ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



ぽっぽ焼き

今日も暑かったですねぇ。
さすがにランチタイムはエアコン入れましたが、
エアコンのみならず、トイレの電気を点けると、
「電気なんて点けなくていいわよ~、節電、節電!」
とお客さまから声がかかって、
いや~、皆さまは、節電意識が高いですねぇ。

お店の方は、今日も展示者の石川さんが、
お友達の方々といっしょにご来店くださったり、
お久しぶりの方々、初めての方々、
ご近所の常連さまなどがご来店。
皆さま、ありがとうござました!

閉店後は、知人のママさんが、
くるくるレインボーを習いにご来店。
当店のお客さまを先生にお迎えし、
1時間くらいの講習会になりました。

ところで、一緒にいらしたお子さんたちが、
ちゃんと意思の疎通が出来るほどに成長してて、
赤ちゃんの頃の記憶しかなかったので、ビックリ!!
子どもの変化率って、ほんとすごい・・・。

今日から蒲原祭りが始まったとかで、
来る前にお子さんたちと行って来たそうで、
ぽっぽ焼きの差し入れを頂きました。
ぽっぽ焼き
このシンプルで優しい黒糖の甘さは、
まさに新潟っ子のソウルフード!
期せずして久々に味わえましたねぇ。
ごちそうさまでした!

蒲原祭り、今日からだったんですねぇ。
まったく頭になかった・・・。
そういえば、今日で6月も終わりでした。
去年は、姪っ子と二人で行ったんでしたねぇ。

今日の降水確率は、30%くらいでしたが、
午後6時くらいから雨が降り出して、
やっぱり蒲原神社の祭りの時は、雨が降りますねぇ。

明日晴れたら、お店終わりに行ってみようかな。
スポンサーサイト

12月の話

今日は昨日までのジメジメ感が減って、
天気も良く、夏のような空気感でしたねぇ。
全国的には今年一番というくらいの猛暑で、
熱中症で死亡者が出たみたいですね。

今年の夏は、節電のために、
エアコンを我慢せざるを得ない空気がありますが、
節電が必要なのは、昼間の一時らしいので、
節電のために健康を害するようでは本末転倒な話。
我慢、節電もほどほどですね。

今日は、展示者の石川さんが、
展示作業を手伝ってくださった生徒さんとご来店。
暑い中、ありがとうございました。

また今日は、新潟発のホノルルマラソンツアーを、
長年取り扱ってらっしゃる旅行社の方がご来店。
今年は、旅行社への飛行機の座席割り当て数が、
例年より少ないらしく、半年前の今から、
参加者の数を絞り込まざるを得ない状況とか。

大きな仕事というものは、季節が真逆の、
半年以上も前から動き出すのですねぇ。

私も参加できるならしたいのですが、
昨日くらいの忙しさでも、夕方から腰が痛み出し、
結局腰ベルトを付けたまま寝ざるを得ないほどで、
今朝起きたら起きたで、
今度は股関節が痛くて上手く回らない・・・。

まだ半年あると思っていも、あっという間。
参加するならトレーニングを始めないとなんですが・・・。

ホノルルマラソンのトレーニングと言えば、
店頭に「ホノルルマラソン『友の会』」
のお知らせが置いてありますが、
先日旅行社の方が「修正版」を持ってらっしゃいました。

12月の本番までの間、
毎月一回のペースで市内の松林コースを、
有志が集まって走る会が予定されています。
「ランニング仲間が走ってるので、どうぞ」
という感じの気軽に参加できる会のようで、
ホノルルマラソンに詳しい方も参加されているので、
興味のある方はぜひ参加されるといいかも。

詳しいことは、店頭にチラシが置いてありますので、
ぜひご覧くださいませ!

