FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



見かけ

今日は新潟市内は、
30度まで気温が上がりました。
とはいっても、
湿度がなくてサラッとしてたので、
室内にいれば、そんなに暑くなかったですねぇ。
夏はすぐそこまで来てますねぇ。

ところで・・・・
先ほど、久々にイオンまで買出しに行ってきました。
鮮魚コーナーで冷凍の蒸しカキを売っていて、
『へぇ~、加熱したカキって冷凍できんのねぇ。
タイのホイ・トートが年中作れるじゃないのー!』
と冷凍カキの前に立って、色々レシピをめぐらしていると、
「これ、どうやって料理すればいんですか?」
と声をかけられました。

左横を見ると、50歳代くらいの小柄のご婦人が、
こちらを見ている。
「あんまりこういうの使ったことないから・・・」
「そうですねぇ・・・タイ料理では卵と一緒に焼いて、
オムレツ風にしますねぇ。」
「へぇ・・・」
『ん~、いまいちって感じ?
そうだよなあ、馴染みないよな~、ナンプラーも、
シーズニングソースもないだろうしなあ。じゃあ・・・・』

「あとは、シチューなんかに入れてもいいですねぇ」
と言うと
「ああ!、シチューね!それなら・・・」
と言ってお母さん、一パックをかごに入れました。
「解凍した方がいいんですかね、それともこのままでも?」
「もう加熱処理してるから、固くならないように、
解凍して、さっと料理すればいんじゃないですかねぇ」
と言うと、
「ありがとうございました」
と丁寧に頭を下げてお礼を言われてしまいました。

そういえば、去年の暮れのある寒い夜、
近くのスーパーに買い出し行った時、
自転車を置いて鍵をかけ店内に入ろうとしたら、
「スミマセン」と突然声をかけられ、振り向くと、
私が見下ろすくらい小柄なアジア系の外国人女性が
両手を合わせて「オネガイシマス・・・」
と困ったような顔で立っていました。

『えっ、何?物乞い?・・・にしては綺麗な身なり・・・。
今まで店前には誰もいなかったぞ。
コートも着ないでどこに隠れてたんだ?
車の中から声かける人を物色してたのかあ?』
などなど瞬時に考えて、「確信犯だ!」と判断。
「『お願い』は、NO!、NO!」と言うと、
はっきり断られるとは思ってなかったみたいで、
びっくりした様子でしたねぇ。

今となっては遅いですが、
「はっきり断るつもりだったんなら、
話くらい聞くべきだったかなあ・・・」とも思いますが、
いずれにせよ、
「声をかけても大丈夫だ」と思ってくれたんでしょうねぇ。
というか・・・
「断れない人」とか「隙アリ!」とか
思われちゃったのかもしれませんが(笑)

「まあ、いずれにせよ『話しかけずらい人』より、
知らない人に声をかけてもらえるということは、
悪いことではないはずよねぇ・・・多分」
と自分に言い聞かせて帰ってきました。

世の中、思いもかけないことが、
思いもかけないところで起こるし、
思いもかけず誰かの役に立ったり、
思いもかけず感謝されたりするものなんですね。
たまには外に出て、
人の評価にさらされてみるものです(笑)。
スポンサーサイト