FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



味覚

今日のお店は、
展示者の近藤さんの「追っかけ」の方々、
近所の方々他、
沢山の方においで頂きました。
ありがとうございました。

特に今日は、
開店以来、2、3ヶ月に1回くらいの割合で
いらしてくださっている男性お二人がご来店。
いつも打ち合わせでお茶をされるのですが、
今日は初めてお昼を召し上がっていかれました。

キーマカレーを初めて召し上がり、
デザートをお出しすると、
「このカレーについて、
ちょっと私の考えなんだけれども・・・」
とお話し始めました。

「お口に合わなかったのかな」
と心配したところ、
「このメニューを見ただけでは、
何が入っているか分からないけれども、
家庭で食べるカレーとは確かに違いますね。
私は「交わる」という言葉が好きで、
某所でサクラが風景に交わった様子を見て、
感動したことがあったのだけれども、
このカレーを食べて、その風景を思い出しました。」
とおっしゃってくださいました。

「クレームじゃなかったのか・・・」
と一安心したと同時に、
この方の味覚表現はすごい!と感激しました。
というのも、
キーマカレーのキーマというのは、
「こまかい」という意味のスワヒリ語で、
材料をすべて細かく刻み、
挽肉(当店では合挽きですが)の油を、
スープの中に十二分に引き出すように
じっくり炒めて煮るカレーです。
またさらに、直前の仕上げで、
バターと数種類の香辛料を加えるので、
スパイシーな香りが立つようになっています。
ですから、
肉のうまみと香辛料の香りが「交わった」味になります。

そこまで判っていただいたばかりでなく、
「風景」まで思い起こしていただけたなんて・・・
多分、今まで料理してきた中で、
一番うれしかったかもしれません。

いや~、料理は奥が深い!
改めて身が引き締まりました。
ありがとうございました。

スポンサーサイト