パン一斤の経験知

今日は、天気の悪い中、
開店と同時にお客さまがご来店。

近くの公民館のサークルの方々や常連さま、
初めてのご来店くださった方々など、一時満席状態。
ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、今日は、
オーナーのご友人の方が久々にご来店。

満席状態だったので、店内を見渡してらしたら、
突然「あら~!」と声が上がり、
ちょうどいらしてた常連のお客さまとお知り合い。
聞けば、20年ぶり!の再会だったとか。
「変わらないわ~」
とおっしゃってましたが、よくわかるもんですねぇ。

それにしても、
久々にご来店くださったオーナーのご友人は、
年に1、2回しかいらっしゃらないし、
常連さまも、そう毎日というわけでもないので、
すごいタイミングというか、なんというか。

今日は、奇跡的な再会に立ち会うことができましたねぇ。

ところで、今日はフレンチトーストが良く出て、
パンが品切れ。
閉店後急いで仕入れ先のパン屋さんへ。

が!、イギリスパンが売り切れ!
『マズイ・・・・ほんとマズイ』
と諦めきれずに、オープンキッチンの中を覗くと、
イギリスパンが数袋、片隅に置かれている!

『あるじゃーん!』

仕事終わりでパンを買っていた白衣の店員さんに、
「すみませーん、あのイギリスパン売らないんですか?」
と聞くと、彼女は仕事終わりだったようで、
別のスタッフさんを呼んで来てくれたのですが、
「申し訳ありません。あれは売り物じゃないので。」
「どうしても欲しいんです!」
「形悪いし、厚さも薄いのが入ってたりするし。
うちはそういうことしないので・・・」
「どこにも言いません!、お店の名前も出しません!
家で食べるだけなんです」
「うーん・・・・」
しかめた店員さんの顔を見ていたら、

「・・・・うちの子、ここのしか食べないんです!
ここのじゃないとダメなんですぅー!!」

自分でもびっくりするくらいスラスラと、
「うちの子が~」だなんて虚偽の内容が、
とっさに口から飛び出してきました。
しかも、「ここのじゃなきゃダメだ」なんて、
ある意味、商売してる人にとっては殺し文句(笑)。
しかも、ここの常連ということもアピール出来ている!

うーん、我ながらとっさによく思いついたものです。
『使える枚数が減って原価が上がっても、
何が何でも今日ここで買って帰る!!』
っていうまさに必死モードがなせる技ですねぇ。

が、ここまで言っても、
店員さんからは、なかなかOKが出ない。
終いには、店の奥に行ってしまい、
その間、最初に声を掛けた店員さんが、
途中まで傍で付き合ってくれて、
「ここから有るのが見えてますもんねぇ(笑)」
などと笑顔で相手をしてくれました。

そうこうしていると、
奥から男性の店長らしき人が出てきた!

「すみません、ダメですか?
どうしても欲しいんです!
料金はちゃんと払いますから!」
と言うと、
なんだか二人でこちょこちょ話してから、
「じゃあ、カット失敗したのが入ってますけど」
と言って、売ってくれることに!

「いや~、ほんと助かりました!」
と言って、レジでおつりをもらおうとすると、
「悪いので、これ、どうぞ」
とポイントカードを2枚も余計に差し出している。
「え?!、いやいや、そんな困ります。
わがまま言ったのはこっちなので。」
と言ったのですが、
引っ込めようとしないので、頂いてくことに。

帰り途、『それにしても・・・・
最初なんであんなに拒んだんだ?』
と色々考えてみたところ、分かりました。

お店としては、訳あり品を安く店頭販売すると、
そういう値引き商品しか売れなくなったり、
値引き商品狙いのお客さんが増えたりするのは、
お店としては困る事態なはず。
だから「うちはそいうことしないので」
とおっしゃったんですねぇ。

ただ、「ちゃんと料金払いますから!」と言ったし、
閉店後、仮に店員に安く売るよりは、
正規料金で売れるなら利益は出るし、
常連みたいで、すごい欲しがっているし・・
ということで、売ることにしたのでしょう。

