ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



09/11/16(月)~28(土) 永井麻那 作品展

新潟市在住、永井麻那さんの作品展です。
PB148099.jpg

PB148100.jpg

PB148101.jpg
水彩、アクリル絵の具などを使い、
若者らしい発想豊かで、作者の心象風景を描いた作品です。
スポンサーサイト

コンサートin テルサ

今日は梅雨らしいジメジメ雨の定休日。
お昼頃起き出して、
やっとタンスの衣替えをしたり(遅すぎ(笑))、
昨日頂いた初物のとうもろこしを味見したり(甘い!)。
初物とうもろこし
そうこうしてるとあっという間に出かける時間。
昨日に引き続き、
今日はテルサで酒井ファミリーのコンサートです。

コンサートの前に、テルサ近くの「杜の蔵」さんへ。
前回展示してくださった畑山さんと岩崎先生が、
開催中の6人展に展示中なので、伺ってきました。

1Fは、ボタニカルアート、似顔絵、童画、竹皮絵
杜の蔵さん1

2Fは、招き猫をモチーフにした作品販売。
杜の蔵さん2
竹皮絵の畑山さんもちょうどいらしてて、ご挨拶。
他に、ボタニカルアートの大橋さんもいらして、
絵の解説をしていただきました。
6人展ともなるとボリューム感があって、
にぎやかで盛りだくさんな展示でした。

杜の蔵さんを後にして、テルサへ。
車を停めると目の前に3台の中型マイクロバスが・・・
「おぉ、地元から大挙して応援団?!」
と入り口へ向かうと、
テルサ入り口の外には、長蛇の列。すごい!

中に入るとテレビカメラ(Teny)も入ってて、
スタッフの数も多くてちょっとびっくり。
後で分かったことですが、
お客様は1000人入ったとか。またまたすごい!!
酒井Fコンサート1

酒井ファミリーのコンサートは初めて。
うわさには聞いてましたが、杏ちゃん、歌がホントうまい!
酒井Fコンサート2

あれだけ声量があるのに、
ブレスがほとんど聞こえないし、
伸びも十二分にあって、ピッチも安定してるし、
声に情感が綿密にかつとても丁寧に乗ってて、
さすが10年歌ってるだけありますねぇ。
それぞれの歌の完成度がかなり高い気が・・・
そもそも、声質がナチュラル系で心地いい!
酒井Fコンサート3

今日聞いた曲は、全部初めて聞く曲でしたが、
歌詞もメロディーも分かりやすくって、
休憩無しでもあまり疲れませんでした。
オーナーいわく
「年配にも分かる曲ばかりで、
教科書に載せたいような歌詞だわ」とか。
(逆に今時の歌を聞いてみたい気も・・・)

先日朱鷺メッセ展望台でライブがあった、
倉井夏樹君と佐藤克彦さんがゲスト出演。
夏樹君&佐藤克彦さん

中盤からは、東京のプロミュージシャンも参加。
バックメンバー

酒井F&バックミュージシャン

今、TBSの「情熱大陸」を見ながら書いてますが、
今日は歌手の絢香が特集されてます。
さっき聞いた杏ちゃんの歌唱力、
冗談抜きに絢香くらいうまいかも!
(絢香の歌とか歌ったらどうなるんだろう・・)
酒井F&バックミュージシャン2

酒井F&バックミュージシャン3

大の大人に混じって、堂々としたボーカルで、
ほんとうに歌がうまかった。
会場は、地元の知り合いのお客さまが多かったようで、
前半から花束贈呈する人が出てきたり、
祝儀袋を渡す人まで(笑)。

会場とのやり取りでは、
今時の女子高校生って感じで、
バックメンバーのオヤジさん達は、
大きな懐で杏ちゃんを見守ってる感じがして、
ほのぼのしたプライベートライブというか、
ファミリーコンサートでした。

09年11月30日~12月26日 「書で潤いのあるライフスタイルを」

新潟の書道教室の皆さんの作品展です。
PB308375.jpg

PB308380.jpg

PB308378.jpg

PB308382.jpg


コンサートin能楽堂

今日のお店も、
絵手紙関係の方々や常連さま、
初めてご来店の方々が沢山ご来店くださいました。
みなさま、ありがとうございました。

閉店後は、
りゅーとぴあ5階は能楽堂へ。
能楽堂

オペラデュオフェリーチェ&奥村健一・京子さんの
のオペラとお琴のジョイントコンサートです。
ゲストには、バイオリンの松村牧子さんです。

「お琴とオペラ、バイオリンって合うのかぁ?」、
と想像がつかなかったのですが、
始まってみると、意外や意外、しっくりきました。
コンサート1

オペラの笠原さんは、
秋川さんや新垣さんとはまた違ったテノールで、
若々しい、さわやかなヌーボーのようなテノール。
バイオリンの松村さんは、
これまで生で聞いたことあるソリスト達とは違って、
やさしいフラットな音色のバイオリンで、
異色な組み合わせであるジョイントコンサートに、
とても馴染んでいるように感じました。
コンサート2

驚いたのが、お琴と17琴が、
まるでチェンバロやハープのようで、
モーツァルト、ラフマニノフ、エルガー、サティなど
クラッシク曲を奏でても違和感がない!
コンサート3

コンサート4

「なんで和っぽくないんだろう?」
と思って聞いていると、
最後のMC説明によると、
お琴の奥村健一さんは、
6歳から大学までピアノが専門だったそうで、
クラッシクを初めとした今日の演奏曲すべてを、
奥村さんが一旦ピアノで弾きこなしてから、
お琴用に編曲したのだそう。どおりで・・。
私的には後半のクラッシク4曲が、
聞き馴染みあって、しかも、
初めてのお琴アレンジがとても良かったです。

すっかりお琴のイメージが変わり、
オペラ、お琴、バイオリンのコラボという
新潟の若手音楽家さんたちの新しい試みで、
とっても興味深い新鮮なコンサートでした。

発想の転換

今日のお店も昨日同様、
開店ぴったりにはお客様がいらして、
グループのお客さまや、
絵手紙関係の初めてのお客さま方、
常連のお客さまなどなど、
沢山の方がご来店いただきました。
皆さまありがとうございます。

