ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



春の味7、8

今日も天気が良くって、庭の花も一斉に咲いて、
今が一年で一番カラフルな外観ですねぇ。

お客さまのお宅でもバラが咲き誇っているそうで、
貴重なバラを分けてくださいました。
P5319587.jpg
見た目もさることながら、
香りもゴージャスで、非日常的な高貴な香り!
さすがバラ!ですねぇ。
ありがとうございました!

今日はお昼に、7月の展示をしてくださる、
本間さんご夫妻がご来店くださいました。
今日は、山菜の「ミズ」を持ってきてくださいました。
ミズ
クセがなく、シャキ・ヌルした食感は最高です。
実は、山菜で一番好きですねぇ。

我が家の食し方は、生のまま筋を取り、
油で炒めて、塩コショウ、醤油少々で味付けします。
豚肉を入れて野菜炒め風にすると、
さらに肉の旨味とコクが増してホント美味しい!
ご飯がいくらでも頂けます。

今回頂いたミズは、すでに下処理してくださってるので、
すぐにでもお浸しで頂けそうですねぇ。
手間のかかったものを、ごちそうさまです!

「自家製フキ味噌」、「こごめ」、「ワラビ」、
そして今日の「ミズ」と毎回毎回ご来店の度に、
山の幸を持って来てくださいました。

色んな山菜(しかも下処理されている!)を、
こんなに味わうことができた春は、今までありません!
いや~、ホント今年は贅沢な春でした。

また、東京生まれの東京育ち、
数ヵ月後には北京生活が始まる姪っ子に、
初めての山菜を色々味あわせることができました。
ありがとうございました!


午後には、庭からカモミールの花を摘んで来て、
カモミール

今年初のカモミールティーを出しました。
この甘い香りは、ほんと癒されますねぇ。
カモミールティー
食後の常連のお客さま方にも、少しずつですが、
サービスでお出ししました。

が、お湯の量に対して花の量が少なかったみたいで、
花の甘味が、気持ち薄かったですねぇ。

フレッシュカモミールティーは、
一年に一度、この時期しか飲めないハーブティー。
なぜか今年は、すっかり忘れてしまってて、
花の盛りが過ぎ去りつつありますねぇ。

このまま枯らしてしまうのはもったいない!
時間に余裕があれば、食後の口直しにでも、
出来るだけお出しできればなあと思います。
スポンサーサイト

イベントデー

今日は定休日のイベントデー。
気温も上がって、爽やかな一日でした!
数日前まで薪ストーブを焚いてたなんて、
嘘みたいですねぇ。

近くの公民館などでは、
話題作の自主映画会が終日行われていて、
沢山の方々が観に行かれたようですし、
長岡近代美術館で開催中の仏像展も、
この週末に国宝の菩薩像が特別公開されて、
大盛況みたいですねぇ。
そんな行楽日和、当店も負けじとイベントです。

が、今日は今までで一番少ない参加者・・・。
映画だ、コンサートだ、スポーツ試合だ、仏像展だと、
いつもご参加の方々がこぞって不参加。
予約されていた方々も、
あまりの天気の良さに忘れてしまったのか、
いらっしゃらない方々も・・・。

そんな中、他のイベントには一切?目もくれず(笑)、
当店のイベントにご参加くださいました皆さま、
誠にありがとうございました。

今日も会を支えてくださった、伴奏&司会の皆さま。
1005伴奏のみなさん
貴重な休日を、ボランティアでご参加くださり、
いつもありがとうございます!

今日のゲスト演奏者は、
フルート奏者の「北村さや花」さんです。
1005北村さん2
「ミルフィーユ」というグループでも、
音楽活動をされていらっしゃるそうです。

今日は、ピアノの中林さんの伴奏で、
日本の唱歌や歌曲、「G線上のアリア」から映画音楽と、
耳馴染みのある曲を演奏してくださいました。
1005北村さん演奏
目をつぶって聴き入っている方が多く見られましたが、
しなやかで、伸びがあって、
聴いていてほんと心地いい素敵な音色でしたねぇ。

さすが色々と演奏活動をされているだけあって、
MCとしてもかなり慣れてらっしゃるようで、
曲と曲のつなぎもお上手だし、
お客さまから何度も笑いが起きましたねぇ。

「知ってる曲はやっぱり良いなあ・・・」
と男性の参加者の方々がつぶやいてらっしゃいましたが、
短い時間でしたが皆さま大満足のご様子でしたねぇ。

ボランティア演奏を快く引き受けて頂きまして、
誠にありがとうございました!

次回は、9月を予定しておりますので、
ぜひご参加くださいませ!

アジア料理の会5月

今日で、斎藤さんの写真展が終了しました。

昨年個展をされたばかりで、気が進まない中、
ご無理を言って展示して頂きました。
ほんとうに助かりました。ありがとうございました!

期間中は、一日も欠かすことなくご来店。
開店から夕方まで常駐してくださって、
いらっしゃるお客さまのお相手をしてくださいました。
2週間、本当にお疲れさまでございました。

見応えある、すばらしい写真もさることながら、
写真関係の方々や女流書家の方々、版画作家さん、
ギャラリーオーナーの方々など、
初めてご来店の方々を沢山呼んでくださいました。
重ね重ね、ありがとうございました。

若輩者の私にも、常に丁寧語で受け答えされ、
意見を押しつけることなく、聞き上手で話し上手。
常に穏やかで、笑顔を絶やすことなく、
お客さまへ常に気配り、心配りされてましたねぇ。

『沢山の人に慕われる人って、
斎藤さんみたいな人柄の人なんだなあ』
としみじみと実感しましたねぇ。

またすばらしい写真が集まったら、
ぜひ展示して頂けたらうれしいですねぇ。

2週間、ありがとうございました!


閉店後は、次回の展示作業がありました。
展示者の皆さまは、お疲れさまでした。

猫をモチーフにした作品を中心に、
パッチワーク、アクセサリーなどの手芸作品展です。
ぜひご覧くださいませ!


閉店後は、「アジア料理を食べる会」です。

今日のメニューは・・・

台湾ピータン豆腐(台湾)
1005ピータン豆腐
先日の中華レストランのピータン豆腐を真似て、
キュウリバージョンにしてみました。

春巻き、ニラ饅頭、テンペゴレン3点盛り
1005揚げもの盛り合わせ

イカのコチュジャン炒め(韓国)
1005イカのコチュジャン炒め
春なので、茹でたセリのごま油和えを添えて。

キョフテ(トルコ)
1005キョフテ

筍と鶏のバジル炒め(タイ)
1005筍と鶏のナンプラー炒め

小松菜と厚揚げ炒め(ベトナム)
1005小松菜のベトナム風炒め

エビマヨ(中華)
エビマヨ

ザーサイとハムのチャーハン(中華)
1005ザーサイとハムのチャーハン

干し明太のスープ(韓国)
1005タラのスープ

また今日は、参加者のお二人さまより、
旅行のお土産を頂き、
食後に皆さんで味あわせて頂きました。
P5299608.jpg

NHKの朝ドラで放送中ですねぇ。
P5299610.jpg
ごちそうさまでした!