が、それでは悪いと思ったのか、口止め料か(笑)、
ポイント券を多く出すことにしたのでしょうねぇ。

いや~、今日は、数百円のパンごときに、
色々と生きた勉強が出来ました。

「最初からダメと決めつけない!
まずはダメモトでやってみる!」
「両者にとって甚大な不利益・不都合が無ければ、
相手にも利があるように誠実に交渉すれば、
交渉は限りなく成功に近づく!」
「ハッタリくらい言えなきゃ、欲しいものは手に入らない!
『ウソも方便』(ちなみに、仏教用語です)だ!
ただし、誰かを傷つけたり、迷惑をかけない限りにおいて」

そしてなにより・・・・
土壇場でスラスラと事実でないコトを口走った自分に、
『私、いつの間にか度胸が付いて来たというか、
なんか、えらく図太くなってるかも・・・』
と、オバタリアン化してる自分に、
ちょっと、というか、かなりショックでした(笑)。

実は、先日海外で一人歩きした時、
地元の人をつかまえて写真を撮ってもらったり、
白タクにつかまりそうになったりしたのですが、
これまでの人生であまり強く欲望したことがないのに、
異国の地で「こうしたい!」「あれがしたい!」
と、明確な「目的」を持つことがあった時、
その目的達成のためにダメモトで動いてみたら、
意外に上手く目的が達成されてしまった経験をして、
「世の中は私が思ってるよりずっとシンプルかも」
と、臆病で頭でっかちの私の頭の中で、
生き方の未知のモードが新しく生まれたような、
ガチガチな理性の一線を越えてしまったような、
そんな気がしてましたが、今日の出来事で、
しっかりと踏み越えてたことが証明されました(笑)

初夏の味

今日も梅雨らしい雨のお天気でしたが、
野菜・植物は、ぐんぐん育つし、
気温も下がって、暑いより断然いいですねぇ。

お店の方は、お久しぶりの方々や、
常連の方々がご来店くださって、
皆さま、ありがとうございました!

ところで昨日の休日、
今年初の梅シロップを仕込みました。
20110626梅シロップ(1)2キロ
今回は、ザラメの氷砂糖を使ってみたのですが、
隙間がキッチリ埋まって、2Lの梅2キロと、
2キロの砂糖が全部入りましたねぇ。
しかも、きっちり詰まっているので、
たった1日で水が上まで上がりましたねぇ。

今年はあとどれくらい仕込めるでしょうか。

ところで、今朝、
またまたオーナーの三重のご友人から、
荷物が届き、開けて見ると大量のビワ!
20110627三重のびわ
ビワも今が旬なのですねぇ。

新潟から三重に引っ越された時に、
ビワの木を鉢に入れて持って行ったのだそう。

生で食べるには大量なので、
なんとか加工して保存できないかと、
手持ちのレシピにを探してみたら、
「ビワのシロップ煮」がありました。

そのまま丸ごと煮るのではなく、
皮をむき、タネを取り除かねばならないようで、
頂いたビワは、まだ青い所もあって硬いので、
しばらく室温に置いて様子をみようと思います。

旬の味を沢山送って頂き、ありがとうござました!

メニュー決定!

今日も、常連の方々やお久しぶりの方々、
オーナーのラジオ体操仲間のご一家さんや、
サクソフォンを吹かれるという方など、
初めてご来店くださった方もいらして、
皆さま、ありがとうございました!

また今日も展示者の石川さんがご来店くださって、
お客さまのお相手くださいました。
ありがとうございました!

午後からは、つくば市から、
陶芸家の茂野さんがご来店してくださって、
常設展示の入れ替えをしてくださいました。
20110625茂野さん展示入れ替え1

20110625茂野さん展示入れ替え2
人気のイヤリング、ネックレスなどのアクセサリー、
季節物の蚊取り線香立てなども補充していただきました。
ぜひご覧くださいませ!

また、今日もいつものように沢山の募金を頂き、
ありがとうございました!