お昼前には、
ご予約のグループさまもいらして、
全テーブルが埋まるほど。
特にご予約のグループさまは、
久しぶりの再会&会食だったようで、
食後もケーキセットをご注文してくださり、
ゆっくりしてらっしゃいました。
皆さま、ありがとうございました。

ところで・・・・
今朝5時半、いつにもまして
チビがみゃーみゃー鳴き、
ドアをガリガリ引っかく音で目を覚まし、
「はいはい、ご飯ね・・・・」
としぶしぶ起きて台所へ行き、
キャットフードをお皿に入れ、
「もう一眠りしよう・・・」
と部屋に戻ろうとしたら、
足裏がちょっと濡れた気が・・・
コンタクトも入ってないので何も見えず、
そのまま部屋に戻ってしまいました。

店が始まって、オーナーから
「昨日チビに金魚見せた?」
と聞かれて、分かったのですが、
今朝、テーブルの上に置いておいた
昨日の金魚のビニールが床に落ちてて、
しかも水がほとんど外に漏れてて、
金魚はひたひたの水の中で、
何とか粘って泳いでいたそう。

犯人は、どうもチビ。
昨日は金魚を見せてないので、
お腹がすいて食べ物を探して椅子に上がり、
テーブル上の金魚を見つけたか・・・

毎朝必ず5時過ぎ、
ご飯の催促で安眠を妨害される毎日。
さらに今日の一件で、
彼はお腹すくとそこら辺を物色してたことが判明。
「どうするか・・・・」考えました。
そう!「夜寝る前に、
キャットフードを入れとけばいい!」
なんと単純な・・・
もっとはやく気づくべきでした(笑)。

フルート演奏&新入り金魚

今日も朝から沢山の方がご来店。
開店30分には、10人近い方がご注文。
その後も次々お客さまがいらっしゃって、
合い席をお願いするほど。
展示者の方の中には、
3日連続お友達を連れてご来店くださる方もいて、
本当に皆さま、有難うございます。
絵手紙、ホント人気なんですね。

また今日のお昼には、
先日ご来店してくださって、
フルートを生演奏してくださった方が、
名刺を持ってランチに来て下さいました。
食事も終わりお帰りになる時、
他のお客さま達も食事が終わった頃だったので、
オーナーがわがまま言って、
「1曲演奏してもらえないか」とお願いしたところ、
演奏してくださいました。
080625フルート生演奏モザイク

突然のお願いで、しかもアップなしでの演奏、
ほんとに無理を言いまして、すみませんでした。
演奏していただき、有難うございました!
偶然にもいらしたお客さまは、ラッキーでした!

こちらのフルート奏者の方は、
ポップスでもクラッシクでも、
要望に合わせて演奏してくださるそうです。
結婚式や介護施設などなど、
色んな機会で演奏活動されているそうなので、
ぜひ演奏していただきたい方は、お問合せください。

今日は閉店後、ムサシへ買出し。
店のアプローチに水瓶が置いてあるのですが、
水の中の虫を食べてもらうために、
金魚を飼ってきました。
080625金魚1

080625金魚2

去年瓶に入った先輩金魚たちは、無事越冬。
新入りの君たちもがんばって働けよ~(笑)

長野の味

今日のお店は、
昨日に引き続き絵手紙教室「長月会」の方々や、
関係者の方々や絵手紙をされている方々が、
沢山ご来店くださり、
ありがとうございました。

また閉店間際にも、
2日連続で別のお友達を連れて来て下さった、
長月会のメンバーさまもいて、
本当にありがとうございます。
今回は展示期間が今までで一番短いので、
短期集中という感じ。
みなさま、ありがとうございます。

ところで、午後から新に布ぞうりを
7足ほど搬入していだきましたが、
すぐに3足でてしまうほどで、やはり人気ですね。
また搬入お願いせねば!

さて今日のブログタイトル、「長野の味」ですが、
閉店後、家人が長野への里帰りから帰宅、
長野の実家からお土産を頂いてきました。
まずは、長野の「おやき」。
080624長野おやき

最近はSAや物産展などでも目にしますが、
これは手作りの囲炉裏の灰の中で焼く、
昔ながらの伝統的なお焼。
中身は小豆やナスの味噌炒め、
野沢菜の油いためなどなど。
私はあまり得意ではないのですが、
粉の味がする素朴な長野の味ですねぇ。

他にも採れたての破竹やお米、
自家栽培のカブ菜や水菜などの野菜を
山ほど頂いてきたので、
疲れてはいたものの、
鮮度のいいうちに浅漬けにしたり下湯でしたり。
080624長野破竹

破竹水煮

久々に大量の野菜に触てると、
「自然に触れてるなあ~」って感じで、
食べてもないのに、
体の中がキレイになったような気になりました(笑)。

絵手紙展始まりました

今日から絵手紙教室、長月会の
生徒さんと先生の作品展が始まりました。
初日ということもあって、
教室の皆さまが8名、お昼も兼ねてご来店。
みなさま、ありがとうございます。

またお昼のランチには、
常連様たちがいらしてくださったり、
最近来て下さるグループ連れの方々が、
お食事にいらしてくださいました。

新聞に展示情報を載せていただいたようで、
朝から電話問合せがあったり、
初めてご来店の方々がご来店くださって、
作品をじっくり見てくださったり。
絵手紙されてる方、結構多いのですねぇ。
皆さま、ありがとうございました。

午後からも、
お茶タイムにいらしてくださる方が続いて、
ケーキも完売してしまい、
5時過ぎにケーキセットをご注文の方には、
「白玉クリームあんみつ」をお勧め。
ケーキ切れてて、失礼しました。

ところで、
先日搬入していただいた「布ぞうり」。
自分用のみならず、
お友達などへのプレゼントにする方もいて、
とっても人気ですねぇ。
店用の布ぞうりを実際履いてみて、
その涼しさを気に入られて買われる方も。

あと2つになってしまい、
急遽明日、新に搬入をお願いしましたので、
沢山の中から柄や色を選ぶなら、
早めの方がいいので、
ぜひお早めにご覧くださいませ。

愛玉ゼリー始めました!

