FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



授賞式

今日は、りゅーとぴあ劇場で、
第1回ふるさとへの手紙コンテストの授賞式です。

オーナーの手紙が、なんと優秀賞(2位)を頂き、
朝から久々にスーツを着たり、
知り合いの方に髪のセットとお化粧をしてもらい、
出かけていきました。
ということで、今日のお店は私1人で留守番です。

お客さまもまばらで、
日頃できなかった仕事をあれやこれやり、
午後から近所の方がいらして猫談義。
猫を飼っているもの同士、話が弾みました。

5時近く、
オーナーが授賞式から戻り結果報告。
女優の星野知子さんは、
思わず見とれるほど本当に美しい方だったとか。
「生でみるっていうのはホント感動が違うわ!」
といたく感激しておりました。
オーナーの手紙は、
特に星野知子さんの一押しで受賞したのだとか。

星野さんは長岡出身で、ご実家が被災し、
崩壊した家屋の木材を何かに使えないか取ってあるとか。
そこで、
校舎の木材を貰って杜々を始めてしまったことが
評価されたようです。
星野さんには、
「手紙を書いた方がどんな方か想像してましたが、
やっぱり思ったとおり、バイタリティーがありそうですね。」
というようなことを言われ、会場から笑いが。

一方、審査員のお1人、新井満さんには、
受賞したオーナーの手紙を朗読してもらったそうですが、
新井さん作の曲をバックに、演出していただきました。
が、「言いたいことを書きまくったような、
お店の宣伝のような手紙ですね。」と突っ込まれ、
会場からは笑がおきたそうです。

また控え室に、
以前杜々を記事にしていただいた、
新潟日報の記者I本さんが、
新井さんの取材中にオーナーの受賞をしって、
わざわざ挨拶に来た下さったそうです。
有難うございました。

出かける前には、
写真やサインでもいただけるかと、
デジカメやら色紙など持たせたのですが、
控え室も別々、全くそんな時間もなかったそうで、
会場内は写真撮影は一切禁止。
付き添いの父も一枚も取れませんでした。
残念!

お土産には、千の風のお酒と寒梅、
鉢花と目録をいただきました。
受賞品

二人とも、楽しかったといってました。
いい経験だったようです。
スポンサーサイト