閉店後は、東新潟駅から初のJR白新線に乗り、
早通駅で待ち合わせ。
そこから車に同乗させて頂いて、笹神村へ。

来月予定している「スリランカカレーの会」で、
先生をしてくださるスリランカ出身の方のお宅で、
最終打ち合わせをして来ました。

最初は、『日本の食材で代用できるものは代用しよう」
という感じだったのですが、
本場で購入されたという「カレースパイス」や、
「モルディブフィッシュ」を味見させてもらうと、
似ているようで、やっぱり全然違う!

『どうせ作るんなら本場の味を!』
と思い、ネットで検索したら、
通販で本場の食材が手に入りそうなので、
当日は、本場の材料を使うことにしました。

ちなみに、当日作るのは、
「チキンカレー」、
「ポテトカレー(じゃがいものカレーソテー)」、
「フルーツサラダ」
「チャイ」
です。

日時・・・・・7月17日(日)
       10時30分~13時30分、
参加日・・・・お一人さま 1500円
募集人数・・・先着15名さま 
(※シタール&タブラのプチ生演奏付き!です)

参加ご希望の方は、お早めに!

スリランカカレー

今日は、一段と暑かったですねぇ。
さすがに、今日はエアコン入れました。

今日も暑い中、新聞記事をご覧になって、
初めてご来店くださった方々や展示者関係の方々、
常連の方々がご来店くださって、
皆さま、ありがとうございました!

ところで今日、打ち合わせがあって、
来月の17日(日)、当店にて、
スリランカ出身の方をお呼びして、
「本場スリランカ料理を作って味わう会(仮)」
を計画しています。

今日の段階で決まった料理は、
「スリランカチキンカレー、ジャガイモのサブジ、
スリランカ風フルーツポンチ、チャイ」
です。

スリランカには、「かつお節」に似た食材があり、
サブジには、かつお節を使ったり、
カレーには、肉の下味に酢を、
仕上げにフレッシュレモンを使うのだとか。

作り方は、全然難しくないのですが、
召し上がったことがある方曰く、
「ホント美味しいんだから!」だそうです。
この機会に、本場のカレーを作ってみませんか?

さらに、作って食べるだけではありません!
日曜日に能楽堂のコンサートで演奏された、
『でぃがでぃなエチゴ』のお二人が、
インド音楽を「ちょこっと」演奏してくださることに!

募集人数は、先着15名さまで、
料金は1500円を予定しています。

詳しい内容・最終決定事項は、
後日ブログにてお知らせいたします!

珍花

今日は、陽射しがそう強くないのに、
ムシムシと暑かったですねぇ。

先日の取材内容が先週末に掲載され、
週が明けても、電話での問い合わせや、
「新聞を見て」という初めてのお客さま方が、
次々ご来店くださって、新聞の影響力は違います。

日報さん、ありがとうございました!

今日は、2Fで貸切で食事会があったり、
1Fでは、常連の方々をはじめ、
展示者の石川さんが娘さんとご来店され、
次々いらっしゃるお客さまのお相手を頂きました。
ありがとうございました。

新聞の影響もあってか、
今日は初めてご来店の方が多かったですねぇ。
ご来店頂きました皆さま、ありがとうございました!

ところで、今日はご近所さまから、
とてもカワイイ花を頂きました。
20110620切り花1

カワイイばかりでなく、とても変わっています。
1本の枝に付いた花に2色の花が咲くのだそう。
20110620切り花2

こちらは、白の中に、2つだけピンクが開花。
20110620切り花3
「・・・・源平」とかいう名前だそう。
珍しいお花、ありがとうございました!

また常連さまより手作りのお料理を頂きました。

紫芋パウダー?を使った大福
20110620紫芋大福
常連さまにもお裾わけ。

チャーシュー、ひよこ豆、竹の子の炊き込みご飯。
20110620炊き込みご飯
忙しい合間にエネルギー補給ができ、助かりました!
ごちそうさまでした!