台湾の高山、阿里山で採れる植物「愛玉」。
その種に含まれる天然ペクチンで固めた、
ヘルシースイーツ、植物性のゼリーです。
解熱作用があるといわれ、
台湾屋台の代表的なスイーツです。

ランチのデザートでお出ししていたのですが、
「単品でたっぷり食べたい!」
というお客様の声もあり、
単品でもお出しすることにしました。

食感は、寒天とゼリーの間くらいで、
なんともいえない、心地いい~食感!
味は、レモン果汁とシロップで味付け、
さっぱりスイーツなので夏にピッタリです。
愛玉ゼリー
単品¥400です。ぜひお試しくださいませ!

展示入れ替え

今日のお店は、
お昼にはご近所のママ&お子さまが
お友達ママ&お子さま達と、
初めてランチに来て下さったり、
常連さまたちもランチに来て下さいました。
ありがとうございました。

今日の気まぐれランチは、
オリンピックの行われる北京の郷土料理、
ピリ辛ジャージャー麺ですが、
暑いので冷たいジャージャー麺風にしました。
ジャージャー麺
夏の麺メニューに加える予定です、お試しください。
(上の野菜は、キュウリの他は変わる場合があります)

午後からは、展示入れ替えです。
茂野さんには、期間途中、入れ替えのため
わざわざ茨城から来て頂きました。
ありがとうございました。

茂野さんの展示作品の一部と
今日持ってきていただいた新作品を
常設展示させていただきますので、
まだご覧になってない方は、ぜひごらんくださいませ。

また今日は入れ替え展示作業もあり、
次回の展示は、絵手紙教室「長月会」の
生徒さんの方たちが作業してくださいました。
皆さま、お疲れ様でした。
P6212262.jpg

P6212264.jpg





チケット販売

今日から新潟も入梅・・・
蒸し暑くて嫌な季節ですねぇ。

それにもう1つ、嫌なことが・・・
昨日の夜、今年初蚊に刺されました。
それもおでこ(笑)!
今日も閉店後、二胡を弾いていると、
二胡を置く左足を爪先立ちしていると
足裏を、それも靴下の上から刺されました。

小さい頃から、夏になると、
部屋にいても誰よりも先に刺されるし、
刺されれば最後、腫れ方が尋常じゃない!
去年はひと夏に2本のキンカンを使いきりました(笑)

この夏期間中、お客さまに付いて
蚊が店内に入ってくることがあるので、
今年も蚊取り線香を、玄関付近で焚く予定ですので、
予めご了承くださいませ。

ところで、今日のお店は、
8月の展示をお願いしている方が、
村上からお友達と下見に来て下さいました。
わざわざ有難うございます。

お土産に、沢山の花を頂きました。
オレンジやピンクなどのユリが沢山、
ありがとうございます。
ユリ花束

8月の展示のほう、よろしくお願いいたします。

ところで今日の午後、
お知り合いのお客さまが、
久しぶりにご来店くださいました。
28日にりゅーとピアで、
知人の方がコンサートがあるそうで、
チケットを5枚預かりました。

こちらのコンサートは、
「オペラデュオフェリーチェ&奥村健一・奥村京子 
能楽堂ジョイントコンサート 『和ごころ』」。
オペラと和楽器のコンサートです。

オペラデュオ「フェリーチェ」さんの方は、
以前、杜々のお客さまから
「とても素敵な2人だから杜々でもぜひコンサートを」
とCDまで貸していただいてて、
お名前&お声だけは存じてました。

でも、連絡しようにも連絡先が分からず、
諦めていた矢先、
今日、思ってもみない方面から繋がりました。
こんなこともあるのですねぇ。
どこでどう繋がってるか分からないものです。
「願っていれば、いつか叶う!」です。

一度生で歌声を拝聴したかったし、
りゅーとピアの能楽堂はまだ行ったことがないので、
お店終わりに行って来ようと思います。
当店でも前売りで販売してますので、
興味のある方は、ぜひご利用くださいませ。

天然車えび

今日は午後に、
ラムレーズンシフォンのホールの
ご予約注文があったので朝から準備。
また今日の気まぐれには、
サラダうどんの他に、
天然車えびフライの定食に決定!
早速海老の下ごしらえ。

そうこうしていると、お昼には、
シフォンをご注文の方や、
常連のお客様たちがいらして、
ランチをしてくださいました。
中でも、自宅でなかなか海老を食べられない方が、
海老フライの和定食を注文してくださって、
準備しておいた甲斐がありました。

先日頂いた破竹を沢山煮たので、
ワカメと合わせて若竹煮にして、
常連さまたちだけだったこともあり、
味見とお夕飯用にと包んで差し上げると、
お1人の方に、
「お酒は飲むの?」と聞かれ、
「良いお酒を少しずつ飲むのが好きですねぇ。」
と答えると、
「この筍のお礼に、寒梅の吟醸持ってきてあげる」
といってくださいました。
そんなつもりでお出ししたのではないのですが、
かえって気を遣わせてスミマセン・・・

また今日は、4時半過ぎ、
近くの公民館の水彩画教室の14人さまが、
教室終わりにお茶に来て下さいました。
いま展示中の茂野さんの作品、
特にネックレスを皆さん気に入られたようで、
次々に4人の方がお買い上げ!
皆さん、その場で着けてお帰りになりました。
ありがとうございました。
また、こちらの教室の皆さんには、
7月の展示をお願いしています。
よろしくお願いいたします。

また今日は夜ヨーガ教室があり、
生徒さんのお1人が教室終わりに、
今日の和定食を召し上がっていくというので、
ヨーガの生徒でもあるオーナーの分も準備。
天然車海老フライ

本日の気まぐれ和定食

半端分のエビフライをつまみ食いしましたが、
天然の車えび、やっぱり違いますねぇ。
香りも味も他の海老より甘みが強くって、
身もあんなに切れ目入れたのにぷりぷり。
P6172210.jpg

こんな時じゃなきゃ食べれません。
次は何時食べれるか分からないので、
思わず断面、写真にとってしまいました(笑)

鼻緒

今日はお昼に、
近くの公民館のオカリナサークル様が、
ボランティア演奏へ行く前に、
杜々で腹ごしらえ&練習で2Fをご予約。
7名さま全員が台湾ビーフンのご予約なので、
自転車で近くのスーパーに買出し。

買い物が終わって出口を出ようとしたら、
長年愛用していた下駄の左の鼻緒が、
突然引っこ抜けてしまいました。
そういえばこのスーパー、
以前自転車の鍵を無くした同じスーパー・・・
なんかヘンな因縁感じる(笑)
カギ先で鼻緒を穴に押し込んで、
なんとか指に引っ掛けて自転車こぎ始めました。

ちょうど半分くらい来たところで、
段差に突っ込んでしまって自転車ごと飛び上がり、
びっくりしてブレーキかけたらまた鼻緒が抜け、
下駄に気を取られてると、
カゴの中の荷物も一緒に飛び上がってて、
壊れないように一番上に置いておいた
プチトマトのパックが、丸々カゴから飛び出して、
車道に飛んでってる!

