FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



エビフライ

今日の午後、
いつもお世話になっているお客様が、
お母様と一緒にご来店くださいました。

今日はお母様のご馳走で、外でのランチだとか。
いらっしゃる前には銀行に行って
お金も準備されてきたとか。
杜々を選んで下ってありがとうございます。
ただ、そんな大層なものご準備できませんので、
お気軽にお越しくださいませ(笑)

お食事のほかに、
ご自宅へのお土産用に何か食べるものないか、
ということでしたので、
たまたま偶然にも、ブラックタイガーの大で、
10本分のエビフライを揚げるだけの状態で用意してあり、
ちょうど10本のご注文いただきました。

海老がまだ在ったので、
「どうせなら、あるだけ揚げちゃえ!」と思い
残りの海老も全部下処理して、
20本のエビフライを揚げました。
海老フライ

エビフライは、海老の下処理が手間です。
皮を剥いて背腸を取り、
海老の尾っぽの先端を切り取ったり、
海老のお腹側に切れ目を数箇所入れて、
指でブリブリと筋肉を切断したり。
こんなに?というぐらい筋肉繊維を切断すると、
まっすぐに揚がります。

残った10本は、
いつもお世話になってる方で、
「家では海老を食べれない」と聞いていたお客様に、
お裾分けしよう!と思いつき連絡したのですが、
「時間的に受け取りに行けない・・・」
ということでしたので、
我が家の夕飯のおかずになりました。

我が家でも、久々のエビフライ(笑)
家で揚げるエビフライは、
衣を1回着けるだけだから、パット見小さいですが、
衣が薄いから、身のぷりぷり感がよく分かって
手間かかりますが、やっぱりおいしいですねぇ。
スポンサーサイト