ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



新しい展示が始まりました。

今日から新しい展示が始まりました。

陶器の花器やランプシェード、
竹細工の花器棚、絹生地の造花など、
素敵な作品が並びました!
ぜひ、ごらんくださいませ。

午後からは、展示者のお二人と、
お二人をご紹介してくださり、
以前ひな人形や猫展もお世話になった方と、
175歳展でお世話になった方が、
一緒にご来店くださいました。

お久しぶりにお目にかかりましたが、
皆さんお変わりなく、良かったです!

ひな人形でお世話になった方からは、
クッキーを色々頂きました。
20110228クッキー
ご来店の時はいつも、
珍しいお菓子などお土産を頂いてしまって、
恐縮です・・・。
ごちそうさまでした。

また、皆さんと当店で意気投合された、
手料理がお得意の常連さまも合流。

またまた高菜のお焼きと、
当店の酒饅頭に触発されて作られたという、
酒粕入りの小豆お焼きを作っていらっしゃいました。
20110228手作りお焼き
皆さんへのお土産用にも作ってらしたようで、
大変だったのではないでしょうか。
ごちそうさまでした。

皆さん、話が弾んだようで、
大声な笑い声が何度も聞こえて来て、
ほんと楽しそうでしたねぇ。
お帰りの時も、
「今日は楽しかったわ~」
とおっしゃって帰られましたねぇ。

5人中、88歳を筆頭に70歳以上の方が、
3人もいらっしゃいましたが、
皆さん超お元気で、ほんと素晴らしいです!

またぜひ皆さん待ち合わせて、ご来店くださいませ!
スポンサーサイト

ホノルルマラソン展終了

今日は開店早々、
いつも果物をお裾わけくださる方が、
ポンカンと梨を持って来てくださったり、
20110226ポンカン&梨

上越からいらした方からは、
農業高校で作られた野菜をいただきました。
20110226農業高校の野菜
チンゲン菜と小松菜の掛け合わせ野菜や、
「サラダ人参」という珍しい人参など、
初めて見る野菜もありましたねぇ。

いつも頂いているものから珍しいものなど、
今日も色々とごちそうになってしまいましたねぇ。
ありがとうございました!

ところで今日で、ホノルルマラソン展が終了。

オーナーのお仲間の皆さんや、
ツアーでご一緒した方々から、
展示品や記念品を貸して頂いたお陰で、
思いのほか充実した展示となりました。
皆さま、ありがとうございました!

期間中には、日報さんより、
取材&掲載して頂きましたが、
記事が掲載された後、記事を読まれたという、
某コミュニティのタブロイド誌の編集者さんより、
展示内容の問い合わせがありました。
残念ながら、配布エリア外だったため、
取材&掲載には至りませんでしたねぇ。

また、昨年、オーナーたちが、
佐渡朱鷺マラソンに参加したとき、
カーフェり-の中で横断幕を広げていたら、
声を掛けてくださったランナーさんが、
その後の新潟ロードレースで横断幕を目にして、
挨拶にいらしてくださったことがあったそう。

で、その方が、今回の記事の写真を見て、
「あの時の横断幕だ」
と気づいて、ご来店くださいました。

他にも新聞記事を読まれてた方も多く、
「こんな展示、市内では初めてじゃないか?」
とおっしゃってくださる方もいて、
思っていた以上に反響がありましたねぇ。

ご来店頂きました皆さま、ありがとうございました!

祈るのみ・・・

一昨日の朝、左薬指の指先の指紋側を、
包丁で思いっきり切ってしまいました。
切り口はぱっくり、傷の底が見えないほど。
刃が、かろうじて爪で止まった感じ。

病院に行こうかと思いましたが、
数年前に中指の指先を、
骨が見えるほど切ったことがあって、
市民病院の救急にかけ込んだところ、
「縫うかテープでとめるか」と言われ、
「傷が残らない方がいいです」
と言ったら、
テープでとめてくれたことがありました。

それを思い出し、
『結局、切り口がくっつけばいいのよ・・・』
と病院には行かずに自力でくっつけることに。

ゴムでしばらくの間止血して、
その間にオーナーに指サックを買いに行ってもらい、
後は、滅菌ガーゼとバンソウコでぐるぐる巻き。
お店は、ビニル手袋をして乗り切ることに。

ということで、この2日間は、
日常生活はもとより、
お店での作業もビニル手袋をはめてやるので、
時間がかかるし、上手くいかないし、
PCのタイピングもスムーズに行かなくて、
一日中プチイライラが発生中です。

ところで、今朝、
携帯に見知らぬアドレスからメールが。
見ると、東京の妹が「安否確認」サービスに、
私の連絡先も登録したことを知らせるメールでした。

後でネットで調べたら、セコムのサービスで、
その名も「あんぴくん」というサイト。
緊急時に電話が不通でもメールなら連絡がつくので、
NZの地震のニュースを見て登録したのでしょう。

今回の地震で、
「自分も同じような状況に置かれたら・・・」
と考えた人も多かったかもしれませんね・・・。

NZ地震は、日が経つにつれ、
希望が薄れて行くようで、気が重たくなります。
救助のために右足を切断せざるを得なかった、
19歳の若者のニュースも、やるせない・・・。

私の指の傷なんて、
曲がってくっつくかもしれないけど、
指を切り落としたわけでもないし、
そもそも生死なんて全然関係ないし、
なんかそう考えると、
イライラしている自分が恥ずかしい・・・。

NZ地震で被災した方々が、一人でも多く、
救助さえることを祈らずにはおれません。

ビリヤニ

今日も天気が良くて、
日光が当たっていると薪ストーブが要らないくらい。
でも明日から、ぐっと平年並みに気温が下がるとか。
気温差にはくれぐれもお気を付けください。

今日は開店と同時に、
トマトパスタ好きの方がご来店。
前回いらした時、お財布を忘れてらして、
今日は気を使われたみたいで、
イチゴを1パック頂きました。ご丁寧にすみません。

おかげで、今日お食事された方には
イチゴのサービスができました。
ごちそうさまでした!

お昼には、公民館のサークルの方々や、
常連の方々がランチにいらしてくださったり、
午後にも、常連の方々がお茶にご来店くださったり。
皆さま、ありがとうございました!

ところで、午後いらした常連さまに、
丸干しの干し芋をまたまた頂いたので、
酒まんじゅうを蒸してお出ししていると・・・
P2240773.jpg

「前に言ってたやつ、持ってきてあげたわよ~」
とインド・アジア好きの別の常連さまがご来店。
「昨日作ったのよ。
ここなら喜んで食べてくれるでしょ。
お客さんいない頃だろうと思って。」
とインドの炊き飯ご飯「ビリヤニ」を、
沢山持ってきてくださいました。
P2240770.jpg
インドの「バスマティー米」に、
インドの方からスパイスを分けてもらったという、
カルダモン、グローブなどのスパイスに、
インドの留学生が育てたという青唐辛子の辛さ、
他、複雑なスパイスの香りで、まさに本場の味!
美味しかったですねぇ。

「ビリヤニ」は、
いつかランチにも出したいと思ってて、
レシピだけは集めていたのですが、
本場の味を食べたことがなかったので、
今日は味わえて良かったです!