プチトマト10数個が車道に飛び散り、
拾おうにも鼻緒が切れてるから、
うまく歩けず、自転車引き引き拾い上げてると
後ろからどんどん車が来るは、
そのうち信号が赤になって
私の脇で車列が出来るはで、なんとツイテナイ・・・・

でも、車の皆さん、
トマト、それもプチトマト数個を、
引かないように徐行して、よけてくれました(笑)
皆さんいい人たちだ~。

トマトを拾い終わっても、
鼻緒は何回押し込んでも抜けてしまってダメ。
「どうしたものか・・・」と思案した挙句、
鼻緒の1本を裏に通し、
落ちてた枯れ枝に巻き付けてイカリのように固定、
もう一本の鼻緒も表から穴に押し込みダブル固定、
やっと帰ってこれました。

帰ってくると家の者には、
「裸足で帰ってくればいいのに」
といわれましたが、
さすがに裸足ではまだ帰れなかった(笑)

実は今日の占いは、
「変化の激しい日。上手に対応して乗り切る」
出かける前は、
「今日はお店、忙しくなるかも~♪」
なんて思ってたのに、そうでもなかったので、
このことだったのですねぇ(笑)
当っていると言えば当たっている・・・
けど、とんだ1日でした。

ところで、今日朝一で
布ぞうりがあと2足しかなかったので、
新しく10足、搬入していただきました。
布ぞうり

人気の和風柄の鼻緒のぞうりを中心に、
持って来ていただきました。
こちらの鼻緒はしっかり固定されてますので
ご安心ください(笑)
早い者勝ちです、ぜひご覧くださいませ。

地震&浴衣着付け教室

今日の地震、ひどいですねぇ。
まだ寝ていて、引き戸がガタガタ鳴って、
飛び起きました。
新潟の2回の地震を思い出しました。

実は1週間くらい前から、
大きな地震が来そうな気がしてて、
寝るときには、コンタクトケースや携帯を
すぐ取れる場所に置いたり、
そのまま飛び出してもいいように、
ポロシャツとかで寝るようにしてました。
ほんとに来ましたねぇ、ある意味びっくり。

ところで、TVで地震速報を見ていると、
関西方面から荷物が届きました。
オーナーのお友達の方が、
200本の破竹を採られたとかで、
お裾分けを送ってくださいました。
破竹

皮を剥いてそのまま茹でるだけでいいそう。
早速下茹でしました。
これでランチに筍料理を出せそうです。
ごちそうさまでした!

今日のお店は、
11時から2Fで「浴衣着付け教室」です。
先生は日本民族衣装普及協会のTさんです。
080614浴衣着付け教室1

080614浴衣着付け教室2

そういえば、自分で初めて浴衣を着たのは、
5、6年前、タイの東北部の村だったし、
2回目は昨年末ラオスの村で、
他の方に「なんちゃって着付け」をしましたねぇ。

浴衣といえば、私にとってはなぜか海外、
それもアジアの地方の村での
ホームステイ&現地文化交流会付き(笑)。
浴衣だって民族衣装なんですよね、あらためて。
なんか当時のことを、久々に思い出しました。

教室終わりに皆さんでテラスに出て記念写真。
080614浴衣着付け教室3

一気に、日本の夏が来たって感じ!
皆さまとってもお似合い、素敵でしたよ~。
浴衣、やっぱり風情があっていいですねぇ。
皆さまお疲れ様でした。

皆さん教室が終わると、
お食事してくださいました。ありがとうございます。
カリフォルニアロール

皆さま、杜々のお客様たちに比べると、
比較的お若いお姉さま方だったので、
「多分味をわかっていただけるはず」と思い、
先日頂いたイタリア直送のパルメザンとサラミを、
口汚し程度ですが、味見でお出ししました。

「コレコレ、こういう方から頂いたものです」
と説明すると、
お1人の方が、「その人、テレビで見たわ」
とおっしゃるではないですか。
しかもそれは「秋葉原でのインタビューで、
『イタリアでバイオリン作ってて
今帰国中だ』と言ってたわ」とも。

もしそうなら、この方にとっては、
全く知らない、テレビでたまたま見た人が、
イタリアから運んできたチーズとサラミを、
廻り回って今、杜々で口にされたことになります!
「イタリアでヴァイオリンを『作って』て、
今帰国中で秋葉原にいる人」なんて、
そう何人もいるものじゃない(笑)。

すぐ該当するお客さまにメールすると、
出先からすぐに杜々に寄って下さって、
息子さんに連絡取ると、
やはりご本人だったそうです。
昨日秋葉原に行ってインタビューを受けたとか。
で、今日の朝、民放番組で流れたのだそうです。
ご覧になった方いらっしゃいますかねぇ。

いや~、こういうこともあるのですねぇ。
サービスでチーズとサラミをださなければ、
絶対分からなかった事ですものねぇ。
頂いたものは独り占めせず(笑)、
皆さまに還元、一緒に味わうと、
思いがけず楽しいことが起きるんですねぇ。
というか・・・・、
人やモノは、どこかで繋がってるというか、
思いもしないところで意外な繋がりがあるものだ!
とリアルに実感した出来事でした。

展示入れ替え

今日は開店早々から、
次々グループのお客さまがいらしてくださって、
お昼タイムは、久々に(笑)押せ押せ状態。
皆さま、ありがとうございました。

また午後からも、
常連の皆さまが、遅めのランチやお茶タイムにと
おいでくださって、有難うございました。

ところで今日の午後、
自転車でいらした方が、
「アイス珈琲と、何か甘くて冷たいものない?」
とおっしゃるので、
出番を待っていた(笑)、
「あんみつ」を今日から始めることにしました。

