ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



イベントデー

今日は定休日のイベントデー。

あいにくの雨の中、遠くは小須戸から、
近くは常連の皆さまがお集まりくださいました。
ありがとうございます。

今日も演奏&進行してくださった皆さま。
いつもありがとうございます!
100228歌声スタッフ
今日はメンバーの数が少なく、
お一人にかかる負担が増えてしまいました。

今日は春がテーマ。
昨日展示が終わったばかりのひな人形に囲まれて、
グッと春らしさが増しましたねぇ。
100228歌声1

比較的、年配の方々が多いなか、
今日はひとり平均年齢を引き下げたの3歳の姪っ子(笑)
100228歌声2

「Aちゃんの虜になっちゃったよ」
と言ってくださる常連さまの隣に座り、
時折手拍子をしたりして、ちゃっかり参加。
100228歌声3

一旦トイレに行き、帰ってこないので、
『さすがに知らない曲ばかり・・こりゃ飽きたな』
と思っていると、戻って来てまた参加。
100228歌声5
さすがにフルタイムは参加できませんでしたが、
同じ席のお客さまにも沢山声を掛けていただき、
いい体験になったのではないでしょうか。
お相手頂きました皆さま、ありがとうございました。

イベントの方はというと、
今日の休憩時間のゲスト演奏は、
司会&伴奏のお二人の朗読パフォーマスです。
100228休憩タイム
演奏&進行に加え、パフォーマンスまで・・・。
ひとり何役もの出ずっぱり、
さぞお疲れになったことかと思います。
お疲れさまでございました。
そして、ありがとうございました!
スポンサーサイト

久々の映画

今日で、酒井さんのペン画と、
吹きガラス工房「三春」さんの展示が終了。
1ヶ月間、ありがとうございました。

また、展示入れ替え作業もあり、
3月からの展示、和紙ひな人形作家さんが、
8時近くまでの展示作業、誠にありがとうございました。
すばらしい作品の数々で、もう圧巻です!
8段飾りは半年がかりの力作だそうです。
ぜひ沢山の方々に観ていただきたいですねぇ。

ところで今日は閉店後、久々に万代のシネ・ウィンドへ。
お客さまよりメンバーズチケットを頂き、
2月末日の利用期限だったので、
仕事終わりの映画鑑賞に行くことに。

運動不足もあり、自転車で行くことに。
映画館に着き、中に入ると暖房が効いていて暖か。
照明が落ち、映画が始まると、
ものすごい睡魔で目を開けていられないほど(笑)

今朝の5時近くまで、
テレ朝の「朝まで生テレビ」を見てしまったため、
かなりの睡眠不足がここに来て出てしまった・・・。

「朝まで・・・」は学生時代よく見ていたのですが、
人の話を聞かず非難ばかりの政治家、
机上論で概念と知識ばかりの学者たち、
無責任で他人ごとの評論家・・・。
主義主張と脱線で、非建設的な議論にへきへき、
見る気が次第に失せて、全く見なくなって10年。

が、昨日は面白かった!
話題のベンチャー企業家がメインで、ホリエモンの姿も。
アドバイザー的に出ていた政治家や学者も、
若い企業家の主張に紳士的に聞く度量があり、
かつ論点を明確にしたり、議論を集約できる人たち。

みんなが優秀で、ベンチャー企業家だけあって、
個性的で、エネルギッシュで、ユニーク。
議論の内容も、面白かったですねぇ。
実際に起業している人の言葉は、
リアリティーと説得力があって、
学者や政治家の言う知識が色あせるほど。
久々に最後まで見てしまいましたねぇ。

で、結局映画は、最初1/3を寝てしまいました(笑)
映画は、中国のドキュメンタリー「長江にいきる」。
三峡ダム建設よって移住を余儀なくされた、
中国内陸部の農民一家を7年間追い続けた内容。

発展著しい中国沿岸部とは正反対に、
内陸部の貧困農村に生きる人々の実情や、
農村で行われる村民参加の会議の様子、
脅迫と甘い言葉の2枚舌で転居をせまり、
ノルマを達成しようとする村の小役人の実態を、
リアルに記録してましたねぇ。

学歴もコネもない主人公の妻が、
立ち退きの理不尽な要求に、
頑固さだけで抵抗するのですが、結局・・・。
今朝の朝生でも出てきた議論でしたが、
「結局政府は何もしてくれない」
「政府に期待するな、あてにするな」
が、この映画の教訓かも・・・。

それにしても・・・・
一農家のお母さんにすぎない彼女の抵抗ぶりはすごい!
結局、最悪の結果になってしまうのですが、
役人に対しても、全くひるまず、引かず、主張する!
あのタフさは、ある意味、目から鱗でしたねぇ。
すっかり目が覚めて釘付けになりました(笑)

チケットをくださった方のお陰で、
久々の映画館に足を踏み入れ、
貴重な映画を観ることができました。
ありがとうございました!

越後姫

今日は、昨日とうってかわって、
気温が下がり朝から雨模様・・・。
やはり新潟にはすぐには春はやってきませんねぇ。

そんな天気の悪い中、2Fでは、
いつもご利用くださるママ&お子さまグループが、
1Fでは常連の方々が、ランチをしてくださいました。
皆さま、ありがとうございました!

ところで、今日は常連さまのお一人が、
産直で購入されてきたばかりという、
おススメの品をくださいました。
P2269147.jpg
つきたての「塩豆餅」と、
「ハンサムグリーン」というレタスの仲間で、
こんな形状のレタスは、初めてみました。
味見してみると、旨味というか味が濃くて美味しい!
色んな品種改良されているのですねぇ。
ごちそうさまでした!