居合わせた常連さまにも味見して頂きましたが、
「おいしい~!」
「初めて食べる味だけど、後引くわ~」
などなど、好評でしたねぇ。

ついでに頂き物のインドピクルスを出したり、
数日前に家で食べる用に漬けた、
「めかぶの茎」の味噌漬けを出して来て、
試食大会になりましたねぇ。

皆さん「これは何?」、「○○なんじゃない?」
などと興味も深々で、
持って来てくださった方も、
「食べ物の話するって、私大好きよ~!」
と喜ばれてましたねぇ。

ところで、「めかぶ茎の味噌漬け」は、
学生の頃のバイト先のお客さんで、
佐渡出身の方が作ってバイト先に持って来てくれ、
その時初めて食べました。
P2240778.jpg

作り方はいたって簡単で、
めかぶの茎をゆでて、味噌に漬けるだけ。

めかぶ見ると作りたくなるのですが、
生のめかぶを買ってきても、
1、2本しか茎が入ってないので、
なかなか作る機会が無かったのです。

が、さすが今が旬なのでしょうか、
茹でためかぶの茎だけのパックが売ってたので、
早速数パック買って、だし入り味噌に漬けてみました。
食べる時は、味噌を洗って、
繊維を断つように切ると食べやすいです。

ところで、「ビリヤニ」のお方ですが、
ご実家の隣村で蔵を処分する方がいて、
昔の食器を沢山貰っていらしたそう。

「骨董屋の知り合いにあげようと思って。
車の中にあるけど、見たい?」
「見たいです!」
「・・・要るなら、ここに置いていこうか?」
と、結局20枚以上の小皿を頂きました。
有効に使わせて頂きます!

今日は、インドの食あり、骨董ありと、
なかなか楽しい午後でした。 

シブカッコイイ

今日は、閉店後、県民会館へ。
音楽鑑賞会のコンサートがあり、
チケットを譲り受けたので行って来ました。

席は、「P-3列の25番」で、
最前列から3列目で、ほとんどセンター!
P2220768.jpg
人生2番目に良い席でしたねぇ。

出演は、「宇崎竜童」さん。
歌手としての全盛期をオンタイムで見てないし、
奥さまの阿木燿子さんとのコンビで、
山口百恵さんの楽曲を作った作曲家のイメージ。

そういえば、先日の深夜、
北海道テレビのバラエティー番組で、
大泉洋が即興で作った詞に、
作曲するよう頼まれてましたっけ。

一緒に行った母なんて私よりもっと知らないし、
というか全く知らないし、
去年のフォークコンサートの最前列で、
堂々と眠りこけたくらい。

「今日も席、前なんだから寝ないでよ。」
「私を寝かさないでくれるかしらねぇ~」
とあまり期待していない様子。
私も、ルックスから「ロックっぽいのかな」
という程度でいたのですが・・・

か、かっこよすぎる・・・。

しかもかっこいいだけじゃない!
リーゼントの見かけとは全然違って、
MCで話す時も、丁寧な言葉づかいをされるし、
内容からもマインドの深さが分かりました。

トークも、
つかみ・間の取り方・落とし方が絶妙!
さすが作曲家であり、
プロデュースもされるだけあって、
客層にあわせた盛り上げ方が分かってらっしゃる!

ヒット曲のロックやブギウギを始め、
ギター一本で聴かせたり、
ベトナム難民の高校生が書いた作文に感銘し、
阿木さんと共作で作られた歌や、
沖縄返還に際して沖縄をテーマに作った曲や、
「生きているうちが花だぜ!」
と連呼し、元気が出る曲があったり。

「コール&レスポンス」で、
会場が一体になる曲も4曲くらいあって、
ほんと盛り上げてくださいましたねぇ。
前の方に座ってた70代くらいの男性や、
最前列の60代くらの男性も、
最後はニコニコ、一緒になって手拍子してて、
会場全体が、宇崎ワールドになってました。

バックメンバーも素晴らしかった!
ギター、ベース、サックス、ドラム、ピアノ編成で、
平均年齢30代半ばでジャズが専門だとか。
昔の曲もアレンジでかっこよかったし、
宇崎さんの衣装替えの時に、
メンバーだけで演奏したジャズの曲も、
テクニックが圧巻でしたねぇ。

バックメンバーに負けないくらいの宇崎さんは、
デビューして35年、只今64歳で、
この23日には65歳になるとか!

いや~、全く見えない!お若いですねぇ。
昔を知っているサークルメンバーさん曰く、
「昔と全然変わってない」とのこと。
こっちは椅子に座っていたのに、
盛り上がり過ぎて疲れ果ててしまいました。

最後には、ピックやサングラスを客席に投げたり、
貰った花束のバラを抜き取って、
最前列の女性にプレゼントしてあげたりと、
最前列の方は、最後まで大いに盛り上がりました。

心配した母も、1回も寝ることなく、
最初から前のめりで盛り上がり、
「あー、楽しかった!参加型もいいわねぇ。
自分が知らない人を教えてもらえるから、
音楽鑑賞会って、好きなのよ~」
と、人生初のジャンルを楽しんだよう。

色々とコンサート、ライブを見てきましたが、
元気もらって、気分転換できて、楽しめて、
こんな満足感あるコンサートってそうはないです。

「新潟で3デイズで2月」のオファーで、
宇崎さんは最初は断ったそうですが、
また機会があったら呼んでほしいですねぇ。

チャレンジ

今日はいいお天気でしたねぇ。
青空と太陽の光が、冬のそれではないです!
ロウバイも満開です!
P2210761.jpg
西の五十嵐方面では、
地面の下でモグラが動き出してるとか。
お店でもテラスの窓越しに、
蚊みたいな虫がフワフワ飛びはじめてるし、
いや~、春ですねぇ。

お店の方はというと、お天気がいいせいか、
ホノルルマラソン展も残り1週間からか、
常連さまからご近所さまが、
展示を見に来てくださったり、
お久しぶりの方々や色んな方々がご来店。
ほんと閉店まで休みなしでしたねぇ。

皆さま、ありがとうございました!

ところで今日の午後、以前展示でお世話になった、
ロシア人女性の方が久々にご来店。
東北電力グリーンプラザで3月1日~6日まで、
「ロシア・イギリス・日本の子どもの絵画展」
を主催されるそうで、
チラシを持って来てくださいました。
今日は小学2年生のお嬢さんも一緒にご来店。
学校はインフルエンザでお休みとか。

それにしても、お嬢さんの可愛さといったら!
ロシア人は世界的に美人が多いことで有名ですが、
ハーフ(今は「ダブル」とも言いますね)のせいか、
純粋なロシア人の顔よりあっさり目ですが、
ほんとかわいらしかったですねぇ。
目の保養になりました。

今日はお嬢さんとゆっくりされていかれたので、
近況などを伺ったところ、
なんと1年前にNPOを立ち上げられたのだとか!

