FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



ピアノリサイタル

今日は天気が良かったですねぇ。
ほんとポカポカ日差しは久々で、
布団を思わず干してしまいました。

今日は、夜またまた古町へ。
今回は第四ホールでピアノコンサートです。
昨日、突然お客さまから誘われ、行くことに。
チケットもなければ、演奏者のお名前も分からぬまま。
で、今朝第四ホールのHPでお名前を確認した次第。

第四ホールは、カナダの中村兄妹のリサイタル以来。
P3015166.jpg
演奏者は、ピアニストの成嶋志保さん。
プロフィールを拝見すると・・・・
学生時代からフランスを拠点にされてきた方のようで、
輝かしい経歴・実績をお持ちで、現在もパリ在住とか。
後半には、フランスで学位を取られた
酒井麻里さんの朗読とのコラボレーションもあるようで、
フランス語と日本語の対訳が配られました。

ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」でスタート。
有名な「月の光」もあって、馴染みがありました。
エリック・サティの「グノシェンヌ1番」「ピカディイ」も、
曲名は知らなかったのですが、
聞いたことのある有名な曲で、良かったですねぇ。

初めにプログラムの曲目や曲説明を、
ほとんど読まずに聴き始めたのですが、
なんか演奏される曲に共通する雰囲気があって、
なんだか印象派の絵の世界みたいで、
「フランス在住だからフランスっぽいのかなあ」
と思っていたら、休憩時間にプログラムを良く読んだら、
今日のプログラムは、すべてフランスの作曲家!
ドビュッシー、サティ、リストは、
フランス人だったんですねぇ、勉強になりました。

後半は、『ロバの回想録』という童話に、
ラドミローが曲をつけた作品の演奏と、
ピアノソロで、リストの「エステ荘の噴水」と
「心を高めよ」で、いずれも聞いたことがある曲で、
リストの「エステ・・」は、高速トレモロ?がすばらしくて、
噴水の水しぶき、水玉が目に見えるようでした。

朗読とのセッションは、まず朗読をし、
そのセクションをイメージした曲の演奏。
曲だけ聴くよりぐっと物語のイメージが伝わりますね。
が、1人、伝わらなかった人が・・・。
「zzz・・・」
左側から小さなイビキが・・・・。
『あら~、ねっちゃった人がいるのね』
「ZZ・・」
「ん?!」左隣を見ると、
隣に座った常連のお客さまと目が合い、苦笑している。
さらに奥の隣の席を見ると・・・
オーナーが頭を前に落としイビキをかいて寝ている!!
「どついて、起こしてくださいーっ!!」
寝るなとは言わないが、イビキだけは勘弁して(笑)

反響の良い第四ホールで、
すばらしいテクニックの美しいピアノの音色に、
思ってもみなかった朗読とのセッションあり、
馴染みのある有名な曲がほとんどで、良かったですねぇ。
生音の響き、今そこで音が生み出されている感は、
当然ですがCDとは違います!
また近いうちにコンサート、これたらいいですねぇ。
スポンサーサイト