今日も皆さま、大笑いしまくってましたねぇ。
傍で笑い声を聞いてるだけで、
つられて顔がニヤけてくるほどです(笑)

最近体調が優れないという参加者のお一人が、
「今日やっぱり来てよかった!皆に会って元気が出た!」
とおっしゃってお帰りになりました。
オーナーも、
「今日も大笑いして、楽しかったわ~」
と何度も言っておりましたねぇ。

次回の日程も決まりました。ありがとうございます!
それまで皆さまお元気で!

新メニュー

今日も展示者の斎藤さんがご来店、
関係者の方々のお相手をしてくださいました。
ありがとうございました!

ところで、今日は空いた時間に、
新メニュー「ジャージャー麺」を試作。
2010ジャージャー麺
甜面醤ベースの肉みそあん、薬味の野菜を、
冷たい中華麺とよくからめて食します。
甘辛の肉みそあんが、暑い季節にピッタリ!

実はこのジャージャー麺、
去年の夏に何度か試作して、
常連のお客さまにも味見をして頂いて、
夏メニュー用に準備していたのですが、
もう一つの新メニューだった、
「トマトの冷製パスタ」が思いのほか出てしまい、
お蔵入りしたメニュー。

今年は、去年はご用意していなかった、
「自家製杏仁豆腐」をお付けしようと思います。
ぜひお試しくださいませ!

春の味6

今日のお店は、開店からは斎藤さんがご来店、
午後まで次々いらっしゃるお客さまのお相手。
毎日、ありがとうございました。

今日は他には、常連の方々を始め、
コカリナ教室の皆さんが、
施設への演奏の前にランチをしてくださったり、
斎藤さんのお嬢さんが知人の方々といらして、
皆さんでランチをしてくださったり、
親戚の方々もランチをしてくださったり。

午後からも、斎藤さん関係の方々が次々ご来店で、
斎藤さんはお昼の時間が取れないほど。
ほんと、すばらしい人脈というか、
あのお人柄ならほんと納得!の人脈ですねぇ。

また午後からは、
7月に展示をしてくださる、
切り絵作家さんが、ご主人とご来店くださいました。
前回は、ご主人が作られたという、
こだわりの「フキ味噌」を頂きましたが、
今日は、茹で「ワラビ」を頂きました。
P5249578.jpg
今年の初物です!
ワラビといえば、山菜の代表格ですよねぇ。

かつお節とお醤油でも美味しいし、
マヨ&醤油でサラダ風にしても良いし、
そういえば、常連のお客さまのおススメは、
茹でワラビを、わさび醤油で食べる食べ方。
他には、玉子とじも美味しいですねぇ。

一番好きなのは、ワラビの味噌漬け!
なかなか売ってないので、
早速半分を味噌に漬けました。明日が楽しみです!

貴重なもの、ごちそうさまでした!

遠出の休日

今日は定休日。

お世話になっている演奏活動されている方より、
急きょ連絡があって裏方のお手伝いです。
10時にお店前でピックアップして頂いて、弥彦へ。

途中、岩室を通過。
岩室といえば、角屋悦堂さんの「おこわだんご」。
日テレの「ケンミンショウ」で、
新潟が特集された時に取り上げられましたねぇ。
夕方になると売り切れることも多いそう。

運転してくださった方が、
妹家族が食べたこと無いことをご存じで、
わざわざ寄り道してくださいました。

名物の「おこわだんご」を購入。
P5239562.jpg

1Pは6個入りで720円。
なかなか買いに来ることができないし、
妹家族もいるので、2P買いました。
P5239565_20100523223841.jpg
醤油おこわの塩味と小豆の甘さが絶妙だし、
2種類のお餅の食感もたまりませんねぇ。
初めて食べた妹も、
「おいしい~!」
と、夕食後!に2個も食べてましたねぇ(笑)

11時前には弥彦の目的に到着。
会場は、弥彦駅近くのギャラリー「はえゆ」さんです。
P5239566.jpg

開場まえの会場の様子。
P5239565.jpg
お手伝いの内容は、
演奏中の朗読に合わせて、
PCに取り込まれた画像ファイルをクリック、
スライドに画像を写すことです。

単なる裏方ではありましたが、
初めて出演者側の仕事を体験させて頂いて、
『間違えたらどうしよう・・・』心配したり、
頭の中でシミュレーションを何度もしたり、
日常には無い緊張感を味わいました。

久々に弥彦に行けて、念願のだんごも買えて、
ボケ気味の頭も活性化!
お陰で充実した休日になりました。
声をかけて頂いてなかったら、
明らかに昼過ぎまで寝て、だらけた休日でした(笑)
ありがとうございました!

5時半には家に送って頂いて、すぐに家族で外出。
姪っ子のパパさんが明日から北京へ移住し、
当分日本に戻らないため、
今日の夕飯が、家族との最後の食事となるので、
皆で久々に外食することに。

イオンなら授乳室があるだろうから、
イオンのレストラン街へ行くことに。

和食系がいいだろうと思ったものの、
結局、ジィジィが選んだ中華!のお店に決定。
なんで中華を選ぶかなあ・・・。
パパさんは明日から本場の北京なのに(笑)

大人数なので、一人1680円(2名以上)の、
10品を選べるバイキングセットを注文。
本来なら1グループで10品しか選べないのですが、
大人数で色々食べたかったので、
姪っ子のパパさんが中国人の店長に中国語で交渉、
特別に2グループ扱いにしてもらって、
沢山の種類をオーダーできることに。

前菜
ピータン豆腐
P5239568.jpg

キュウリの和え物
P5239569.jpg

クラゲの和え物
P5239570.jpg

チャーシュー
P5239572.jpg

鶏から揚げレモンソース
P5239578.jpg

小龍包、エビシュウマイ、カニ蒸餃子
P5239577.jpg

P5239575.jpg

小松菜の炒め物
P5239582.jpg

エビマヨ
P5239584.jpg

イカの唐辛子炒め
P5239588.jpg

香港風焼きそば
P5239593.jpg

エビ炒飯
P5239596.jpg

ごま団子
P5239603.jpg

タピオカココナッツミルク
P5239606.jpg

ワン・ソフトドリンク付き。

今日が2回目ですが、どれもハズレなし。
味も香りもマイルドなので、
小さな子どもから年配の方まで口に合いますねぇ。

が、あまりに沢山の量で食べきれず・・・。
残りをお持ち帰りにお願いしたら、
それぞれ料理が混ざらないようにラップして、
パックに入れてくれました。

今度中華を食べる時は、
北京で本場の中華料理になるかなあ・・・。

ラスク

今日のお店は、
2Fはママ&お子さまグループのランチ。
久々に「出勤」の姪っ子がオーナーのお手伝い。
何度か2Fにお邪魔しました。
来月のご予約も頂きまして、ありがとうございました。

ところで、今日は1Fもかなり混んでしまって、
お2Fの頼まれ箏を何度か忘れてしまい、
大変失礼いたしました。

1Fは、常連の方々やお久しぶりの方々、
昨日に引き続き今日も斎藤さんが常駐、
開店から閉店まで、次々ご来店の方々のお相手。
ありがとうございました!
そして、大変お疲れさまでございました。

午後には、ご近所さまから、
イカのお裾わけをいただきました。
先日もママさんから頂きましたが、旬なんですねぇ。
P5209562.jpg
早速煮付けにしましたが、超やわらかい!
姪っ子も難なく食べられましたねぇ。
妹も柔らかさにびっくりしてました。
沢山頂きまして、ごちそうさまでした!

