ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



特別編 08年12月25日Part1

今日はクリスマス、終日貸切営業です。
お昼に7組のママ&お子さま、
夜は23名様の忘年会を兼ねた食事会。
さすがに昼夜30名さまの準備は一人では無理。
「新幹線代だすから手伝って~」
と東京の妹&姪っ子を呼び寄せることに。

朝は7時には加藤食材へ行って買出し、
帰って来て10時半までバイトをし、
速攻で帰って来て、まずはお昼のご予約の準備。

お昼の7組のママ&お子さまは、
2Fを使ってクリスマスパーティーです。
事前に「ホールケーキ付でのお任せメニュー」
のご注文をいただいておりましたが、
実はこの「お任せ」が一番ハードルが高い(笑)。

「お子さんいるし、お昼のメニューで、パーティーだし、
昨日はイブでチキンは食べてるだろうし、
でも肉類もないとなあ・・・」
などなど無い頭で色々思案して、
なんとかご準備させていただきました。
ある意味、杜々初めてのパーティーメニューです(笑)。

オードブル盛り合わせ
(海老マヨ、ポテトサラダ&スモークサーモン
チキン手羽ハーブグリル、アボカドエッグミモザ風)
08オードブル

グリーンサラダ
08サラダ

ミネストローネ(猫パスタ入り)
08ミネストローネ

バジルピザ
08バジルピザ

フライドポテト
08フライドポテト

チキンドリア
08ドリア

イチゴのシフォンケーキ
08シフォンのイチゴショート

PC254416.jpg
この他にドリンクを皆さんご注文くださり、
ありがとうございました!

お部屋はクリスマスの飾りつけをされたり、
ママさんのお一人が、
サンタクロースの衣装に着替えられたりと、
本格的なクリスマスパーティーのようでしたねぇ。
081225貸切クリスマス会
こんなにしてくれるママのお子さんたちは、
ほんと幸せですねぇ。
いい子に育たないわけがない!!

そうそう、皆さんがお帰り後、片付けに2Fに行くと、
使った食器類をきれいにまとめてくださってて、
とっても助かりました!
お部屋もきれいに元通りにしてくださって、
本当にありがとうございました!

皆さまのご利用のお陰で、
杜々も初めての昼間のパーティーのご準備ができ、
新しい杜々の使い方のレパートリーが増えました。
杜々を使っていただき、心より感謝いたします。
またのご利用、こころよりお待ちしております!
スポンサーサイト

特別編 08年12月25日Part2

お昼のお食事、ケーキも出し終わり、
夜7時からの忘年会の準備を始めると、
一人のママさんがいらして
「私の2、3人前からトイレが詰まってたみたいで・・・」
とおっしゃるのでトイレに行ってみると、
確かに詰まって水が流れていない!

「よくあるあれ(吸引棒)はないですか?」とママさん。
「無いんですよねぇ・・・」
7時までに時間がないし、プロにお願いすることに。
タウンページを開いて、
「トイレ詰まり4200円~、別途出張費3150円~」
と書いてある会社に電話。
6時にしか来れないということで、いったん保留して、
別の会社に電話すると、明日しか来れないというので、
最初の会社に掛け直して来てもらうことに。

「7時から営業始まるので、
できるだけ早めにお願いします!」と言うと
5時過ぎに、若いお兄さんが来てくれました。
店内に入るやいなや、
「わ~、雰囲気のいいお店ですね~」
と言って、丁寧な対応ぶり。

早速トイレを見てもらうと、
「3つの方法があります。
1つめは、う〇ちなどが詰まっていれば、
薬を流して詰まっているものを溶かしますが、
これはおもちゃなどのが詰まっている場合は駄目です。」

「2つ目は、圧をかける方法ですが、
おもちゃなどの固形物が詰まっていると、
トイレが壊れる可能性があり、壊れても保証できません。」

1つ目と2つ目の方法ともに、料金は3万円!とか。
「タウンページに、4200円+3150円って
書いてありましたよね・・・」
と言うと、なんだか歯切れが悪いはっきりしない答え。
『怪しい・・・・』(笑)
何が詰まっているかも分からないから、
薬で効果が無くてさらに圧を掛けたら、合計6万円?!

「針金のようなパイプの中をつたって掃除できるような、
専用の道具ってないんですか?」と聞くと、
「針金とかだと、パイプを傷つけるので・・・」
『えぇ?専門業者なのにないの?怪しい』(笑)

「じゃあ、3つ目の方法は何ですか」と聞くと、
「3つ目は、トイレを解体する方法で、
これだと部品の換えがないので、10万円くらいです。」
「はあ?今日の売上どころか大赤字だあ」

10万円なんてとても無理。
圧を掛けてトイレが壊れるのも困る・・・・
「圧を掛けてトイレが壊れた確率は?
今まで何件中、何個のトイレが壊れました?」
と聞くと、
「トイレは3キロで壊れるので・・・」
とこれまたはっきりした数字は言えない。
『怪しい・・・』(笑)
「圧は、様子見ながら調整できます?
たとえば、1キロづつとか」
「はい、1キロからかけて、2キロくらいが限界です」

何が詰まっているか分からないまま、
手段を選ばざるを得ず、結局圧を掛けてもらうことに。
081225トイレ工事
まず最初は1キロの圧。ダメ。
「圧はかけたくないんだよなあ・・・」とお兄さん弱気。
2キロをかけたところで、
外の排水溝のふたを開けて
詰まっていたものが流れてくるのを見てた
オーナーのご主人が飛び込んできました。

「でかくて硬いう〇こが出てきたぞ!」
排水溝に2本の長い棒クロスで突き刺して、
流れてきたものをなんと!キャッチしたそう。
確認してきた妹も
「確かにう〇ちだった!すっごい大きくて硬い!」

おもちゃや何か備品が詰まってたとしたら、
お客さまをこれから疑わなくちゃいけなかったから、
「備品とかでなくって良かった・・・」
とオーナーも申しておりました。
杜々ですっきりしていただけて良かった良かった(笑)

結局代金は、25200円。
「設備費をサービスしました」というけど、
タイヤの空気入れのようなもので圧をかけただけで
25200円って・・・。
請求書の明細見ると、一番怪しい「一式」料金(笑)
タウンページに載ってた料金は一体なんなんだ?
車には、もう一人男性が待機してたそうだから、
出張費2人分2万円、作業代5200円てところかしら。

帰り際、お兄さんが一言、
「また何かあったら連絡ください!」
と言ってたけど、
「できたらあんまり連絡したくないですね~はははー」
と思わず言ってしまいました。
正直、お世話にならなくていいなら、なりたくない(笑)
というか、その時は、別の会社に頼んで、
料金が妥当なのか確かめよう(笑)

気づけば、6時近く。
なんとか7時の開店に間に合った!

特別編 08年12月25日Part3

今日の午後7時からは、
バイトでお世話になっている職場さんの忘年会です。
仕事終わりに23名さまがご来店です。

ご注文は、「お酒なしの夜ごはん」ということで、
キーマカレーセットにプラス料理と、
ケーキ&ドリンク付きをご希望です。

オードブル盛り合わせ
オードブル2

グリーンサラダ
08サラダ

キーマカレー
キーマカレー

台湾ゼリー
デザート

シフォンケーキ&ドリンク
ラムレーズンシフォン

お食事が終わると、恒例の余興と出し物です。
まずは、「深いい話」投票!
事前に「あなたの深いい話」アンケートを提出ずみで、
DJに扮した司会さんが、匿名で皆さんの前で発表。
各席に配られた「深いい・う~ん」棒で皆で判定。
みなさんの深いい話で盛り上がりました。

続いては、各自に配られたビンゴ用紙に
好きな数字を入れて、ビンゴ大会です。
参加者が500円程度のプレゼントを提出して、
ビンゴになった人からプレゼントを選びます。
数か月間ながら私もお手伝いに行っているので、
プレゼントを用意しましたが、
プレゼント交換なんて久々、懐かしかったですねぇ。

そして最後は毎回大盛り上がりの年代別出し物です。
冬のソナタあり、
081225忘年会余興モザイク3
女装あり、
081225忘年会余興モザイク
ダンスあり
091225忘年会余興2
皆さんのはじけ具合は、半端ない!
会を重ねるごとに、レベルが上がっているような気も。
お仕事もあるのに、いつ練習されてるのやら(笑)
ほんといい職場なんですねぇ。
またのご利用、お待ちしております!

皆さんがお帰りになって片付けをはじめ、
明日のお昼もアジア料理のご予約があったので、
残りは妹に任せて家に帰り、
お風呂に入って寝たのが1時近く。
朝は7時からの11時間のフル活動、
途中予想もしない事態もありました(笑)。
長い長い、一日でした。
ご利用いただきました皆さま、ありがとうございました!

今年もお世話になりました!

今日も寒かったですねぇ。冷え方が違います。

今日で長野さんの展示が終了しました。
長野さんが、ご家族といらしてくださって、
展示作品の撤去にいらしてくださいました。
長い間展示頂きまして、ありがとうございました!

今日で今年最後の営業日&土曜日ということで、
お店はそんなに忙しくなかった(笑)
その分常連さまとゆっくりお話ができました。
「最近通信販売でCDのセット買ったんだけど、
すごくいいから聴いてみて、」貸してくださいました。
5枚組の「VOICE」シリーズで、
「安らぎ」編には、なんと探していた曲が入っている!