「シルクロードを旅するコンサート」

今日は定休日。

当店のお客さまが発起人でもある、
「シルクロードを旅するコンサート」
が、午後から「りゅーとぴあ」の能楽堂であり、
そのお手伝いのため10時に現地到着。

まず、入口前の受付の設営です。
20110620開場30分前1

20110619開場30分前2
開場してからの人の流れをあれやこれや想定しながら、
皆さんでアイデア出し合って完成。

入口準備が終わると、
交代で控室に戻ってお昼を頂くことに。

能楽堂の控室は、こんな感じ。
20110620能楽堂の控室

頂いたお弁当は、こんな感じ。
20110619お弁当
野菜料理が多くて、美味しかったです!

食べ終わると入口へ。

開場時間の1時間半前にも関わらず、
会場確認や10枚のみの当日券を求めてお客さまが。
20110619開場時間30分前3

開場時間の30分前には、お客さまの列。
20110619開場15分前
開場時間には、150人近い列が出来て、
階段下までお客さまの列が続いてましたねぇ。

聞くところによると、2週間前には、
当日券の10枚を残してチケットが完売!
という大盛況だそうで、すごいですねぇ。

開場すると、来場者の中に当店の常連さまを始め、
お久しぶりにお会いするお客さま方や、
お世話になった方々の顔が見え、
「チェロとヴァイオリンのコンサート、
今年もまたお願いします」
と声を掛けてくださる方もいらして、
久々に皆さまにご挨拶出来て良かった!

開演すると、遅れていらっしゃる方の対応や、
清算、受付の片づけなどをして、30分後に控室へ。

控室モニターの映像を見つつ、
P6192979.jpg

テーブルの上に、
出演者のお一人が愛用のホットカーラーを発見!
20110619ホットカーラー
子どもの頃、我が家にもありましたねぇ。
懐かしくて、写真に撮らせてもらいました。

そうこうしていると、あっという間に休憩時間。
休憩終わりに合わせてホワイエに行って、
コンサート終了後のアンケート会場づくり。

会場づくりが終わると、控室に戻り、
終了・撤収に向けて控室の片づけをしながら、
モニターで最後の演奏を少し拝見したら、
あっという間にコンサート終了。

すぐにホワイエに行って、
アンケート用紙回収し、後片付け。

『少しぐらい会場で演奏聴けるかな』
『ウルグンさんの本気モードのホーミー、
生で聴きたいなあ』
とちらっと思ったのですが、そんな時間無し。
細切れで動いていると、2時間はあっという間でした。

最後に、出演者(「でぃがでぃなエチゴ」さん退席中)、
スタッフさまで記念写真。
20110619コンサート終了後能楽堂にて
17時会場撤収。
18時半からの打ち上げまで時間があったので、
久々に紀伊国屋でブラブラして時間つぶし。

打ち上げ会場は、駅南にある「葱ぼうず」さん。

村上牛のミニしゃぶしゃぶ&先付け
20110619村上牛しゃぶしゃぶ&先付け

アワビの踊り焼&刺身大皿盛り合わせ
20110619アワビ&刺身盛り合わせ

アワビ出来上がり
20110619アワビ

蒸しカキ
20110619蒸しカキ

手が汚れるこのタイミングで、
2回目のおしぼりのサービスがありました。

エビしんじょう
20110619海老しんじょう

炊き込みご飯
20110619炊き込みご飯1

20110619ご飯

デザート
20110619デザート
このお料理8品と、
飲み放題付きで5000円だそうです。

お料理にこだわり食材を使っているからか、
飲み放題の宿命か、量的に少なめな感じ。
PAの若手スタッフ君は食べ足りなかったみたいで、
最後は刺身のツマまでを食べてましたねぇ。

途中、馬頭琴奏者のウルグンさんの、
生ホーミーを聞くことが出来ましたが、
二胡の東條さんもホーミにチャレンジ!
20110619打ち上げ1
素人耳でもちゃんとホーミーになってて、
ウルグンさんからもOKをもらってましたねぇ。

ところで、昨年から東京に移って、
演奏者として活動しているウルグンさん。

今年の10月に行われるミュージカル、
「日中国交正常化40周年記念
ジンギスカン~わが剣、熱砂を染めよ~」
で、音楽スタッフとして参加、
馬頭琴を演奏することになったとか!