ところで、昨日から新潟入りしている妹家族。
お土産に、よくテレビでも取り上げられていた、
行列のできる「ラスク」を買って来てくれました。
P5209563.jpg
普通のシュガーバターのラスクと、
分厚くホワイトチョコがコーティングされたラスク。

ラスクといえば、普段はほとんど食べないし、
手軽なおやつのイメージがありましたが、
このラスクは別物ですねぇ。

バターの味と香りが豊かで品があるし、
コーティングのホワイトチョコの量も贅沢!
行列ができるの分かりますねぇ。

ところで、姪っ子ですが、
数か月前よりも身長は2センチくらい伸びてるし、
ヒヤリング力も良くなってるし、
ボキャブラリーが増えたというか、
幼児会話のたどたどしさがめっきり減って、
すっかりネイティヴスピークに飛躍!

花型に細工された「練り切り」を食べる時なんか、
手に取りまじまじと眺めて一言。
「上手に作ってるねぇ~」と一丁前!
まるで某鑑定団張りのつぶやき方です。

この2カ月の間、こちらは歳を一つ取ったものの、
何の進歩もないどころか、腰を痛めて、
今だ完治していないというのに・・・(笑)。
子どもの成長は、ほんと驚くべきものがあります。

これから数か月、また姪っ子のいる生活。
お店の方にもお手伝いで出ることがあるかと思います。
そんな時は、いろいろ声を掛けていただいたり、
相手をしていただけると、姪っ子も喜びます。

また、目配りが行き届かず、大声を出したり、
ご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、
予めご理解、ご了承頂けますようお願い申し上げます。

新しく受け入れられるモノ

今日は24度くらいまで気温があがり、
夏を思わせる感じでしたねぇ。
ということで、やっぱり今日も案の定、
トマトの冷製パスタデー(笑)!

5月からこんなに出てしまって、
夏本番になったらどうなることやら・・・。
ちょっと心配です。

今日も展示者の斎藤さんが常駐してくださって、
閉店間際まで、次々ご来店くださる方々のお相手。
ありがとうございました!

また「昨日持ってくるつもりだったんだけど、
定休日で・・・」
と亀田は万平菓子舗さんの大福を頂きました。
P5189544.jpg

P5189549.jpg

久々の「ティラミス大福」と「イチゴ大福」!!
ここのお店が元祖?だったでしょうか。
明日、姪っ子家族が来るので、
ぜひ味あわせてあげようと思います。
重ね重ね、ありがとうございました!

ところで、今日も杏仁豆腐が好評でした。
土曜日だったかに久々にいらした方が、
杏仁豆腐を召し上がってすっかり気に入られ、
「友達に宣伝したのよ~」
と、今日はお友達の方をお連れくださいました。

「ほんと美味しいわ~」
今まで食べた中で一番の杏仁豆腐だわ」
「私、沢山食べれないんだけど、
これはシロップまで全部食べれるのよ~」
「ほんと、絶品!よぉー」
などなど言っていただきました。

ほんと久々にいらした方で、
軽く半年、1年はご来店がない方なので、
たった3日で再来店くださったなんてビックリ。
たかが杏仁豆腐、されど杏仁豆腐ですねぇ。
これはもう、常に用意しないとマズイかも(笑)

また、開店当初出していた、
かき氷が乗った「ベトナムプリン」を覚えてらして、
「あれはもう作らないの?」
と言われてしまいましたねぇ。
さらに帰り際には、
「また新しいもの作って!」とも・・・。

そうですよねぇ、味覚はいつか飽きて、
新しい刺激を求めるのが人の常というものです。
が、期待してくださるのは大変ありがたいことですが、
とりあえず要検討ということで(笑)

コスト、廃棄率、手間などはもとより、
大抵の方の味覚の範疇にありながらも、
「今までにない何か」がある味は、
なかなかすぐには見つからないもの・・・。
さすがにネタが尽きたら、
「味探し」のためにまた海外に行かないと駄目かも(笑)

それにしても・・・
私なんかすでに世の中にある美味しいものを、
皆さまにご紹介しているだけですが、
「イチゴ大福」や「ティラミス大福」は、
今まで存在してなかった味覚を創り出し、
多くの人々に受け入れられたのだから、
そういう意味では、ほんとすごいことです。

多分、特に感覚的な領域では、
今まで見たことも聞いたこともないモノよりは、
馴染みのあるモノたちの中で、
新しい「組み合わせ」を創り出す方が、
新しい価値に成り易いのかもしれませんねぇ。

江戸からバングラディシュまで

今日はほんと爽やかな一日で、
新しい展示の初日にふさわしいお天気でした。

今日は、2Fはお久しぶりのママさんグループ、
1Fでは、開店から展示者の斎藤さんをはじめ、
関係者の方々が続々とご来店くださり、
午後からは、斎藤さんのご家族もいらして、
お食事してくださいました。
ご来店くださった皆さま、ありがとうございました!

それにしても今日はトマトパスタがよく出ましたねぇ。
斎藤さんのお口に合ったようで、
皆さまにお勧めしてくださったみたいで、
斎藤さん関係では、お食事は全員がトマトパスタ!
全部で16、7食ぐらいが出たでしょうか。

今週は気温が上がるようなので、
昨日40個のトマトを仕入れといて良かった(笑)
この勢いだと、またすぐ仕入れないとですねぇ。

ところで今日は、常連のお客さまが、
「遅くなったけど、誕生日プレゼント。
いつも色々貰ってるから」
と包み紙をくださいました。
開けてみると、素敵なお皿!
江戸時代?のお皿

『和菓子なんか乗せたら、合いそうだなあ』
と思ったので、あんこ餅を乗せてみました。
P5179540.jpg
スーパーで買った1個120円のあんこ餅が、
高級和菓子ぽく見えるから不思議です(笑)
和食は、食器も料理の一部なんですねぇ。

くださった常連さま曰く、
「『江戸時代』のお皿だって。値打ち出るかもよ~」
とのこと。
骨董品を誕生日プレゼントに頂いたなんて、
人生初めてです!

よく見ると、傷もあるし、色落ち箇所もあり、
器の裏には、染みっぽい使い込んだ感があるし、
柄や色合いも、アンティーク感がありますねぇ。

いつか年代が確かめられる時がくるまで、
「どんな人たちの手を経て来たんだろうなあ」
と色々想像しながら、大事に使わせて頂きます!
珍しいものを、ありがとうござました!