また午後には、イチゴ農家さんが、
産直にイチゴを出荷した後にご来店くださって、
産まれたばかりの姪っ子の出産祝いにと、
採れ立ての「越後姫」を沢山頂きました。
P2269150.jpg
スーパーではお目にかかれない、
超ビックサイズの「越後姫」!
こんな立派なイチゴ、絶対自分じゃ買えません(笑)
ありがとうございました!

このほか、大き過ぎて規格外のものも別に頂き、
常連さまや2Fのママさんたちに味見でおすそわけ。
P2269148.jpg
果実は柔らく、
甘く芳醇な香りが特徴ですが、
採れたてはさすがにみずみずしさが格別で、
美味しかったですねぇ。
ごちそうさまでした!

20度

今日は新潟市内でも19.9度まで気温が上がり、
ほんと暖かかったですねぇ。
が、明日は13度まで下がるというので、
体温調節に気をつけないとですねぇ。

今日は、ママ&お子さまグループが、
2Fでランチをしてくださったり、
1Fでは、町内役員の方たちがお茶にいらしたり、
4名さま、5名さまの2グループさまが、
ご予約ランチをしてくださったり、
久々の方々もランチにいらしてくださいました。
ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、今日ご予約の2つのグループの方々は、
偶然にも「音楽鑑賞会」の会員グループの方々。
午後から「りゅーとぴあ」で、
東京混声合唱団と二期会のジョイントコンサートがあり、
それを聴きに行く前に皆さん待ち合わせて、
当店でランチをしてくださいました。

コンサート前に皆さんでランチだなんて、
うらやましいですねぇ。

ところで、実は、
今日ご来店のグループの一つにオーナーも入っていて、
オーナーは一昨日の夜の部に行ってきたそうで、
今回は、グループに新規の方が入られたので、
1F10列のほぼ真ん中のいい席だったとか。
正面ステージの他にも、左右客席にも団員が配置されて、
なかなか趣向を凝らしたステージだったそうです。

生演奏は、やっぱり格別の感動があります。
しかも、りゅーとぴあの1Fの10列前後は、
ほんと最高の響きですよねぇ。
そういえば、ホールコンサートはご無沙汰気味ですねぇ・・・。

ところで、オーナーのグループに新規加入された方より、
ロシアチョコをお土産を頂きました。
P2259135.jpg
色んな種類のチョコが入っていて、
かわいいパッケージですねぇ。
ごちそうさまでした。

また午後には、オーナーの知人の方より、
「食後に食べてくださーい」
とポンカンを沢山頂きました。
P2259138.jpg
確か、オレンジとみかんの掛け合わせだった気が・・。
種が多めですが、外皮が薄くて、
味はオレンジに似ていて甘いですねぇ。
ごちそうさまでした!

「子ども店長」

今日はえらく暖かく、
14度まで上がりましたでしょうか。
家のストーブもこの冬初めて点けなかったし、
薪ストーブを焚いたお店の中は、暑いくらい。

そんな中、今日のお昼には、
石山公民館のママ&お子さまサークル?の方々と、
先日25周年イベントをされたばかりの
石山おやこ劇場の方々が2Fでランチをしてくださったり、
お久しぶりの方々が、
お友達と待ち合わせてランチしてくださったり。
午後にもお茶にいらしてくださる方々など、
今日も沢山の方々にご利用いただきました。
ありがとうございました。

ところで、お昼に2階をご利用になった、
石山おやこ劇場の方から、
「『子ども店長』にこれ」
と、姪っ子にクッキーを頂きました。
P2249129.jpg
「子ども店長」、まさに言い当ててますねぇ。
というのも最近の姪っ子、お店に来ている時は、
バンダナにエプロン姿で、
まさに店長ばりの働きぶりなのです。

外にお客さまがいらしたのが見えると、
玄関先でオーナーと並んで正座でお出迎え。
寒い日には「こちらの方が暖かいですよ~」
と薪ストーブ前の席にご案内したり、
2Fをご利用のお客さまには、
「2Fはこちらなんで~」とご案内。

オーダーを伺う時にはオーナーに付いて行き、
「飲み物は、コーヒーと紅茶どちらにしますか~」
と言ってオーダー取り。
お客さま方に挙手をして頂いて数を数え、
「コーヒー5でーす」
などとちゃんと報告してくれます。

誰も教えていないのに、
「門前の小僧」ではないですが、
大人のやっていることをよーく見てるんですねぇ。
そういえば「『学ぶ』は、『真似ぶ』だろ」
と教育学の教授が言ってましたっけ。

まさに今、何でも真似したい時期のようで、
家でプリプリ、イライラ口調をすると、
その場で真似して一緒になって言うので、
「ほ~ら、Aちゃんの口調、あんたそっくりだわ」
とバァバに嫌味を言われる始末で、
これから急速に発達成長するので、気をつけねば(笑)

ところで、今日は、薪を持ってきてくださる方も。
使いやすいさいずにまとめてくださって、
ほんと助かります。
P2249132.jpg
炊きつけ用に使わせていただきます。
ありがとうございました。

手編み

今日は温かい一日でしたねぇ。
このまま春が来るのでしょうか。

今日のお店は、先日のイベントに参加してくださった、
コカリナグループさまが、教室後にランチをされたり、
久々の方々や常連の方々がランチ。

午後からは、
久々の方々がお茶にいらしてくださったり、
昨年野菜を沢山おすそわけくださった方が、
今年初のご来店、カブを持って来てくださったり、
遅めのランチをしてくださる常連さまなど、
ご来店の皆さま、ありがとうございました!

やっぱりお天気がいいと、
皆さまの出足が良いですねぇ。

ところで、今日の午後いらしてくださった、
学生時代のバイト先でお世話になった方々より、
子ども用の手編み帽子を頂きました。

早速、姪っ子2人にかぶせてみました。
100222手編み帽子3

100222手編み帽子2
3歳のお姉ちゃん、
「A子が今までかぶってたやつ、
赤ちゃんにあげるから~」
とすっかりこちらの手編み帽子を気に入ったよう。

手編みは、伸縮性があるので、
上のお姉ちゃんが大きくなっても、
下の子もバッチリかぶれますねぇ。

昨年には2本も手編みのマフラーも頂いて、
今日は姪っ子にまで・・・
ありがとうございました!