立ち上げるまでには、申請書類を書いたり、
役所関係各所に出向いたりと、大変だったそう。
「一般社団法人 社会心理センター『私の中の世』」
というNPOだそうで、
新興宗教っぽいですが、あくまでも違うそうです(笑)

本部のHPがあるというので、
早速開いてもらって読んでみると・・・
確かに宗教団体ではないみたいですね。

心理学などの学位を取った講師が、
オープンマインドさせたり、
個人のタレントを開花させたりする、
セミナーや場の提供をするみたいですねぇ。

いろんなNPOがあるのですねぇ。

「子どもの自殺多いでしょ。
クローズした心、オープンにしたり、
一人一人のタレント、好きなこと伸ばしたい」
とおっしゃってましたねぇ。

ちなみに、本部のHPアドレスはこちら。
http://mirvomne.com

ページ右下に言語を選べる場所がありますが、
日本語は部分的なので英語が無難でしょう。
それか、グーグルのツールバーの、
自動言語翻訳機能が機能したら、
それを使うと若干ヘンテコ日本語ですが、
内容を自動変換できます。

帰り際、
「杜々、お店の雰囲気いいし、
色んなアートとか展示があったり、
アーティストとか色々な人に会えるから、
杜々大好き。今日来てよかった!」
とおっしゃって帰られました。

外国人でNPOを立ち上げるなんてすごい。
異国の地で、ママは頑張ってますねぇ。
私にはできないなあ・・・。
こちらこそ頑張っている人のお話を聞けて、
元気もらいました!
正念場の2年目、がんばってください!

(※こちらのNPO、団体と当店は、
直接関係はありません)

猫写真展

今日は定休日。

今日は夕方、万代島美術館へ。
写真家の岩合さんの猫写真展の最終日です。

いや~、かわいすぎる・・。
入口で出迎えてくれた「猫&パグ」の写真で、
すでに失神・気絶しそうでした(笑)。
どれもこれも猫の愛らしさが全開で、
「猫好きで良かった・・・」
と思わず実感してしまいましたねぇ。

それにしても、岩合さんの写真は、
『こりゃ、相当カメラを向けてないと、
こんなすごい瞬間は撮れないわ~』
というような写真ばかりだし、
猫たちが、まるで岩合さんに言われて、
ポージングしているかのようでしたねぇ。

「プロの写真というのはこういうものか!」
と、改めて再認識しましたねぇ。
ほんと素晴らしい写真展でした。

帰りには、この展示のオリジナル写真集を購入。
P2210767.jpg
紙質のせいか、印刷技術のせいか、
本物の写真を見た目で見ると、
写真のクオリティーはかなり落ちますが、
かわいらしさ、カットの素晴らしさは伝わります。

店内に置いておきますので、ぜひご覧ください!

万代島美術館の帰りに、
新しくなった「ピアBandai」へ。
P2200759.jpg
前に「マルシェ」の時に1度だけ行きましたが、
ずっと内容が充実しましたねぇ。
メインの新潟物産&産直の建物の外に、
コンテナみたいな箱もので、
珈琲問屋さんや花屋さんにカフェ、
セルフ片山やジャズが流れるパン屋さんと、
色んなお店があって、予想以上でしたねぇ。

産直野菜や鮮魚・精肉コーナーなどは、
品物は良いものなのかもしれませんが、
スーパーよりお値段が高い感じなので、
思ったほどのお得感がないかも・・・。

他のお店は、万代方面に来たついでに、
ふらっと立ち寄れってもいいかなあという感じ。
気分転換できる場所がまた一つ増えました。

盛りだくさんな午後

今日は、2Fでは、
体操教室の先生と生徒さんがランチ。
先生は、以前ローカルテレビの情報番組で、
コメンテーターをされてた方。
大の猫好きで先代チビの写真を撮ってくださって、
今やそれが遺影となってしまいましたねぇ。
久々にご来店、ありがとうございました。

1Fでは、民族楽器奏者の方々が集まって、
チラシやチケットを振り分ける、
コンサートの準備作業をされてましたねぇ。
新潟では初めて?の企画で、
民族楽器のリレーコンサートをされます。
詳細は後日お知らせしますが、
当店でもチケットを取り扱いますので、
ぜひお求めくださいませ!

ところで今日は、誠に勝手ながら、
2時半にお店を抜けて、自転車で古町へ。

というのも、篠笛奏者の狩野泰一さんが、
ローサの「piano piano」でライブされるので、
ご挨拶をしに伺いました。

25分でローサに到着。
途中、三越で差し入れを調達し、
急いで会場に向かったものの、
人も見えないし、音も聞こえない・・・。
「あれ・・・?」
またしてもやってしまいましたねぇ。
ローサは、入口が違うと方向感覚が狂ちゃって、
昔っから苦手です(笑)

ローサの広場を過ぎた所から、
通路を埋め尽くしたお客さんたちが見えました。
20110219狩野さん&宮本さんライブ
100人くらいはいらしてたでしょうかねぇ。

今日は、ピアノの宮本貴奈さんとの共演で、
CD「しあわせに」の曲や、
初のカヴァーアルバムからの曲や、
お二人のソロ演奏もあって、
アンコール2曲を含めた80分近くの内容。

篠笛のテクニックはさすが一流!だし、
宮本さんのアレンジ、ほんと最高です!
ソロで弾かれた新曲も、
ガラッと変わって素敵でしたねぇ。

ライブだと聴きなじんだCDの曲も、
演奏テクニックが直接見えるので、
一音一音の緊張感が伝わって来て、
思わず見入ってしまいました。
やっぱりライブはいいですねぇ。

ライブが終わると、
狩野さんに当店をご紹介くださったAさんと、
サイン会が終わるまで待機していると・・・

「あの、○○さんですよね」
と背後から声を掛けられ、振り向くと、
見知らぬ女性がこちらを見下ろしている・・・。

「あの、私、大学で一緒だった○○です。」
と言われたものの、明らかに見覚えが無い。

『・・・・・あ!間違えてる』

「あ、私、双子で・・・」
「あ!、そういえば、聞いたことが。
すみません。大学の頃と背格好が同じだったので」
双子の片方のお知り合いだったみたいです。

子どもの頃の写真なんかは、
自分でも見分けられないほど似ていますが、
大人になって結構区別ができると思うのですが、
片方しか見たことがない方には、
同じように見えるのでしょうかねぇ。

お陰さまで、久々に片方に間違われ、
自分が双子だったことを久々に思い出しました(笑)。

それにしても、
そもそもそんな目立った顔でもないし、
どちらかと言うと地味な方だと思うのですが、
良くお分かりになりましたねぇ。
私なんか町中で学生の頃の知り合いに遭遇しても、
多分気付かないだろうなあ。

たまに外に出ると、珍しいことが起こります。

また、待っている間にAさんより、
三川村で天文観測所を作られたという方を、
ご紹介して頂きました。

実は三川村と言えば、母が赴任した地でもあり、
私たち双子が津川病院で生まれた後、
生後の数年間を育った地でもあります。

おむつのよちよちだったこともあり、
記憶はあいまいですが、
三川村談義にプチ花が咲きました。

外に出ると、これまた思ってもみない所で、
思ってもみなかった繋がりがあるものです。

ファンの方々が帰られたので、
Aさんよりご紹介頂いて狩野さんと宮本さんにご挨拶。

というのも、実は、5月21日(土)夜、
当店でコンサートをして頂くことになりました!

