FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



ヴァイオリン&ギター

今日で和紙雛の展示が終了しました。
1か月間、雅で華やかな展示をありがとうございました。
実は家の7段雛飾りを出さなくなってから久しくて、
箱を開けるのが怖いくらい(笑)。
村山さんのおかげで、久々に桃の節句を味わえました。
季節感のある伝統文化、いいものです。

今日のお店は、
2Fでママ&お子さまのご予約があったり、
お世話になっている方々
(タイのお土産ありがとうございまいた!)
展示をご覧にいらした方々、
9月の展示予定の方々が打ち合わせにいらしたり、
常設展示の茂野さんが作品入れ替え&
7月展示の打ち合わせをしてくださったり。
(またまたダルニーに募金していただき、
誠にありがとうございました!)

ご来店の皆さま、ありがとうございました!

午後から、バタバタと忙しくて落ち着く間もなく、
気づいたら待ち合わせの午後の4時。
というのも、今日は常連のお客さまと一緒に、
またまた古町は画廊「Full Moon」さんへ。
一緒のお客さまが場所が分からないということで、
ピックアップしていただくことに。

フルムーンさんに着いて、空き席を探していると、
「移動しましょうか」と自分の席を移動して、
我々2人分の席を開けてくれた方が、
なんと新大の音楽サークル「クレッシェンド」の方!
なんという偶然!!
当店でも何回も演奏していただきましたねぇ。
4月からは社会人、新天地で新生活が始まるそう。
ほんと時の経つのは早いですねぇ。
前途洋洋、充実した新生活になること、
心より願っております。

で、今日の演奏は、
庄司愛さんのヴァイオリンと井浦聡さんのギターです。
前半はクラッシク中心で、コレルリやパガニーニの
ヴァイオリンとギターのためのソナタなど。
P2285160.jpg
休憩をはさんで、ガラッと変わって、
後半はブラジルのボサノバ風の音楽と
プホールの「ブエノスアイレス組曲」。

特に最後の「ブエノスアイレス組曲」は、
アルゼンチンの4つの街を表現した組曲で、
最後の4曲目はある街(名前忘れました)の曲だそうで、
ヴァイオリンで救急車?のサイレンの音や、
ヴァイオリンとギターで不調和的な音を刻んで、
欲うごめく混沌とした夜の繁華街の風景が見えました。
(見えたのは私だけかな(笑))

前半のクラッシックも、
美しく正しき音色という感じで心地良かったですが、
後半の曲の方が、音にインパクトがあって、
音色にも情感があって、心揺さぶられる感じで、
表現しているであろう情景がパッと浮かんで来て、
クラシック初心者の私にとっては、
気持ちが演奏に共鳴しやすかったかも。

アンコールは、「over the rainbow」。
P2285162.jpg
庄司さんの力強くキッチとして美しい音色と、
井浦さんのやさしいギターの音色で、
目を閉じて聴いていると、眠りに入ってしまいそうでした。
(もちろん退屈だからではありません(笑))

今日で今企画の最後のコンサートでしたが、
毎週古町に自転車で通ったのも初めてなら、
新潟で活躍している若手の演奏家の演奏を
一気にこんなに沢山拝聴したのも初めて。

いろんな楽器・演奏があれば、MCも様々、
お客さまも様々なら、盛り上がり方もそれぞれ。
とてもいい機会となり、勉強になりましたねぇ。

自力でそれぞれの演奏家の方たちのコンサートを探し、
バラバラの会場に出かけるなんて、まず無理。
このような企画をしてくださった「Full Moon」さん、
クラッシクファクトリーの「コンチェルト」さん、
おかげ様で充実した1か月間を過ごせました。
最高でした。ありがとうございました!
スポンサーサイト