「でぃがでぃなエチゴ」

今日は午後からお店をオーナーに任せて、
西堀ローサへ。

というのも、先日のイベントのとき、
急なお願いにもかかわらず、
ボランティアで演奏してくださった斎藤さんが、
打楽器の方とのユニット「でぃがでぃなエチゴ」で、
「PianoPiano」で演奏されるので、出かけてきました。

今日ご一緒した常連さまも、
日曜日のイベントで初めて斎藤さんのシタールを聴かれ、
後日、ご自身がメンバーでもある音楽イベントに、
出演してもらえるかどうか依頼したところ、
「でぃがでぃなエチゴ」で出演されることになったとか。

で、たまたま今日のお昼、
その常連さまがご来店されたので、
午後からのお二人のライブがあることをお知らせすると、
「二人の演奏を聴いておきたい」ということで、
車を出していただいてご一緒することになりました。

ちょっと早め目に着いたので、
大和に寄って冬物のセールをのぞいて時間つぶし。
コート類はホント安いですが、
全体的にマダム向けの服が多かったですねぇ。
それにしても、土曜日の午後&セールだというのに、
ホントお客さんの数が少ない・・・
皆さん最終閉店セールを狙っているんでしょうか。

「PianoPiano」のライブを聴きに来たのは、
昨年の夏以来2回目ですねぇ。
あの時は、以前当店でもライブをしてくださった、
東京在住のギター奏者の方が、
ヴォーカルとのデュオで、ブラジル音楽でした。

今日の「でぃがでぃなエチゴ」さんの演奏は、
民族衣装に、本来の演奏スタイルという床座り。
アンプ?でエコーが増幅して、CD音源ぽい響きでしたねぇ。
さらに綺麗なお姉さんお2人が、
バックでインドっぽい単調な音を奏でていて、
華やかさとインドの雰囲気がアップしてましたねぇ。
100220@pianopiano.jpg

聞くところによると、インド音楽というのは、
王様のマハラジャやお姫様のマハラニ?が、
眠りにつきやすいよう奏でられる音楽だそう。

どおりで先日生で初めて聴いた時、
20分程度聴いただけで、頭がボーとしたはずだ(笑)
オーナーもしきりに「眠くなった」と言ってましたっけ。
寝付きが悪い日用に、インド音楽のCD買おうかしら。
100220でぃがでぃなエチゴ2

シタールの斎藤さんは、尺八も吹かれてお上手。
インド風アレンジの尺八も面白いですね。
100220尺八
途中聴き覚えのあるフレーズが入ってて、
『どっかで聴いたことあるかも・・・』
と思っていたら日本の曲が入ってたそう。
多分昨年伺った「破竹」さんのコンサートで、
聴いてた曲かもしれませんねぇ。

打楽器のほうは、2種類。
打楽器といっても音は繊細で、要マイク。
両手それぞれが色々な打ち方があって、
それらが組み合わさり、複雑なリズムでした。
パーカッションとしても面白い楽器ですねぇ。

インド音楽オンリーのラインナップも興味深いですが、
日本の曲のインド風アレンジとか、
クラッシック音楽のインド風アレンジとか、
一般向けのエンターテイメントとしては面白いかも。
素人的発想で、邪道かもしれませんが・・・。

通りすがりの人たちも足をとめたりして、
3、40人は集まってたでしょうか。
ローサの通路まで椅子が出てましたねぇ。
比較的男性が多かったでしょうか。
100220観衆
「でぃがでぃなエチゴ」さん、
来週は西区?のインド料理店で演奏されるそうで、
店内で注文すれば聴くことができるそうです。
詳しくは「でぃがでぃなエチゴ」さんHPで。

帰りに三越の「ジョアン」に久々に寄って、
クロワッサン2種類と、
期間限定の抹茶&小豆のポンデケージョ風を購入。
P2209111.jpg

お店に戻ると、留守にしていた間、
常連さまや次回の展示者の方がご来店くださって、
お食事をご所望だったそうで、
ご用意できなくて申し訳ございませんでした。

また、ご近所の常連さまより、
産まれたばかりの姪っ子3号チャンへ、
ベビー用の靴下を頂きました。
妹夫婦になり変わりまして、お礼申し上げます!
P2209124.jpg
今度いらしたとき、ぜひ抱っこしてやってください。

抱っこといえば・・・・
昨日、3歳の姪っ子が、妹の抱っこに初トライ。
100219抱っこ3

完全に固まってましたねぇ(笑)
100219初めての抱っこ2
3歳といっても、こうやって見ると、
随分大きくお姉ちゃんになりました。

退院

先週に里帰り出産した妹、
12時間の陣痛にもなかなか産まれず、
最後は、医師が心臓マッサージのごとく、
お腹の上を力ずくで押して押し出し、
吸引してやっと産まれたそう。

姪っ子3号チャンが産まれた翌日の日曜日、
イベント終了後に病院で初対面。
100113生まれて2日目
もう一人の妹の子ども、姪っ子2号の時とは違って、
3750gはさすがにずっしり!