当店5周年記念の特別企画で、
間に入ってくださったAさんのお陰で、
当店みたいな所でも引き受けてくださいました。

今のところ内々でしか告知してないのですが、
すでに定員の1/3のご予約を頂いています。
めったにお呼びできないお二人なので、
この機会をお見逃しなく!

最後に、お二人の写真を撮らせて頂きました。
20110219狩野さん&宮本さん@pianopiano
5月のコンサート、楽しみにしております!

Aさんにはいつもご支援頂きっぱなしで、
今日も最後まで付き添っていただきました。
ありがとうございました!

ローサを出たのが5時半、
7時半に駅ビルで待ち合わせなので、
それまで時間をつぶしに久々のラブラ万代へ。

まず地下に降りて休憩所で休むことに。
朝から何も食べてなかったものの、
夕飯をご一緒するので自販機のカフェオレで我慢。

席に着いて一息付いていると、
4人組のおじさんが、隣の4人席に着席。
うち二人は、さっきまで遠くの2人掛けに座って、
なんか大声でしゃべってたのに、
仲間が増えてこっちに移動したよう。

隣の席との間隔が狭まく、急に圧迫感アップ。
しかも私の向かいの席に荷物を置いて、
私のテリトリーを侵略したり(笑)、
スーパーで買った値引きのお弁当を食べ始めたり、
カップラーメンにお湯を入れ待っているし、
先の二人はほろ酔い?加減。

周りを見れば、後ろにも前にも、
同じような4人掛けの席が空いているのに、
『何でよりによって私の横に来るのよー!』
と、静かに休めないので席を離れようとしたら・・・

「今、篠笛、聞いてきたんさ」
『・・・・ナニ?!』

「どこで?」
「古町の下。90分くらいやってたな。
良かったわ~。あれは良いわ~」
「へ~」
「明日は、1万5千円でやるんだと」

うーん、なんという偶然。
なんという隣り合わせの確率!
数秒前には、嫌悪感すら感じたのに、
一気に親近感を感じてしまいましたねぇ(笑)
どこでどう繋がりがあるやら・・・。
早急の決めつけや判断はいけませんね。

これまた、たまに外に出ると、
思ってもみない奇遇に出会えるものです。

結局カフェオレを飲み終わるまで、
おじさんたちの話に耳を傾け(笑)、
久々にラブラをブラブラすることに。
本屋に寄ったり、ロフトに行って雑貨を見たり。

約束時間前にご一緒する方から、
「待ち合わせ場所に到着した」
との電話が入り、移動することに。
場所は、駅のビックカメラ向かい、
Cocolo南館3Fにある「天地豊作」さん。
地産地消な和食のお食事処です。

当店でもライブをして頂いたことがあり、
先ほど当店でコンサート準備でいらしてた、
シタール奏者の方が生演奏されるというので、
出かけついでにお邪魔することに。

演奏が始まる前に、食事をすることに。
私が頼んだのは、ミニタレカツ丼700円。
20110219身にタレカツ丼セット700円
久々のタレカツ丼でしたねぇ。

7時半から演奏スタート。
沖縄三線、シタール、タブラのユニットで、
沖縄音楽が中心。
20110219店内ライブ1

途中、三線仲間さんが飛び入り。
20110219店内ライブ2

1時間くらいの演奏時間でしたが、
30分を過ぎたくらいから、
急にガックっと眠気が襲ってきましたねぇ。

インド音楽では無いし、
食後ということもあるかもしれませんが、
やっぱりシタールとタブラの音の余韻が、
眠気を誘うんでしょうかねぇ。

毎月第三土曜日に店内で生演奏をしているとか。
お食事などを注文すれば、
店内で生演奏を聞くことができるそうです。

今日は午後からの4時間くらいの間に、
ライブを2つも聴いたり、
ご挨拶に伺ったり、新しい出会いや奇遇にも遭遇し、
なんとも濃縮凝縮した1日でした!

100食!

今日は昨日に続き、グッと気温が上がり、
体の筋肉が少し緩む感じで、
徐々に春に向かっていますねぇ。

今日のお店は、2Fはママ&お子さまグループ、
1Fでは開店のちょっと前から、
歌の会の方々が打ち合わせ&ランチをしてくださったり、
常連の方々がご来店くださったり。
ご来店の皆さま、ありがとうございます!

歌の会のお一人の方からは、
手作りの五目?おこわを頂きました。
20110217手作りおこわ
ごちそうさまです!

お昼過ぎには、
いつも美味しいものをお裾わけくださる方より、
お取り寄せの丸干しの「干し芋」と、
20110217丸干し干し芋

村上出身ということで、
高価な鮭の酒びたしを沢山頂きました。
20110217鮭酒びたし
丸干し干し芋は、茨城産とか。
今年は、天候の影響で不出来だったそうで、
満足行く甘みが無かったとか。
確かにモノによっては、甘みが少ないかも・・・。
でもねっとり感は健在で、普通の干し芋には無い、
すごいモノがありました。
いつもご馳走さまです!

ところで・・・・
09年の夏に始めたトマトの冷製パスタ。
それ以来、一年中、冬でもこれのみを召し上がる、
ヘビーファンの常連さまがいらっしゃるのですが、
この度、なんと100食!を達成されました。

オーナーといったら、
トマトパスタが始まってからの1年6か月の間、
召し上がった数をカウントし続け、
年明けくらいからは「達成間近」ということで、
感謝状を手作りして準備。
20110217感謝状
回数の計算を間違えてフライングしかけたり、
子どもみたいに我慢できず、
達成前に感謝状を本人に見せてしまったり(笑)。

で、今日もご注文くださり、
ようやくお渡しすることができました。
20110217感謝状2

20110217感謝状3
100食っていったら、10万円!です。
ご家族を何回もお連れくださったので、
それを入れれば、それ以上!
そんな大金を、トマトパスタに費やして頂いて、
ほんとありがたいことです・・・。

それにしても・・・
「感謝状」ってどうなんでしょうかねぇ(笑)
「こんなの貰っても迷惑でしょ。
捨てるに捨てれないし・・・・」
「捨ててしまっても良いのよ、気持ちだから。」
とオーナー言ってましたが、
付き合って頂き、ありがとうございました。

