FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



5周年記念イベント

今日は、夜イベントのため、
ギャラリーのみのオープン営業。
午前中には、客席を並べ、会場づくり。

2Fの控室には、お二人からご要望のあった、
アイロンセット、ハンガー、姿見鏡、水の他に、
セルフのお茶コーナーを用意することに。

アイスコーヒー、アイスティーの他に、
貴奈さんのブログを拝見すると、
好きなモノが「お茶と猫」ということなので、
緑茶セットの他に、アールグレイ紅茶、
ローズヒップ、ベトナム蓮花茶のティーバックも。

バタバタ準備中、ご近所さまがいらして、
山菜の「ミズ」!をお裾わけくださいました。
20110521初物の「みず」
一番好きな山菜で、今年初物です。
昨日取りに行かれたそうで、
ごちそうさまでした!

調律の方が遅れ気味でいらしてから40分。
調律の最中に狩野さんたちがご到着。
スタッフとして三川天文台の台長さんと、
事務局の方もご来店して、準備スタート。

準備やらセッティングしながら、
調律終了待ちをしていると調律師さんが突然、
「実は私、狩野さんとご一緒したことがありまして。
数年前、粟島でコンサートありましたよね。」
と狩野さんにおっしゃって、
粟島の小学校の体育館での狩野さんのコンサートで、
ピアノを調律をされたのだそう!
「『何で粟島でこんなに感動しなくちゃいけないんだ』
というくらい、コンサート感動しました」
とおっしゃってましたねぇ。

さらには!、
「昨日、狩野さん、三条の公民館で、
コンサートされてましたよね。
実は、午前中、その同じピアノ調律して来たんです」

ピアノの数も数多なら、調律師さんも数知れず、
なんという偶然!!
調律師さんには今日の演奏者が、
狩野さんとは伝えしてなかったので、
調律師さんもさぞや驚かれたのでしょうねぇ。

こういうのを「ご縁」というのでしょうが、
いや~、完全な無神論者ですが、
引き寄せ合う「何か(somethig)」が、
働いているとしか思えない出来事でした。

最初の調律が終わり、リハが始まると、
『そうだ!、さっきのミズ、せっかくだから、
狩野さんたちの夕飯にお出ししよう!』
とリハの間、厨房の床で一人皮むき。

一流の生演奏をバックに、何と言う贅沢!!
こんな贅沢な山菜処理は最初で最後でしょうねぇ。
(結局「ミズの油炒め」は、
バタバタしてて結局出せませんでした・・・)

また準備中には、
今朝コンサートのことを聞き付けた方が、
お花(右)を宅配で届けてくださったり、
201105215周年記念のお花
いつも大変お世話になっている方が、
お花(左)を持ってご来場くださったり。

5周年記念のお花なんて、
全く予想もしていなかったので、
驚くやら、かたじけないやら、恐縮するやら。

早速、飾らせて頂きましたが、
コンサートにぐっと華を添えられましたねぇ。
誠にありがとうございました!

リハ、再調律も終わり、お食事をお出ししていると、
あっという間に開場時間。

演奏は、言うまでも無く、
さすがプロ!の一言に尽きる素晴らしい内容!
20110521Duo

迫力!のパーカッション&ピアノ
20110521パーカッションとピアノで
県民会館の時の演奏と違って、
木の床から振動が体に響いて、ほんと圧巻!!

ボーダレスなリズムと迫真の演奏に、
ただただ引きつけられてしまいましたねぇ。
ほんとすごかった・・・。

前半から最後までお客さまの拍手はマックス!で、
なかなか鳴りやまない曲もあって、
中盤だというのに「アンコールの拍手か!」
と思うほどの大拍手、大拍手の連続でしたねぇ。
こんな盛り上がり方は今までなかったです!

貴奈さんのピアノソロ。
20110521貴奈さんソロ
狩野さんとの共演の時とはまた違って、
本業?のジャズピアノもほんと素敵でしたねぇ。

途中のトークでは、
お夕飯でお出ししたトマトパスタを、
大絶賛して盛り上げてくださったり、
狩野さんと貴奈さんのお二人が、
音楽を担当した農水産省が作った映画のお話も。

今まで口止めされてたそうですが、
今日、当店で初告知だったそうで、
「種まく旅人」という映画だそうです。

お客さまの反応で、貴奈さんからは、
「曲のさわりだけでもねぇ」
と予定にない演奏の申し出があったのですが、
新幹線の最終の時間もあって、
狩野さんからはNGで、おあずけとなりましたが、
貴奈さんの申し出が嬉しかったですねぇ。

アンコールには、狩野さんが作られた、
佐渡の小学校校歌の生歌校歌斉唱!
20110521狩野さんの校歌斉唱
リハの時、初めて聞きましたが、
じわ~と涙が出てきそうな歌詞とメロディー!
校舎の床板を使った当店には、
ピッタリのアンコール曲でしたねぇ。

それにしても狩野さん、歌がめちゃくちゃ上手!
声も甘くて、歌のお兄さんみたいで、
ほんとビックリするほどでした。

しかも、校歌の最後には、
校名の個所を「杜々」に置き換えて、
マイクをはずしてオペラ歌手バリに、
大絶叫で歌ってくださって、大感激!
お気づかい頂き、ありがとうございました!