で、今日、無事退院してきて2度目の抱っこ。
P2189075.jpg
生まれて1週間で、すでに身長が54センチで、
姪っ子1号の3歳のお姉ちゃんが、
生後1カ月で56センチだったから、
たった2センチしか差がない!
新生児用のパジャマもすでに足が出るので、
輪ゴムで裾を縛るほど・・・・。

まあ、第2子は大きくなりやすいとはいいますが、
いや~、どんな大きな女の子になるのやら・・・。
これから久々に新生児と一緒の生活が始まります。

事始め大会2010

今日は定休日のイベントデー。
一カ月遅れの「事始め大会」で、
今年は、12組のご参加です。

お琴
お琴

オカリナグループ
オカリナ

二胡、ギター、ヴァイオリンのアンサンブル
あ・うんさん
昨年に引き続きのご参加です。

昔話「三枚のお札」
昔話
新潟弁ヴァージョンで、
方言の味わい、いいですねぇ。

ハンドフルート
ハンドフルート
口笛ではなく、組んだ手の穴に息を吹き込んで、
音を出します。
20代の男性ユニット「childhood」さんが、
ハンドフルートの第一人者だそうで、
コンサートでその音色に感動して、
真似して音が出せるまでになったそうです。

モーツアルトの曲で合唱
合唱

合唱の口直し?で、同じ曲をオカリナソロで。
P2149071.jpg
休憩を挟んで、後半は手品から。
手品

手品2
何種類もの手品をしてくださいました。

二胡とピアノ
二胡ピアノ
こちらのお二人は、
新潟大学のクレッシェンドの元メンバー。
今年でお二人ともが社会人として新潟を離れるそう。
お二人には何回もコンサートをして頂きましたねぇ。

と、ここで、常連のお客さまが、
「私もマジックをやります」
とおっしゃって飛び入り参加。
が、突然ピアノの椅子の上に登り、一言。
「あがってます(緊張してます)」!
一瞬何事か?と思いましたが、会場は大爆笑。

ポッケから大小2本のマジックペンを取りだし、
「マジックです」、「こちらは大マジックです」
マジック
この直前の入れ替え時間に「マジックない?」
といって借りにいらしたので、
「何に使うんだ?」
と思っていたら、こう来きましたか!

日頃からウイットに富んだ方でしたが、
あまりに唐突で、シャッターチャンスを逃すほど(笑)
笑いすぎて写真もぶれてしまいました。

ピアノソロ
ピアノ
62歳で習い始め十数年。
当店で練習されたときは、上手に弾かれていたのですが、
本番では緊張のあまり、つっかえつっかえのパニック状態。
どこを弾いているのか、ご本人も分からないほど・・・。
どうなる事かと思いましたが、
最後まで弾き切りましたねぇ、すばらしいです!
会場からは、温かくて大きな大きな拍手が湧きました。

三味線と都々逸
都々逸

コカリナグループ
コカリナ

二胡とピアノ
二胡

馬頭琴ソロ、馬頭琴&ピアノ
馬頭琴
こちらのお二人は、昨日開幕した、
新潟国際映画祭のオープニングイベントで、
特別ゲストでコンサートをされたそうです。

ギターソロ
ギター
お琴の名曲、「六段」をギターで演奏されました。

最後に、特別演奏が。
昨日の石山おやこ劇場のイベント会場で、
石山おやこの代表の方からご紹介頂いた、
インド楽器シタールの奏者の方が、
急きょボランティアで演奏してくださいました。
シタール2

シタール1
神秘的というか、なんとも独特な音の世界で、
聴いているとだんだん頭の中がぼわーとして、
お酒を飲んで酔っぱらったような、
台湾茶を工夫茶器で飲んで、
ふわふわと「お茶酔い」したような状態。

本当は、2、3時間を即興で弾き続けるそうで、
薄明かりの中で聴いたら、頭が別次元に飛びそう(笑)

演奏が終了すると、自然と皆さんから次々質問が。
質問タイム
「アンコール!」
の声も上がり、もう一曲弾いてくださいました。

こちらの斎藤さんは、紫竹にお住まいで、
メンバーの打楽器奏者の方も、
東明1丁目の東山公園近くにお住まいとか。
しかも、東明にお住まいの方は、栃尾出身とか!
すごい偶然ですねぇ。

斎藤さんは、昨年から新潟でコンサート活動を始められ、
その他インド音楽のプロデュースもされていて、
4月には、東京からシタールのお師匠さんがいらして、
砂丘館でコンサートがあるそうです。
詳しくはホームページをご覧ください。
「でぃがでぃなエチゴ」のHPはこちら

お二人ともお近くにお住まいですし、
いつか当店でもコンサートをしていただけるといいですねぇ。

ところで、参加してくださった皆さま、
誠にありがとうございました。
皆さまのお陰で、笑いあり、感心ありの、
盛りだくさんの会となりました。
自ら「赤っ恥をかこう!」
というような奇特な方々がいなければ(笑)、
このような会は開催できません。

今日初めて参加演奏されたお一人が、
「これで今日から眠れるわ~」
とおっしゃって帰られましたが、
今回に懲りずに、来年も開催する際には、
ぜひぜひ1年の練習成果を試すべくご参加くださいませ!

1年後の開催が今年以上に盛り上がりますこと、
心より願っております。

長い一日

今日の明け方のまだ暗い頃、
隣の父親の部屋から母の声が・・・・
「・・・陣痛が・・・病院行くって」
時計を見ると、5時半近く・・・。

予定日は明後日の15日なのに、
昨日の検診では全然下がって来てないということで、
1週間後にまた検診の予約を取ったばかり。
で、昨日はショッピングセンターに出かけて、
ウォーキング沢山したのが効いたのでしょうか。
結局、予定日より2日早く陣痛が来てしまいました。

出産時に部屋でCDをかけていい病院だったので、
ヒーリング系のCDを貸すことになっていたのに、
「まだまだ先だな」
と、みつくろっていなかったので、
速攻で飛び起きて何枚かCDをセレクト。

1階に降りると、
妹夫婦はすでにコートを着て出かける準備。
今日の午後には中国旅行に出かけるジィジが、
病院まで車で送ることに。

出かけてから30分、パパさんから電話があり、
なんと診察券、保険証を家に置き忘れたとか!
ちょうどそこにジィジが戻ってきて、
エンジンを切ることなく、折り返し届けてもらうことに。