総合演出は、市川猿之助、
キャストは、紫吹淳、佐藤アツヒロ、鈴木亜美などで、
頂いたチラシには、ウルグンさんの名前も。
HPの「スタッフ」欄にも、
ウルグンさんの名前がちゃんと載ってましたねぇ。

「ジンギスカン」HPはこちらから

数週間後に、ミュージカルの記者会見があり、
会見前に馬頭琴を演奏される予定とか。

最終の新幹線で帰られたのですが、
お見送りの時に、
「キャストは、すごい有名人なんですよ!」
と一人ミーハーモードで言うと、
「有名人ですか?私、知らない」
とおっしゃって、
確かにそういうものかもしれませんねぇ。

ウルグンサンが院進学のために新潟に滞在中、
留学生支援ボランティアの方が、
「どこか馬頭琴を演奏できる所は無いか」
と中林さんにコンタクトを取られ、
当店を紹介してくださったのが最初で、
中林さんと一緒に下見にいらした時、
即興で馬頭琴を演奏をしてくださいましたっけ。

進学の目的は果たされることなく、昨年上京。
「どうしてるかしらねぇ」と気になってましたが、
最近「ウルグン 馬頭琴」の検索ワードで、
当ブログがクリックされることが度々あり、
「どこかで活躍されてるのかな・・・」
と思っていたところでした。
ほんと、上京して良かったですねぇ。

最後に皆さんで記念写真。
20110619打ち上げ2

2次会は、近くの「よさこい」へ。
総合演出を担当された、
劇団「栗田カンパニー」の俳優でもある、
荒井和真さんが合流して、飲み直し。

それから0時過ぎにお開き、
夜な夜な家まで自転車こぎながら、
一人感慨深けってしまいました。

1年半くらい前、
ウルグンさんと出会われた中林さんが、
「二胡、馬頭琴でコンサートとかしたら、
面白そうじゃない?」とおっしゃって、
「いいですね!」と盛り上がり、
「そうだ!どうせするなら・・・・
インド音楽の『でぃがでぃなエチゴ』さんとか、
こないだ聴きに行った尺八と箏のユニットとか、
結構アジア系の演奏家って新潟にいらっしゃいますよ!」
と色々アイデアが出て来てお話していたら、
「『シルクロード』のキーワードなら、
彼ら全員が繋がるコンサートが出来るかも!」
とふっと閃いて、中林さんにご提案。

「シルクロードってどこ?」
と中林さんがおっしゃるので、ネットで調べてみると、
中国、モンゴル、インド、日本がなんとか繋がる。

「ここ新潟で『敢えて』頑張っている、
アジア楽器の奏者が勢揃いするコンサートなんて、
新潟で初めての試みになるかもしれないですよ!!」
と、無責任に中林さんをたきつけたのを覚えてます。

その直後くらいに、中林さんがご来店中に、
石山おやこ劇場の代表の方の紹介で、
偶然にも『薫風之音』さんが初来店され、
両者が初対面し、とんとん拍子に話が進み、
それからあっという間に1年。

蓋を空けて見れば、早々チケットが完売するほどの、
思いもかけないくらいの大盛況で、
アンケートでも満足度の高い評価。
第2弾の要望の声も沢山ありました。

この1年、特に発起人&リーダーの中林さんは、
出演者間の調整に始まり、色んな手続き、
チケット販売などで直前の直前まで、
色々と気苦労があったようで、
大仕事、ほんとお疲れさまでした。

中林さんの心の中には、
来年は、シルクロードをさらに西へ、
ヨーロッパの方へ進めるイメージがあるとか。
どんなコンサートになるか楽しみですねぇ。

今回の出演者、スタッフの方々の間でも、
今回の出会いをきっかけに、
新しい繋がり、新しいコネクションが広がって、
新たなプロジェクトが生まれたりなんかしたら、
それこそほんとにすばらしいことですねぇ。

いずれにせよ、まずは、出演者、スタッフの皆さま、
お疲れさまでございました!