また今日は、常連さまからレンコンを頂いたり、
P5179539.jpg

お久しぶりのママさんより、生イカを沢山頂きました。
P5179534.jpg
昨日ご家族が釣られたそうで、
お刺身でもいけるほどの新鮮なイカ!
ごちそうさまでした!

ところで、ママさんたちはお食事後に、
「自家製杏仁豆腐」をご注文くださいました。
お一人のママさんは、
「10年ぶりに美味しい杏仁豆腐を食べました」
「杏仁豆腐、激ウマでしたあ~」
とわざわざ言ってくださいました。
お口に合って何より、良かったです!

こちらのママさんグループでも、
お二人のママさんがお仕事に復帰されるとか。
「もう平日に来れなくなります・・・」
とおっしゃていましたが、
土曜日も営業しておりますし、
都合が合いましたら、またぜひご来店くださいませ。
お待ちしております!

また今日は午後、外国人のお客さまがご来店。
100517バングラディシュのお客さま
バングラディシュの方で、
先日ご馳走になった本場のカレーを作くられた方。

写真左の方が、日本語を教えてらして、
日本語で「注文の仕方」を実地練習するために、
お連れくださいました。
ありがとうございます!

日本に来て2年ぐらいだそうで、
日本語より英語が先に出てしまうようでしたが、
チャイのレシピを教えて頂いたり、
良く利用されているというインド食材店や、
おすすめのスナック名などを教えて頂きました。

また、お国の野菜の種を分けて頂きました。
バングラディシュの種
ウリ?や豆などの種だそう。
どんな野菜が育つか、この夏は楽しみですねぇ。
何が育ったか、随時報告します!

そうそう、民族衣装が素敵でしたねぇ。
上半身に羽織っているストールには、
小さなスパンコールがラインで縫い付けてあって、
光の具合できらきら光っているし、
重ね着をしているスカート?のプリントは、
バティックみたいに手描きタッチでかわいい!

それにしても・・・・
異国に生活していても、
食べ物しかり、着るものしかり、
生き方のルールを変えないその信仰心たるや、
ほんと強固なものがありますねぇ。
私なんか無神論者で無信仰の強欲持ちだから、
ほんと、ただただ感心します。

春の味5

今日のお店は、常連の方々を始め、
シタール奏者の斉藤さんが打ち合わせを兼ねて
お昼にいらしてくださったり、
午後からは、佐藤さんの関係者が次々ご来店。
ほんと沢山の方々にご来店頂きました。
皆さま、ありがとうございました!

ところで、今日で佐藤早苗さんの展示が終了。
佐藤さんには、思い出の詰まった展示をしていただき、
誠にありがとうございました。
また、毎日のようにご来店くださって、
「ここ、第二の我が家のような気がします~」
と今日おっしゃってくださいました。
そう言っていただけて、ありがたいことです。

また期間中、ダルニー奨学金を募るために、
万葉集から歌を選ばれて大量のカードに直筆、
それらをチャリティー販売をしてくださいました。
売上金は1万1830円にのぼり、
全額!を当店の募金箱へ入れてくださいました。
本展示のお陰で、中学生1人が1年間学校に通えます!
重ね重ね、ありがとうございました!


ところで今日は開店前、
知人の方が今朝亀田で採られたという「フキ」を、
沢山持って来てくださいました。
P5159511.jpg
今年の初物です、ごちそうさまです!

フキといえば、
タケノコやニシンと煮ると美味しいですが、
先日頂いたタケノコはタケノコご飯の具にしてしまい、
タイミングがずれてしまいましたねぇ・・・残念。

そのタケノコご飯の具ですが、
今年最後?のタケノコご飯を作ることに。
P5159513.jpg
佐藤さんへお礼にお裾わけしてもいいし、
一人暮らしの常連の方々にお裾わけしてもいいし、
「余ったら家で食べればいいし~」
と大量に炊いたのですが、
お世話になっている方々に次々差し上げていたら、
家で食べる分がまたまた無くなってしまいました(笑)
まあ、1年に一度、今の時期しかできないこと、
皆さんに喜んでいただければ幸いです!

ところで今日の午後、
いつもお惣菜をくださる常連さまが、
久々に「ポンデケージョ」を手作りされたそうで、
またまた持って来てくださいました。
P5159509.jpg
ミックス粉の他に独自に色々材料を入れるそうで、
本場のポンデケージョよりパンぽくって、
弾力も香りもマイルドで食べやすい!
居合わせたお客さま方にもお裾わけ。
ごちそうさまでした!

また夕方には、
別の常連さまが寄ってくださって、
ご実家で採れたばかりというタケノコを、
持って来てくださいました。
P5159514.jpg
またタケノコが味わえるなんて!
それもフキを頂いた直後で、なんてグッドタイミング(笑)
またタケノコご飯が作れるし、
早速、フキと一緒に煮しめを作ろうと思います。
ごちそうさまでした!

また今日は展示入れ替えで、
来週からの写真の展示作業がありました。
P5159516.jpg
写真仲間の方々4人さまがお手伝いにいらして、
作業をしてくださいました。
皆さま、お疲れさまでございました。

写真の被写体は様々、バラエティーがあって面白い!
センスがあり、オシャレな写真で見応えありますねぇ。
閉店後、しばらくオーナーと鑑賞会をしてしまいました。
ぜひ、ご覧下さいませ!

某局アナウンサーさん

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


春の味4

今日は寒かったですねぇ。
冬の様な寒さで朝から薪ストーブを焚きました。
明日も12度前後までしか上がらないよう。
体調が崩れないよう、気をつけないとですねぇ。

そんな寒い中、今日も沢山の方々にご来店頂きました。
お昼には、展示者の佐藤さんをはじめ、
知人の方々が次々ご来店くださったり、
午後からも、常連の方々が遅めのランチや、
お茶タイムにいらしゃるグループさまなど、
皆さま、ありがとうございました!

ところで、展示者の佐藤さん関係の方々は、
比較的年配の方々が多くいらっしゃるので、
今日の気まぐれランチは、久々に和食をご用意。

この春初のタケノコご飯
P5129499.jpg
ぶりの照り焼き
ぶり照り焼き

煮もの
P5129495.jpg

こごみの胡麻和え
P5129500.jpg

もずく酢
モズク酢

わかめのお味噌汁

ドリンク付き

です。

案の定、ほとんどの方が和食をご注文。
もっと早く気が付けばよかった・・・。

「どれも美味しかった~」
「タケノコご飯、美味しいわ~」
などなど言っていただきました。
お口に合って良かったです!

タケノコとこごみは、栃尾で採れたものだし、
煮物とタケノコご飯には、栃尾のジャンボ油揚げが。
偶然にも栃尾づくしとなりました。

ところで、午後、ご近所さまより、
タケノコのお裾わけをいただきました。

今朝、角田のふもとで採れたばかりという、
鮮度抜群の超立派なタケノコ!
P5129494.jpg
採れ立てなんて、はなかなか手に入りません。
手を汚さずして貴重なものを頂きまして、
ありがとうございました!

