FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



秋といえば

今日のお店は、
9名さまが2Fでお昼&会合のご予約。
ご注文は、カリフォルニアロールセットなので、
朝から6本の巻き寿司を巻いたり、
イタリアンマリネを作ったり、酢豚を準備したり。

そうこうしていると、皆さまがご到着。
俳句の会の皆さまで、
園芸センターで俳句の題材を探してからのご来店。
お昼を召し上がってから、俳句の会だそうで、
3時近くまで、わいわい俳句会をされてました。
お互いの作品を鑑賞するなんて、
まさに「芸術の秋」でいいですね~。

ところで皆さま、
カリフォルニアロールがお口にあったようで、
「秋色の彩りで、いいわ~」とか言っていただいて、
お帰りの際に、わざわざご挨拶に来てくださる方も。
幹事さんには、
「みんな良かったってすっごく喜んでたわ!
『またここで会をやって』って言われたわよ」
とおっしゃってくださいました。
ありがとうございます。

また今日は午後から、
オーナーが入っていた写真クラブの元メンバーさんが、
久々にいらしてくださいました。
市展に出品する写真を選ぶために、
先生のお宅に行った帰りだとかで、パソコンを持参。
市展に出品するデジカメ写真を見せてくださいました。

「いいタイトルが浮かばないのよね~」
とおっしゃっるので、
居合わせた常連のお客さまも一緒になって、
写真を撮った方を前に、
「あーだー、こーだ」言いたい放題(笑)
他に見せていただいた写真にも
「ここが要らない」とか、「こっちの方がいい」とか言って、
終いには、頼まれても無いのにタイトルをつけたして。

最後には、良いタイトルが決まって良かった。
まさに「芸術の秋」な時間でした。
「タイトルも作品!」「みんなの合作だわ」ということで、
「入賞したら祝賀会しましょう!」
ということになりました。
入賞したら、ぜひお知らせくださいね~。

それにしても、
一人で考えるより、いろんな人が集まると、
いろんな感性と表現が交差して、
「あーだ、こーだ」と言い合っておもしろい。
なんか脳が活性化したって感じです。
そうそう、俳句会もその最たるものですよねぇ。
自分の感性を、言葉を駆使して5・7・5で表現して、
他人と共有しようとする世界ですもんねぇ。

そういえば学生のとき、
指導教官がある哲学者の理論を説明するとき、
「日本でも、昔は、『人間』を『じん・かん』と言っていた。」
と言っていたのを思い出しますねぇ。

「人間」とは、
ホモサピエンスのようなヒトではなくて、
人と人の「間」で相互作用を持つから「人間」だとか。
互いの経験や感情を少しでも共有できるからこそ、
文化が発展し、芸術も発展してくんでしょうねぇ。
そういえば、うちの猫のチビは、
可愛いいし、いつも癒してくれるけれど、
一方通行の方が多いし、
もちろん俳句の感想は言えないですもんねぇ(笑)

最近の若者の事件も(若者ばかりでもないですが)、
色んな「人と人の間」がある生活が彼らにあれば、
事件を起こさずにすんだような気もしますねぇ。

いや~、ちょっと硬いことを語ってしまいましたが、
いつも食べ物の話題ばかりで、
「食欲の秋」ばかりでは能が無い(笑)
物思いにふける?秋の夜長ということで・・・。
スポンサーサイト