FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



無診

今日は比較的過ごしやすい暑さ。
とはいえ、30度は越えてたんですよねぇ。
ほんと今年は異常です。

そんな中、常連さま方がいらしてくださったり、
本間さんご来店くださいました。
みなさま、ありがとうございます!

ところで今日は、本間さんのお嬢さんが、
東京からいらしてご来店くださって、
お土産を頂きました。
P7260011.jpg


P7260014.jpg
ごちそうさまでした!


ところで私ごとですが、
今日は家では朝から色々ありました・・・。

午前には、BSNラジオで、
オーナーの声が流れました!

というのも昨日、
BSNとキリンビバレッジ共催?の、
ホノルルマラソン練習会のイベントがあって、
オーナーとマラソン仲間の皆さんで参加。

BSNの高橋アナと話しながらランから戻ると、
終了後にお仲間とインタビューされたそう。

「今日が誕生日でーす」というお仲間さんや、
「マラソンは8年のブランクあるんですけど、
ホノルルマラソンは退職以来の念願なんです。
連れてってくださーい!」とオーナー。

ラン終わりのランニングハイなのか、
皆さんテンション高かったですねぇ(笑)
このままの勢いでホノルル、ぜひ行っちゃってください!


また午後には、父が緊急入院しました。

というのも、
この金曜日に左ひざが腫れあがったので、
近所の整形外科で診てもらい、
「ヒザの間にあるリンパ液が、
老化で無くなって擦れて腫れている」
と言われ、採血して月曜日に再診してもらうことに。

土日に写真撮影旅行に出かけ、戻ってくると、
ヒザ下のふくらはぎが、右の1.5倍くらいの腫れ!
しかも、ふくらはぎ全体が真っ赤か!
それなのに本人は全く痛くないのだそう。

で、月曜日の今朝、
ヒザ下はいまだに真っ赤に腫れ上がって、
昨日から痛み止めを飲んでいないのに、
不思議なことに痛みがないのだそう。

午前中に整形外科に行くと、
血液検査の結果報告もなければ、
テーピングの張り替えをしただけで、
3日後にまた来るように言われたそう。
さらに「頭がふらふらする」
と言うと、
「もっと軽い痛み止めにする」
と言われ、痛み止めが処方されたそう。

帰ってくると、
「頭がふらふらするから寝る」
と言って寝室で横になったのですが、
エアコンのない部屋で、この暑さの中、
羽毛布団をお腹に当てて寝ている。

「暑くないの?」
「寒いからいいんだ」
「なんで?!この部屋すごい暑いよ!?」
「扇風機の風が寒いからいいんだ」
「・・・・」

『変だなあ』と思いながらも、
熱中症も怖いので、
枕元に氷水を用意して部屋を出ました。

2時間後、様子を見に行くと・・・
羽毛布団を頭から全身にかぶっている!

「暑くないの?!」
「寒いからいいんだ」
『おかしい・・・』

おでこに手を当てると、明らかに高熱!
すぐに体温計で熱を測らせると38.8度!

以前に家族の一人が感染症にかかり、
40度近くの高熱があるのに、
「さむい、さむい」
と全身ガタガタとすごい震えてたのを見てたので、
整形外科では抗生物質を処方されていないし
『腫れが原因かもしれない・・・』

お店を離れられなかったので、
母にまず、今朝行った整形外科に電話させ、
「ヒザの腫れが原因の熱でしょうか」
と問い合わせると、
「熱なんて出ない。内科に行って!」
と、電話に出た医師はなんとも冷たい対応だったとか。

内科の午後の診療時間まで時間があったので、
氷水を頭に当てさせたり、ポカリを飲ませたり、
お昼を食べていないので菓子パンを食べさせたり。

3時になっても38度台の熱が下がらない。
整形外科で処方されたクスリなどを持って、
父は自分の運転で近くの内科クリニックへ。

夕方5時になっても帰ってこず、
携帯は家に置いたまま・・・。
心配になって、内科クリニックに電話すると、
「亀田□□病院へ行ってもらった」
とのこと。

腫れがひどくて「今晩を待てない症状」とかで、
「専門科で診てもらった方がいい」
との診断で紹介状を書いくれて、
病院にも電話連絡をしてくださったそう。

電話を切ると、直後に父から電話。
「このまますぐ入院、1週間入院してもらう」
と言われたとのこと。

診断によると、ばい菌が広がって膿が溜まり、
それが原因でふくらはぎが腫れていたのだそう。
今注射で膿を取ったところで、赤黒い液が取れたとか。

入院なんて考えてもいなかったので、
なんの準備もないまま。
着替えや携帯、洗面用具やらをバックに詰めて、
母が急きょ病院へ。

帰って来た母に話を聞いたところによると、
実は今朝行った整形外科では、
なんと医師は診察しておらず、
看護師がテーピングを張り替えただけだったそう。

医師が診察しないなんて信じられない!
診察していないんじゃ、あの腫れでも、
「熱なんて出ない」と言うはずです。

私なんか蕁麻疹の症状に変化なくても、
「どうですか~」
「変わりありませんねぇ」
「いつものように薬出しときます」
と薬をもらうだけのために、
10秒くらいの診察を毎回受けているのに・・・。

ここの整形外科は、診察もせずに、
診察料を取ってるのかしら(笑)。

テーピングした看護師も看護師です。
専門外の内科の医師が診ても、
「ヒドイ」と診断する症状を放置するなんて。

このまま気付かずに、
再診までの3日間放置したら足が腐っていたかも・・・。

こういうことはあまり言いたくありませんが、
ここの整形外科は昔から評判が・・・。
今日いらしてた近所の常さまも、
我々がバタバタしているので、
「赤ちゃんが熱出たの?」と聞いてくださって、
状況をお伝えすると、
「やめた方がいい、大きい病院行った方がいい」
とおっしゃってくださいましたねぇ。

家族なんか昔、この医院に入ろうとしたら、
通りがけの見知らぬおばあちゃんに声を掛けられ、
「ここはヤブ医者だからやめた方がいい」
と言われたそう。

評判の良くない医師の誤診どころか、
「診察なしの診断」なんて話にもなりません。
言われるままの患者もいけませんが、
医師の診断は絶対じゃない。
最初から大きな病院に行くことと、
セカンド・オピニオンは必須ですねぇ。

が、父も父です。
38度、39度近い熱があっても、
自分が異常事態だと認識しなかったなんて。

そういえば・・・
前にも「フラフラする」言うので、
熱を測らせたら38度の熱があり、
「38度もあるじゃない!!」と言うと、
「38度って何だ?」
と真顔で答え、あっけにとられたことがありました。

「熱がある」というのがどういう感覚なのか、
経験が少ない人には分からないのですねぇ。
あれだけ真っ赤に腫れても痛みが無かったのも、
熱で感覚がマヒしてたんですねぇ、きっと。

今回も家族がいなかったら、
自分の症状を見過ごして、悪化させてたに違いない。

「何よりもまず、健康が第一だ・・・・」
妹がつぶやいていましが、
ほんとそれを実感した1日でした。
スポンサーサイト