夏にりゅーとぴあに聴きに行った
「ベルリンフィルの12人のチェリストたち」
のコンサートで初めて聞いて心奪われた曲で、
G・フォーレの「パヴァーヌ」です。
休憩時間にCD欲しくて(初めて!)ホールに出ると、
売り場には黒山の人だかり。

「パヴァーヌが入っているCDどれ?」
と販売員さんに聞いてる年配の男性がいるほどで、
皆さんも感動したみたいでしたねぇ。
結局収録されているCDはありませんでした。
コンサートで演奏するなら収録して欲しいですねぇ。
ほんと皆さん欲しがってたから絶対売れます!
購買欲があまりない私が欲しかったくらいだから(笑)。
それ以来ずーっと「パヴァーヌまた聴きたいなあ・・」
と思ってたところに、今日貸していただけました。
願い続ければ、願いは叶うのですねぇ。

ところで話変わって、今日は閉店後、
朝一でスポンジを取りにいらしたお客さまに電話。
大変お世話になっている常連さまなので、
「クリスマス会で疲れてるだろうから、
御夕飯の足しにでもしてもらえれば・・・」
と忘年会用に多めに買っておいた食材を使って、
オードブルとサラダをご用意。
クリスマス会終わりの9時過ぎに寄っていただきました。
0812常連さまへ

PC254434.jpg
お客さまからは、昨日作ったスポンジが、
デコレーションケーキになって戻ってきました(笑)
お気づかい頂き、ありがとうございました。
PC274502.jpg
参加者は80人くらいだったそうで、
「スポンジがおいしい!」
と皆さんがおっしゃってくださってたとか。
がんばって作った甲斐がありますねぇ。

帰り際、車までお見送りすると、
車に乗り込むと思いきや、近くに寄ってらして、
「今年もありがとう!来年もよろしくね」
と言って手を差し出してくださって、握手!
「こちらこそ、ありがとうございました!!」
と両手で握手させていただきました。

握手が終わると、私の手を捕まえたまま、
「こんな手してたの~?かわいい手して。
ぽにょぽにょしてるわねぇ」
と右手の手のひらをナデナデ(笑)
杜々のいろんな場面でいつも助けてくださって、
お世話になりっぱなしなのに、
握手なんてしたことなかったですもんねぇ。
年の最後にあらたまって握手するって、
日頃伝わらない深い気持ちが伝わります。

今年も常連さまをはじめ、新しいお客さまなど、
沢山の方よりご来店いただきました。
色んな展示者の方から色んなジャンルの作品を
沢山展示していただきました。
イベントでも沢山の方々の大きなお力添えで
皆さまにご満足いただけるイベントが実現しました。
お店を始めなければ、
決して出会うことのなかった方々との
出会いや新しいご縁も広がりました。
皆さんのお勧めの「モノ・コト・人」が杜々に集まって、
去年よりもより良いお店になりました。

それもこれも、そして杜々があるのも、
皆さまあってこそ!皆さまのお陰です!
お一人お一人と固く握手させていただきたいほど
感謝の気持ちでいっぱいです!杜々はほんと幸せ者です。
沢山の方々に支えられて、3年目の年の瀬を越せそうです。
今年一年、ご来店いただきました皆さま、
ブログをご覧いただきました皆さま、ありがとございました。
そして来年もよろしくお願いいたします!

スポンジ12個

久々のブログアップです(笑)

実は色々あって特に昨日のクリスマスは、
杜々の歴史に残るであろう(笑)長い長い、
そして想定外のハプニングもありの一日でした。
あまりに色んな事があり過ぎて、手がつけられない(笑)
ということで、後日アップしたいと思います!

で、今日はというと・・・
朝から久々の積雪や吹雪で、この冬一番の冷え込み。
PC264452.jpg
そんな悪天候の中、
今日は2Fでママさん&お子さまがご予約。
事前のお電話予約では、
「辛さとか加減しないで、アジア料理っぽいもので」、
と言うことでしたので、
パクチーやらこぶみかんの葉、
青とうがらしやレッドカレーペーストなどを使った
アジア料理をご用意。

ピータン豆腐
ピータン豆腐

ラープ・ムー
08ラープ・ムー

タイ春雨サラダ
08ヤムウンセン

タイさつま揚げ
08タイ・さつま揚げ

タイ風オムレツ
P9203463.jpg

ジャスミンライス
08ジャスミンライス

グリーンカレー
08グリーンカレー

サーブしたオーナーによると皆さん、
「日本にいるとは思えないね」とか、
「おいしい!」とか言ってくださったそうで、
お料理をお出しすると、歓声を上げてくださったり、
料理の写真を撮ってくださったとか。
オーナーも、
「若い人は、反応が良くて気持ちいいわね~」
と申しておりました。

今までは夜の宴会などのお料理ですが、
お昼用にもご準備できそうですねぇ。
初めてのランチでアジア料理のご注文していただき、
ありがとうございました。

ただ、現在10時半にバイト先から戻るので、
準備の時間がギリギリで、
今日は2Fの方の準備で手一杯となってしまい
常連さま方のランチや、
一般のお客さまの飲食をお断りすることに。
お断りした皆さま、すみませんでした・・・。

ところで、2Fのママさんのお一人より、
手作りパンをおすそ分けいただきました。
PC264470.jpg
梨?の酵母から作ったパンだそうで、
パン屋さんのパンそのもの、柔らかくてもっちりしてて、
パンの香りも甘い香りがして、おいしい!
帰省中の2歳の姪っ子も「おいちい!」と即答。
パンだけは、小学生の頃から何回か作りましたが、
一回もうまくできたためしがない。
パンを上手に作れる方は、ホント尊敬します。
ごちそうさまでした!

今日は5時くらいから、
明日引き渡しのスポンジケーキを10個焼き始めました。
明日、とある教室のクリスマス会があって、
参加者の皆さんでケーキを作るのだそう。

そういえば、去年の今日もご注文いただいて、
スポンジを焼いてましたっけ。
翌日の早朝、ラオス旅行で新潟空港集合だというのに、
荷づくりも全くしておらず、
焼き終わってからスーツケース出して準備しましたねぇ。
もう1年たつのですねぇ。
今年は、「年一回の年末の海外脱出!」
はできませんでしたねぇ、残念・・・。

今年のご注文のスポンジは数が増えて、
2個づつ焼いて5回転焼くつもりが、
途中、薪ストーブの火が落ちて室内が寒くなったとたん、
1回分のスポンジが他よりもうまく膨らまず、
結局6回転、12個を焼き、焼き終わったのが10時過ぎ。
さすがに疲れましたが、一年の最後の大仕事、
一年が終わるなあって実感しますねぇ。
0812スポンジケーキ
明日は年内最後の営業日となります。

初めてのメサイア

今日は定休日。
起きたら12時45分、さすがに寝過ぎですが、
でも休みの日は気兼ねすることなく寝坊ができます(笑)

起きてキッチンへ行くと、
「あなたの朝ごはん、それだから~」
と言われ、テーブルを見ると、なんとイタリアン!
PC214355.jpg
「なぜに朝からイタリアン・・・・」
いささか味気なさを覚えつつ、久々なので食べ始めると、
「1時10分には出発するから早くしなさい」
と言われ、急いでかき込んで外出の準備。
午後2時からりゅうとぴあで第41回メサイア演奏会です。
知人の方が合唱に参加するそうで、
チケットをいただきました。

メサイアは初めてなので、
車中は、なんともど素人な会話(笑)。
「メサイアってどういう意味?どんな曲だっけ?」
昔、一回だけ聴いたことあるオーナー、
「多分、『ハーレルヤ、ハーレルヤ、ハレールヤ、・・・』だよ」
「ああ!聞いたことある!」
「多分、字幕が出るんだわ」
「へぇ・・・。何語?ドイツ語?やっぱり第九みたいに、
その有名な『ハレルヤ』までが長いのかねぇ」
「どうだったかなあ・・・」
そういえば、チケットくださった方が、
「有名な個所までが長いから、
それまでは飽きちゃうかもしれないけど・・・」
とおっしゃってましたっけ。

20分で会場近くに着くと、すでに満車の表示。
仕方なく、近くの市役所の駐車場に車をとめ、
屋上公園を渡って移動。
風は冷たいけど、天気がいいから気持ち良かった。
りゅうとぴあ
エントランスに入ると、すごい人の数。
メサイアを含め3つのイベントが重なってました。
どおりで駐車場が混むはずです。

席は自由席なので、まず2階席に行くとほぼ満席。
しかたなく3階に行き、一番後ろから2番目の席へ。
ステージ真正面でパイプオルガンと同じ高さ。
手すりがないと、ちょっと怖いくらいの高さです。
メサイヤ1
今日のオーケストラは、
東京バッハカンタータアンサンブル。
他には、オルガンとチェンバロもあるみたい。
そうそう、チェンバロは、ばらして運び、
会場で組み立てるんですってねぇ。

出演者入場。
メサイヤ2

メサイヤ3
メサイアは、プログラムによると・・・・
キリストに関する預言、降誕、
受難と復活、弟子による伝道、
キリストによる支配と人々にもたらさせる永遠の生命
を、独唱、合唱、オーケストラで演奏される、
ヘンデルの不屈の名作だそう。

演奏が始まり序曲が終わると、テナーの歌で始まり、
大型スクリーンに訳詞が映し出されました。
訳詞は、旧・新約聖書から引用されてて、
ちょっと馴染みがないというか、馴染めない内容・・・・。
なので、読むだけ読んで純粋に演奏を楽しむことに。

演奏の方はと言うと、
オーケストラは、通常のオケよりも少ないですが、
音で疲れるということがなく、聴きやすくて好きな感じ。
また初めて聴くカウンターテナーは、
中性的な高音な歌声がとても不思議な感じで新鮮。
宗教的な音楽に合いますねぇ。