これから暑くてどっと疲れやすい午後に、
アンコに黒蜜に抹茶アイスのトリプルで
ガッツンと甘いヒンヤリ甘味、お試しください。
あ

また今日は開店前から、
現在展示してくださっている茂野さんが、
一部展示入れ替えに来て下さいました。
作業後、お疲れ様の珈琲をお出しすると、
茂野さん、ダルニー奨学金募金に
1000円も募金してくださいました。
いつもお気遣いいただき、ありがとうございます。

ところで、今回の新作も、綺麗な青色の入った、
夏らしいこれからにピッタリの作品ばかりです。
来週の土曜日で最後となります、
お早めにごらんくださいませ。
P6132105.jpg

P6132116.jpg

P6132107.jpg

P6132108.jpg

P6132128.jpg

P6132127.jpg

P6132126.jpg


杜々の植物たちのその後

今日のお店は、午後からちょっと時間があったので、
店前の植物たちをちょっとリポート。

年末に頂いた五泉市のサトイモは、
鉢に入れて水に浸すようになると、
芽がぐんぐん伸びて、葉っぱまで出てきました!
080611サトイモ

芋を触っても、全然ふにゃふにゃしてないので、
まだまだこのまま行けますな、こりゃ。
それにしても・・・・・
生け花のようなナイスな伸び具合(笑)!
天然はそれだけでアートです。

今年初めて花を咲かせた藤ですが、
花が散り、実が沢山ぶら下がってます。
こんな風にぶら下がるんですねぇ。知らなかった。
藤1

藤2

この実、なんだか「インゲン豆」に似てます。
食べられないんでしょうかねぇ。
かなり数あるし、食べられるとかなり助かるんですが(笑)

続いては、
アプローチ側に生えてたコリアンダー(香菜)。
「アジア料理を食べる会」など特別の宴会料理では、
無くてはならない存在。
知らぬ間に大きくなってて、花まで付けてました。
コリアンダーの花を見るのは初めて!
あの匂いの割りに(笑)、かわいい花なんですねぇ。
コリアンダー
アリが居ますが、わかりますかねぇ。
コリアンダーの花1

花が散ったものにはコリアンダーシードが出来てました。
シード(種)は、これはこれで乾燥させて、
砕いて肉などの下味などに使います。
コリアンダーシード


続いて、今大活躍のサラダ菜たち!
テラスのすぐ下に生えてますが、
完全無農薬自家栽培で、
毎日のサラダやサラダうどんには欠かせません。
毎朝必要な分だけ、外側からもいで使ってます。
無農薬のサラダ菜たち

初めこのひとうねで足りるかと思ったのですが、
このひと夏分には足りなそうだったので、
別の場所に新に種を(オーナーが)撒きました。
最近芽が出てきました。
サラダ菜の子どもたち

グリーンリーフの子ども
この子たちは種からだったので、
食べられるほど大きくなるのは、3ヶ月後だとか!
う~ん、この夏に間に合うのかぁ?
自然の環境に任せて成長するというのは、
時間がかかるものですねぇ。人間もそうですが・・・
あせらない、あせらない(笑)、おいしく育つのが一番!

イタリアの味2

今日は、先日イタリア食材を持って来て下さった方が、
「まだ忘れてた~」
と言って他の食材を持って来て下さいました。
イタリアの唐辛子とパスタです。
イタリアパスタと唐辛子

唐辛子は、日本の物に比べると、
色も違うし、小さくてかわいい。
イタリアの唐辛子2

パスタも色がちょっと違うし、質感も違う感じ。
パッケージには、さすが「ナポリ」の文字が。
イタリアンパスタ

重ね重ね、ありがとうございます。
ごちそうさまでした!

ところで、昨日の夜、
「ドライトマトを使ったレシピないかな~」と思って、
去年だったか東港に寄港した外国船、
アナスタシア号?の書店で買った
外国のレシピ本を読み返してたら、
パルメザンチーズのことが書いてありました。

それによると・・・・

パルメザンチーズというのは、
イタリアのパルマあたりで作られ、
「Parmigiano Reggiano(パルミジャーノ・レッジャーノ)」
とスタンプされているものだけが、
「パルミジャーノ・レッジャーノ」と呼べるのだそう。
(パルマといえば、サッカー選手の中田が
移籍したクラブチームのあった町でしたっけ。)

で、さっそく先日頂いたチーズを見直してみると、
スタンプがありました!
パルメザンチーズ

確かに日本製の粉チーズのパルメザンより、
香りが、強くて濃厚で甘いです。
本物の味ってこれだったのですねぇ。

今日いただいた材料で、
正真正銘、イタリア直送の材料が勢ぞろい。
本場のパスタの味が作れますねぇ。
なんて贅沢!

となれば、早めにレシピを完成させねば!
お楽しみに!

エビフライ

今日の午後、
いつもお世話になっているお客様が、
お母様と一緒にご来店くださいました。

今日はお母様のご馳走で、外でのランチだとか。
いらっしゃる前には銀行に行って
お金も準備されてきたとか。
杜々を選んで下ってありがとうございます。
ただ、そんな大層なものご準備できませんので、
お気軽にお越しくださいませ(笑)

お食事のほかに、
ご自宅へのお土産用に何か食べるものないか、
ということでしたので、
たまたま偶然にも、ブラックタイガーの大で、
10本分のエビフライを揚げるだけの状態で用意してあり、
ちょうど10本のご注文いただきました。

海老がまだ在ったので、
「どうせなら、あるだけ揚げちゃえ!」と思い
残りの海老も全部下処理して、
20本のエビフライを揚げました。
海老フライ

エビフライは、海老の下処理が手間です。
皮を剥いて背腸を取り、
海老の尾っぽの先端を切り取ったり、
海老のお腹側に切れ目を数箇所入れて、
指でブリブリと筋肉を切断したり。
こんなに?というぐらい筋肉繊維を切断すると、
まっすぐに揚がります。

残った10本は、
いつもお世話になってる方で、
「家では海老を食べれない」と聞いていたお客様に、
お裾分けしよう!と思いつき連絡したのですが、
「時間的に受け取りに行けない・・・」
ということでしたので、
我が家の夕飯のおかずになりました。