里帰り出産が決まった当初、
陣痛が来たらジィジが車で送ることになったのですが、
本人はすっかり忘れて、
予定日を挟んだ5日間の中国旅行に申し込み、
「タクシーで行くなんて、
里帰り出産の意味ないじゃん・・・」
と妹からヒンシュクをかってましたが、
往復の2回の運転で、汚名挽回ですねぇ(笑)

送り出した後は、
バァバはラジオ体操に出かけてしまい、
一回起きた姪っ子を寝かせる技もないので(笑)、
とりあえずテレビを付けて、暇つぶし。

6時半になると、NHKにチャンネルを合わせ、
「バァバも今公園でやってるよ」
といって、ほんと何年ぶりかのラジオ体操。
が、体が全然覚えてなくてちょっとショック。

7時になり、姪っ子が「お腹すいた~」と言うので、
簡単に朝食を作り、だましだまし姪っ子に食べさせ、
「もれるー」と言えば、トイレに連れて行き、
「ちびまる子描いて~」、「ことちゃん描いて~」
と言えばそれを描いてやり・・・・
なんやかんやしていると、あっという間にお店に行く時間。
開店前ですでに疲労感と眠気が・・・。

ランチタイムが一段落すると、
お店に連れてきた姪っ子が「お腹すいた~」
というので、
ご飯を作ってキッチンの床に座らせて食べさせ、
食べ終わるころには、
「もれるー」というのでトイレに連れて行き・・・。
こちらは睡魔がピークで、コーヒーをがぶ飲み。

さらに今日は天寿園で行われる、
石山おやこ劇場さん25周年記念のイベント、
「スチールパン」コンサートに行くことになっていて、
仕方なく姪っ子も連れて行くことに。
お店を30分早く閉店させていただき、
常連さま方4名と待ち合わせて天寿園へ。

埼玉を拠点に活動されているという、
スチールパンバンド「waiwaisteelband」さんです。
今日は16名編成で、中には小学生の男の子も。
P2139059.jpg

P2139060.jpg>

P2139074.jpg
CDとは違って、音の奥行きあるし、
アコースティックな繊細なエコーが心地いいし、
演奏者が楽しそうに演奏してるのが見えて、
それだけで気分が上がりますねぇ。

比較的スチールパンバンドの音楽は、
賑やかで元気のでるような曲調が多いですが、
「ジュピター」は良かったですねぇ。
P2139063.jpg
低い音のスティールパンの響きは、
荘厳な感じというか、神聖な感じと言うか。
私は、音量を抑えたスローな曲調で、
低い音のスチールパンの響きの方が好きでしたねぇ。
単にもう若くないってことかもしれませんが(笑)

途中、午後に行われたワークショップに参加された、
一般の方々が加わっての演奏も。
P2139072.jpg
1時間の予定が、終わってみれば80分!
一緒に行った姪っ子も、大音量の中、
なんとかチョコとジュースで釣りながら、
ぐずることなく最後まで聴いてくれました。
最後には抱っこから降りて踊ってましたねぇ。

バンドの主催者の伊沢さんには、
以前当店でコンサートをして頂いたこともあり、
演奏が終わると、オーナーと一緒にご挨拶。

中南米のお国発祥のスチールパン、
室内もいいですが、夕日コンサートのような、
夏の野外のコンサートでも聴いてみたいですねぇ。

会場を後にして、天寿園内を歩きながら、
姪っ子のパパさんに電話。
「1時間くらい前に生まれました」
とのこと。3750g!の女の子で、
微弱陣痛で大変な出産だったそう。

母体の衰弱が激しく、
パパさんはギリギリまで病院にいるというので、
姪っ子が寝るまでのお世話「フルコース」が決定。
夕ご飯の準備をし、気を引かせながら姪っ子に食べさせ、
初の一緒のお風呂タイム。

脱衣所では、私のブラジャーを見て、
「うぁー、かわいいー!、A子が大人になったら、
貸してくれる?2個あるの?大人になったらくれるー?」
3歳でも女の子は女の子なんですねぇ(笑)

本人も睡眠不足のはずなのに、
湯船に入ってるときもしゃべりっぱなし、
お店屋さんごっこに、湯船でプカプカをしたり。

さらには、自分の髪の毛を洗っていると、
湯船につかっている姪っ子が、
「もれるー」
「ぎゃー、中でしないでよー、外でしてー」
と自分の洗髪もままならず、
こんなに休まらないお風呂は初めて(笑)

いや~、こんな毎日を送っているであろう、
子育て中のママさんパパさんは、ほんとすごいです・・・。

今日は、折しも台湾では大みそかで、
そんな節目の日に一つの命が生まれ、
珍しいスチールパンバンドの演奏を聴き、
私的にはプチプチ子育ての体験をさせてもらい、
今日はホント長い一日でした・・・。

試食デー

今日は祝日の営業日。

開店前には、14日のイベントに参加されるお二人が、
合唱の練習にご来店。
他のお客さまがいらっしゃるまでの間、
練習されてましたねぇ。

練習が終わると、お一人はランチで、
冷製トマトパスタをご注文くださいました。
お帰りになるときには、
「おいしかった~、毎日でもいいわ~」
とおっしゃってくださって、
土曜日の最終練習後のランチにも、
またまた冷製パスタのご予約をくださいました。

これで冷製トマトパスタのヘビーファンの方は、
3名さまになりましたねぇ。
こんな真冬でも召し上がってくださるなんて、
ほんとお口にあったのですねぇ。良かったです。

今日は午後に、栃尾の叔母夫婦が新潟に来るというので、
「星長」さんのおぼろ豆腐を15個、
混ぜ混ぜで買ってきてもらいました。
P2119052.jpg
雪も降っているので、
ご近所の「おぼろ豆腐の会」の方々だけにご連絡。
が、たまたまご来店くださった常連さま方が、
「売ってほしいわ~」
とおっしゃって、
お一人で6個も買ってくださった方もいて、
あっという間に完売!