まだまだひよっこの当店ですが、
5年目ともなると、色んな出来事や、
こんなすごい記録が生まれてくるんですねぇ。

これもひとえに、ご利用くださる皆さまあればこそ。
ほんと、ありがたい限りです・・・。

春近し

今日は久々にいいお天気でしたねぇ。
庭のロウバイも、蕾がどんどん開き出して、
遠目で見ても黄色い花が目立ってましたねぇ。
20110216ロウバイ開花
冬の殺風景な中に、春の息吹を実感しますねぇ。
雪に埋もれる冬あってこその感慨です。

今日のお店には、
常連さまやご近所の方々をはじめ、
先日インフルエンザでキャンセルされた、
ママ&お子さまグループの皆さんがいらしたり、
徒歩の常連さまがトマトパスタを食べに、
久々にいらしてくださったり、
初めて娘さん、お孫さんをお連れくださった方など、
お天気が良かったせいか、
色んな方々がご来店くださいましたねぇ。

皆さま、ありがとうございました!

ドーナッツ棒

今日は、オーナー、
朝のコーラスサークル帰りのご出勤。
お店に入ってくるなり、
「あなたにお土産よ~」
と紙袋を差し出しました。
20110215黒糖ドーナッツ棒1

「誰からか当ててみて」
「・・・・あ、Aさんだ!」
Aさんは70代のオーナーのコーラス仲間。

先月ご来店の時、
「黒糖ドーナッツ棒」なるお菓子を、
オーナーと2本ずつ頂いたのですが、
それがとても美味しかったんですよねぇ。

自分でも手に入れたくて、
食べずに大事に1本取っておき、
「こないだ頂いたこれ、
何処で手に入れたんですか?」
と後日いらした時に伺うと、
「あれ~、食べなかったの~?」
「もったいなくて、食べれなかったんですー」
「ちょっとしかあげなくて悪かったわねぇ。
そしたらまた注文して買ってあげるわよ~」
とおっしゃてくださっていました。

で、今日、カワイイ紙袋とシールに入れて、
オーナーに渡してくださったそうです。
すぐに携帯にお礼の電話をしました。

すっかり忘れてましたが、
ちゃんと覚えててくださったんですねぇ。
ありがたいことですねぇ、ほんと。

人差し指くらの長さの棒型で、
ベースは、硬めの揚げドーナッツ。
沖縄のサーターアンダギーみたい。
その表面には黒蜜が染み込み、しっとり。
サイズも食べ易くていいですねぇ。
20110215黒糖ドーナッツ棒2
コーヒーにも合うので、
お食事をご注文くださった方々にサービス。

午後には、
オーナーのラジオ体操仲間の男性がご来店。
前回いらした時、寝坊してラジオ体操を休み、
「(毎日会っている仲間に会えなくて)
なんか落ち着かなくてさ~」
と言ってらしたので、
「あら、今日も寝坊しちゃったんですか?(笑)」
「勘弁してくれてー(笑)」
とおっしゃったのですが、
「そうじゃないのよ!Bさん、今日誕生日で、
ラジオ体操のみんなでお祝いしたのよ~」
とオーナー。
「そうなんですか!それはおめでとうございます!
・・・敢えて歳は聞きませんが(笑)」

今朝のラジオ体操の後、
お仲間がハッピーバースデーの歌を歌って、
お祝いしたのだそう。
『そういうことなら・・・』と、
誕生日ケーキの替わりではないですが、
昨日のサービスチョコと棒ドーナッツ、
手作り酒まんじゅうを特別サービス!

帰り際には、
「また次来た時、饅頭食わしてくれっや」
とおっしゃって、お口に合ったみたいですねぇ。
良かったです!

ところで実は、Bさんとの「始めまして」は、
数年前に突然お店に掛って来た電話。

その時の電話の内容は・・・・
『オーナーの血圧がかなり高いらしいけど、
冬の寒い朝、起きてすぐにラジオ体操に来るのは、
万が一があるといけないから、
寒い間はしばらく来ないように言っといて』
というもの。

面識のない方からの電話で、
しかも家族以上に心配してくださるので、
最初は面喰ってしまいましたが、
10分以上に渡って真剣に心配されるので、
「言っても聞かないんですよ、あの人は!
Bさんからも言ってやってくださいよ!」
「そうだ、こういっちゃなんだけど、
頑固すぎるのも良くない。」
と、最後には互いに意気投合?モード(笑)。

ドーナッツ棒の方しかり、こちらの方しかり、
家族や親族の間柄でなくても、
親身な人間の関係性があるということを、
お客さまから教えていただいております。

食の陣

今日はオーナーのマラソン仲間の方々が、
お友達をお連れくださいましたねぇ。
展示品もまだまだ持ってきてくださって、
日に日に展示が充実していますねぇ。
ありがとうございます!

ところで先週末、
「グアテマラ」に赴任経験のある方から、
グアテマラのターバンを頂きました。
早速今日からオーナーが使わせて頂いております!
20110212グアテマラターバン1

20110212グアテマラターバン2
織物で、帽子のように被るタイプ。
グアテマラはあまり馴染みがありませんでしたが、
色合い、配色のセンスが民族的であり、
またモダンでもあり、とっても素敵ですねぇ。
貴重なモノ、ありがとうございました!

ところで、昨日まで行われていた食の陣。
私は体調が悪くて出かけられませんでしたが、
母が古町まで歩いて出かけて来て、
夕飯を買ってきてくれました。

サーモンの親子丼
20110213食の陣1
薄く酢飯になってました。

ブリ丼
20110213食の陣2
ブリステーキ?丼でした。
刻みゆずがかかってましたねぇ。

P2130690_20110214150114.jpg
3時過ぎに行ったら、最終日ということで、
600円が、半額になってたそう。

話題のブリカツ丼は、1つだけ残ってたものの、
半額にしてなかったので、買ってこなかったそう。
ブリカツ丼が食べたかったんですけどねぇ(笑)。

それにしても、食の陣というお祭りで、
このサイズで600円ってどうなのかなあ。
人件費もあるとは思いますが・・・。
期間中にご来店くださったお客さまも、
「安くはないよな。まあ珍しいから行くけど」
とおっしゃってましたねぇ。

しかも、1つでお腹いっぱいになっちゃって、
色々と味が試せないのが残念。
手間が大変でしょうが、
半分サイズのミニミニ丼だともっと楽しめそうな気も。

ところで・・・
母が買ってきた鮭丼は、誰が見ても鮭。
が、買ってきた母は、
「そんなはずない。ブリよ。
屋台には「ブリ丼」としか書いてなかった。
それも漢字じゃない、私でも読める『ブリ』って」
「はあ?何言ってんの、どう見たって鮭でしょ!」