不具合

今日は朝起きると、
首、肩、背中上部に結構な痛みが。
どうも背骨上に持ってる椎間板のヘルニアが原因。
やっと腰のヘルニア痛が落ち着いたと思ったら、
今度は背骨とは・・・・。

こういう時に限って、追い打ちがかかるもので、
朝店に行くと、「今日新聞に載ったわよ」とオーナー。
予感的中、開店前から新聞を見ていらっしゃる方や、
ほんとお久しぶりの方々が次々ご来店。

1Fのお客さまの他に、同時進行で、
午後からの2Fの貸切予約の準備してると、
首の痛みがひどくなって、限界ギリギリ状態に。

「予約分終わったら、オーダーストップして。
横にならないと無理だわ・・・・。
じゃないと明日のコンサート、お手伝いできない・・・」
とオーナーに言った矢先、
お久しぶりの方が、新しいお友達を連れてお食事に。

もちろんお断りするわけにもいかず、
ムヒをぬりぬり、だましだまし乗り切り、
結局、閉店時間までお客さまがいらっしゃるという、
腰を下ろす暇がないくらいの忙しさでした。

最近「あっちが痛い」、「こっちが痛い」
としょっちゅう言ってるので、
オーナーからは同情すらなくなって、
「よくもまあ、次から次と痛くなるわね・・・」
とあきれられる始末(笑)。

全くどっちが年寄りだかわからない状況で、
化け物級のオーナーの前では、
体の不具合を年齢のせいにすることも出来ず、
この点に関してのみ、ただただ黙って、
言われるままの今日この頃です(笑)

捨てる神あれば・・・

今日は、偶然にも「欲すればいつか叶う」デー。

お昼にいらしたご近所の常連さまから、
「要らなくなった家の品々を、
欲しい人に持っていてもらっている」
というお話を伺っていたら、
「貰い手が無くて処分する」座布団4枚と、
20110617座布団

大きな姿見鏡がまだあるというので、
お宅まで頂きに行ってきました。
20110617姿見鏡
両方ともコンディションはすごく良くて、
むしろとてもキレイな品物で、
捨てるなんてもったいない!

『座布団、もう少し枚数が要るなあ・・・』
『姿見がもう一枚、必要だなあ』
『来月の北京展示では、大きめの鏡が必要だなあ』
とちょうど思っていたところでした。

閉店後には、別のお宅へ伺って、
「山椒の木」を受け取りに行ってきました。
20110617山椒の木
先日こちらのお客さまがご来店の時、
「トゲが刺さるし、ほんと要らないわ」
ということを伺ったオーナー。

自宅にあった山椒が自然消滅してしまい、
前から山椒の木が欲しかったそうで、
譲り受けることになりました。

お宅に伺うと、山椒の木の他にも、
沢山の陶器の素敵な植木鉢と、
20110617陶器の植木鉢

「訳あり」醤油まで頂いてきました。
20110617わけあり醤油
「かおり」醤油は、まさに我が家愛用!

今日は、前々から欲しかった品々を、
期せずして頂いてしまった一日で、
それも、皆さまの所では、
用が無くなったという代物ばかり(笑)

実は、昨日も知人がお宅をリフォーム中で、
柱などの建築材の廃材が出たというので、
薪に使えそうな太い木材を頂いてきました。

捨てる人も助かり、頂く方も大助かりの、
まさにニーズのベストマッチング!&エコ!