後半には、ボーイソプラノもあって、
当店のお客さまが指導している合唱団所属の
中学生の男の子2人がきれいな高音で歌ってました。
またチェンバロの音色はバロック時代を感じさせるし、
後半のみに出てくるトランペットは、
永遠の生命?を得た喜びを高らかに表現してて、
インパクトがありましたねぇ。

それにしても・・・・・
メサイア、全53曲は長いですねぇ。
内容を理解するしないは別にして、
聖書の訳詞がなかったら、
特に第3部は演奏に集中できなかったかも(笑)
「ああ、ヘンデルは、
こういう聖書の内容をこういう風に表現するのねぇ。」
と最後は必死で食いついて聴いてました(笑)

合唱の皆さんも何回も立ったり座ったり。
一番大変なのが、オーケストラ&指揮の久住先生。
休憩入れても約3時間弾きっぱなしの振りっぱなし。
最後終わった時には、隣のオーナー、
「お疲れー、お疲れー」と言いながら大拍手(笑)
来週自分が参加する「第九より大変だわ~」とか。
椅子に座って聴いているだけなのに、
お腹が空くほど疲れましたから、
演奏している方たちは、もっとお疲れでしょうねぇ。

ところで、りゅうとぴあは反響がいい!
3階の最後尾の席にいながら、
合唱&オーケストラのマックスの音量の中、
楽譜をめくる音がリアルに聞こえてくるし、
ソプラノが立ち位置に行く時の、
かすかなヒールの音までリアルに聞こえる!
そういえば、先日の「高島ちさ子とベルリンフィルの
12人のヴァイオリンニスト」に行ったお客さまによると、
「りゅうとぴあは、自分の中で3本の指に入るホール」
と高島ちさ子が言っていたとか。

来年1月に「佐藤しのぶ&ベルリンフィル・オクテット」を
りゅうとぴあに聴きに来る予定ですが、
せっかくだから、がんばって(笑)S席にしようかな。
今年で最後のホールコンサート。
来年も、すばらしい演奏会に沢山行けたらいいですねぇ。

ブログ、キウイ&パウンドケーキ

今日も昼間は暖かかったですねぇ。
新潟の冬とは思えない・・・。

今日は展示者の長野さんのお知り合いの方が、
お子さん3人を連れてご来店くださったり、
常連さまがいらしてくださったり。
皆さま、ご来店いただきありがとうございます。

お昼には2Fで4組のママ&お子さまが
「グリーンカレー」でランチのご予約。
前回いらしたときに、
今日のご予約をくださった皆さまで、
またのご利用、ありがとうございます。
が、こちらの勝手な思い込みで準備が遅れ、
大変お待たせしてしてしまい申し訳ございませんでした。
大反省しております・・・。

グリーンカレーですが、
「ピリピリしない辛さで、後引く」とか、
「この辛さが素敵」とか(オーナーの聞き違い、
記憶違いがあったらすみません(笑))
感想を言っていただいたそうで、
お口に合って何より、良かったです。
ありがとうございます。

ところで、こちらのママグループさまのことを、
前回ご来店の日のブログに書かせて頂いたのですが、
そのブログを読んでくださってたそうで、
「ブログに載ってうれしかった」と、
その日のブログ箇所をプリントアウトして、
今日持ってきてくださったそうです。

いや~、そんなに喜んでいただけて、
うれしいやら、はずかしいやら、ありがたいやら。
「また今日も帰ってブログ読みます」
と帰り際に言っていただき、
プレッシャーを若干感じつつ(笑)、
そんなに喜んでいただけるなら、
「疲れててもがんばって毎日書き続けるぞ!」
と決意新たにしました。

ブログと言えば、以前書いた「壁にお絵かき」も
読んでくださってたようで、
「どこに描いたのですか」と聞いてくださって、
「私たちも気をつけなくちゃね」
と、おしゃってくださったとか。
ご理解いただきまして、ありがとうございます。

帰り際には、「カレーおいしかったです!」
「また来月来ます。日にち決まったら連絡します。」
と言っていただきました。ありがとうございます!
予約のお電話、こころよりお待ちしております。
今度はお待たせすることないよう、重々気をつけます。

ところで話変わって、
昨日、常連さまよりキウイフルーツをいただきました。
PC194326.jpg
が、如何せん、薪ストーブの部屋に1日置いたため、
ただでさえ頂いた時ですでにやわらかめだったのが、
あっという間に食べごろ状態になってしまい、
うちだけでは到底食べきれないので、
今日はいらしたお客さまで、
要る方に好きなだけお持ちいただきました。

糖度のほうが少しばらつきがあるようなので、
砂糖をまぶしたり、ソースにするとか、
フルーツジュースにするとか、
ちょっと手をかけた方がいいかなと思います。

また今日は夕方、
11月に展示してくださった手芸グループの
代表の方がご家族がいらして、
手作りのパウンドケーキを届けてくださいました。
昨年もごちそうになりましたねぇ。
今年もそんな時期になったのですねぇ。
PC204343.jpg
ごちそうさまでした!

また取れたて土付きの野菜も、沢山くださいました。
PC204344.jpg

PC204351.jpg
年末になって、
野菜、特に葉物が高くなってきたので、
とても助かります。
ありがとうございました!

色なものを皆さんから頂いてばかりで、恐縮です・・・。
いただける物ももちろんうれしいのですが(笑)、
「杜々に持っていこう」とか、「杜々にあげよう」とか、
そういう皆さんのお気持ちが、ほんとうにありがたい・・・。
皆さんのお気持ちを感謝して頂いている年の暮れです。

チェロコンサート

今日は閉店後、というか、
閉店ちょっと前にお店を空けさせていただいて、
チェロのコンサートを聴きに長岡へ。

とその前に・・・・
午後の空き時間、バイト先からの電話で、
今月のお給料を渡したいので来るようにとのこと。
先日の遅刻(笑)のお詫びに、
昨日売っていただいた「さや付き蜜落花生」を
一袋持って行って、帰ってくると、
またまたバイト先から電話。

「さっき言えばよかったんだけど、
頑張ってもらったから、プラス入れといたので」
給料袋、開けもしないでテーブルに置いたまま、
全然気付きませんでした。
アルバイトなのに、気を使っていただいて、
またしても期せずしてのご厚意!
ありがとうございました!

で、即座にコンサートには「贅沢に新幹線で行こう!」
どうせなら「CDも買っちゃえ!」ということで、
頂いたボーナスを使い切ることに決定。
こういう有り難いお金は思い切って使うほうが、
世のため人のためです(笑)

で、久々の新幹線!
夜乗るのも久々、夜景がきれいでした。
新幹線に乗るのは去年の夏に、
開店来のストレスが溜まって満タンのところに、
オーナーと些細な喧嘩をして完全にブチ切れ、
一回だけ職場放棄を敢行(笑)、
次の日の営業日の朝、東京へ逃避行した時以来。
そんなこともありましたねぇ(笑)。

学生の時、時々通ってた長岡駅は、
すっかり駅ビル内が変わってて、びっくり。
それに直江兼続一色!
来年の大河ドラマに向けて意気込みが感じられました。

コンサート会場は、
駅裏の「ホテルニューオータ二長岡」のNCホール。
PC194333.jpg
一番後ろの自由席に座り、ステージまでがこの距離。
こじんまりした会場で、
お客さんは200人くらい入っていたでしょうか。

今日のコンサートは、
N響のチェリスト4人の「La Quartina」。
チェリストのお一人銅銀さんが、
「中越地震の被災地に対して何か出来ることないか」
と申し出られたのが最初で、
中越地震の翌年から数えて3回目の長岡公演だそう。

演目は、前半がクラッシック4曲。
D・ポッパーの演奏会用ポロネーズ、
バッハのアリアとシャコンヌ、
J・クレンゲルの主題と変奏。

「ベルリンフィルの12人チェリスト達」
を聴きに行った時もそうでしたが、
目を閉じて聞くと、
4人で弾いているとは思えない一体化した音色と、
それでいて、やはり4つのチェロの音が重なった
重厚感がとても良く分かる演奏でした。
やっぱりチェロの音色、好きですねぇ。
チェロの音色は胎児がお腹の中で
聴いている音に一番近いと読んだことがありますが、
チェロの低音の音色を聴いているうちに、
気持ちが落ち着いていくのが自分でも分かります。

後半は、新作CDのプロモーションタイムで、
ポピュラーミュージック中心。
ビートルズのイエスタディ、ヘイ・ジュード
J・ウィリアムズのシンドラーのリスト
ラブミーテンダー、
ジェルブールの雨傘、
シネマ・パラダイスのテーマ曲など、
クリスマスメドレー

ポピュラーミュージックのチェロアレンジは、
品が出て、落ち着いた大人な曲になっていいですねぇ。
前半のチェロの重厚な感じは落ち着きますが、
メロディアスな曲を弾く時の方が、
チェロの持つより情感豊かな音色が味わえて、
どちらかというとこっちの方が私は好きですねぇ。
お客さんの皆さんにも耳馴染みがあったようで、
前半より拍手のタイミングに迷いがなく(笑)、
大きな拍手をしてたようでしたねぇ。

あと、最後のクリスマスメドレーは、
なんと!24曲のメドレーで、国内初演奏だそう。
「創作意欲が湧いてしまって」
大幅に曲が増えたそうです。
オーソドックスなクリスマス曲から、
ドリカム、マライア・キャリー、山下達郎、
映画音楽「ホームアローン」?に、
ジャズ風アレンジ?などなどある意味ノンジャンル。