父と私で「鮭だ!、サーモンだ!、トロサーモンだ!」
と何度も何度も言っても、
「鮭なんて一言も書いてなかった。ブリよ」
と言い張るので、
『ボケたか?』と心配しつつ、
お皿に一切れ取ってレンジでチンして加熱し、
ブリ丼のブリも一切れ取って、並べて味見させると、
「ほんとだ・・・鮭だわ」

歳を取ると、思い込みがひどくなり、
最初に入ったデータに固執して、
目の前の事実すら正しく認識できないんですかねぇ。
しかも、この傾向は年々ひどくなっている気が(笑)

そうそう、来月は酒の陣がありますねぇ。
確か前売り1800円、当日2000円。
「実際、2000円分も飲めないんだよな」
と昨年1日しか行かなかった父。
確かにそう言われれば、高いのかも・・・。
でも「純米大吟醸」だけ飲めばもとは取れそう(笑)

去年初めて行って来ましたが、
今年も行けたら行ってみたいですねぇ。

日報掲載

今日の日報の朝刊に、
先週取材して頂いた内容が掲載されました。
場所は、朝刊の下の方、
毎日地域密着なトピックが並んでいる所。

オーナーも気づかず、
マラソン仲間さんからのお電話で知りましたが、
お電話を頂いた時は、
「・・・えー!!どこー?!」
と、悲鳴と絶叫に近い声が響いてましたねぇ(笑)。

早速お店の方には、新聞を見ていらした方々が。
近くをジョギング中に寄ってくださった方や、
ご家族の結婚式で大会当日ホノルルに滞在してたご夫妻、
500キロマラソンに参加したというご夫妻、
他、初めての方々が次々ご来店くださいました。

さすが新聞の影響力は大きいですねぇ。

日報さん、記者さん、ありがとうございました!

徐々に、徐々に

今日のランチは、お久しぶりのママさんが、
新しいママ友さんをお連れくださったり、
開店当時の木曜日定休が変わって、
木曜日も営業していることを知って、
サークル仲間5名さまをお連れくださった方や、
以前、団体さまでいらしてくださった方が、
今日はお友達二人でいらしてくださったり。

終わってみれば今日のご来店は、
何度かご利用くださっている方々が、
新しいお客さまをお連れくださってましたねぇ。
ほんとありがたいことです・・・。

また昼過ぎには、70代の常連さまより、
「今日は何か美味しいものある?」
とお電話がありました。

最近食欲が落ちて、
「家ではあんまり食べられない・・・」
とおっしゃってらして、
かといって、刺激のあるエスニックや、
肉類や脂っこいものはあまり召し上がらず、
和食があれば、いつもそれをご所望されます。

ちょうど別グループさまのリクエストで、
和食を多めに準備してあったので、
「和食、できますが」
「そう!じゃあこれから行きます」
といらしてくださいました。

「ゼンマイ煮物、もずく酢の物、小松菜お浸し、
ブリの照り焼き、モヤシとわかめの味噌汁」
をお出ししましたが、
「美味しかったわ~。好きなモノばかり!
私の好きなモノをまるで知ってるみたいねぇ」
と帰り際におっしゃってくださったとか。

戻ってきた食器を見ると、キレイに完食!
場所が変わったり、オーナーと話してると、
家で食べるより食べられるようですねぇ。
少しでも食欲が出られて良かったです!

そうそう、お礼?に「一つずつ食べて」と、
みかんを2つ、置いていってくださいました。
お心遣い、ありがとうございます!

午後には、
ホノルルマラソンツアーで、
オーナーがお世話になった監督さんがご来店。
冬場のトレーニングについて色々教えて頂きました。

実は、3月の佐渡朱鷺マラソンに、
オーナーのお仲間が出られるので、
私も出てみようかなと思い立ち、
最近2回ほど、ヘルニア後初のウォーキングに挑戦。
が、たった2キロを歩いたところで、
右の股関節や背中のヘルニアに違和感や痛みが。

そのことを監督さんにお伝えすると、
「無理は絶対だめです」
「冬場は、厚めの靴下を履いてもいいし、
手袋は1枚羽織ったくらいの効果があるから、
冷やさないようにしたほうがいい」
「痛みがある個所にホッカイロを貼っておいて、
温めておいてから歩いた方がいい」
などなど、アドバイスを頂きました。

また、「シューズありますか?」
とおっしゃるので、
「新品同然で・・・
見て頂くほど底、擦れてないです(笑)」
と言いながらもシューズを持って来ると、
私の履き方や紐の締め具合を見てくださって、
色々アドバイスしてくださいました。
専門の方に見て頂くと、やっぱり違いますねぇ。
ありがとうございました!

今でもヘルニアが原因の痛みが時々あるので、
佐渡マラソンは無理かもしれませんねぇ。
まずは、無理が効くくらい体が治ってからですね。

酒饅頭3

敷地内にロウバイの木が1本あるのですが、
早くも1月に数個の蕾が狂い咲きしたものの、
その後の大雪で雪に埋もれていました。

が、ここ1週間の暖かさで、
一気に開花し始めましたねぇ。
20110208蝋梅開花
『春もすぐそこだ』と思わせてくれますねぇ。
いらしたお客さま方も、
「あら~、ロウバイ!?」
「良い香りがするのよねぇ」
と、楽しまれています。

ところで今日は、午後に時間があったので、
酒饅頭の第三弾を作ることに。

今回は、台湾で買って来てもらった、
点心専門のレシピ本を出して来て、
包子の皮の配合に、酒粕を追加して作ってみました。
20110208酒饅頭1
お菓子を作る時は計量が大事と言われますが、
レシピ通りに作るとやっぱり上手くいきます。

皮の表面につやも出るし、
皮はしっとりソフトな食感で、
冷めても食べれないほど硬くならないし、
もう少し薄かったら温泉饅頭みたい。
20110208酒饅頭2
「これなら、乙宝寺の酒饅頭だわ!」
と味見したオーナー。

餡を包む時に空気が入ったためか、
蒸している間に幾つかが割れてしまったので、
ちょどいらしていた常連さまや、
お茶タイムの方々に、割れ饅頭をサービス。

「美味しい~!」
「大きさもちょうどいいねぇ」
「酒粕の香りがするわ~」
「良い時に来たわ~」
と喜んで頂けたみたいですねぇ。

久々に包子生地を作ったら、
肉まんもなんだか作りたくなりましたねぇ。
手作りは、やっぱり違います。

関係者続々

昨日、姪っ子家族が新潟を離れ、
静かなマイペースな日常が戻ってきました。
「孫は来て良し、帰って良し」
とはよく言ったもので、ちょっとそうかも(笑)。

今日のお店は、お昼に6名の奥さまグループが、
予約なしでご来店くださったのですが、
「ビビンバこないだ食べれなかったから、
食べたかったんだけど~」
と今日準備していないものをご所望・・・。

ほとんどの材料はあったし、
注文がバラけるよりはお待たせしないので、
「ゼロから作らなくちゃですが、
お待ちいただければ出来ますが・・・」
「全然、大丈夫!お願い」
ということで、急きょゼロから準備することに。
同時にオーナーには、近くのスーパーに、
足りない食材を速攻で買いに行ってもらいました。

野菜を茹でるところから始まって、
オーナーが帰ってくる頃には、
一部のナムルの盛り付けが出来てたので、
そうお待たせすることなく済みましたねぇ。
作り慣れていると、無駄なく出来るものです。

奥さまたちの中には、ピビンパを、
あまり召し上がったことがない方もいらしたようですが、
「美味しかった!」
とおっしゃっていただいて、良かったです!

