FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



期せずして

今日からお店の雰囲気が少し変わり、
ほんのちょっとだけですが、
クリスマスモードになりました。(遅過ぎの感あり(笑))

というのも、
昨日、以前展示してくださった作家の近藤さんが、
ある用事でいらしてくださったのですが、
一緒にCDを2枚持ってきてくださいまいた。
いつもありがとうございます!

近藤さんには、以前展示されたとき、
バッハやカザルスのチェロ曲集をいただいたことがあり、
そのCDをBGMにしたら、杜々の雰囲気に合うというか、
杜々の雰囲気がグレイドアップ(笑)しましたねぇ。
センスのいい選曲をされるので、いつも楽しみです。

で、昨日頂いたCDの1枚は、
歌姫サラ・ブライトマンを集めたもの。
早速今日聴いてみたら、今の時期にいいですねぇ。
神聖な感じすらする、
やさしくて艶のある透き通った歌声は、
心洗われるというか、ピュアな気持ちになりますねぇ。
CDを聴いていたら、妙に素直な気持ちになって来て、
この一年の出来事、自分自身のことなどなど、
思わず振り返ってました。
さすがサラ・ブライトマン!(笑)

CDをかけたまま休憩に入り、
オーナーと交代しようとお店に戻ってみると、
オーナー、薪ストーブの前のテーブルに座って、
サラ・ブライトマンのCDを片手に聞き入っている。
「いい曲ばかり入ってるわねぇ。」
「すばらしい歌声ねぇ。」
と私がかけるCDに初めて食いつきました(笑)

歌の教室に通っていたり、コーラスもやっているせいか、
サラ・ブライトマンの存在を全く知らないのに、
その魅力と実力がわかったよう。
「美人だし、スタイルもいいんだよぉ~」と言うと、
「天は2物も与えたのねぇ~。今度顔写真見せて!」
とすっかり虜になったようです。

もう一枚のピアノもいいですねぇ。
あいかわらずセンスが良い!
自分では絶対探し当てられないです。
おかげさまで、また店内のセンスが上がりました。
ありがとうございました!

と、そんないい感じの雰囲気の中、
オーナーのお友達の方がいらしてくださって、
これまたタイムリー!手作りのリースをくださいました。
PC184306.jpg
お食事前は必ず手を組んで
神へ感謝を捧げるクリスチャンの方。
信者の方にとっては、
年に一度のビックイベントの時期ですねぇ。

いつもお店に飾るオーナメントを、
いろいろ見繕って持ってきてくださって、
夏には、金魚鉢&水草&メダカの卵&餌のセットを、
各テーブル用に4つも持ってきてくださいましたねぇ。
いつもありがとうございます。

自分たちのお店なのに、
クリスマスモードにすることを全く忘れてた!(笑)
皆さんのおかげで、杜々も遅ればせながら、
クリスマスモードとなりました。
というか、自分たちでするより、
明らかに皆さまのセンスの方が断然素敵!
期せずして、皆さまにいろいろしていただいて、
ありがたいことです、ほんと・・・。

期せずしてといえば・・・・
閉店間際、仕事帰り?に、
先日「殻付き蜜落花生」をくださった方がご来店。
あれから「殻付き蜜落花生」を注文したそうで、
品物が届いたということで、寄ってくださいました。
「家には1つあればいいから」とおっしゃって、
残りを譲ってくださいました。

前回のときはあまりの感激で、
自分が食べるより他のお客さまにもお出してしまい、
ほとんど味わえなかったので、
「そろっとネットとかで探して買おうかなあ」
と思ってたところでした!ナイスタイミング。
送料払わず、しかも配達までしていただいて(笑)
ありがとうございました!
年末帰ってくる妹たちにも食べさせます!

今日一日、期せずして皆さんの厚意に触れ、
「杜々は幸せ者だなあ~」
とサラ・ブライトマンを聴きながら一人しみじみ。
皆さまに感謝!
スポンサーサイト