我が家でも、久々のエビフライ(笑)
家で揚げるエビフライは、
衣を1回着けるだけだから、パット見小さいですが、
衣が薄いから、身のぷりぷり感がよく分かって
手間かかりますが、やっぱりおいしいですねぇ。

イタリアの味

昨日、王先生をお送りして、
無事終わって一安心、帰宅後お風呂も入り、
ブログをアップし始めると、ふと気づきました。
「肩が痛くない?!」
腕をぐるんぐるん回しても、ちっとも痛くない!
懸案のライブが無事終了し、
まさに肩の荷が下りたか?(笑)

天候もいい時期のせいか、
この日曜日はイベント目白押し。
ここ2ヶ月の間、声をおかけした皆さまには、
いろんな予定が入っていて、
申込みが前回ほどなく、王先生に申し訳なくって、
ここ一ヶ月ずっとストレスを感じてたのは確か。

それにしても、あまりに突然過ぎる・・・・
本番前日に痛くなって、終わった途端治るなんて・・・
なんだったんですかねぇ、ホント不思議。
でもこれで、四十肩(もちろん四十代ではありません)
ではなかったことが証明されて良かった(笑)

ところで今日のお店は、
朝から、グループのお客様方が、
次々ランチにご来店。
気温が上がって暑かったせいか、
サラダうどんがでましたねぇ。
召し上がった方からは、
「他の店のはマヨネーズがしつこかったけど、
ここのはおいしかった。当分やってるんでしょ。」
と言って頂きました。
この夏はほぼ毎日用意したいと思います。

また今日は、
先日ご来店くださった、
息子さんがイタリアから一時帰国中のお客さまがご来店。
沢山のイタリア土産を持って来て下さいました。

高級品のドライトマト(250g)、
パルメザンチーズのブロック(560g!)、
イタリアンサラミ?です。
イタリアドライトマト
ドライトマトは、本場イタリアトマト製、
「いつか一度使ってみたいなあ」と思いつつ、
中々手が出なかったもの。
こんなに沢山、ありがとうございます!
パルメザンチーズブロック
チーズのスライサーは持ってたのですが、
チーズのブロック、それもこんな大きなものは初めて!
さぞかし重たかったでしょうねぇ。
イタリアンサラミ
このサラミ?は、味見すると、
熟成した風味が出ていて、本場って感じ。
料理用の赤ワインでもいいから飲みたくなりました(笑)

杜々にこんなにくださって、ほんと恐縮です。
ありがとうございます。
息子さん、ヴァイオリンの手荷物もあっただろうに、
持ってくるのホント大変だったと思います。
大事に使わせていただきます!
ごちそうさまでした。

で、こちらの息子さんが帰国して作ったレシピは、
サラミ、ドライトマト、玉葱を炒めたパスタと
同じ炒めた具材に水を入れ、玉子とじにしたスープだそう。
早速まねして、ペペロンチーノベースで作ってみました。
ドライトマトのパスタ
ドライトマトにしっかり味があるので、
ドライトマトとパスタを一緒に食べると、とてもおいしいです。
パルメザンもスライスだと濃厚な味がよく分かりますねぇ。

サラミの他に、パンチェッタやベーコンでも合いそう。
ただ、ドライトマトの戻し時間がちょっと短かったかも。
もうちょっと試作品を作ってから、
本場イタリア食材を使った気まぐれランチを、
近々ご用意できたらいいな・・・と思います。

また今日は、お昼にいらしたお客さまが、
「ラオスの子ども達に」
といって筆記用具を持って来て下さいました。
ラオスへの寄付
昨年末のラオス旅行から帰ってきて、
旅行のお話をさせてもらったお客さま。
ご自身でもユニセフだか何かの募金をされたことがあるとか。
とても興味深く聞いてくださった方です。
あれから数ヶ月、
ラオスの子ども達のことを覚えてくださったのですね。
ありがとうございます。感激です。
何らかの手段でラオスの子どもの手に必ず渡るよう、
責任持って手続きさせていただきます!

イベントデー

ここ最近気温の差に付いていけず
体調がよくない上、
昨日からは右肩の関節が痛くて腕が上がらず、
(断固、四十肩ではありません!(笑))
イマイチな今日この頃・・・・・

とはいえ、
今日は2週連続の定休日イベントデーです。
で、朝から今日の茶菓子作り。
今日はマーラーカオとクルミの砂糖がけと、
お茶は、賞を受賞した台湾茶の東方美人です。
マーラーカオ

11時には、東京から王霄峰先生がいらして、
早速昨日買ったばかりという
持参のカメラを持ち出してカメラ談義(笑)
先生のお昼ご飯(黒酢酢豚)をお出して、
そうこうしてると12時半には早々のお客さま。

昼の部のお客さまは、
女性がほとんどで男性はお1人のみ。
一曲目の「夜来香」から皆さまの反応がよくって、
曲が終わると、感嘆のため息がでることも。
皆さま、ニコニコで大きな拍手をくださいました。
トークも、相変わらず人柄がにじみ出ていて、
笑い声もたびたび起こり、大変盛り上がりました。
080608昼の部1モザイク

080608昼の部2モザイク

CDも即完売し、買われた方はサインしてもらってました。
「次回もぜひ連絡ください!」
と言ってくださるお客様も。
皆さま、ありがとうございました。

昼の部が終わり、夜の部までの間、
弓の持ち方や角度や運弓を見ていただいたり、
「二胡の底には滑り止めを張っておいて」とか、
「弦は緩めて置くこと」などなど言っていただいて、
今で「なんかおかしいなあ・・・」と思ってたことが、
「すべて解決!」と満足してると、
先生のお父様(第1級奏者!)譲りの、
100万円はするという二胡を「弾いてみれば?」
と簡単におっしゃってくださって、
なんと!弾かせてくださいました。

「壊したらどうしよう・・・」と言うと、
「お父さんのカメラ、替わりに貰ってくから大丈夫(笑)」
と言って持たせてくださいました。
最近、自分の二胡すら触っていなかったので、
恐る恐る音を出してみると、
案の定、音は外れるは、トチりまくるはで、
貴重な二胡使わせてもらったのに我ながらヒド過ぎ(笑)

でも、さすが先生の二胡の音は、
レコード音のような、郷愁あるしっとりとした音質。
自分の二胡以外を弾くのは初めてでしたが、
私の安物とは比べるのも失礼ですが、
楽器によって音質って、ほんと違うものですねぇ。
貴重なもの触らせていただきありがとうございました。

ちなみに、弾いてる私を見てた先生が一言。
「右親指の向きと弓の角度を直すこと、当面はね」
具体的で分かりやすい!
しかも、課題の数が少なくていい(笑)
当面、この2点を直すようにがんばります!

