FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



コンサートin能楽堂

今日のお店も、
絵手紙関係の方々や常連さま、
初めてご来店の方々が沢山ご来店くださいました。
みなさま、ありがとうございました。

閉店後は、
りゅーとぴあ5階は能楽堂へ。
能楽堂

オペラデュオフェリーチェ&奥村健一・京子さんの
のオペラとお琴のジョイントコンサートです。
ゲストには、バイオリンの松村牧子さんです。

「お琴とオペラ、バイオリンって合うのかぁ?」、
と想像がつかなかったのですが、
始まってみると、意外や意外、しっくりきました。
コンサート1

オペラの笠原さんは、
秋川さんや新垣さんとはまた違ったテノールで、
若々しい、さわやかなヌーボーのようなテノール。
バイオリンの松村さんは、
これまで生で聞いたことあるソリスト達とは違って、
やさしいフラットな音色のバイオリンで、
異色な組み合わせであるジョイントコンサートに、
とても馴染んでいるように感じました。
コンサート2

驚いたのが、お琴と17琴が、
まるでチェンバロやハープのようで、
モーツァルト、ラフマニノフ、エルガー、サティなど
クラッシク曲を奏でても違和感がない!
コンサート3

コンサート4

「なんで和っぽくないんだろう?」
と思って聞いていると、
最後のMC説明によると、
お琴の奥村健一さんは、
6歳から大学までピアノが専門だったそうで、
クラッシクを初めとした今日の演奏曲すべてを、
奥村さんが一旦ピアノで弾きこなしてから、
お琴用に編曲したのだそう。どおりで・・。
私的には後半のクラッシク4曲が、
聞き馴染みあって、しかも、
初めてのお琴アレンジがとても良かったです。

すっかりお琴のイメージが変わり、
オペラ、お琴、バイオリンのコラボという
新潟の若手音楽家さんたちの新しい試みで、
とっても興味深い新鮮なコンサートでした。
スポンサーサイト