曲と曲のつなぎも自然で、アレンジも凝ってて、
4人の良さが存分に盛り込まれてましたねぇ。
隠し持っていた鈴、笛?などの演出もあり、
インタビューコーナーでは、
若干地味目控え目なお人柄(笑)の4人でしたが、
隠れた遊び心とこだわりがちゃんと伝わって来て、
とても楽しくて盛りだくさんなメドレーでした。

ただ、NCホールは反響がちょっと弱いかな・・・
「ベルリンフィルの12人」を聴きに行った
りゅうとぴあのホールより至近距離だったなのに、
エコーが効いてないというか、こもった感じ。
期待してたチェロの音が聴けず、ちょっと残念・・・。

公演終了後は、
そう!思い切って最新作と3作目の2枚を買って、
せっかくなのでサインもしてもらいました。
PC204336.jpg
銅銀さんと桑田さんは、
2枚それぞれ違うサインをしてくださいました。
PC204338.jpg

9時過ぎに終わっても、
長岡くらいないら新幹線を使えば、
10時には新潟に戻れるので、圏内という感じ。
これも予期せずいただたボーナスのお陰で、
一足早い、クリスマスプレゼントになりました。
「明日からまたがんばろ!」感が満ちた夜となりました。

帰りの在来線では、
今日がピークの忘年会帰りのお父さんたちが多く、
車内はアルコールと煙草の匂いが充満してて
息が苦しくなってしまいましたが、
店に居ては分からない、年の暮れ感を肌で感じ、
たまには生活圏を出るのもいいものですねぇ。

期せずして

今日からお店の雰囲気が少し変わり、
ほんのちょっとだけですが、
クリスマスモードになりました。(遅過ぎの感あり(笑))

というのも、
昨日、以前展示してくださった作家の近藤さんが、
ある用事でいらしてくださったのですが、
一緒にCDを2枚持ってきてくださいまいた。
いつもありがとうございます!

近藤さんには、以前展示されたとき、
バッハやカザルスのチェロ曲集をいただいたことがあり、
そのCDをBGMにしたら、杜々の雰囲気に合うというか、
杜々の雰囲気がグレイドアップ(笑)しましたねぇ。
センスのいい選曲をされるので、いつも楽しみです。

で、昨日頂いたCDの1枚は、
歌姫サラ・ブライトマンを集めたもの。
早速今日聴いてみたら、今の時期にいいですねぇ。
神聖な感じすらする、
やさしくて艶のある透き通った歌声は、
心洗われるというか、ピュアな気持ちになりますねぇ。
CDを聴いていたら、妙に素直な気持ちになって来て、
この一年の出来事、自分自身のことなどなど、
思わず振り返ってました。
さすがサラ・ブライトマン!(笑)

CDをかけたまま休憩に入り、
オーナーと交代しようとお店に戻ってみると、
オーナー、薪ストーブの前のテーブルに座って、
サラ・ブライトマンのCDを片手に聞き入っている。
「いい曲ばかり入ってるわねぇ。」
「すばらしい歌声ねぇ。」
と私がかけるCDに初めて食いつきました(笑)

歌の教室に通っていたり、コーラスもやっているせいか、
サラ・ブライトマンの存在を全く知らないのに、
その魅力と実力がわかったよう。
「美人だし、スタイルもいいんだよぉ~」と言うと、
「天は2物も与えたのねぇ~。今度顔写真見せて!」
とすっかり虜になったようです。

もう一枚のピアノもいいですねぇ。
あいかわらずセンスが良い!
自分では絶対探し当てられないです。
おかげさまで、また店内のセンスが上がりました。
ありがとうございました!

と、そんないい感じの雰囲気の中、
オーナーのお友達の方がいらしてくださって、
これまたタイムリー!手作りのリースをくださいました。
PC184306.jpg
お食事前は必ず手を組んで
神へ感謝を捧げるクリスチャンの方。
信者の方にとっては、
年に一度のビックイベントの時期ですねぇ。

いつもお店に飾るオーナメントを、
いろいろ見繕って持ってきてくださって、
夏には、金魚鉢&水草&メダカの卵&餌のセットを、
各テーブル用に4つも持ってきてくださいましたねぇ。
いつもありがとうございます。

自分たちのお店なのに、
クリスマスモードにすることを全く忘れてた!(笑)
皆さんのおかげで、杜々も遅ればせながら、
クリスマスモードとなりました。
というか、自分たちでするより、
明らかに皆さまのセンスの方が断然素敵!
期せずして、皆さまにいろいろしていただいて、
ありがたいことです、ほんと・・・。

期せずしてといえば・・・・
閉店間際、仕事帰り?に、
先日「殻付き蜜落花生」をくださった方がご来店。
あれから「殻付き蜜落花生」を注文したそうで、
品物が届いたということで、寄ってくださいました。
「家には1つあればいいから」とおっしゃって、
残りを譲ってくださいました。

前回のときはあまりの感激で、
自分が食べるより他のお客さまにもお出してしまい、
ほとんど味わえなかったので、
「そろっとネットとかで探して買おうかなあ」
と思ってたところでした!ナイスタイミング。
送料払わず、しかも配達までしていただいて(笑)
ありがとうございました!
年末帰ってくる妹たちにも食べさせます!

今日一日、期せずして皆さんの厚意に触れ、
「杜々は幸せ者だなあ~」
とサラ・ブライトマンを聴きながら一人しみじみ。
皆さまに感謝!

人生初

とうとうやってしまった・・・・
人生初の寝坊で遅刻。

朝起きて時間を見ると、
なんとバイトの出勤時間ジャスト!!
今まで出勤時間の「5分前の5分前」で行ってたのに・・・。
飛び起きて、出勤先に電話。
「すいませんっ!!寝坊しました!
これからでも行った方がいいですか?!」
「これるなら、来てくださ~い」
で、15分で用意して家を飛び出ました。
我ながらすごい早業(笑)

週末の無理がたたったのか、
昨日の夕方から頭痛がひどく、
寝る時になっても痛みが取れず、
飲まないようにしていたバファリンを、
久々に飲んだのがいけなかったか・・・。
久々の爆睡で、
目ざましに全然気付かなかった・・・。

同じ職場にパートに行ってたことのあるオーナー、
何回か出勤日を忘れて呼び出されたことが。
「呼び出されないだけ、まだいいわ」ですって(笑)
そういう問題じゃないと思うんだけど・・・。

出勤して、
「遅刻しました、すみません!!」と言うと、
「こちらこそすみませんねぇ」とか、
「寝坊したんだって?(笑)」とか、
「朝ごはん食べてないでしょ」
と甘味さしだしてくださったり。
皆さん気を使ってくださいました。恐縮です・・・。
皆さまの厚意は2度目がないことは重々承知です(笑)
2度目がないよう、気をつけます!

さて、年末押し迫り、あっという間に新年です!
来年の事始めの出演者が決まり始めました。

1部趣味の部は・・・・

三味線、ごぜ歌、二胡、フルート、コカリナ、
ギター

2部プロの部は・・・・

ピアノ、ソプラノ 

です。

まだ余裕がありますので、
プロアマ問わず、人前で演奏したい方、
応募お待ちしております。
また見るだけ、聞くだけのお客さまも、
大募集しております。ぜひご参加ください。

温かな一日

今日は天気が良かったですねぇ。
日差しもあって暖かくて、
午後の2Fでのヨーガ教室では、
少し窓を開けてされたとか。ほんといいお天気でした。

今日のお店はというと・・・・
先日のライブの興奮がまだまだ冷めやらず(笑)、
ライブにいらしたお客さまたちがご来店すると、
「すごく良かった!」、「チェロの響きが良かった!」
「10月のときより、2人良かったんじゃない?」
「『鳥の歌』、ほんとよかったです!」
などなど大感動、大感激されたようで、
そういう反応をいただくとこちらもうれしくなります。
薄井さん、菅又さんにお願いしてほんと良かった・・・。

ところで今日は、いつもより早く起きて、
バイトに行く前にバナナシフォンを1ホール焼きました。
以前「友達からケーキここで売ってるって聞いて」
と初めていらしてケーキだけ買って帰られた方が、
また数か月ぶりにご注文くださいました。
お口に合ったのですねぇ。よかったよかった。

今日のお昼は、
久々の方がお友達をお連れ下さったり、
エスニックなどを目当てに
月一回いらっしゃる料理好きな方々や、
前に何度か無理なお願いで演奏してくださった
フルート奏者の方が、
お友達のフルート奏者の方と来てくださいました。
近くの盲学校での演奏帰りとか。

こちらのお友達の方は、石山にお住まいとかで、
ちょうどお会計の時、テラスに戻ってきたチビを見て、
「おっきいですねぇ。写真撮ってもいいですか?」
といって写メで撮ってらっしゃいました。
聞けば、5か月くらいの猫を飼っていて、
チビと同じ茶トラのオスネコだそう。
ご近所さまですし、同じ猫つながり、
またのご来店お待ちしております。
お連れ下さいました北村さん、ありがとうございました!

またお昼すぎには、
公民館のコーラスサークルの5名さまが、
総会の反省会&お昼を2Fでしてくださったり。
そのあと午後からは、昼ヨーガ教室があったり。

昼ヨーガ教室の生徒のお一人が、
前回の教室のとき風邪気味だと伺っていたので、
「風邪、治りました?」と聞くと、
「なかなか治らなくてお医者さんに行ってきたところ。
天気もいいし、ここに来れば元気もらえると思って。」
とおっしゃってくださいました。
そう言っていただけると、こちらこそ元気出ます!