その後先生は、夕飯までの間、
カメラを持って近所の神社まで散歩。
帰って来て夕飯(台湾ビーフン)を食べ終わる頃には、
夜の部のお客様がいらして、早速夜の部スタートです。

夜の部は、昼の部より男性のお客さまや
二胡を比較的長くされてる方が多かったです。
080608夜の部1モザイク

選曲は、中国の二胡曲が多めな感じで、
昼の部とはがらっと趣が変わった内容。
二胡に興味・関心のある方には、
プロのテクニックを存分に目の当たりでき、
二胡らしさをたっぷり味わえた内容だったと思います。
皆さま、ありがとうございました。

夜の部が終わり、
帰りの新幹線まで1時間ほどあったので、
お疲れ様のビールを1、2本開けられて、
先生は、オーナーのご主人とまたまたカメラ談義。
080608夜の部2

9時になり「時間切れで~す」と言わなければ、
何時までも語ってそうでしたが、
さすがに切り上げてもらって、
皆で新潟駅までお送りして来ました。

王先生、
「次は蛇腹カメラ持ってきますよ」と話してらしたし、
私も二胡の課題を貰ったことですし、
またいい時期をみて、
ぜひ杜々でライブして頂けるとうれしいです。
そのときは、よろしくお願いいたします。
今日は、お疲れ様でございました。
ありがとうございました!

2008/11/25(月)~12/20(土)長野清司 ふるさと西蒲原を描いて

引用

県展10回入選
芸展 1回入賞、10回入選
二科展新潟展 5回入選
勤労者美術展 5回入選
という受賞経験をお持ちの巻在住の長野清司さん。
巻の風景を中心に、50号の大作を中心に、
7点の油彩を展示。

PB244003.jpg

PB244007.jpg

PB243999.jpg




2008/10/27(月)~11/22(土)大野英子と仲間たち 手芸作品展vol2

タペストリー、パッチワークなどの大作から、
エッグキャンドルや布製コースター、
手作りビーズアクセサリーなど、
素敵な手芸作品が並びました。

PA303821.jpg

PA303817.jpg

PA303822.jpg

PA303815.jpg

PA303826.jpg



2008/9/29(月)~10/25(土)山梨絵 ガラス作品展

新潟在住の山梨絵さんのガラス作品です。
県内の美術館のショップや市内の雑貨店でも
作品が販売されている人気の作家さんの作品てんです。

ガスバーナーで作るガラス作品は、
細かい加工が施されていて、
ガラスの繊細さ際立ったすばらしい作品です。

PA013547.jpg

PA013548.jpg

PA013559.jpg

PA013567.jpg

PA013573.jpg

PA013574.jpg

PA013576.jpg

PA013583.jpg

PA013603.jpg

PA013606.jpg


ネックレス、アルコールランプ、グラス、
リングホルダー、器など、
おしゃれな作品がそろいました。
自分使いはもちろんのこと、
プレゼントには最適、絶対喜ばれること間違いなし!
ぜひ、ごらんくださいませ。

2008/9/1(月)~9/27(土)近藤美紀子 作品展

油彩、銅版画、オブジェなど、
おしゃれでハイセンスな作品が並びました。

P9013295.jpg

P9013305.jpg

P9013319.jpg

P9013311.jpg

P9013316.jpg

P9013302.jpg

P9013308.jpg

P9013307.jpg



2008/7/28(月)~8/30(土) 桑名義夫 遺作展

P7272780.jpg
村上出身で、
中・高で美術教師、
晩年は絵画教室をされていた桑名義夫さん。
オーナーとの縁あって、
遺作展をしていただくことになりました。
県展に入ったこともあるという
力強く、見てて全然飽きないすばらしい作品です。
P7272779.jpg

P7272778.jpg

P7272784.jpg
2Fにも展示しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

2008/7/1(火)~7/26(土) 彩芳会 水彩画展



2008/6/23(月)~7/30(月)長月会 絵手紙作品展

絵手紙教室「長月会」の皆さんの作品展です。
P6212262.jpg

P6212264.jpg


生演奏いろいろ

今日は朝から、常連のお客さまが、
息子さんを連れてご来店くださいました。

こちらのお客様の息子さんは、
イタリアはクレモナ?にある、
かのストラディヴァリウスにゆかりのある
ヴァイオリン職人養成学校に留学生されてて、
一時帰国中。
ご自身で作ったというバイオリンを持って、
お昼を食べに来て下さいました。

今までお話や写真で伺ってたので、
なんだか初めての感じがしなくって、
初対面なのに「やせた?」など聞いてしまって、
後でよくよく考えたら、ヘンな会話だったです(笑)
失礼しました。

食後には、
製作途中のヴァイオリンを見せてもらったり、
完成品のヴァイオリンは、手に持たせてもらいました。
思ったより小さい感じで、
重さも思ったよりかなり軽くてびっくり!
二胡の方が断然重かったです。

こちらのご息子さんは、
ヴァイオリン奏者も目指してたこともあり、
演奏のほうもバッチリ!
ご自分で作ったヴァイオリンで、
生演奏もしてくださいました。
ヴァイオリン演奏1

ヴァイオリン演奏2

ヴァイオリンはしっとりとした音質で、
演奏は力強くて、音に重量感とか厚みがあって、
体が音に押されてる感じで、鳥肌が立ちました。
弦楽器、それも生音はやっぱりいいですねぇ。

職人でもきちんと演奏できる人は少ない中、
息子さんは学校でもめずらしいのだとか。
生まれたばかりの姪っ子の母親(妹)が、
「ヴァイオリンを習わせる!」といっていたので、
そのときはオーダーお願いしようかしら。