タケノコは、鮮度がいい時は、
米ぬかなどで下茹でしなくても、
皮をむいてそのまますぐに調理できます。

特に、採れ立ての生タケノコの天ぷらは、
ほんとサイコーに美味しい!!
そういえば、今年はまだ口にしてませんねぇ。

頂いたタケノコ、試しに根元の方を食べてみると、
全然渋くないのでただちに処理することに。

下半分の硬いところは、タケノコご飯用に。
イチョウ切りにして、油揚げとシメジを入れ、
白だし、醤油、砂糖、酒で煮ます。

上半分の柔らかいところは、パスタ用。
5センチの長さの縦切りの薄切りにして、
薄いコンソメスープで煮て、下味を付けます。

実は、家ではまだタケノコご飯はおあずけ(笑)
お陰さまで大量に具材が用意できたので、
気兼ねすることなく家でも食べれますねぇ。

皆さまのお陰で、労せず、居ながらにして、
旬の味を味あわせて頂いている今日この頃、
ほんとありがたいことです。

インパクト

今日はどんよりした一日で、午後からは雨降り。

そんな中、展示者の佐藤さんは今日もご来店。
お友達の方々、関係者の方々もいらっしゃり、
夕方まで常駐していただきました。
ありがとうございました。

ところで全く話は変わって・・・

実は昨日は誕生日だったのですが、
「5月ももう10日、早いわねぇ~」
というお客さまの声で、
「あ・・・今日誕生日だ・・・」
と初めて気付いたくらい(笑)

また、7日は母の誕生日で、
5月は、我が家3人の誕生日月でもあり、
しかも母の日もあるから、ある意味イベント月。

毎年1週間くらい前から、東京の妹たちから、
「プレゼントどうする?」
と連絡があって手配するのですが、
今年は、一転、母の誕生日も母の日も一切電話なし。

「仕事も忙しいし、子育て大変だし、当然よ~」
と母は言ってましたが、
妹たちも「母親」にもなると、
母親に気をまわしている暇はないのでしょうねぇ。

という感じで、母も私もある程度の歳になると、
歳が1つ増えたところで、自身特別なこともなく、
何か食べたいとか、何か欲しいとかもなく、
いつもと大して変わりない一日。
そのことに、わびしさ?の類すら感じないのも、
歳を重ねて誕生日に慣れてしまった証拠かも(笑)

ただ昨日、夜遊びに出かけた母が、
新潟駅で売っていたという「雪苺娘(ゆきいちご)」
を「誕生日だから」と買って来てくれました。
雪苺娘
季節限定の商品だそうで、1個230円。
コンビニなどでも売っているそうです。

昨日は夜遅かったので、今日のおやつ食べてみると、
なんか昔より、ひとまわり小さくなりましたねぇ。
雪苺娘2
「ショーケースに並んでる時は、
もっと大きく見えたんだけどなあ」とか。
中に入っているイチゴも、小粒!
前は、もっと大きくて熟して真っ赤だったような・・・。

それにしても、なんで「雪苺娘」なのか・・・。
よくよく聞くと、前々から買いたかったらしいのですが、
きっかけがなく、私の誕生日にかこつけて、
昨日やっと買えたのだそう(笑)

まあ、何もしないわけにいかないのが、
「母ごころ」といったところでしょうかねぇ。
(ちなみに父は、母の誕生日にはワインを開けてましたが、
昨日は、母が言うまで気づきませんでした(笑))

そういえば、
母が買ってくる近年の誕生日プレゼントは、
常識の範囲内をかなり逸脱、かなり変わっている(笑)。
去年だったかは、なぜかマクドナルドのセットだったし、
ハーゲンダッツのアイスを1人5個?だったことも・・・。

マックなどのファストフードは、日頃ほとんど行かないので、
1年間全く口にしないこともあるし、
ハーゲンダッツも、自分じゃ絶対定価で買わないから、
確かに気が効いているといえば、効いているかも(笑)

「ハーゲンダッツを見ると、
『誕生日にあげたなあ』と思いだすわ~」
と母が言っておりましたが、
記憶に残るプレゼントは、金額ではないですねぇ(笑)

春の味3

今日も爽やかな良いお天気でしたねぇ。
寒過ぎず、暑過ぎず、ほんと良い季節です。

今日のお店は、
2Fはママ&お子さまグループに、
1Fは展示者の佐藤さんが、
妹さん家族とご来店くださいました。
午後からは、佐藤さん関係の方々が次々ご来店、
常連の方々もご来店くださいましたねぇ。

ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、佐藤さん姉妹からは、
根っこが付いた生の「ベルガモット」と、
お庭で咲いていた色んな切り花を頂きました。

「ベルガモット」と言えば、
紅茶の「アールグレイ」の香りの素。
葉っぱをちぎって紅茶に入れてもいいし、
ハーブティーのようにしても良いのだそう。
また、生のベルガモットは、水やりをしただけで、
良い香りが立ち上るのだそう。
結構増えるそうなので、早速地植えにします!

ありがとうございました!

ところで、午後、7月の展示をお願いしている方が、
ご夫婦で打ち合わせにいらしてくださって、
なんとご主人さまが作られたという
手作り「ふきみそ」を頂きました。
P5109481.jpg
毎年大量に作られるそうで、
味噌だけで4キロも使うそう!
沢山作っては皆さんに配られるそうで、
今では手作りの包装紙を付けるまでになったそう。

P5109483.jpg
色が落ちないようにさっとゆで、
なんども水にさらしてアクを抜き、
味噌も色々混ぜて入っていて、タカの爪を入れるのだそう。

商品になりそうなしっかりした味で美味しい!
ご飯の友にも、辛口のお酒にも合いそう。
手間のかかったもの、ごちそうさまでした!

また今日は、お二人の方より「こごみ」を頂きました。
P5109485.jpg
山が違うと、「こごみ」も違いますね。
同じ日に二か所から頂くなんて、やっぱり旬なのですねぇ。

ごちそうさまでした!

古町の休日

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


春の味2

今日は昨日の暑さはどこへやら、
肌寒い雨の一日でしたねぇ。
外仕事をしてからご来店の常連さまは、
「今日は寒いわ~、温かいもの食べたい」
とおっしゃって、
特別にフォーをご用意するほど。
私の神経痛も、寒さで筋肉が緊張しているのか、
歩くたびにかなり響きましたねぇ・・・。

そんな中、展示者の佐藤さんがお友達とご来店、
その後も関係者の方々がいらして、
数十年ぶりの再会となったようです。
午後からは、常連の方々がいらしてくださって、
遅めのランチをしてくださいましたねぇ。
皆さま、ありがとうございました!