最後に、いつもお世話になっている方が、
お二人への花束をご用意してくださってて、
気の効かない(笑)当店に代わって、
素敵な花束贈呈をしてくださいました。
誠にありがとうございました!

演奏が終わると、CD販売&サイン会。
沢山のお客さまが並んでましたねぇ。
20110521サイン会
一方で、演奏中の狩野さんの声かけで、
今年の大雪で修理が必要な三川天文台と、
当店店頭で受け付けている震災義援金募金に、
皆さまから沢山の募金をして頂きました。
確かにお預かりいたしました!

お客さまが帰えられ、片づけが忙しい中、
色紙にサインを書いて頂いたり、
貴奈さんにお話を伺うと、米国のご自宅で、
「タキシードキャット」を飼ってらっしゃって、
長いこと家を空けると猫が恋しくなるとか。
「それなら・・・」とチビを連れて来て、
猫談義したり、抱っこ・ナデナデしてもらったり。

また、貴奈さんは、お料理もされるということで、
トマトパスタの調味料を見事!当てられたので、
特別に作り方をご伝授しちゃいました。

お帰りの直前には、狩野さんより、
震災募金箱に沢山の募金をして頂いたり、
貴奈さんからはサイン入りCDを頂きました!
20110521CDサイン
ちなみにこちらのCDの売り上げを、
三川天文台への寄付にもされてましたねぇ。

20110521「conversations」
早速聞きながら、ブログをアップしていますが、
ビブラフォンの深くて柔らかい響きと、
貴奈さんのジャズアレンジがオシャレで、
ずっと聴いてても飽きないし、すごくてイイ!

実は今月は、オーナーと私の誕生日月で、
最高の誕生日プレゼントになりました!
ありがとうございました!

最後に頂いたお花の前で、記念写真。
20110521狩野さんと貴奈さん

最後に狩野さんから、
「自分たちもそうだけど、
一回一回良い演奏し続けていれば、
お客さんが宣伝してくれるから、
美味しい料理出して入れば、大丈夫!」
と励ましのお言葉を頂きました。

「旅する仕事をしてなかったら、
カフェをやりたかった」という貴奈さんからは、
「家の近くに在ったら、毎日のように通いますよ」
との言葉を頂いたり。

実は、下見の時に狩野さんから、
「二人のコンサートで、
アップライトピアノでは今までやったことない」
と告げられ、
『あ゛-、なんとも申し訳ない・・・・』
と恐縮しっぱなしで、
「でも、貴奈ちゃん、すごいイイ人だから」
という狩野さんの言葉にも上の空で、かなりへこみました。

が、当日はお二人とも、
愚痴・不平不満、責めなど微塵も無く、
「限られた条件の中でどうするか」
というスタンスで常に対応してらして、
アップライトピアノはグランドよりも、
鍵盤が重かったみたいですが、
「アレンジでなんとかしてみます」
と貴奈さんは調律師さんにおっしゃってましたねぇ。

真の実力のある方、プロというのは、
どんな状況にも対応できる方なんですねぇ。

素晴らしいパフォーマンスは当然のことながら、
周りへの心遣いも忘れない、
お二人の人となりにも魅了された一日となりました。
(そうそう、二階の控室の食器類や、
残ったお菓子などがキレイに整頓されてて、
貴奈さんが片づけてくださったんでしょうか。
最後の最後まで、感心しきりでした。)

昨年末「狩野さんのコンサートしてみたら」
と仲立ちしてくださった方に言われた時は、
「無理・・・絶対無理だ・・・」
と最初は二の足を踏み、正直悩みましたが、
「たやすい道と困難な道の2つがあったら、
困難な方を選ばないでどうする・・・」
と自分に言い聞かせ、チャレンジすることに。

やると決めてからの半年は、
常に意識の中にあるわ、頭はフル回転で使うわ、
精神的にも張りがあって緊張感のある日々(笑)。

なによりも、やっていなかったら、
狩野さんと貴奈さんを始め、
三川天文台の方々との新しい出会もなかったし、
コンサートに関わって、
意外な繋がりや再会も生まれなかっただろうし、
思いもかけない出来事にも巡り合えなかったはず。

改めて勉強になることも沢山あって、
結果的に「やって良かった・・・」
としみじみ実感しております。

これも、腰の重い私の背中を押してくださった方、
引き受けてくださった狩野さんと貴奈さん、
色々とご協力くださった皆さま、
そして聴きに来てくださった皆さまのお陰です!

こんな素晴らしいコンサートを、
5周年という節目に開催できましたこと、
心より深く深く皆さまに感謝いたします!
スポンサーサイト