わざわざ重いものを持ってきてくださって、
演奏までしていただいて、
ありがとうございました。
次新潟に帰ってきたときも、
ぜひぜひまたおいでください。お待ちしてます。

また今日は、入れ違いでくらいでいらした方が、
色々な場所で演奏活動している、
フルート奏者の方だということが分かり、
またまた生演奏してくださいました。
フルート演奏1

フルート演奏2

さすがブレスの長さが長くって、
聞いている方が息が切れてしまいそうなくらいです。
アンサンブルでも演奏されているそうで、
ぜひ機会がありましたら、
杜々でも演奏していただけるといいですねぇ。

そうこうしてるうちに閉店後は、
朱鷺メッセの31階展望台へ自転車で行ってきました。
朱鷺メッセに来るのは、宇多田ヒカルのライブ以来、
31階の展望台は、外国の親戚と一緒に行った以来。
夜来るのは初めてです。
朱鷺メッセ

ライブは、ブルースハーモニカの倉井夏樹君と
ギターの佐藤克彦さんです。
このお二人の演奏は、3ヶ月前に黒崎で聞いて以来です。
朱鷺メッセ展望台ライブ1

夏樹君&佐藤克彦さん1

久々に聞く演奏は、
技術的なことは全然わかりませんが、
パワフルな演奏はもとより、
弱い音になんだかいっそう繊細な表情があって、
目を閉じて聞いてるとほんと心地よくて、
琴線に触れる具合が繊細で絶妙です。

ギターの佐藤克彦さんは、
すごいテクニックがあるのに、
見せ付けたり、目立ちすぎずに夏樹君をサポートして、
ホントど素人目ですが、
センス良くて音がおしゃれでかっこいい!
朱鷺メッセ展望台2

夏樹君&佐藤克彦さん2

後半には初めてのオリジナル曲も演奏してくれました。
アイリッシュな風景が目に浮かんできたり、
倉本ドラマのBGMでも流れてそうな、
なんだか懐かしい気持ちになりました。
夏樹君&佐藤克彦さん3

1時間ほどのライブでしたが、
昨日のエバさんのライブとはまた違って、
じんわり沁みる、いいライブでした。

ライブ終了後、現役高校生のヴォーカル、
酒井杏さんのご家族も来てらしたので、
紹介していただいて、名刺交換させていただきました。
杜々でもいつかライブしていただけるとうれしいです。

ところで、杏さんは、
新発田農業高校の生徒さんだそうですが、
そういえば年末行ったラオス研修旅行で、
新発田農業の若手の先生方とご一緒しましたっけ。
全然関係は無いのに、
なんかちょっぴり身近に感じてしまいました。

また杏さんは、今月29日日曜日、
新潟テルサでコンサートがあるそうで、
今日の夏樹君と佐藤克彦さんもゲスト出演するそうです。
さっそくチケットを購入、楽しみです。

帰りの道々、ふと気づいたのですが、
朝から出会った人たちの共通点が、
音楽とともに生活していて、
仕事にしようと趣味にしようと、
一生ものの好きなモノと出会ってる・・・。
なんだかうらやましいようでいて、
そんな若者4人に偶然にも1日でお会いできて、
すがすがしい気持ちで家路に着きました

ディナーショー

今日は閉店後、
鳥屋野潟近くのスポーツ公園内にある、
イタリア料理店ラ・ピアンタへ。

ラ・ピアンタの10周年記念のディナーショーです。
ラ・ピアンタは遅ればせながら、初めて。
よく来て下さるお客さまつながりで、
参加させていただくことになりました。

会費は¥8500で、ライブはマリア・エバさんです。
久々のフルコースというより、
ホント久々の外食であり、ちゃんとしたお食事です(笑)

まずは、ディナーから・・・・・
2ドリンク付きで、引き換えチケット2枚が、
それぞれの席においてあって、
欲しいときにスタッフさんに渡して注文します。
ところが、最初システムがよく分からず、
2ドリンク分一気に頼んで、チケット2枚渡してしまって、
それでも「なんかヘンだなあ・・・・・」と思ってると、
ふっと気づいて急遽訂正するというトチリをしましたが、
それもご愛嬌(笑)よい勉強になりました。

で、まずはチケット一枚を返してもらって(笑)
白ワインを注文しました。
前菜

ビシソワーズ

ラグーソースのパスタ

タイの石窯焼

ここで赤ワインをお願いしました。
牛ヒレのステーキ

パンナコッタ

食事は上品なお味でした。
ビシソワーズやデザートは、
スプーンもキンキンに冷えてて、
おいしく頂きました。

スタッフさんも、目配り気配りが行き届いていて、
さすが三宝グループ!
社員教育が行き届いているなあって感じで、
すばらしかったです。

デザートと珈琲を食べ終わる頃、エバさん登場。
エバさん1

途中、お休みがあって、衣装を変えて再登場!
エバさん2

約1時間のライブでしたが、
相変わらず、迫力ありますねぇ。

お客さまの年代層が幅広かったようで、
それに合わせた選曲をされたよう。
ライブハウスのようなノリは少なかったですが、
大人な感じのショータイムで、
久々に贅沢な時間でした。

ところで、実は、明日もライブに行く予定。
ブルースハーモニカの倉井夏樹君が、
朱鷺メッセの31階の展望台で
新潟で久々の単独ライブをします。
成長ぶりがとっても楽しみです。

日曜日には、二胡ライブがあるし、
月末にも1つ、一度聞いておきたいライブが。
今月のスケジュールは、
立て続けのライブづくしで、先月とはあまりにも大違い(笑)
ブログでもライブの様子アップする予定ですので、
お楽しみに!

2008/06/02(月)~21(土) 茂野俊也 作陶展vol.2

新潟市出身、現在つくば市在住の陶芸作家、
茂野俊也さんの個展です。
P6021954.jpg

P6021957.jpg

P6021951.jpg

P6021961.jpg

小皿、大皿、茶碗、マグカップなどから、
アクセサリーなどが揃いました。
これからの夏にピッタリ!、
茂野さんカラーのブルーの作品も揃いました。
期間の半ばで、展示入れ替えも予定しておりますので、
お早めにご覧くださいませ。