7:30  新潟空港集合

breakfast

9:25  韓国仁川空港へ
food in Korea air

味が薄い・・というか、ほとんど塩味がしない。
アテンダントに塩をリクエストしたら、無い・・・・。
一緒に行った人に後で聞いたところによると、
コリアエアでは、コチジャンチューブがワゴンに在って、
リクエストした人のみくれるそうです。

11:55   韓国仁川空港到着
韓国出発までナント6時間の待機・・・。
一緒に行く先生方は、
ラオス現地の文化交流会で行う出し物、
ジェンカ、マイムマイム、世界に1つだけの花などなどの、
振り付け練習。
外国の方が写メで練習風景を撮ってました(笑)
in 仁川airpotin 仁川airport1 in 仁川airport2


17:25  韓国仁川空港出発 バンコクへ
仁川-Bangkok food in plane


21:20  バンコク・スワナプーム空港到着
arraival at suyamabhumi airport

空港を出ると熱風が。
雨季に比べるれば蒸し暑さは低いとはいえ、
やはり冬の新潟から比べれば暑い!!
一気にタイモードになりました。
EDF staff 出向かえられてバンでホテルへ。

22:30  ホテルにチェックイン
check in TK Palace Hotel

6年前新ダ連の旅行で泊まったホテルと同じ!
懐かしい・・・・
TK PALACE HOTEL 1 TK PALACE HOTEL 2

明日は、4:00amホテル発なので、3:00起き!
シャワーを浴びて早々に仮眠。

他の先生方は、文化交流で使う
65本のキュウリと大葉の処理作業もあって、
ほとんど寝ていないようでした。
お疲れ様でした。

まだまだ明日も移動。
最終目的地ラオスはまだまだ遠い・・・
スポンサーサイト




Thai & Laos study tour at 2nd day

2日の今日のゴールは、
ラオスとの国境の町、タイのナコンパームまでの移動です。
途中3年前の先生方の研修旅行で訪ねた学校に、
寄って感動の再会&交流をする予定です。

4:00 ホテルをチェックアウト。
5:00  ドンムアン空港に到着。
271207 at Don Muang airport

ここの空港でも空いた時間があれば、
先生方は出し物の練習。この情熱、すごいです・・・・

6:15  ドンムアン空港離陸 コーンケーン県へ
初めてのタイ国内線・・・
テイクオフするとすぐ、
ランチボックスで朝食が出て来ました。
food in Thai airline food in thai air

一見不味そうだったのですが、
味がしっかりついていて、これがとてもおいしい!
コーヒーも濃い目でgood!
さすが顧客満足度1位、機内食コンテスト1位!
男性キャビンアテンダントもイケメンでgood(笑)。

食事が終わると、空も明るくなって来てきました。
271207タイ上空

約1時間ほどのフライト。
着陸近くになると、地上は地方の農業地域に。
211207コーンケーン県上空


7:10 コーンケーン空港到着
空港には、教育委員会職員の方々が出迎え。
271207 県教育委員会スタッフ出迎え

EDFツアーでは、多くの教育委員会の職員の方に、
移動手配や実際の輸送をお願いしているそうで、
この職員の方とは、先生達は、3年前ぶりの再会だそうです。
県によっては、依頼を断られることもあるそうです。
EDF box in airport

空港出口に、EDFの募金箱がありました。

7:30  マサハラーカム県バンコーエン村へ移動。
9:00  バンコーエン村到着。3年ぶりに学校訪問。
この学校は、3年前のスタディーツアーで訪れた学校で、
先生方にとっては、旧友との3年ぶりの再会だそうです。
3年前の訪問を覚えていた生徒もいて、
全校生徒集まって歓迎してくださいました。
コーエン村学校訪問 271207コーエン村学校訪問2

自己紹介、お土産贈呈、写真撮影が終わると、
お昼を用意していてくださいました。
コーエン村での食事1 コーエン村での食事2

タイのココナッツのお菓子や
肉団子入りのお粥などなど、とてもやさしい味で、
おいしかったです。
コーエン村での食事3 コーエン村での食事4

コーエン村での食事5 コーエン村での食事6

コーエン村での食事7

食事をしながら、芳名帳に記帳したり、名前交換したり。
3年前の芳名帳の記録や写真も残っていました。

食後は、生徒の生演奏の下、プチ文化交流です。
生徒による伝統楽器ケーンとギターの生演奏が始まり、
両国の先生方によるダンスタイムとなりました。
コーエン村での交流1 コーエン村での交流2

