FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



谷川岳紅葉狩り

今日は定休日。
とはいえ、今日は朝6時過ぎに起きて、
朝の7時には車でピックアップしてもらい、
群馬県は水上の谷川岳へ。
こんな時間から出かけるのも久々、
しかも県外に出かけるのも久々です。

越後川口のサービスエリアによって水上に到着。
谷川岳のロープーウェー乗り場の上、
ミニ駐車場?で車を止めてそこから歩くことに。
091108ウォーキング準備
小学生の頃、白馬や立山に連れて行かれた時以来、
久々に登山靴なるものをはきましたねぇ。
こんなに重たかったですかねぇ。

準備が終わると、一の倉沢まで30分、
アスファルトの道を歩きます。
091108道中1
紅葉はすっかり終わり、落葉状態。ちょっと残念。
でも、下の沢から聞こえてくる沢の音や、
空気は町とは違って、自然の中だなあって感じです。
091108道中2

30分くらいすると、「一の倉沢」の駐車場に到着。
091108一の倉沢

一気に目の前に谷川岳が広がりました。
PB087994.jpg
ちなみにここのトイレは、
扉などはステンレス仕様の様式トイレ。
とてもモダンな感じでキレイでしたねぇ。

当然ですが、この絶壁をクライミングはしません(笑)
そのずっと下、沢の上流の方へ、岩場を少し登ります。
091108一の倉沢2

岩場の一番奥の平場で、お昼にすることに。
PB088000.jpg

お湯を沸かして、コーヒーを入れたり、
お餅を煮たり、
091108お昼の準備1

カレーうどんを煮たり、おでんを温めたり。
091108お昼の準備2

091108餅入りカレースープうどん

091108おでんと巻きずし
全く労せずして、
温かいお昼をご馳走になってしまった・・・。
誘われるままのこのこついて来てしまい、
こんなお昼になるとはつゆ知らず・・・
大変失礼いたしました。

「来年は本場山形の芋煮もいいかも!」
との声が出ていたので、
ぜひその際は何か用意しようと思います。
ただし、また誘っていただけたらの話ですが(笑)

ところで、お昼を食べていると、一緒に行った方が、
前方の岩場に登りに行ってしまいました。
091108一の倉沢クライミング
実はお昼の準備をしているとき、
望遠鏡で、上の写真の真ん中の赤丸のあたりに、
下山してくるパーティーを見つけたのですが、
急に登山したくなったんでしょうかねぇ(笑)

お昼を食べ終わると、来た道を帰ります。
091108帰り1
登山をするといつも思うのですが、
同じ道を帰るのに、全く違った風景を楽しめるのも、
登山のいいところですねぇ。

残雪があったり、
091108残雪

冷たくて、すごいきれいな沢の水を渡ったり。
ちなみにこの沢の水は、利根川の源流で、
関東の皆さんの水源になるそうです。
091108帰り2

駐車したところまで、30分かけてまた帰ります。
途中、生えたままドライフラワー状態になった、
野生の額アジサイを発見、谷川岳をバックに撮影。
091108谷川岳のドライアジサイ
このアジサイは夏からずっと、
この雄大な風景を見ていたんですねぇ。

30分かけて駐車場に戻り、
ロープーウェイ脇にある谷川岳資料館に寄って、
水上温泉の日帰り温泉施設へ。
091108日帰り温泉
下に降りてきたら、結構紅葉がキレイでしたねぇ。

温泉は露天風呂もあったのですが、
戻ってくる人の肌は真っ赤か!で、
結構お湯の温度が熱そうだったので、
蕁麻疹の薬を飲み忘れたこともあり、
諦めて浴場のお風呂で我慢。

が、それでも腕に蕁麻疹が出てしまった・・・。
昨日の薬効が完全に切れてしまいました。
持病持ちは、ピルケースを持たないとだめですね・・・。

お風呂を上がって休憩所へ。
一緒に行ったお一人の方から、売店で売っていた、
こだわりの地元アイスをご馳走になりました。
091108水上のアイス
左から、豆腐、マロン、ぶどうです。
豆腐は、豆乳の香りがしましたねぇ。
マロン、ぶどうもそれぞれ味がしっかりして、
おいしいアイスでしたねぇ。ごちそうさまでした!

温泉施設を後にして、
地元の道の駅によってお土産を買って、
そばの手打ちそばのお店で早めの夜ごはん。
PB088033.jpg
(せいろ890円)

久々のお蕎麦で、それも子どものころ、
お正月の長野で食べた十割蕎麦に似てました。
しかも、これくらい太い田舎蕎麦を、
冷たいざる蕎麦で食べたのは初めて。

歯ごたえがかなりあり、
普通の蕎麦の時のような量を取って、
つゆに付けて食べると、一瞬「つゆの味が薄い?」
と思うほどの食べ応えあるお蕎麦でしたねぇ。
太い蕎麦をざるで食べるときは、
欲張らずに2本ずつくらいで付けるといいかも。

今日は誘っていただいたおかげで、
非日常の自然の空気、風景、温泉と味を満喫でき、
気分転換することができました!
少しでも蕁麻疹に効くといいのですが・・・。
また沢山ごちそうにもなってしまって、恐縮です。
今日は、ありがとうございました!
スポンサーサイト