無料のおからを大量に貰ってきてもらったので、
購入くださった方にはサービスでおからをお付けしました。
さすが今日出た豆腐屋さんのおから、
しっとりしたいいおからでしたねぇ。

また星長さんの豆乳2種類を買ってきてもらったので、
居合わせた常連さまや豆腐を受け取りにいらした方と、
急きょ試飲会となりました。
P2119049.jpg
青豆豆乳の方は、どろ~として濃厚、
希釈用のコーンポタージュのような感じ。
口に入れた直後は、ゆでた枝豆の風味が来て、
後口には、生クリームかと思うほどの油分と、
豆の甘みが充満して、ほんと美味しい!

黒豆豆乳は、青豆豆乳よりも値段が高いのですが、
濃度が気持ち薄くて、青臭さがわずかにあります。
といっても、スーパーの豆乳に比べれば、
甘みもあるし、脂肪分もかなり濃いです。

星長さんの豆乳を飲むと、スーパーのパック豆乳は、
どんなに成分無調整であったとしても、
水っぽいために青臭い感じが目立ちます。
豆の油分・甘みもやっぱり弱いですねぇ。

試飲されたお客さま全員が、
青豆豆乳の購入をご希望され、
いつになるか分からないですが、
叔母が新潟に来るときにお願いすることになりました。

また今日は、イチゴ農家さんがジャムの搬入にいらしてて、
ご自宅のパン焼き機で初めて焼いたという食パン2枚と、
作り方を改良したジャムを持ってきてくださったので、
豆乳の次は、皆さんでジャムの試食会となりました。
P2119051.jpg
こちらのイチゴ農家さんのイチゴジャムは、
生食用でも美味しい、越後姫を使っています。
越後姫は果肉が白い品種のため、
鮮やかな赤色がなかなか出にくそうですが、
砂糖とレモン汁のみの使用、大きめの粒が残っていて、
お母さんの手作り感があります。

店頭に並べるとすぐに売れて行き、
しかも一度購入された方は、必ずまた購入されます。
お友達にあげるとかで、一人で何本も買われるかも。

休日の営業日は、そう忙しくないので、
大抵、常連の方々とおしゃべりデーとなるのですが、
特に今日の午後にいらした方はラッキーでしたねぇ。
「色々出てきて、夜まで居ちゃいそうだわ~」
とすべての試食をされた方はおっしゃてましたねぇ。
まあ、いつもこうだとは限りませんが(笑)

スチールパンバンド

今日のお店は、
2Fでは7組のママ&お子さまのご予約があったり、
いつもおばあちゃん、ママ、お子さまの3世代で、
ランチにいらしてくださる方や、
常連の方々がご来店くださいました。
ご来店の皆さま、ありがとうございました。

また今日のママ&お子さまグループからは、
シフォンセットでまたまた次回のご予約を頂きました。
誠にありがとうございます。

ところで、今日の午後、
石山親子劇場の方々がご来店、
石山親子25周年記念イベントが近々あるそうで、
その打ち合わせを兼ねてお茶をしてくださいました。

そのイベントとは、この週末、
石山親子劇場さま25周年記念イベントで、
新潟はもとより、日本でも珍しい、
「スチールパン」のバンドが来県し、
新潟市内数か所でコンサートイベントを行います。

当店でも以前、
チェロ、ギターとのアンサンブルで、
バンド主催者の方が演奏をしてくださいましたが、
今回はなんと!16人編成のスチールパンバンドです。
バンド名は、「waiwaisteelband」です。
waiwaisteelband ホームページはこちら

13日(土)には天寿園ホールで、
ワークショップ、コンサート、交流会があります。
14日(日)には西堀ローサの「Piano Piano」と、
自然科学館プラネタリウムでコンサートがあります。

14日は当店もイベントがあるので伺えませんが、
いつもお世話になっている石山親子さんの、
25周年記念イベントですし、
13日の夜のコンサートには伺おうかなと思います。

いずれも料金は、補助金事業のため、
前売りで300円(別途料金が必要の場合あり)で、
当日券でも500円と超格安!です。
なかなかお目にかかれないスチールパンド、
ぜひ足をお運びくださいませ。

問い合わせは・・・・
石山親子劇場の大橋さんまで
080-6625-7393
です。


お供え物

今日は温かい一日でしたが、朝から雨・・・・。
道路はデコボコで、そんな中でも、
常連さま方やお久しぶりの方々がご来店。
ご来店くださった皆さま、ありがとうございました。

中でも今日は、
昨年秋に展示してくださった写真家のご夫妻が、
展示以来ぶりにご来店くださいました。
「あ、そうだ、これー、ひろみさんに。
チビのお供え物にと思って」
と奥さまが、紙の手提げ袋をオーナーに渡されました。

中をのぞいたオーナー、
「あら、まあ、おかか・・」
と言って感動の面持ち。
袋をレジ前のチビの遺影の前にかざし、
「チビ~、お供え物頂いたよ~」
と言うと、
近くで見ていた姪っ子、
「チビが、うれしいよーって、言ってるよおー」
と写真を覗き込みながら言ってました。

袋の中を見ると、お菓子とかつお節が。
P2099045.jpg

そういえば、昨年秋の展示の時には、
猫好きという奥さまからは、
チビを随分かわいがって頂きました。
あの頃は、チビもお客さまにも慣れてきて、
愛嬌も出て、皆さまに喜んで頂けた頃でした。

家に帰り、いつもチビが寝ていた場所に
遺骨が置いてあるので、早速お供えしました。
P2099048.jpg
チビの好物を覚えていてくださって、
しかも亡くなったチビのために、
わざわざお持ちくださって、ありがとうございました。
心にじんわり染みました。
死んだ者を供養する心は、ある意味、
残った者への慰め、癒しになるのでしょうか・・・。