閉店間際には、一人二胡の練習。
「ここんちの娘が出ないでどうする!」
と常連さまに再三言われ、
年明けの事始め会で二胡を弾く羽目になり、
そろっとやり始めないとヤバイ状況(笑)

1Fで弾いていると、
2Fで夜ヨーガ教室の準備をしてた先生が降り来て、
「ずいぶんレパートリーがあるし、上手ねぇ。
ここだけの話だけど、オーナーとは比べ物にならないわ」
「二胡の音色、哀愁があるというか胸にくるというか、
やっぱりいいわねぇ。」
などなどおっしゃってくださいました。

「月に何回くらい教室いってるの?」と聞かれ、
「全くの独学なんですよ~」
と言うと、とても驚いてらっしゃましたが、
こちらの先生はフルートを習ってらっしゃった?ので、
「先生も来年の事始め会に参加しませんか?」
とお誘いすると、
「そうねぇ・・・」
と始めは乗り気でなかったのですが、
「赤っ恥掻かなきゃだめな会なので、ぜひ!」
と言うと、
「そんな機会がないと練習しないかもね」
と言って、前向きに検討してくださることに。

今日も沢山の方にお会いし、お話をさせていただき、
今日のお天気のような一日でしたねぇ。
ご来店いただきました皆さま、ありがとうございました!

生きていればこそ

昨日は結局すぐに寝付けず(笑)、
結局4時過ぎまで眠れませんでした。
イベントがあった日やライブを観に行くと、
いつもすぐには寝付けないのですが、
これほど寝付けないのは久々。
それほど神経が高ぶってたんですねぇ。
ほんと素晴らしいライブでした。

今日も開店早々、
昨日のライブをご覧になったお客さまがご来店。
「昨日はほんと良かった!」
とおっしゃってくださいました。
さらには、ブランド物?の新品バック、
「使わないから使って」とくださいました。
昨日のライブお礼と言うわけではないでしょうが(笑)、
薄井さんと菅又さんに感謝ですねぇ。

ところで今日の午後、
昨日ライブを急きょキャンセルされた方が、
Aさんのお葬式の帰りみなさんで寄ってくださいました。
6日前、Aさんがすわった席に座り、
Aさんが注文した品を注文され、
皆さんで偲んでらっしゃいました。
オーナーが、
「Aさん、6日前にいらした時、
ほんと楽しそうにお話されてゆっくりされていかれました。」
と言うと、
「あぁ、そうだったの。ご家族にそう伝えとくわね」
とおっしゃってました。

Aさん、健康診断でなんの問題もないほどだったとか。
それが突然逝ってしまうなんて・・・。
ご主人が発見した時は、
逝ってしまってからかなり時間が経っていたのだそう。
どんな最期だったでしょうか・・・。

以前もオーナーのお友達の方が、
がん宣告からたったの2週間で逝ってしまいましたが、
Aさんは、ほんの数日前に言葉もかわし、
元気な姿を拝見してただけに、ショックすぎました・・・。

あの時お出ししたご注文のお食事、
あれから生きられたたった5日間に、
Aさんが食べることができた食事のうちの
貴重な一食だったのか・・・・と思うと、
あの食事でご満足いただけたのだろうか、
もっと珍しいメニューを準備しとけば・・・
などなど悔やまれます。

今日はお食事を作るたび、
あの日Aさんが食事してた姿が目に浮かび、
『この食事、もしこのお客さまの最後の食事だったら、
それにふさわしいのか・・・』
と作る度自分に問いかけざるをえませんでしたねぇ。

そう、昨日のようなすばらしいライブや、
素晴らしい方たちと出会うことができるのも、
沢山の方と感動を共有できるのも、
生きていればこそ、なんですよねぇ・・・。

『生きていられるなら、その間くらい、
少しでも沢山の素敵なもの、こと、
そして人との出会いがあるよう、
できるだけのことを今しないでいつする・・・』

『生きていられるなら、どんな状況でも、
みんなが少しでも沢山ハッピーになれるよう、
できるだけのことを今しないでいつする・・・』

そんなことを自分に何度も言い聞かせた昨日、今日でした。

今年終りにふさわしき一日

今日は長い長い一日でした。

朝一で午後のイベントにお申し込みの常連さまより
2人のキャンセルの電話。
「友達のAさんが脳溢血で昨日亡くなって・・・」

Aさんって、5日前にいらしてくださって、
お昼をされて、楽しくおしゃべりされた方じゃ・・・。
あちこち自転車で出かけてるっておっしゃってたのに。
あまりのショックで、すぐには理解できず、
オーナーと顔を見合せて全身固まってしまいました。
「一日一日を精一杯生きねば・・・・」
そう自分に言い聞かせずにはおれませんでした。

心よりご冥福をお祈りいたします・・・・。


今日は定休日のイベントデー。
朝は9時から某グループさまが、
クリスマスイベントでお昼付きで全館貸切。
親子さまイベント08冬
中学生から小さなお子さま&ママ、パパさんの会で、
ゲストは、10月以来の来県の「カントジフア」さん。
とってもアットホームな会みたいでしたねぇ。
(お昼の準備でほとんど拝見できませんでしたが・・・)
杜々をご利用いただき、ありがとうございました!

午後からはすぐに入れ替えで、杜々イベントです。
引き続き「カントジフア」のお二人が残ってくださって、
今年最後のライブです。
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の
チェロ奏者の薄井信介さんと、
薄井さん

プロギタリストの菅又健さんです。
菅又さん
杜々の無理なお願いで今回デュオが実現。
ある意味お二人のデュオのデビューライブだそう。
杜々として大変光栄です。

まずは、チェロ。
支えている棒?(ド忘れました)をはずして、
バロック時代のチェロの演奏方法で、
バッハの無伴奏組曲プレリュード。
チェロ説明
直接床に置いた方が音がかすれた感じになるとか。
いつもCDで聴いている無伴奏組曲1番を、
生で聞けるなんて、感動しました。
やぱり生音、体というかお腹に音が響いて、
ほんといいですねぇ。

続いて、ガットギター。
「ガット」とは羊の腸で作った弦のこととか。
ガットギター説明
アンプをはずした生音で、こちらもバッハで、
「主よ人の望みの喜びよ」です。
ギター一本のアコースティックな演奏は、
丁寧にはじかれる一音一音の余韻が繊細で、
静かに染みわたって、とっても素敵でした!

演奏2

演奏3
相変わらず安心感と深みのあるチェロの響きに、
軽やかで繊細なのに安定したリズムを刻む
ガットギターの組み合わせ、いいですねぇ。ほんといい。
10月の時はチェロが安定感を出してると思いましたが、
今日は意外にもギターの細やかで繊細なリズムが、
チェロの旋律に明るいアクセントを加えつつ、
相殺し合わない絶妙な伴奏になっていて、すばらしかったです。

それにお二人ともが、
かなり繊細な音から力強い音までを使い分けてて、
かなりテクニックないと出せない音色ですよねぇ。
お二人の息が合ってないと駄目でしょうし、
お互いを信頼してるなあって感じが伝わってきました。
演奏1

素晴らしい演奏にお客さまが感動した証拠に、
曲が終わるたびに反応を見ようと客席を見ると、
近くにいた常連のお客さま達、
まったく同じタイミングで私の顔を見、目が合い、
とても満足そうな笑顔でうなずいたり、溜息されたり、
「すばらしい!ほんと素晴らしい・・・」を連呼。
ほんと1曲1曲に感動してるご様子でした。
拍手の方も、ほんとすべての曲で、
感動されたのが分かるような力強い拍手でしたねぇ。

後半は、お二人の歌あり、
デュオ1

なんとびっくり、薄井さんのハーモニカとコカリナ、
ハーモニカで
菅又さんのコカリナ&すばらしいタンバリンに、
タンバリン1
お二人の即興も!
ハーモニカとコカリナ
演奏してるお二人も楽しそうで、こちらもうれしくなりました。
コカリナとタンバリン即興1

お客さまも引き込んで、大いに盛り上がりました!
お客さま1

お客さま2
きっと、合間合間のお二人のトークなども、
自然体というか飾ってない感じで親近感が湧いて、
こちらも安心してオープンマインドできたのでしょうねぇ。
トークもとっても楽しくて、笑い声が絶えませんでした。
10月の時には分からなかった
お二人の人柄を垣間見れてとっても良かったです。

また後半には、事前にリクエストした
カッチーニの「アベマリア」も演奏してくださいました。
この曲、シンプル過ぎるほどシンプルなので、
演奏者の力量がもろ出る曲。
薄井さんのチェロはとても素晴らしく、
ギターのアレンジも素敵で、
イメージしてた通りのアベマリアでした。
ありがとうございました!

お客さまがお帰りになった後、
「盛り上がる時は盛り上がり、
聴き入る時はきちんと聴いてくれて、
こういっちゃ失礼かもしれないですけど、
お客さんの質がとても良かったです」
と薄井さんがおっしゃってくださいました。
演奏者とお客さまの両方でライブを楽しむって、
こういうライブを言うのでしょうねぇ。

お帰りになるお客さまから、
「ほんと良かった!!」「期待以上!」というお言葉が、
いただけたのも良かった。お二人にお願いして良かった!
これまでのライブ・イベントで、
ほとんどの方が初めてというグループライブとしては、
今まで最高に近い盛り上がりだったと思います。
ありがとうございました!