宴会が終わると、校舎内の見学へ。
学校の食堂 学校のPCルーム

3年前には無かったPCルームが新に建築されたとかで、
生徒はゲームにいそしんでいました。
学校の飼育小屋 学校の校庭

見学が終わって戻ってくると、
今度は遠巻きに見ていた生徒たちを誘い入れ、
巨大マイムマイムです。
生徒とマイムマイム1 生徒とマイムマイム2

ここの生徒達は、
かなり高そうな制服を着ているので、
裕福な家の子どもたちが通っているようです。

最後に、校長先生より一人一人にお土産を頂きました。
タイのもち米を蒸した「カオニャオ」です。
お土産のカオニャオ2  お土産のカオニャオ


11:00 コーエン村の学校を出発、ナコーンパノム県へ。

12:00 地元の食堂でお昼、タイ麺「クイティオ」を食べる。
町の食堂にて1 町の食堂にて2

タイの麺料理「クイティオ」 タイ定番の調味料

タイの屋台料理は、大抵薄味で、
テーブルには調味料が置いてあり、
砂糖、唐辛子、酢などで自分の好みの味にして食します。
19人で麺を食べ、ビールを1本ずつ飲んで、
2000円ちょっと。安いですねぇ。

17:00 今日宿泊のナコーンパノムのホテル、
「Nakhon Phanom River View Hotel」に到着。
教育委員会の皆さんにはここでお別れ。
5時間以上のドライブありがとうございました。

18:00  ホテルにて夕飯
メコン川のほとりのテラスで、
タイ料理を満喫。やっとタイに来た実感がわきました!
豚肉の香味揚げ 豚肉と青菜炒め
ソムタム グリーンカレー

鶏肉の香味和え ラープ・ムー

イカと海老の和え物 トムヤムクン

海老トースト

食後は、希望者だけで、
タイの乗り物「トゥクトゥク」に乗って、
近くのパークで開催中のフェスティバルへ。
トゥクトゥクから トゥクトゥク
帰りは、途中、スーパーに寄ったりして、
1人往復で100バーツ、300円ほどの運賃でした。

部屋に戻ると、
対岸のラオスにきれいな月が・・・
メコン川上の月

タイ側と比べても、明かりが少ない。
聞けば、ラオスの星空は本当にすばらしいとか。

いよいよ明日はラオス入りです。
楽しみ!






Thai & Laos study tour at 3rd day

3日目。
今日はいよいよラオス入り。
ホームステイする村に到着します。

6:00  ホテルで朝食
朝食は、ビュッフェスタイル。
ラオス式目玉焼き、クイティオ、生野菜を食べました。
breakfast in view hotel

7:00  ホテルチェックアウト
flower at view hotel entrance

7:20  メコン川を渡り入国手続き
荷物運び人1

タイ側、ラオス側ともに出入国は、
河川敷まで上り下りしなくてはならないので、
1人20Bでポーターさんが船まで運んでくれます。
8:30  メコン川を渡ってラオス側へ。
9:00  ラオス入国手続き後、村に出発
途中、教育庁にて車椅子を3台贈呈。
新潟工業の生徒さん達が修理した車椅子3台を、
新潟から手荷物扱いで運びました。
教育庁?にて車椅子贈呈  車椅子贈呈2

贈呈後、村に村に向けて出発。
PC280411.jpg  PC280413.jpg

タイの舗装された道路と違って、
町を外れると、砂利や赤土の道路が続きます。

10:30 バドシェンヂー村に到着
全校生徒、村人が大歓迎してくれました。
整列した子どもたちは、目が合えばなおのこと、
ただ前を通り過ぎるだけでも、
「サバ~イ・ディ~」といって、
合掌の挨拶をしてくれます。
ほんとにかわいい。
PC300609.jpg PC300607.jpg


村の集会場?に移動して、
歓迎のセレモニーです。
「バイシー」という友情のお祭りです。
まず、長老と訪問者は、
中心に置かれた飾りものに手を添えてお祈りをします。
そのとき、手が届かない周りにいる人は、
前の人の背中に触って一体になります。
バイシー1
 