当ブログでチビの死はご存じになられたようで、
特によくご覧くださっているというご主人さまからは、
韓国帰国後から全くアップしなかったので、
「『韓国に何しに行ったんだ』って・・・」
とご心配くださって、
「もう(旅行から)崖に突き落とされた感じで・・・」
と言うと、
「『ペットロスよ』って言てたの」
と、奥さまからもご心配いただいました。

私ごときに、そしてこんなブログごときに、
心を向けていただき、ありがたいことです・・・。
どんな慰めの言葉よりも、
ご夫妻のお心遣い、お気づかいがうれしかったです。
ありがとうございました。

それにしても・・・・
チビの死を当たらず触らずのようにするよりも、
お供え物をわざわざ持ってきてくださって
敢えて一緒にチビの死を共有してくださったり、
自分でもそうだとは思ってましたが、
「それはペットロス症候群よ」
とはっきり言っていただいたりすると、
『やっぱり誰が見てもそうなんだなあ・・・』
『お供え物かあ・・そう、チビは死んだんだ・・・』
と、今までになく自分から引き離して、
客観的にチビのことが見えてくるから不思議です。

慰めの言葉などなくても、
言葉以上に人の傷心を癒せるのは、
やっぱり人が人を想う人の「心」なのですねぇ・・・。
いつか私もそんな心持ちになりたいものです。

蒲郡の青島みかん

今日は気温が上がり、3月下旬並みとか。
確かに温かくて、いいお天気でした。
昨日、お店の入口に姪っ子と作った雪だるまも、
一気に溶けて無残な形になってしまいましたねぇ。
P2079033.jpg

今日のお店は、大雪の後だというのに、
常連さま方がご来店くださいました。
中でも、お一人の常連さまは、
息子さんとその彼女さんとご来店くださって、
ランチをしてくださいました。

息子さんと彼女さんには、
姪っ子のお絵描きのお相手をしていただいて、
ありがとうございました!

また以前、愛知県「蒲郡(がまごおり)」の、
青島みかん(4L)をご近所さまから箱で頂いて、
おすそわけしたことのある常連さまが、
ご自宅近くの八百屋さんで同じモノを見つけられ、
遠方の雪道を歩いてわざわざ持って来てくださいました。
P2089041.jpg
居合わせた常連さまにもおすそわけ。
こちらの常連さま曰く、
みかんは昨年?は豊作だったそうですねぇ。
4Lとはいえ、大味でなくて甘くてジューシー。
1個で普通の2個分のボリュームです。

それにしても、スーパーに行く度に、
蒲郡の青島みかんの4Lを探していたので、
まさに「願えば叶う」ですねぇ。
買われたお店を教えていただいたので、
早速閉店後に買いに行ってきました。

結果的には、その八百屋さんには3Lしかなく、
その隣のスーパーに入って見ると、
探していた4Lの同じ箱売りを発見!
一箱1380円、数えてみると38個入ってました。

ところで、今のスーパーでは、
みかんの箱買いをすると清算中に中身を出して、
腐ったものが無いか確認してくれるのですねぇ。
ひと手間でしょうが、有難いサービスです。

1月の美味しいもの色々

ブログをアップ出来なかった1か月、
展示をしてくださった五十嵐さん、
常連の方々にお久しぶりの方々、
新しくいらした方々にママさんグループなど、
沢山の方々にご来店頂きました。
また公民館の教室の会合などで、
大勢さまでランチのご予約も何回かあり、
ご来店の皆さま、ありがとうございました。

また、皆さまから、
色んな美味しいものを頂きました。
写真撮っていたものだけですが、
この1か月に頂いた珍しいものや美味を、
まとめてアップしておこうと思います。

下の写真は、「マシュマロ入り割れチョコ」です。
通販で話題の割れチョコです。
姪っ子のパパさんが東京から買ってきてくれました。
P1309002_20100204221905.jpg

関西のお店のものらしいのですが、
東京では「スイーツファクトリー」に出店しているとか。
ホワイトとイチゴの2味で、それぞれ800g!
P1309003_20100204224010.jpg

P1309004_20100204221905.jpg
マシュマロの食感と、
細かく刻まれたアーモンドが香ばしく、
なかなかのボリュームと新食感の味!
お値段も1箱で5、6千円するとか!
珍しいもの、ごちそうさまでした!

下は、モロゾフの日曜日?限定販売の、
チーズケーキ。
P1188963_20100204221027.jpg

こちらも妹夫妻の差し入れ(笑)。
新潟伊勢丹のモロゾフで買ってきてくれました。
P1188965_20100204224011.jpg

「北海道の「ルタオ」のチーズケーキが1番だけど、
これは次に美味しいチーズケーキ」とか。
P1188967.jpg

下のみかんは、
1月の展示者、五十嵐さんの御親戚さまより、
箱で頂いた青島みかん(2L)と、
ご近所さまより頂いたブンタン。
P1309005_20100204222024.jpg

下のみかんは、別のご近所さまより、
「おいしいから食べて~」
とこちらも箱で頂いた、
静岡県の蒲郡の青島みかん(4L)。
P2059049.jpg
普通のみかんの2倍の大きさで、甘い!
台湾出身の姪っ子のパパさん曰く、
台湾では日本の普通サイズのみかんが無くて、
こちらの大きいみかんが普通なのだそうです。

子ども頃は、みかんは箱買いをしたものですが、
最近では家族が減って、
たまに袋買いをするくらいでした。
が、今年は頂き物のお陰で、
毎食のようにみかんを頂きましたねぇ。

しかも里帰り出産で帰郷中の妹&姪っ子、
時々パパさんも加わったので、
2箱分といってももすぐに完食。
口数が多いと違いますねぇ。
ごちそうさまでございました!