ところで、演奏後お聞きしたところによると、
この初デュオのためにカントジフアの2曲以外は、
ゼロからアレンジしたのだそう。
また事前にリクエストさせていただいた、
カッチーニのアベマリアも、
「リクエストがなければ絶対やってなかった」そうで、
ほんとご無理を言ったのですね・・・。

でも終わってから、
カッチーニは「やってみたら意外に合って良かった!」とか、
「この二人でデュオをやる話は前からあって、
この機会で逆に背中押してもらえた」
と言っていただきました。そう言っていただけると、
無いものを無理を言ってやっていただいて、
御迷惑でなかった・・・と一安心です。

また演奏を聴いた音楽活動してるお客さまが、
「チェロ弾く素敵な男の子見つけた!」と、
休憩時間に音楽活動の仲間さんに電話するなど、
新しいつながりが生まれそうな気配も生まれました。
このデュオのデューが、
今日で最初で最後にならないよう(笑)、
次につながって行って欲しいですねぇ、ほんと。

薄井さん、菅又さん、
ならびに足をお運びいただきましたお客さま、
素敵な時間を共有できて、ほんとハッピーでした。
心より感謝いたします。本当にありがとうございました!

篤姫の最終回を見に戻ったオーナーは、
一回も戻ってこず(笑)、
一人片付けが終わったのは、夜11時過ぎ・・・
朝からほとんど何も食べてないのに今気付きました。
テンション上がってアドレナリン出まくりのせいか(笑)
全然気がつかなかった・・・。
とってもハッピーでお腹が空かないなんて、
これはすごいダイエット法かも(笑)

古代米

今日のお店は、2Fが貸切です。
以前いらしてくださった俳句の会の6名さまが、
また俳句の会の後に杜々をご利用くださいました。
お一人の方から、古代米を頂きました。
白米3合に付き大さじ1杯の古代米を入れるそう。
古代米
「おにぎりにして、ランチに出せばいいわよ」
と言っていただきました。そうれはいいアイデア!
いずれ、お出しできるといいですねぇ。

またこのグループさま、帰り際には、
お一人100円ずつの場所代を置いていかれまいた。
「とてもうれしかったから」と言ってくださいましたが、
こちらこそまた会合で杜々を使って頂き大感謝なのに・・・。
お気づかい頂き、誠にありがとうございます。
2Fまでお運びしたオーナーのチップにさせて頂きます(笑)

また午後には、
学生時代から大変お世話になってる方が、
手土産を持って久々にランチにいらしてくださったり、
(いつも気使ってもらってすみません。御馳走さまです!)
展示者の長野さんの親せきの方々がいらしてくださったり。
皆さま、ありがとうございました。

また、ちょうど1年前にラオス旅行をご一緒した方が、
たまたま偶然にも長野さんつながりで、
久々にご来店くださいました。(不思議な縁ですねぇ。)
今日は男性の方と一緒にいらしてくださり、
聞けば、なんと今年ご結婚されたのだとか。
おめでとうございます!!
久々にお会いできて、うれしかったです。
またのご来店、お待ちしております!

さて、明日は定休日のイベントデー。
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のチェロの方と、
プロギターリストのデュオの演奏です。
チェロの薄井さんは、聞いたところによると、
阪神大震災を被災されてるとかで、
杜々の床板が中越地震に関係があると知って、
「ぜひまた演奏したい」といってくださってたそう。
ありがたいですねぇ。

ところで今日の午後、
NHKで日本音楽コンクール本選会をやっていて、
作曲賞を受賞した?曲を、
東京シティ・フィルが演奏してたそうで、
休憩時間にそれを見ていたオーナー、
「『チェロパート映れっ映れっ』て見てたら、
多分前の方に座ってた人が薄井さんだ!」
と言ってました。明日ご本人に聞いてみます(笑)

あと数名のお席がございます。
お時間のある方はぜひチェロとギターの生音、
聴きにいらしてください。
(※要予約ですので、電話連絡くださいませ。)

ちなみに明日お出しするセットのケーキは、
「プレーンシフォンのマロンクリーム添え」です。
先ほど11時過ぎまでかかって、
3ホール焼き終わりました。久々にケーキ疲れ(笑)
080722シフォンケーキ
大量に作る時しかお出しできないバージョンです。
お楽しみに!

忘年会第二弾

今日のお昼のお店は、常連さまや、
長野さんの知り合いの方々がおいでくださいました。
ありがとうございます。
特に長野さんのお知り合いの方は、
県北の方でバラ園?をされている方とか。
色々資料いただきました。
機会があったら伺いたいと思います。

さて今日は閉店後、
新潟ダルニー連絡会の忘年会。
新潟在住の奨学金ドナーの皆さんの会です。
今日は1人のキャンセルで10人さまのご参加。
杜々が初めての方もいらして、ありがとうございます。

今日のメニューは・・・・

インドネシア海老煎餅(2種のチリソース)
インドネシア海老煎餅

ピータン豆腐
ピータン豆腐

台湾からすみとアスパラのサラダ
からすみとアスパラのサラダ

ラオス風串焼き(豚ヒレ&牛ロース)
ラオス風串焼き2種

タイ風さつま揚げ
タイ風さつま揚げ

タイ風香味グリルチキン
タイ風チキングリル

海老マヨ
エビマヨ

ザーサイとベーコンの炒飯
080823ザーサイとベーコンのチャーハン

山芋と干しエビのベトナム風スープ
山芋と干しエビのスープベトナム風

「みんなおいしかった!」
「いつもおいしいですねぇ。
他では食べれないものばかりで。」
などなど言っていただきました。
今日は特にタイ・ラオスに行ったことがある方が多いので、
ハーブやパクチーなどの香りをやや強めに。
お口に合って良かったです。ありがとうございました!

ところでお帰りの際、
面識がほとんどないお客さま方、初めての方より、
「ブログたまに見てますよ」
「お姉ちゃんがブログ書いてんの?」
と声を掛けていただきました。

「お客さまの数がそう増えてるわけでもないのに(笑)、
最近ブログのヒット数が増えてるのは、
お二人が見てくださってたからなんですねぇ~。」
とお答えしましたが、
確かに最近ヒット数が増えてますねぇ。
毎日のようにチェックくださってる方もいるようですねぇ。
(が、日頃ご来店くださっている方々には、
今のところブログをあまりご覧頂けてないみたい(笑))

こんなちっちゃなお店のちっちゃな出来事や
私の独断的(笑)独り言を書き綴っているブログ。
半分お店のHP化してますが(笑)、
昨日よりは今日、今日よりは明日とヒット数が多いと、
ハッピーに一日が終われるのです、これが(笑)。
時間つぶしにでもお付き合いいただければ幸いです!

ジャスミンライス

今日のお店は、
お昼のご予約さまや町内の方々、
新聞の情報欄をみていらした方々、
常連さまなどがいらしてくださって、
皆さま、ありがとうございます。

ところで、お昼のご予約は、
近くで3B体操?をされている7名さまで、
教室終りにランチにいらっしゃいました。
前もってナシゴレンのご注文。
お一人の方がナシゴレンを以前に召し上がって、
皆さんにお勧めしたそうで、ありがとうございます。

それにしてもナシゴレン、人気ですねぇ。
皆さんのお口に合ったのは大変うれしのですが、
如何せん、ジャスミンライスが手に入りにくい。

これまで業務スーパーで、
5キロ2500円で買っていたのですが、
9月頃から欠品中で、いつ入るか分からないと言われ、
仕方なくネットで調べると、
5キロ3500~3800円!
送料・手数料を入れると4000円超え。
10キロ8000円って、魚沼産コシヒカリ並みかも!

昨今の燃料代の高騰に加え、
中国の富裕層が農家ごと買い取ってしまって、
流通量が少なくなって価格が高騰してるとか。
確かにジャスミン米食べると、
粘りや弾力性はジャポニカ米に劣りますが、
水を多めに入れれば、
ふわっとしたやわらかい炊きあがりになるし、
甘さ、香りは、コシヒカリの比ではないですね。
ほんとおいしい。

前に買い占めたジャスミンライスも少なくなってきて、
今週末も5名様がナシゴレンでご予約だし、
来週にもグリーンカレーでご予約もあるし、
そろっと高くても手に入れなければなりませんねぇ。

そうそう、ジャスミンライスの件で、
ネットショップに注文した場合を考え、
送られてくるジャスミンライスの輸入年月日と賞味期限を
数社に問い合わせをしたのですが、
返信の速さもいろいろあれば、
ある店では、2007年12月輸入のものしかなくて、
通常1年の賞味期限といわれているのに、
「ジャスミンライスは、
日にちが経つほど美味しくなると聞いております」
と返答してきたり、
HP写真はタイ政府承認の
ゴールデンフェニックス社の袋なのに、
「送る商品は別のメーカーのものになります」とか。
ネットショッピングは、
現物が見れない分、ちゃんと問い合わせが必要ですねぇ。

連日の鑑賞日

今日は朝から寒かったですねぇ。
昼間には陽がさして若干暖かくはなりましたが、
朝夕はほんと冷え込みました。

そんな中、今日のお店にも、
沢山のお客さまがご来店くださいました。
2Fには3組のママ&お子さまがランチしてくださったり、
常連さま方や昨日のイベントに来てくださった、
お子さま家族がまたまたご来店くださったり。
「アジア料理を食べる会」の初代メンバーさんが、
最近退院されて顔をだしてくださったり。
皆さま、ありがとうございます。

ところで今日の午後、
前回手芸作品展をしてくださった方が、
ご主人さまといらしてくださいました。
大きな箱をお持ちだったので、
「新作の手芸作品の搬入かな?」と思ったら、
ご主人さまの会社「亀田製菓」さんの
米菓セットをお持ちくださいました。
亀田製菓セット
ちなみに一番上にのっている「sakuri」は、
セール価格の時に買って食べたことがありますが、
軽くてクラッシュアーモンドが載ってて、
米菓にしてはかなり薄めの厚さで軽い。
味も洋菓子ぽい風味と、甘塩味でおいしい!
沢山のお菓子、御馳走様でした!