特に今日は、常連の方々が、
またまたお裾わけを色々と持ってきてくださったので、
いらしたお客さまと一緒に味見会。

売り物として栽培しているというユリ。
P5079444.jpg

採れたての3Lの越後姫
P5079442.jpg
相変わらず、美味しいですねぇ。
ハウス栽培とはいえ、この時期は味が濃くなりますね。
甘さ、香り、果肉の柔らかさのバランスの良さは、
越後姫がダントツではないでしょうか。

山形のグリーンピースの甘納豆?
P5079436.jpg

P5079439.jpg
グリーンピースの青臭さは全くなく、
お芋のようなほくほくした食感。
甘さとかすかに塩味も感じる味で、皆さんにも好評!
素材の味がよくわかる美味しいお豆でした。

午後にいらした常連さまから、閉店後電話が。
「今日、こしあぶら食べた?」
「いえ、食べてません」
「昨日、こしあぶらの話してたでしょ。
お隣さんから頂いたからこれから持っていくから」
「え?!」
「ちゃんとすぐ食べれるようになってるから!」
P5079448.jpg
昨日オーナーが、
「こしあぶら、美味しいのよねぇ」
と話していたのを覚えてらしたたそうで、
たまたま今日、お隣から天ぷらのお裾わけがあったとか。
サクサクに揚がってて、美味しかったです!

皆さま、ごちそうさまでした!


ところで今日は、ご注文の品を出し終わると、
昨日のこごみを使って試作品を作ることに。

まずはオイル系のパスタ。
P5079441.jpg
これが、なかなか美味しい!
こごみは、アクもクセも無いので、
ベーコンとニンニクで旨味と香りをプラス。

半分味見した後に、
ふと「温泉卵、合うかも!」を思いつき、
混ぜて食べてみたら、カルボナーラ風になって、
これまた美味しい!

食べたオーナーも「美味しいわ!」とのこと。
ただ「パスタ一口毎に、こごみが欲しい」とも。
イタリアンのレシピ本を参考にしたので、
確かにお上品仕立てで、こごみが少ないかも。

こごみの量をもっと増やし、
昨日すぐ処理したタケノコも入れて、
「山菜とベーコンのパスタ」
で行けそうですねぇ。

叔母のお陰で、こごみ分の原価率が低いので、
デザートを何かお付けしようかな(笑)
こごみは1週間くらい保存できるので、
気まぐれランチに出ていたら、ぜひお試しください!

ところで、今日の新聞に、
先日ご来店くださった「薫風之風」のお二人が、
取り上げられていましたねぇ。
日曜日の砂丘館でのコンサートは伺う予定です。

この土日は、「古町どんどん」もあるそうで、
これまた今日の新聞に広告が出ていて、
イベント情報のページを見ると、
先日お世話になった「でぃがでぃなエチゴ」さんも、
ライブ出演されるみたいですねぇ。

他には、去年聴きに行った「yucca」さんや、
以前、お客さまがCDを貸してくださって、
そのオシャレな音にハマった「jaja」さんも出るみたい。

日曜日は早めに出かけて、ライブのハシゴに決定です!

春の味

今日は暑かったですねぇ。
30度くらい行ったのでしょうか。
藤の花が一気に開花しましたねぇ。
P5069430.jpg

今日は開店前から、新しい展示者の方が、
展示の最終作業にいらしてくださいました。
お疲れさまでございました。

今日はGW明けということで、
トマトパスタの常連さまが、
帰省中のご家族といらしてくださったり、
常連の方々が早速ご来店くださったり。
展示関者の関係者の方々もいらしてくださったって、
沢山の方々がご来店いただきました。
皆さま、ありがとうございました!

ところで、休みに傷めた腰ですが、
太もも裏とふくらはぎの張り痛に進化(笑)。
さらに休みボケでだらけた体に、忙しさと暑さが加わって、
ヒドイ目眩でクラクラするし、胃はムカムカするしで、
船酔いのような状態で立ってられないほど・・・。
一時どうなることかと焦りましたねぇ。

「いつの間にか、虚弱体質になったなあ・・・」
「体が資本の仕事だなあ・・・」
と痛感しましたねぇ。
オーナーの方がよっぽど体力あって、タフかも(笑)

ところで、午後、
栃尾の叔母が訪ねてきてくれて、
超大量!&超立派な「こごみ」、
「うど」、「たけのこ」を持ってきてくれました。
P5069423.jpg
どれも栃尾で採れたものとかで、
我が家では、どれもこの春の初もの!春ですねぇ~♪

お裾わけするにも、
「掃除をしてからの方が喜ばれるだろうな」
と、シンクに水をはり、30分かけて全部を掃除。
P5069427.jpg
ちなみにシンクの底までみっちりの量!
さすがに最後は、見るのも嫌になりましたが(笑)

いらしていた常連の方々やご近所の方々に、
少しずつですか、お裾わけすることに。
ご近所には、オーナーがお届けすると、
「早速これから天ぷらにします!」
「こんなに立派なもの~」
「キレイにしてもらって、大変だったでしょう」
などなど言ってくださったとか。
皆さまに喜んで頂けたようで、良かったです!

ところで、栃尾の叔母が来る時はいつも、
栃尾の「星長」さんの「おぼろ豆腐」を、
頼んで買ってきてもらうのですが、
今日は急に来ることが決まったので、
期間限定?の桜バージョンのみ、
試しに買ってきてくれました。
P5069428.jpg
いつも黒蜜で頂くのですが、
桜シロップだと、豆乳の味がよくわかりますね。
私は・・・やっぱり食べなれた黒蜜の方が好きかな。

今日は、今しか食べられない物が大量に届き、
どうやって味わおうか考えるだけでウキウキしますねぇ。
「足の痛みもどこへやら~」です(笑)

今年のGW

今年の5月は、3、4、5日とお休みしましたが、
近年稀にみる、内容も成果も少ない連休でした(笑)

2日の朝に痛み出した腰の神経痛。
体をまっすぐにすると、
立って歩こうとしても、横に寝ようとしても激痛が。

連休中にやろうと思ってた作業も何一つ出来ず、
悲しいかな、3日間、どこにも出かけることなく、
夏日のような熱い中、
腰とお尻にホッカイロを2枚も貼りながら、
テレビの前に座って一日時間つぶし。

悲惨なのが、夜。
寝ようと横になって足を延ばすと、痛くない姿勢が無い!
唯一痛くない姿勢が、なんと体育座りのみ(笑)。
結局、この3日間、毛布を体に巻きつけ、
ソファーの上で体育座りをして寝るはめに。

夜中は数時間ごとに目が覚めて、
痛くない姿勢を探しながら姿勢のチェンジ・・・。
「ヨーロッパ旅行のフライト中だと思えば、まだまだ」
「NYに行った時の『エコノミー13時間』よりまし」
と「長距離フライトの飛行機の中」モードで、
なんとか乗り切りました(笑)

そんな中、唯一の外の空気が入ってきたのは、
最終日の今日、オーナーの知人の方が、
「バングラディシュの料理一緒に食べない?」
と言って訊ねて来てくださったこと。

こちらの方、留学生に日本語を教えてらして、
昨日バングラディシュの留学生のお宅に招待され、
家庭料理をご馳走になりに行かれたとか。

「エスニックなら杜々に味あわせてあげよう」
と、お土産にもらってらしたという、
バングラディシュ料理を持ってきてくださいました。

が、さすがに腰が痛いため、
同席は遠慮させて頂いて、オーナーだけがお相手、
私は後でご馳走になりました。

バングラディシュのカレー
P5059417.jpg
カレーは、クミン独特の香りが強く、
スパイシーさが鮮烈!
自分でスパイスを調合したのが分かりますねぇ。
ライスも、ジャスミンライス?と思いきや、
パラパラ感、サイズ、特に香りが全然違います。