ところで、こちらの4L!のみかん、
とても美味しいので買おうと思ったのですが、
なかなかスーパーに売ってませんねぇ。
3Lはあっても、4Lがなかなか見つからない。
くださった方はどちらで手に入れられたのでしょうか。

下の写真は、お客さまが差し入れくださった、
茨城産の「丸干し干し芋」。
P2019008.jpg
普通、干し芋というと、
ふかした芋をスライスして干すところ、
こちらは1本ごとふかして干したものだそう。

また、普通の白いサツマイモで作ると、
出来上がりの色が黒くなるそうですが、
こちらは黄色のサツマイモで作っているので、
出来上がりも黄金色で人気だそうです。

ねっとりした食感と、すごい甘み!
ちょうど居合わせた常連さまにも、
厚めにスライスしてお出ししたところ、
「美味しい!私も買いたい」
とおっしゃってましたねぇ。
通信販売で買うと、やはり送料が高くつくので、
注文がまとまると共同買いができるんですが・・・。

下の写真は、
いつも手作りパンをおすそわけくださるママさんより、
今年も年始早々ご馳走になった手作りベーグル。
P1228974.jpg
ビニール袋に、布を張るだけで、
オシャレな雑貨風になりますねぇ。
裏のシールもかわいかったですねぇ。

早速横半分にスライスし、軽くトースト。
クリームチーズやはちみつをかけて頂きました。
シナモンが混ぜ込んであるようで、
香り高く美味しいベーグルでしたねぇ。

日本でベーグルが流行る前に、
NYに住んでいたことのある妹曰く、
「NYのまずい食べ物の中で、
唯一美味しかったのがベーグルだけど、
その時の味にそっくりで美味しい!」
と大絶賛してましたねぇ。

その他にも、昨年に引き続き、
手作りお惣菜を持って来てくださる常連さまなど、
今年も皆さまより美味しいものをご紹介頂いて、
居ながらにして珍しいものを味わえて、
有難いことです。ごちそうさまでした!

26年ぶり!そして4週間ぶり

昨日、海岸平野部でも50センチの積雪。
P2049017.jpg

そして今日、さらに一晩で降り積もり、
26年ぶりの81センチの記録的積雪となりました。
P2059027.jpg

P2059030.jpg

100205積雪

昨日の積雪では、
「こないだの大雪程度ね」と思っていましたが、
P2049019.jpg

さすがに今日の積雪には驚きましたねぇ。
1日で倍くらい積もりましたねぇ。
屋根の雪が落ちた所なら、胸くらいまで埋まりそうです。
P2059033.jpg

P2059029.jpg
お店前の風景
P2059037.jpg
お店前の道
P2059038.jpg
26年ぶりの積雪だそうですが、
確か小学生の時、父親が、
屋根の先に積もった雪を下ろしてた記憶があります。
なので、こんな大雪はホント久しぶりです。

市内の交通はマヒ、電車・バスは運休となり、
お店近くの線路沿いの道は、
朝から通勤通学の人の列で、
東京の渋谷のような人通りだったそう。
「新潟の渋谷だ!」
と店前の雪かきをしてくれた家族が言っておりました。

法事のため今朝11時に家を出て、
車で長野へ向かった家族は、
通常なら長野まで高速で3時間で着く所、
なんと長岡まで行くのに3時間!
長野に着いたのが5時半で、結局6時間もかかったそう。
長野に入ると、雪は全くなかったそうで、
ほんと新潟に局地的に降ったんですねぇ。

夜には、全国ニュースをご覧になった、
県外にお住まいの父親の大学時代の友人の方から、
お見舞いの電話をいただきました。
ありがとうございました。

今夜から明日にかけて、さらに降るようなので、
皆さま、お気を付けくださいませ。

それにしても、1月に行った韓国旅行でも、
着いた初日に韓国で20数年ぶりという、
記録的な大雪に見舞われましたねぇ。
なんだか今年は、いいのか悪いのか、
記録的な出来事に遭遇する年ですねぇ。

ところで・・・
今日で、チビが亡くなってちょうど4週間。
ということは、
「とど日記」のアップも4週間ぶり・・・。

チビの死は、思った以上にショックが大きくて、
気持ちに隙間があったり、1人で居る時は、
元気だったころのチビの姿が、
家のあちこちに残像として浮かんできて、
その度にガクーと気落ちして、
今だにぼろぼろと涙が出てくる状態・・・。
その度に脳が委縮するみたいで、
思考力が低下、気力、意欲も明らかに減退・・・。

それでもこの1月は、
11日の仕事始めから沢山の方々にご来店頂いて、
ホント忙しくさせて頂いたので、
営業時間中はチビのことを忘れられました。
お店の営業が無かったら、
チビのことばかり考えてしまって、
もっとヒドイうつ状態になってたかもしれません。

そんな中、今日の26年ぶりの大雪は、
歴史的出来事、ちょとテンションが上がりました。
さらに26年前の子どもの頃の記憶を思い出したり、
姪っ子が初めての雪体験で喜んでいるのを見てると、
頭の中が少し軽くなって、気分も軽くなった感じが。

うつは、「肩コリ」に例えられて、
「脳のコリ」状態と聞いたことがありますが、
今日をきっかけに、少しでも以前のように
ブログをアップが出来たらいいのですが・・・。
いつかチビの最期の写真や、
火葬した時の写真をアップ出来たなら、
なんとか克服できたと言えるかもしれません。

とりあえず、リハビリを兼ねて、
「まずは楽しかったことから・・・」
と韓国旅行の記録をアップしました。
「お店情報」の一番下に分類しておきました。
頭がベストの状態でなく、思考力も落ちていて、
省略が多い簡素な内容しか書けませんでしたが、
よかったらご覧くださいませ。