FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



今年マックス

今日は想定外の忙しさでしたねぇ。
品切れ、在庫切れが続出、
閉店後に買い出しに行き、明日の準備をして、
家に戻ったら日付けが変わってました・・・。

今日のランチタイムは、
ご予約のグループの方々や常連さま、
展示者の方が、お友達といらしてくださったり、
展示者の関係者の方々も次々ご来店。
お昼過ぎには、ほぼ満席状態。

とそこへ、展示者の絵手紙教室の方々が、
教室終わりに10名さま!でご来店。
予約なしで、しかも4台の車を連ねてのでご来店!

駐車場は、他の予約も含め満杯。
某所に停められて、再度ご来店くださいました。
皆さんでご食事をされたいとのことで、
1Fは満席状態だったので、急きょ2Fを準備。

一気に注文が殺到し、
お待たせした皆さまには、大変失礼いたしました。

そんなバタバタしていてる中、
新潟で活躍中のお箏と尺八のユニット、
「薫風之音(くんぷうのおと)」のお二人、
箏・十七絃奏者の藤崎浩子さんと、
尺八奏者の鯨岡徹さんが、
お世話になってる方のご紹介で来店くださいました。

鯨岡さんは、
尺八グループ「破竹」でも活動されていて、
昨年、東北電力グリーンプラザと、
能楽堂でのコンサートに行かせて頂いてました。

尺八の楽曲はもちろんのこと、
クラッシック曲やポピュラーな曲も演奏されます。
若手だけあって、アレンジがオシャレ。
トークもとても面白くて、
何度も爆笑したのを覚えてます。
斬新で満足度の高いコンサートでした。

鯨岡さんのブログはこちら

今日は、当店でのコンサートが可能かどうか、
偵察?(笑)にいらしてくださったそう。

お箏といえば、こちらも新潟で活動されている、
箏・十七弦奏者の奥村健一さんと、
ヴァイオリンの松村牧子さんのW弦楽器ユニットを、
以前何度か聴きに行ったことがありますねぇ。

一方、今日いらした「薫風之音」さんは、
音質の異なるお箏と尺八のユニット。
プロフィールを拝見すると、
古楽器とはいえ、レパートリーは、
ポピュラーから映画音楽、オリジナル曲と幅広いし、
弦の響きと尺八がどうマッチするか興味深いですねぇ。
若手のお二人なので、アレンジも期待大です。
ルックスも、藤崎さんは若くてお綺麗だし、
一見、和楽器のユニットには見えません!

藤崎浩子さんのHPはこちら

「薫風之音」さんは、この5月9日(日)、
砂丘館でコンサートをされるのですが、
実はかなり前にチラシが届いていて、
「ぜひこれは一度聴いておかなくては!」
と思っていたのに、すっかり予約を忘れてました(笑)

これも何かのご縁、
ぜひ伺わなくてはいけませんねぇ。

「薫風之音」さんHPはこちら

当店でのコンサートの方も、
ぜひご検討いただき、実現すると良いですねぇ。
今日はわざわざお寄りいただきまして、
ありがとうございました!

ところで、午後には、
常設展示の陶芸作家の茂野さんが、
つくば市より新作搬入にご来店くださいました。
P4299406.jpg
猫をモチーフにした急須、ネックレスなども、
いくつか持ってきてくださいました。
ぜひご覧くださいませ!
(ダルニー募金ありがとうございました。恐縮です。)

また夕方には、お茶にいらっしゃる方々や、
常連の方々が、遅めのランチ。
中でも、ご近所の常連さまのお一人は、
一昨日、ポーランドとバルト三国を巡る、
12日間の東ヨーロッパ旅行より帰国されたばかり。

お疲れ&時差ボケで大変でしょうに、
ポーランドチョコとマグネットを届けてくださいました。
いつもありがとうございます!
P4289405.jpg
出発直後にアイスランドの噴火があり、
何度かメールを送って状況を伺っていたのですが、
一本後の飛行機からすべてキャンセル、
ギリギリ通過して、なんとか全日程を無事こなせたそう。

噴火の影響で、現地では日本人旅行者にほとんど会わず、
常に混んでいるアウシュビッツや、
ショパン公園などは、ゆったり観光できたそう。

また、ポーランド大統領の急死も重なり、
国全体が喪に服し、国葬などがいくつも行われ、
予定していた教会内の観光ができなかったとか。

ある意味、貴重な旅行だったみたいですねぇ。


それにしても今日は、沢山の方々にご来店頂き、
店内では、お客さまの中で偶然の再会があったり、
お客さま同士、新しい出会いが生まれたり、
遠くヨーロッパの現地の話が伺えたり。

あまりの忙しさで、前半の記憶が飛んでしまうわ、
最後は疲れすぎて、目まいで足元フラつきましたが(笑)、
皆さまのおかげで、中身の濃い一日となりました。

ご来店の皆さま、ありがとうございました!
スポンサーサイト