デザート
P5059419.jpg
ご飯をミルクで煮たデザートで、
おもったより甘くて、コンデンスミルクで煮たような味。
かすかですが、何かハーブか香辛料の香りがしました。

オーナーは、ご推薦の食べ方、
本場を真似て手で食べてみたそうです。
ご飯と具をぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのだそう。

最近、インド音楽を聴くことが多くなりましたが、
そういえばよくよく考えると、
同じアジアなのにインド方面といえば、
これまでほとんど馴染みがなかったなあ。

タイに行った時のマーケットで、
タイの民族衣装のつもりが間違って、
インドの民族衣装テイストの服を買ったくらいかも(笑)
ましてやインド系の本場の味は今日が初めてですねぇ。

それこそ学生の時から、
「一生のうちに一度は、インドに行かなきゃなあ」
とは思っているのですが、
なぜかこれまでほとんど行く機会がなかったですねぇ。

なんとも味気ない連休でしたが、
知人の方が寄ってくださったお陰で、
インド方面に旅行に行った「つもり」で、
自分を納得させたGWでした(笑)。

「エスノラウンジin新潟」

今日はせっかくの定休日だというのに、
朝から右腰がヒドイ坐骨神経痛?で、
直立で歩こうとすると激痛だし、
横になって安静にしようとしても激痛・・・。

昨日の夜、寒い中「ラ・フォル・ジュルネ」に
自転車で行ったからでしょうか。
それにしても今回はヒドイ・・・。

午後からは、りゅーとぴあの「スタジオA」で、
イベント「エスノラウンジin新潟」があって、
常連さまと聴きに行く予定。
悪化するからやめようかと思ったものの、
昨日お世話になった方々が出演されるし、
「行くだけ行って挨拶して、
無理なら一人タクシーで帰ってこよう」
と出かけました。

スタジオAは初めて入りました。
オーナーは、第九の時女性着替え室で使っているとか。

出演者の方々は・・・

1.琉球三味線の「きよ里」さん
(写真撮るの忘れました・・・)
三条が拠点の沖縄三味線とギターのデュオ。

2.「タブマントラズ」さん
P5029416.jpg
沖縄三味線、シタール、タブラ、ピアニカ、
パーカッションという、なかなか無い組み合わせ。
P5029420.jpg

3.「ケルファーアイT.Y.C」さん
P5029422.jpg
ジャンルとしてはレゲエ?でしょうか。
じわじわと歌詞の力が伝わってる歌でしたねぇ。

4.「国分明子&岡田信也」さん
P5029423.jpg
昨日演奏してくださった歌を中心に。
アンプがあると、また雰囲気がでますねぇ。

5.「ボサコルデオン」さん
P5029429.jpg

P5029428.jpg
常連のお客さまのおススメ。
ボサノバ、フレンチジャズ、スパニッシュ音楽など、
大人な雰囲気があって、素敵でしたねぇ。
アルコールなんかを飲みながら聴いてみたいですね。
そういえばこちらのお二人は、
昨日古町のアーケードの仏カフェでも演奏されてました。

6.「コハダン ジ コンタス 新潟」さん
P5029431.jpg
「カポエイラ」というブラジルの舞踏?で、
スローな動きでも、かなり体が上下してハード!
確か昔、ポカリかなんかのCMに使われていたような。
新潟でもグループがあったんですねぇ。
初めて生で見させていただました。

7.「アマカノ」さん
P5029439.jpg

P5029454.jpg
西アフリカの伝統音楽と楽器を使って、
独自のアレンジを加えたパフォーマンスグループ。

ジャンべや太鼓の振動がものすごくて、
床から振動が伝わってきて、神経痛に響くほど(笑)。
ダンスと歌もアフリカンで、パワフル全開。
すごい盛り上がりましたねぇ。

太鼓のリズムなど一部の音は、
なんか日本のお祭りのお囃子とか、
チンドン屋さんのリズムや音に似てるような気が(笑)。
太鼓のリズムは、エスニックに通じるものがあるのかも。

前半はしばしば眠りこけていたオーナーも、
すっかり目が覚めてしまって(笑)、
席を立ってリズムに合わせて踊ってました。
「楽しかった~、もっと踊りたかったわ~」
と帰りの車中、言っておりましたねぇ。

5時に始まって終わったのが9時半!
最後まで居たので、さすがに疲れ果てましたが、
これだけのパフォーマンスを一気に見れるなんて、
このような企画が無ければできないことです。
それにしても、こんなに多様なパフォーマーの方々が、
新潟で活動されていたこと、知りませんでしたねぇ。

ちなみに出演者の情報は、
「エスノラウンジ ブログ」にリンクされています。

「エスノラウンジin新潟」ブログはこちら

「でぃがでぃなエチゴ」の斉藤さん、
「自分が聴いてみたいグループを集めた」
とおっしゃってましが、
その企画力というか、行動力というか、
実際に実現してしまうエネルギーはすごい。

企画から運営までさぞかし大変だったと察しますが、
なかなか面白い企画!、
集客など大変なこともあるかと思いますが、
可能ならばぜひ続けて頂きたいですねぇ。

皆さま、お疲れさまでした!

感慨色々

今日で絵手紙の展示が終了。
ほんわかやさしい展示をしていただき、
誠にありがとうございました。

今日のお店は、常連の方々や、
展示入れ替え作業でいらした方々、
お茶にいらした方々がご来店。
皆さま、ありがとうございました!

ところで、ランチが終わった常連の方々と、
先日頂いたポーランドチョコを味見。
P5019421.jpg
包装紙に「カカオ90%」の文字。
見るからに黒い(笑)。
甘みがほとんどなくて、苦いというか渋く、
油脂分もないようで口どけが鈍いですね。
純粋ココア粉を練ったような味。

ガイドさんお勧めのチョコだったそうで、
カカオ90%のチョコなんてそう手に入りません。
が、このまま口にするのは、多分最初で最後かも(笑)
ホットチョコなどにしたら美味しいかもしれませんね。

また今日は、久々にいらしてくださった常連さま、
近々お嬢さんの結婚披露宴があるそうで、
只今ブーケを手作り中だそうで、
持ってきて見せてくださいました。
P5019429.jpg
布のフラワーアートで、花から葉、ガクまですべて、
一枚の白布を裁断し、着色、成形して作るそう。

居合わせたお客さま皆さんが、
「きれいねぇ」、「すごーい!!」と感嘆。
「私の娘の時も作って」とおっしゃる方も。
ほんと途方もないくらいの手間で、
こんな思いのこもったブーケを手にされて、
お嬢さんは、ほんとお幸せですねぇ。