閉店後は、昨日に続き外出です。
場所は燕喜館。
チェン・ミンさんの二胡ファンの集い以来ですねぇ。
演目はというと、
佐渡のムジナ(タヌキ?)にまつわる昔話を、
パーカッションと笛・三味線、佐渡弁で語る、
音楽グループ「ムジナトリオ」のパフォーマスです。

来年1月に展示してくださる宮尾さんが、
代表&所属している「新潟妖怪組合」さんが主催。
チケットは手作りのようで、
まさにムジナ気分を感じさせる凝ったもの!
妖怪探訪手作りチケット
会場にはスタッフさんたちが頭にタヌキの耳をつけてたり、
奥座敷脇の縁側に使われているという
樹齢800年のヒノキ?をモチーフにした絵が貼ってたり。
手作り感があっていいですねぇ。
ステージ

燕喜館奥座敷
パフォーマンスはというと・・・
佐渡弁、いいですねぇ。味があって。
方言は、その土地で生きている人々が持つ
感覚やニュアンスを良く伝える言語なんだなあと、
改めて実感。標準語じゃ絶対表現できないですよねぇ。
また本間よしえさんの朗読は、
静かに淡々とした抑え気味の感じが、
聴いてるものの想像力を総動員させますねぇ。
ムジナトリオ1
和楽器の木村俊介さんは、
プロフィールを見ると、かなりの実力者。
作曲・音楽監修もされてて、
坂東玉三郎演出出演の「アマテラス」に楽曲提供も。

笛、三味線の演奏テクニックもさることながら、
朗読のバックや合間で奏でられるフレーズは、
心地いいくらいお話の断片断片にぴったり!
物語の世界を聞いて大抵の人たちが持つイメージを
全く壊すことなく、さらに豊かにする音や音楽で、
さすがだなあ~と思いました。

ムジナが生きているであろう自然の空気感や、
昔話の世界感がよく現われているのも、
和楽器だからこそなのでしょうが、
津軽三味線のような和っぽいわけでもなく、
三味線や笛の和楽器のイメージが変わりました。
強弱豊かな演奏は、ほんとすばらしかったです。
和楽器の良さを再確認できた演奏でしたねぇ。
ムジナトリオ2
パーカッションの渡辺亮さん、
いろんなパーカッションや効果音があって、
パーカッションのイメージも変わりました。
今まで聞いたことのない複雑なリズムは、
ネイティブ本来の持つリズムのようであり、
聴く者の中で眠っていた生命的なリズムを
呼び起こすかのようでもあり、不思議な感覚になりました。

独特の雰囲気や世界感を醸し出した
素晴らしいパフォーマスで良かったですねぇ。

が、会場の燕喜館が寒すぎた・・・
最後の方は、あまりの寒さに、
のどは痛くなるは、トイレに行きたくなるはで、
話の内容が頭に入ってこなかった(笑)
終わってからトイレを待っていると、
入ってきた見知らぬ女性と目があって、
思わず「寒かったですねぇ」と言い合うほど。
冬の燕喜館は、超防寒対策が必要ですね。

イベント&観劇デー

今日は定休日のイベントデー。
今年最後のイベントです。

有志で会を支えてくださる皆さん、
貴重なお休みのところ、ありがとうございます。
今日は特別にクリスマスモード。
色々クリスマス曲も新たに準備くださいました。
PC074120.jpg
相変わらずのMCというか進行は、
楽しかったのです!さすがです。
この会の名物といってもいいのではないでしょうか。
ほんと声上げて笑わせていただきました!

休憩のミニコンサートは、
ピアノソロに始まり、ギターソロ&デュオ演奏に、
夫婦共演の朗読です。
PC074129.jpg

PC074130.jpg

PC074143.jpg
今日はいつもより参加者が少なかったですが、
ゆったりした感じで、これもまた良かったです。
また今日は小さなお子さまもいたので、
空気が和んでよかったですねえ。
皆さま、ありがとうございました!

伴奏&進行をしてくださる皆さんのご厚意で、
来年もこの会を引き続き開催できることになりました!
四季の4回、3の倍数月の日曜日、
仮の日程も決めていただきました。
ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします!

ところで・・・
会が始まる前に進行をしてくださる方が、
「変わったのがあるから後で皆で食べよう」
といって渡してくださった袋を見て、
思わず「キャー、キャー」と絶叫してしまいました。
念願の「殻付き蜜落花生」ではないですか!
PC074144.jpg
「死ぬ前に必ずもう一度食べたいお菓子だったんです!」
と言うと、皆さん笑ってらっしゃいますが、
ほんとまさかこんな早く会えるなんて!
願っていれば、願いは叶うんですねぇ~。
御馳走様でした!

会が終わると、テルサへ。
「12人の怒れる男たち」を観に行ってきました。
PC074153.jpg
新潟のおやこ劇場さんの合同開催の劇。
内容はというと・・・・
アメリカで起きた親殺しの裁判で死刑か無罪かを決める、
12人の陪審員たちの90分の審議の様子。
PC074157.jpg
1対11人で有罪だった審議内容が、
陪審員も検察も見落としていた事実が明らかになり、
陪審員たちが次々考えを変えていき、最後には・・・・

アメリカの陪審員制度は、
「特定の権力や法律家に裁かれたくない、
自分たちの仲間から裁かれた方がマシだ!」
という国民からの要請で作られた
民主主義的な制度と聞いたことがあります。

一方、日本にもかつては陪審員制度があって、
被告は陪審員か裁判官のいずれかに、
判決を下してもらうことが選べたそうですが、
圧倒的に日本ではプロの裁判官が選ばれて、
いつの間にか陪審員制度が廃止になったとか。

そして来年から陪審員制度が始まりますが、
この劇を見てつくづく思うのは、
偏見や思い込み、個人的感情ではなくて、
合理的に科学的な見地から証拠や証言を見る力を、
一般市民に求められてるってことなんですねぇ。
法廷に持ち込まれた検察の証拠や、
被告や証言者の証言に1つでも合理的な疑いがあれば、
陪審員は有罪としてはならないのだそう。

逆を言えば・・・・
その「合理的疑い」を持てず、
偏見持ちや個人的感情を優先する陪審員たちに、
たまたま裁かれてしまった被告は冤罪になりかねない・・・
これまでプロの裁判官判決で、
かなりの冤罪があることを考えると、
新制度の船出はなかなか難しいのでしょうねぇ。

陪審員の判断能力も大切ですが、
その前に検察の実証力というか、
法廷に提出される証拠の質も重要ですよねぇ。
日本の警察も新しい陪審制度に向けて、
事実認定を厳密にする方向に代わっているそうで、
犯人逮捕も昔ほど簡単にはしなくなってて、
科学的証拠がきちんとそろってからになったとか。

劇が終了後、お客さんにシールが渡され、
ロビーで劇中の被告は、「有罪」か「無罪」か、
「わからない」のいずれかに貼ってもらってました。
PC074161.jpg

PC074163.jpg
どんなプロモーションより、
この劇を観れば陪審員制度がどういうものか、
良く分かりましたねぇ。
おやこ劇場さん主催ということで、
高学年のお子さんたちが沢山来場してましたが、
将来の陪審員候補たちですから、
いい機会だったのではないでしょうか。

偏見や思い込みでなくて、
合理的に科学的に物事を判断する人間というのは、
陪審員でなくても一人の人間として、
とてもスマートでクールに見えたのは私だけでしょうか。
そして、学生時代、研究で論文を読むとき、
「どんなお偉い学者の学説でも、
『だから?それが何?』
という視点で読まないと、批判はできない」
と言われたのを、久々に思い出しましたねぇ。

で、この物語に登場する12人の陪審員の中に、
なぜか男性でない性別の陪審員が一人もいなのです・・・
実際の陪審員の抽選でもこんな確率ってあるんでしょうか。
フィクションとはいえ社会性のある素晴らしい作品なのに、
それがちょっと腑に落ちず、
「合理的な?疑い」を持ちつつ家路につきました(笑)

忘年会第一弾

今日は大荒れ、悪天候・・・
そんな中おいでいただきましたお客さま方、
ありがとうございます。
こういう日に来てくださるお客様さまというのは、
ホントありがたいですねぇ。

閉店間際には、
展示者の長野さんがご家族いらしてくださいました。
新しくご家族になる?方々との顔合わせもあり、
杜々をご利用いただきまして、ありがとうございます。

閉店後は、夜営業で、5名さまの宴会です。
お一人の方がオーナーのお友達で、
これまで杜々の宴会に何回もいらしてて、
今日は杜々が初めての方など別のお仲間を誘って、
杜々をご利用くださいました。
ありがとうございます。
ピータン豆腐とエビマヨのリクエストがあったので、
それを中心に、新メニューも幾つかご用意。

今日のメニューは・・・・

チーズ煎餅(ドライトマト&パルメザン)
チーズ煎餅

ベトナム生春巻き
ベトナム生春巻き

インドネシア海老煎餅(2種のチリソース)
インドネシア海老煎餅

台湾ピータン豆腐
台湾ピータン豆腐

ラオス風串焼き(豚ひれ)
ラオス風串焼き(豚ヒレ)

ラオス風串焼き(牛ロース)
ラオス風串焼き(牛ロース)

鶏と竹の子のタイ風炒め
鶏と竹の子のタイ風炒め

タイ風さつま揚げ(甘酢たれ)
タイ風さつま揚げ(甘酢たれ)

海老マヨ
エビマヨ

フォー・サオ
焼きフォー

ル・レクチェ
ル・レクチェ
来週以降、10人前後、20人以上という規模で、
忘年会やクリスマス会のご予約を複数いただいております。
ホント、こんな小さな店をご指名いただき、
ありがとうございます。
めったいにない貴重な稼ぎ時(笑)、
風邪などで体調を崩さないよう、気をつけねば!