午後からは、
ホノルルマラソン関係の方々がご来店。

オーナーのお仲間が、お友達をお連れくださったり、
ツアーでご一緒になったご夫婦がご来店くださったり。
こちらの奥さまは、
今回のホノルルマラソンの70歳代別で1位!
新潟シティマラソンでも制限時間を切ってゴールされ、
取材も受けられたとかで有名な方だそう。

こちらのご夫婦さまからは、
ご自身で作成されたという、
ホノルルマラソンの記録冊子を頂きました。
一緒にギャラリーに展示させて頂きますので、
ぜひご覧くださいませ!

ご来店の皆さま、ありがとうございました!

本始動・・・

1日から始まった「ホノルルマラソン」展示。
とはいえ、恥ずかしい限りなのですが、
ようやく今日、展示内容が完成した模様・・・。
20110205ホノルルマラソン展示1
今回の展示は、オーナー主導なので、
ほとんど手出しないことにしてたのですが、
初日の1日から少しずつ展示品を追加したり、
お仲間には何回も展示品を持ってきて頂いたり、
説明文を何日も掛けて書き足したり・・・。

「今日から本番よ」
と無責任にも開き直るので、
「真っ先に観に来てくださった方々に失礼じゃない!
お客さまに違いはないでしょ!
一期一会って言葉、知らないの!?」
とさすがに口出ししてしまいましたねぇ。

なんで展示前に作業を終わらせようとしないのか、
理解に苦しみます、全く・・・。
アイデアがすぐに思いつかないし、
すべてのテンポが明らかに違う気がしますねぇ。

歳を取るって、こういうことなんですかねぇ。
自分の時には二の舞にならないよう、
反面教師として肝に銘じたいと思います・・・。

ところで、昨日いらした常連さまがご来店、
姪っ子にパズルをプレゼントしてくださいました。
20110205頂き物のパズル
お客さまの横で早速トライすると、
声を掛けても完全無視する集中力で、
40分で一人で完成させてましたねぇ。
ありがとうございました!

午後には、車で2時間!かけて、
上越よりお客さまがいらしてくださいました。
展示が完成してて良かった・・・。

ホノルルマラソンツアーでご一緒したご夫婦で、
今朝の新聞の展示情報をご覧になって、
わざわざいらしてくださったそうで、
お土産まで頂いてしまって、ありがとうございました!
20110205上越の方より頂き物

また今日は午後に、
音楽イベントの打ち合わせとかで、
当店もお世話になった演奏者の方々が集合。
今年初夏に珍しいコンサートを企画されています。

お久しぶりのシタール奏者の方からは、
「前から持ってこようと思ってて。店内のBGMに」
とCDを頂きました。
P2050655.jpg
昨年、当店でプチライブをしてくださった、
シタール奏者の国分明子さんのCD。

ディープなインド音楽というよりも、
軽くてソフトな感じのシタール音楽なので、
機会をみてぜひ使わせて頂きます!
ありがとうございました。

閉店後には、これまた上越の知人の方が、
出張で新潟にいらしてたそうで、
葱を50本以上!持って来てくださいました。
20110205葱50本!
こんなに沢山の葱、初めてですねぇ。
今度は、葱の料理を開拓できそう。
ごちそうさまでした!

ところで・・・
今日の夜の7時過ぎ、母の携帯にお友達からメールが。

8時からの日テレの番組に、
タレントの久本雅美さんが出演されるそうで、
その衣装を三男さんが作られたとかで、
「ぜひ見てください」とお知らせのメールでした。

8時になると、カメラを手にテレビ前に待機。
20110205衣装1

20110205衣装2

バックから。
20110205衣装3
手の込んだニット?でしょうかねぇ。

テレビタレントさんの衣装を、
こんなに凝視したことはないかも。
いままで衣装なんて、何気に見てましたが、
作った人の思い、家族の思いがあるのですねぇ。

日報さん取材

今日は、朝から姪っ子はご出勤。
「A子が出来るお手伝いは~?」
とやる気満々。
小さいものなら配膳もしてくれたり、
初めての方々から声を掛けて頂いても、
ちゃんと受け答えが出来てましたねぇ。

今日はお昼すぎ、いつもの料理好きの方が、
お焼きを手作りして持ってきてくださいました。
カボチャ、野沢菜、ナス味噌の3種類。
20110204手作りお焼き
いつものことながら、居合わせた皆さまにも、
少しずつですが味見でお出ししました。
もっちり皮と濃いめの具が、美味しかったですねぇ。
いつもごちそうさまです!

午後からは、昨年姪っ子を可愛がってくださった、
常連さまのお一人がご来店。
姪っ子にお菓子を買ってきてくださいました。
20110204お菓子プレゼント
わざわざありがとうございました!

午後には、顔見知りの常連さま方が、
姪っ子相手に手品をしてくださいましたねぇ。
20110204お客さまと手品
が、姪っ子といったら、
「ゆびで動かしてたんでしょ!」
「手の中に水が入ってたんでしょ!」
と1発でタネが分かってしまって、
「キビシイな~」とオトナ泣かせ。
最後は、手品を一緒に練習してましたねぇ(笑)。

夕方には、昨日切り紙遊びをしてくださった方が、
別件でご来店くださったのですが、
今日も姪っ子のお相手をしてくださいました。
20110204工作

また初孫さんのお下がりを、
姪っ子に持って来てくださいました。
20110204お客さまからお下がり
昨日に続き、今日もありがとうございます!