そうこうしていると、
昨日に引き続き、「でぃがでぃなエチゴ」斉藤さんと、
シタールとギター奏者のお二人がご来店。

リハを兼ねた音だしかと思いきや、
ミニコンサートをしてくださるとか!
そんなこととは知らなかったので、
さっきまでいらしてたお客さまを引き止めなかったので、
店内はお客さま不足でちょっとさみしい・・・。
急きょご近所の常連さまにお電話し
聴きに来ていただきました。

シタールと言ってもインド古典音楽ではなく、
とても聴きやすい、癒し系?なオリジナル曲を演奏。
P5019422.jpg

P5019426.jpg
ギターとも違和感なく、全然インドっぽくないですね。
シタールで、ボサノバなんか弾けるとか。

「シタール、一度聴けばもういいかも」
と以前おっしゃってた方も、
「癒し系だわねぇ」、「思ってたのと違った!」
「期待以上だったわ」などなどおっしゃってました。

古典ものより、ポップというかライトで耳馴染みがあって、
でも、神秘的な響きはやっぱり気持ち良くて、
良い意味で裏切られた感じでしたねぇ。
生演奏、ありがとうございました!

お3人とも、
明日2日のりゅーとぴあでのイベントに出演。
ぜひ聴きに行こうと思っていますが、
お呼びたてした常連さまも、急きょ一緒に行くことに。

世界各地の音楽を演奏する方々が集まるイベント、
なかなか一同に会することは無いでしょうから、
ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

詳しくは下をクリック、ご確認ください。

「エスノラウンジin新潟」情報はこちら


今日は閉店後、またまた自転車で、
「りゅーとぴあ」へ。

「ラ・フォル・ジュルネ」の最終日に行ってきました。
最終公演はチケットは手に入れていたのですが、
時間的に間に合ったので、もうひとつ聴くことに。
予約できなかったチェロに未練があったので、
チェロ&ピアノのコンサートに決定。

それでもまだ時間があったので、
「ガレット」や「ケーク・サレ」を食べに、
フランス風オープンカフェが開かれている古町へ、
足を延ばしてみました。

アーケードでは、生演奏。
P5019419.jpg

が、ガレット屋台が無い!他の飲食屋台も全く無い!
片隅でワインをグラス販売してるくらい。
事前の情報では、まだ営業しているはずなのに。

今日はポーランドのチョコしか口にしてなかったので、
軽く食べようと思っていたのに・・・。
早々と店じまいしてしまったようです、残念。

渋々りゅーとぴあに戻り、エントランスを入ると、
バロックを弾いているオルガンの音が。
P5019421_20100502005701.jpg

ホールの外では、一日中無料の演奏会がされていて、
沢山の市民が聴き入ってましたねぇ。
P5019432.jpg

18:45から「劇場」でチェロ&ピアノです。
「劇場」は初めて入りましたが、
会場内で一番後ろの3階席で見下ろすような感じ。

タチアナ・ヴァシリエヴァ(チェロ)と、
ブラメナ・マンゴーヴァ(ピアノ)で、
「幻想小曲集op.73」(シューマン)と
「チェロ・ソナタ ト単調op.65」(ショパン)。
アンコールは、「トロイメライ」。

チェロ、やっぱり好きですねぇ。
今日のチェロも渋い感じで好きな音質でしたが、
帰って来てプログラムを見たら、
使用されたチェロは1725年製!で、
ストラディヴァリウスの「Vaslin」とか。

続いては、コンサートホールです。
が、40分くらい時間があったし、
無料コンサートの音が聞こえてきたので移動。

オーボエ協会の皆さんで、
「王宮の花火の音楽より」(ヘンデル)です。
P5019430.jpg
オーボエもあれだけ数があると、
まるでパイプオルガンで演奏してる感じ。
バロック音楽も、やっぱり良いですねぇ。

20時10分から、ホールでバッハとショパンです。
「ヴァイオリン協奏曲 ホ長調BWV1042」(バッハ)
「管弦楽組曲第3番 ニ長調BWV1068」(バッハ)
「演奏会用ロンド へ長調op.14「クラコヴィアク」

ショパンの祖国ポーランド管弦楽団をバックに、
ヴァイオリンとピアノとの共演です。
バイオリンの音色、これまたやわらかくて味わいが。
『アンティーク雑貨みたいな雰囲気だなあ』
と思ってきいていたら、
イタリアの楽器工房町クレモナで作られた1734年製とか。

先ほどのチェロもそうですが、
年代物の名器は、しっとりやわらかな音質なのですねぇ。

今日演奏したバッハの「管弦楽組曲第3番」は、
「G線上のアリア」が入っていて有名ですが、
ちょうど4月にNHKで坂本龍一の進行で、
「schola~音楽の学校~」という番組が4回あって、
「バッハ」を取り上げていたので、
欠かさずチェックして見たばかり。
ちょうどその番組でも「G線上のアリア」を解説。

演奏を聴きながら、
「そうそう、『通奏低音』がポイントなのよねぇ」
「そうそう、この『和音』に『対位法』も!」
と、贅沢にも生演奏でひとり「復習」(笑)。
バッハのすごさを再実感、感激ひとしおでした。

200年も前のオーケストラも、
同じ楽譜で同じように聴衆の前で演奏してたのだから、
時と場所を超えて通用するバッハの創造性ってすごい!

「ラ・フォル・ジュルネ」企画のお陰で、
年代物の名器の音色を聞けたり、
生演奏やコンサートのハシゴができたり、
今後も定着するといいですねぇ。

ただ、いくら1公演がお手頃価格といっても、
2、3つとハシゴすると、5000円越え・・。
お得なパスみたいなものがあるといいかも。
あと、ぜひ日曜日に開催してほしいです(笑)

ところで、出かける直前に、
学生時代の研究室から手紙が届いていて、
『あれ、教官、もう退官だったっけ?』
などと思いながら手紙を開けると、
「追悼の会」の文字が・・・。
『えっ?!』
良く読むと、半年前に亡くなられていたそう。

教官は指示など一切せず、「問答法」のような指導。
当時は経験知が少ないし、頭も硬くて、
コミュニケーションもうまくいかず、
ほんとヘビーな日々で発狂寸前でした(笑)。

無類の出来の悪い学生だったので、
迷惑を掛けるだけ掛けて挫折しましたが、
今頃になって唐突に思えた言葉の意味を痛感したり、
あの頃に身に付けた発想の方法や哲学的な考え方が、
とても助けになることがあります。

亡くなって悲しいというよりも、
教官から思考の訓練を受けれられる学生が、
もう一人も生まれないということと、
教官の専門分野の研究が終了してしまうことが、
残念で仕方ありません。

バッハの音楽しかり、教官の残してくれた価値しかり、
「死後も後世に生き続けるような『価値』を、
創造し続けてきた人間の営みってすごい・・・」
「生きてる人間にしかできないんだよなあ・・・」
としみじみ感じ入り、
バッハを聴きながら一人静かに教官を追悼しました。