和食ランチ

今日はいい天気で、まさに小春日和!
そんな中、今日のお店にも沢山のお客さま。
ありがとうございます。

お昼には、2Fで貸切ランチ。
最近ママ&お子さまのご利用が多かったのですが、
今日は久々に年配のご婦人6名さまのお食事会。
退職後、福祉施設に慰問活動している皆さまで、
1年間の活動の反省会を兼ねたお食事会です。

年配の方達なので事前に和食でのご注文。
で内容はというと・・・・
カラスカレイの煮付け
タラコと糸こんにゃくの煮物
ワカメとイカ・海老の酢の物
豚バラ肉のキムチ炒め
金時豆の煮豆
あさりの味噌汁、ごはん

オーナーのお友達グループということもあり、
ちょっとサービス。
「量が多いかなあ・・・」と心配したものの、
皆さん完食され、食後のケーキもぺろり。
さすが活動的な皆さん、食意欲ありますねぇ。
「みんなおいしかった!」
「煮魚おいしかったわ~」
「酢の物大好きなのよ~」
とお口に合ったよう。よかったです。
和食は他よりも手間が掛るのですが、
準備した甲斐があるというものです。
またのご利用、お待ちしております!

午後からは、展示者の長野さんが、
奥さま、お友達の方々といらしてくださったり、
いつもお世話になっているご夫婦が
遅めのランチにいらしてくださったり。
お一人さま方がランチやお茶にいらしてくださったり。
皆さま、ありがとうございました。

ところで、明日からは一気に天気が悪くなりそう。
平野部でも雪が降る予報も・・・
皆さま、風邪にはくれぐれもお気を付けくださいませ。

離乳食

今日は気まぐれランチに、「パッタイ」が登場!
「パッ(ド)」は「炒める」、「タイ」はお国のタイ。
つまり「タイを炒める」という意味のタイ風焼きそば。
パッタイ
ベトナムのフォーと同じようなクイティオという米麺に、
厚揚げ、たくあん、鶏肉、海老、
もやし、ニラ、卵が入ってます。
味は、甘・辛・酸で、タイの代表的な料理です。
ぜひお試しくださいませ。

今日のお店は、
お昼に2Fで3組のママ&お子さまのご予約。
今日のママさんは、開店来初めて、
「レンジで温めてもらえますか」
とおっしゃってお子さんの離乳食を持参されました。
やっぱり温かいもの食べさせてあげたいですよねぇ。

こういう手があったのですね(笑)
というのも、こないだいらしたママさん、
「ナシゴレン食べたいけど、子どもが食べれないから・・」
とおっしゃって通常メニュー注文されてました。
如何せん、離乳食ってものを作ったことがないので、
ママさんもお子さんもOKなメニューがどういものか、
いまいち分からない(笑)

でも先日いらした双子のママさん&おばあちゃんは、
その日の気まぐれランチの「台湾ピータン粥」を注文。
「うちの孫、お粥をモリモリ食べたわ」
とおっしゃってましたねぇ。

そういえば、思い出しました!
今年の始め頃いらしてたママさんたちは、
「ピータン粥つながり」でしたねぇ。
ご紹介でいらした初めてのママさんたちは、
決まってピータン粥をご注文されてましたっけ。
この冬は気まぐれメニューにしてしまったので、
知らないママさんたちもいらっしゃるのかも・・・
前もってご予約の際に言っていただければ、
当日お粥も準備できますので、
よろしかったらお申し付けくださいませ。

ちなみに、「台湾ピータン粥セット」は、
鶏がらスープで炊いたお粥に肉団子が入ってて、
生姜、ピータンを入れて食べます。
ピリ辛ザーサイと台湾シナチクの漬物付きです。
こちらも珈琲OR紅茶が付きます。
ピータン粥 ピータン粥¥850
ぜひお試しくださいませ。

初めてのお絵描き・・・

今日はいい天気でしたねぇ。
突き抜けるような青空に日差しも。
12月とは思えませんでしたねぇ。

そんな中、お昼には、
新潟ダルニー連絡会の方が、
初めてご家族でいらしてランチをしてくださり、
車椅子の方も久々にご来店いただけ良かったです。
初めてらしき年配のご婦人連れもいらしてくださったり。
皆さま、ありがとうございました。

また2Fでは、4組のママ&お子さまがランチ。
ご近所にお住まいの方々とかで、
歩いてこれるお隣の町内だそうで、
「こんな近くにこんないいお店あったなんて知らなかった」
と言っていただきました。ありがとうございます。
ぜひまたのご利用お待ちしております!

ところで・・・・
2Fのご利用が終わった後、片付けしに行くと、
使用した食器類がまとめてあり、
とても片付けが楽でした。助かりました。
お気づかいありがとうございました!

片付けが終わり、最後に空気の入れ替えをしようと、
道路側のスリット窓の方へ行き、思わず目が留まりました。
なんとも大胆なタッチで人の顔?が描かれている!!
PC024044.jpg
昨日2Fを片づけた時にはなかったそうなので、
今日のお子さんが描いてしまったよう・・・・。
確かに真白な壁が全面にあれば、
絵を描きたくなりますよねぇ。
ご利用のママさんたちからはお帰りの際、
この絵について一言もなかったので、
お子さんが壁に絵を描いていたなんて、
全く気付かなかったみたいですねぇ。

今回は鉛筆画だったので、
なんとか消しゴムで消せましたが、
力のこもった絵だったため(笑)、
筆跡がちょっと残っちゃいましたねぇ。
またこれがマジックやクレヨンなどだと、
珪藻土を上から塗らなければ元に戻せないので、
2Fをお使いで、特にお子さまがいる場合は、
お子さまから目を離さないよう、ご協力お願いいたします。

師走です

今日から12月、師走ですねぇ。
「あっという間で今年も終わりだねぇ。」
「年取ると時の経つのが早いねぇ。」
今日はこんな会話が何回も出ました。
ホントここ数年、1年があっという間。
私も年相応、年取ったってことですかねぇ(笑)

でも、そんな中、常連のお客さまがふと、
「来年も色々楽しい年になるよ、きっと!」
とおっしゃいました。そうですよねぇ・・・・
そう言われると、なんかそんな気になってきました(笑)。

あっという間とはいえ今年08年は、
ラオス帰りで体調崩して寝たきり正月で始まり(笑)、
想定外にも妹の出産に立ち会ったり、
妻夫木くんのCM撮影の下見の方が来たり、
映画「感染列島」の撮影現場に通い詰め、
生妻夫木くん(多分)を見たり(笑)。
ベルリンフィルのチェロですっかりチェロにハマったり。

日曜定休に代わって、
いろいろなコンサートやイベントにも出かけましたねぇ。
沢山の方と新しい出会いもありました。
新しいお客さまにも沢山ご来店いただきました。
そう考えると結構いろいろあった1年。
1年が早く感じるのも充実していたからでしょうか・・・。
来年も「年だから」ではなくて(笑)、
「色々楽しいことが有り過ぎて」、
あっという間な1年だった!と言えるといいですねぇ。

ところで話変わって、
長野さんの展示作品ですが、
諸事情により初日に展示してくださった、
県展入選作の50号の大作3点がお蔵入り・・・
今週から小品展に展示が変わりました。
PC014043.jpg

PC014058.jpg
あの静物の絵を見ながら、
チェロとギターの演奏聴きたかったのですが、
残念ながら展示できなくなりました。
とはいえ、新しく展示していただいた作品も、
色んなタイプの油絵などがあってこれまた楽しいです。
ぜひ、ご覧くださいませ。

今日のお店は開店早々、
2人づれのご婦人がお茶にいらしてくださったり、
展示者の長野さん関係の方々がご来店。
ありがとうございます。

またお昼には、常連さまをはじめ、
最近来てくださるようになった方が、
お嫁さん&双子のお孫さん、お友達の方といらして、
急遽2Fでお昼をしてくださいました。
皆さま、いつもありがとうございます。

午後からは、
常連さま達がお茶や遅めのランチにいらしてくださったり、
はね出しの果物をおすそ分けくださる方、
お宅のお庭で初めて生ったミカン?を
持ってきてくださる方などなど、ありがとうございます。
PC014053.jpg
それにしても新潟でもミカン、普通になるんですね。
知らなかった・・・
持ってらしたときは、
表皮の上半分は汚れて黒くなってたので、
スポンジでこすり洗いしました。
まだ味見してないのですが、とても硬いし香りもしない・・・
くださった方も食べてないらしく、
「たぶん、ミカンだと思う・・・」そうです。
貴重なもの、ごちそうさまです(笑)

夕方近くには、
陶芸作家の茂野さんが展示入れ替えに
いらしてくださいました。ありがとうございました。

今回は夏の青色シリーズとは打って変わって、
秋から冬の食卓に使いやすい色ものが並びました。
来年の干支の牛の置物や猫の置物、
雪をイメージさせるカップや器、
アクセサリーなどがそろいました。
今回は数がそれぞれ少なめですので、
ぜひお早めにご覧くださいませ。
PC014045.jpg

PC014046.jpg

PC014047.jpg

PC014048.jpg

PC014049.jpg

PC014051.jpg

PC014050.jpg