FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



バレエ発表会

今日は定休日。

午後からテルサへ。
いつも大変お世話になっているお客さまが、
バレエ教室の発表会のゲスト出演をするというので、
拝見しに行って来ました。
P7132490.jpg

ゲスト出演のお客さまは、ピアノと朗読での出演。
ちょっと遅れて会場に着くと、
バイオリンとピアノとバレエの演目が始まるところ。
曲目は、ヴァイオリン曲の「チャルダッシュ」と
お客さまの作曲した曲です。
P7132473.jpg

P7132477.jpg

次は、トゥシューズを履いて初めての舞台という、
生徒40数人の群舞。
P7132505.jpg

P7132506.jpg

次は4歳くらいのかわいらしい演舞。
きちんと揃ってはいませんでしたが、
ちゃんとカウントとって踊ってました。
よっぽど練習したんでしょうねぇ。
P7132508.jpg

引き続いては、大人の先生クラス?の演舞。
さすがに手足が長くて、美しいです。
足腰の軸がしっかりして安定してて、さすが。
P7132513.jpg

2部の最後、杜々のお客さまお二人がゲスト出演。
「裸の王様」の作曲と朗読で参加されます。
P7132520.jpg

裸の王様が、裸のまま行列し続けるシーン。
P7132521.jpg

沿道の少年の「何も着てないよ」の一言で、
大人たちと王様が事態を認識し、
それでも裸の王様は行進やめることができなかった、
大人の悲哀を感じさせるシーン。
P7132523.jpg

場面場面に合ったすばらしい曲と朗読、
そして踊りの振り付けでした!

ところでバレエといえば、
ローザンヌ国際バレエコンクールをTVで見るくらい。
生で見ると、トゥシューズ音が、
意外にコツコツと大きく聞こえたり、
直立するだけでも、かなりの脚力とバランス力がないと
フラフラすることが分かりました。
あの華麗な踊りの影には、
並々ならぬ訓練があるのですねぇ。

それと、小さい子たちの踊りを見て思ったのですが、
バレエって筋力、バランス、表現力、柔軟性、
リズム感、空間認識の能力の他、
群舞では協調性や全体と自分の関係認識や、
振り付け、音楽、衣装装飾などの美意識必要だし、
かなり高度な総合芸術であるとともに、
かなりの教育的効果もあるのでは・・・。

とはいえ、会場費、照明に音声、衣装などなど、
かなりの経費がかかるそうで、
年一回の発表会用に皆さん積立をするのだとか。
なかなか馴染みの無い世界を、
今日は拝見させていただきました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト




10/1/11(月)~30(土)五十嵐正子木版画展~年賀状30年の記録~

新潟在住のオカリナ奏者、
五十嵐正子さんの木版画展です。

30年間に渡って制作された、
木版画の年賀状の一挙公開です!

ぜひご覧くださいませ!