ところで、午後の4時過ぎ、
面識のない日報の記者さんからお電話が。

この1日からの新展示、
「ばばたちのホノルルマラソン体験展」
を取材をされたいとか。
さらには「一緒に走った方々の話も聞きたい」
とおっしゃるので、急きょ皆さんに電話して、
お忙しい中、集まって頂きました。

記者さんがいらっしゃると、
皆さんに手伝っていただいて(笑)、写真撮影。
20110204日報さん取材

後は、「なんでホノルルマラソンに挑戦したのか」
などなどを、皆さんに取材されてましたねぇ。
20110204日報さん取材2
記者さんの上司の方が、
イベント情報欄で当展示のお知らせを見て、
「取材して来い」
と言われて、こちらの記者さんがいらしたそう。

電話の段階で、
「載らないかもしれませんが・・」
とおっしゃってたそうなので、
掲載はあまり期待でき無いかもしれませんねぇ。

「きっと『ばばたち』っていうのが良かったのよ」
とオーナーは言っておりましたが、
「こういうコトする人いないから」
とお仲間のお一人。
確かに!そうですよねぇ。(笑)

でも、他のお仲間の方からは、
「あなたがお店やってるから集まれるし、
思い出話が出来るのよー。
『行って楽し、帰って来て楽し』だわ~」
と言っていただきましたっけ。

また、お仲間のみならず、
ツアーでたまたま一緒になったという方々や
ツアーの監督さんが展示の話を聞きつけて、
写真や貴重な展示品を突然持って来てくださって、
お陰さまで、思いのほか展示内容が充実しました。

当初展示にあたり、
「オーナーの自己満展示に終わるのか・・・」
と内心心配していたのですが、
色んな方が展示したいものを持ってきてくださったり、
新聞社さんが気に留めてくださったということは、
『少しはやる意味が合ったかしら?』
とちょっと思い直し始めました。

まあ、展示を観た妹が、
「楽しそうだねぇ~」
としみじみ言ってたそうなので、
それが伝わっただけでも良かったかも。

あわよくば、「ばばたちの挑戦」を見て、
「私でもまだまだイケるかも!」
と一人でも思ってくだされば、
展示した意義があるかもしれませんねぇ。

久々の再会

今日は、姪っ子1号チャンの凱旋?帰郷デー。
昨年、姪っ子の相手をしてくださった、
常連のお客さま方が、次々ご来店してくださって、
姪っ子との久々の再会となりました。

ある方は、姪っ子が帰って来てるのを知って、
わざわざ文房具をそろえてきてくださって、
頂いた姪っ子は、隣に座ってお絵描きしてましたねぇ。
20110203頂き物の文房具

他に、初めて見る「メロンゴールド」
という柑橘類も持ってきてくださいました。
20110203かんきつ類
居合わせた他のお客さまたちにも、
味見でお出ししましたが、
ジューシーで甘くて、美味しかったですねぇ。
いつもご馳走さまです!

また、午後3時になり、
ママが買い出しに行くというので、
姪っ子も一緒に車で出かけようとした矢先、
姪っ子お待ちかねのご夫婦がご来店!

「あ、○○さんだよ!
Aチャン、どうする?残る?」
「うん!Aさんの所に行くー!」
と一人お店に残ることに。

お店に戻ると、ハグしてもらったり、
抱っこや顔をナデナデしてもらったり。

半年ぶりのブランクもなく、すぐに折り紙遊びに突入。
今日は節分なので、鬼の切り紙を作ったり、
20110203お客さまと折り紙遊び

ティッシュの酢飯で作ったお寿司と、
紙でお皿まで作ってくださったり。
20110203折り紙お寿司

この他に「幼稚園のお友達のお土産に」と、
折り紙のクラフトを沢山作って来てくださったり、
「くるくるレインボー」を、
組み立てるだけにして持って来てくださったり。
20110203手作りクラフト
他にも、ふるさと村で売っている、
「ル・レクチェカステラ」
も「新潟土産に」と頂きました。

それにしても・・・
「幼稚園の友達へのお土産」だなんて、
恥ずかしながら、家族ですら考えてなかった(笑)。
家族以上の心配り・気配りをして頂いて、
姪っ子のママも感激しておりました。

結局、たっぷり3時間もお相手をしてくださって、
その3人の後ろ姿を眺めていたら、
「Aチャーン、本当のバアバもジイジも、
折り紙なんて教えてくれなかったのにねぇ~。
ほんと、良かったねぇ」
と思わず口に出てしまいました。

Aさんご夫妻がお帰りの際には、
「顔見知りされるかと思ってたけど、良かった」
「逆に遊んでもらって、心の洗濯になった!」
「半年に1回くらい、新潟に帰ってくればいいのに。
顔忘れられないように」
とおっしゃってくださいましたねぇ。
ありがたいことです、全く。

お二人が帰られた後、姪っ子は、
「今日Aさんに会えて、良かったわ~、良かったわ~♪」
とメロディー付きの大満足(笑)。

長時間お相手と沢山のお土産を頂きまして、
本当にありがとうございました。
家族以外の大人に関わったり、
大事にされる経験が出来る姪っ子は、幸せ者です。

皆さま、ありがとうございました!

ところで、話は変わりますが、
先日初参加した町内の新年会。

今日の夕方、宴会担当だった役員さんが、
別件でいらしたのですが、
帰り際に「こないだは、ありがとう」
と私にチョコをくださいました。
20110203チョコ
いや~、そんなつもりは全くなかったのに。
ちゃんと見ててくださったのですねぇ。
自腹を切って買って来てくださったんでしょうか。
だとしたら、かえって申し訳なかったですねぇ。
恐縮です・・・。

それにしてもAさんご夫妻しかり、こちらの方しかり、
なんという気遣いに心遣い!しかも自然でさりげない!
こんな心遣いが出来る人に私もなりたい!ですねぇ。

人間として見習いたい!と思えるような、
素敵な方々に囲まれて、ほんとうにラッキー!です。

ハワイの味試作

今日は、マラソン仲間の皆さんがいらして、
展示のお祝のお花を持ってきてくださいました。
20110202お花
お仲間から、お花を頂くなんて、
それこそ全く思ってなかったので、
オーナーはビックリしてましたねぇ。

皆さんから展示用の写真をお借りして、
こちらの方が大変お世話になっているのに・・・。
恐縮しきりです、ありがとうございました。

ところで今日は閉店後、
ハワイのローカルフード「スパム缶」を使って、
展示期間限定の試作品を作ることに。

まずは、オーナーたちもホノルルで食べたという、
有名な「スパムおにぎり」をプレートで。
プレーンと照り焼き風の2種類を試作。
201102スパムおにぎりプレート
帰省中の妹たちにも食べてもらい、
味は、お子さまの姪っ子には大好評(笑)。

ただ、素手に取って食べなければならず、
「お店に来る奥さまたちにはどうかなあ・・・」
と妹も言うし、
「インパクト、がないねぇ」
と妹の旦那さん。
「やっぱり所詮、缶づめ料理なんだよ・・・」
と妹。
「確かに・・・変わってるんだけどねぇ」
直感的に「イケる!」と思えないので、
無理に出すのやめて、保留することに。

『それじゃあ、箸とかが使えるものは・・・』
と考えて、「照り焼きスパム丼」を試作。
201102スパム丼
使っている材料が同じなので、
味は、ほとんどスパムおにぎり。
これなら奥さま方も食べやすいかもしれませんねぇ。

最後は、オーナーがハワイから買って来た、
ランチに付ける「ハワイコナコーヒー」も試飲。
201102ハワイコナ珈琲
さすが高価なコナコーヒー!
まろやかなのに味が深く、美味しいですねぇ。

今日の試作では、ゴーサインが出ませんでしたが、
期間中には展示とタイアップした、
期間限定メニューがご用意できたらいいですねぇ。