お祈りが終わると、
飾りものにさしてあった木綿の糸が、
その場にいる村民に渡されて、
訪問者一人一人の腕に結んでくれます。
バイシー2 バイシー3

今回は4回目ぐらいのバイシーですが、
何回やっても心温まりますねぇ。
特におばあちゃんやおじいちゃんは、
何かを祈りながら結んでくれるのですが、
結んでいる間、周りの別の村人は、
私の背中のシャツをつまんで、
一緒に縁起にあやかります。
「信心深い人たちだなあ。」
といつも実感する瞬間です。
バイシー5 バイシー6

バイシーの紐は、3日から6日間は、
はずさないほうがいいのだそうです。

バイシーが終わると、
村が用意してくれたお昼をいただきました。
281207Lunch at badoshemdi villedge ラオスのカオニャオ 

ここでもやはりもち米「カオニャオ」です。
カオニャオは、ほんとにおいしい。
カオニャオをつまんで、
おかずやスープに浸して食べます。

食事が終わると、各ステイ先へ移動。
生徒達が荷物を運んでくれました。
PC280436.jpg 
3部屋に分かれてお世話になります。
ステイ先1 ステイ先2 
ステイ先3 ステイ先4

私がお世話になったお宅は、かなり裕福で、
テレビ、カラオケ、電気、扇風機などなどがあり、
かなり想定していた家庭と違っていました。

休憩して、校庭へ。
村の産業と一校一品事業(OSOP)の見学へ。
一村一品事業

一校一品(one school one project)は、
EDF-Laoが支援しているプロジェクトで、
2007年から本格的に始まったそうで、
この学校では赤玉ねぎとパクチー栽培をしているそうです。
OSOP OSOP2 OSOP3

EDF-LaoのOSOPは、9校に広がっており
事業内容は学校によって異なるのだそうです。
事業内容は、地域住民が興味を持つもので、
子ども達の卒業後の生活に役立つのもが決定されるそうです。
生産品は、沢山出来れば売って学校の資金にするそうです。

見学を終えてステイ先へ。
夕飯まで自由時間。
あまりの疲れで外に出ることもなく、
部屋で時間つぶし・・・・

甘納豆を出して味見してもらったり、
ノートに顔の絵を書いて、
子どもたちにラオス語を書いてもらったり、
折り紙を出して千羽鶴を折ったり・・・。
ステイ先との交流1日目 ステイ先との交流折り紙


18:30 各家庭で夕飯です。
ラオスのフィンガーボール PC280463.jpg 
家の外にいた家族を呼んで、一緒に頂きました。
ステイ先の夕飯2 ステイ先の家族と


夕飯を頂くと、文化交流会の準備です。
高校の先生方は浴衣を持ってきてらしてて、
私は6年前のタイ研修旅行で着たので、
うる覚えながらも着付けのお手伝い。
着付け1 パパと
家族と 子どもと


交流会へ出かけようとすると、
ステイ先の家族がバイシーの道具を持ってきて、
家族だけのスペシャルバイシーとなりました。
スペシャルバイシー1 スペシャルバイシー2

スペシャルバイシー3 スペシャルバイシー4

手のひらにのせたゆで卵は、みんなで分けて食べます。

交流会では、
ラオスの方は、子どもたちによる伝統舞踊。
日本側は、リコーダー演奏や仮装ダンスです。
リコーダー演奏 男性陣の出し物

村人も参加で、マイムマイムです。
PC280498.jpg マイムマイム

マイムマイムは大うけで、2日目もやるほど。
子どもは「マイムマイム中毒」になっていました(笑)
村人たちにも大うけで、みなさん本当に楽しそうでした。
交流会での村人


宴たけなわ、男性陣は3次会まであったそうですが、
女性陣は10時には部屋に戻りました。

帰り際、夜空を見上げると、
ものすごくキレイな星空!
電気がないせいなのか、空気がきれいなせいか。
本当にキレイでした。
ラオスの布団

乾季の今のラオスの朝夕は、寒くて毛布がいるほど。
キレイな布団を用意して、ちゃんと布団を敷いてくれたり、
蚊なんかいなそうでしたが、蚊帳も張ってくれたり。
ホストファミリーには、本当に良くして頂きました。

明日は、海苔巻き300人分作る予定。
またダルニー奨学金を貰っている奨学生との対面、
家庭訪問があります。
また提供していただいた文房具の贈呈もあります。
いよいよメインです。