声を掛けてくださった皆さま、ありがとうございました!

再来

今日は、気温が上がらず爽やかで、
これくらいの天気が、植物も成長しつつ、
人が動くにもしんどくなくていいですねぇ。

お店の方は、
2Fでは、ママさん&赤ちゃんグループ、
1Fでは、常連さまや初めての方々が、
ランチにお茶にとご来店くださいました。
ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、今日、「新潟県立近代美術館」より、
またまた封書が届きました。
前回同様、ポスター1枚、パンフレットに、
企画展、常設展それぞれの招待券2人分も。

前回、開店5年目にして、
初めてチラシ設置の依頼が来て、びっくりするやら、
一流どころの仕事の仕方に感心するやらでしたが、
内心『たまたま今回の企画展だけかな・・・』
と思っていました。

が、またもポスター&招待券が届き、
「また届いたわよ!」
とオーナーと顔見合せて、またまたびっくり!
大変光栄なことですねぇ。

前回送って頂いた招待券は、
なかなか週一の休日に合わせて出かけられず。
栃尾の叔母が来た時にあげればよかったのに、
それに気づいたのも叔母が帰った後で、
結局、申し訳ないことに無駄にしてしまいました。

自分たちが行けなくて、
どなたかに差し上げるにしても、
やはり長岡は近くはないんですよねぇ・・・。

ただ今回は、8月の最終日曜日までの開催なので、
お盆に栃尾に行く機会があれば、
その時にでも寄れるかもしれませんねぇ。

ちなみに、「県立近代美術館」の次回展示は・・・・

『いわさきちひろ展~子どものしあわせを願って~』

開催期間   2011年7月23日(土)―8月28日(日)
開館時間   9:00~17:00
        (毎週金曜日は18:30まで)
       ※チケット販売は閉館30分前まで         
休 館 日    会期中は無休

店頭にチラシ、ポスターがありますのでご覧ください。

鯵一夜干し

今日も、常連さまやお久しぶりの方々、
初めての方々、ヨーガ教室の生徒の皆さま、
ホノルルマラソンの話を聞きにいらした方々、
ご近所の方々などがいらしてくださって、
ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、昨日の夜に干した鯵ですが、
ハエが付くのを避けるため、早朝に室内へ移動。
20110615一昼夜干し

一晩夜風に当てたし、
気温も上がっていい加減に乾きました。
20110615アジ一夜干し1

20110615アジ一夜干し2
ただ、ハエを避けて室内干しになったため、
日光の辺り具合がちょっと弱かったかも。
今度は、ネットかなんかで覆って、
陽射しに当てて干してみたいですねぇ。

当然16匹も食べきれないので、
ご来店中の超常連のお客さまや、
ご近所さまにお裾わけすることに。

「人様に差し上げる前に味見を・・・」
と小さめを一枚焼いて食べてみました。

骨が付いていない側の身は、塩っ気が強く、
醤油は一滴も掛けなくていいくらい。
小さくて身が薄くて塩が漬かり過ぎたか、
そもそも塩分濃度が濃かったか・・・・。
これでは、レシピは完成ではないですねぇ。

でも、さすがに魚の水分がしっかり抜けて、
昆布の旨味も加わって、味が凝縮されてました。

7月くらいまで鯵の旬ですが、
また鮮度のいい味が手に入ったら、
塩水の濃度を変えて、要再チャレンジです。

取材&鯵一夜干し作り

今日は、開店前から、
展示者の石川さんと知人の方がご来店。
新潟日報の記者さんがいらして、
チャリティ展示について取材して頂きました。
20110614日報さん取材
記者さんは、見るからに若者って感じで、
聞けば、新人の記者さんだとか。
皆さんに「これからも仕事がんばって!」
とエールを受けてましたねぇ。

いつ取材内容が掲載されるか未定だそうですが、
取材、ありがとうございました!

ところで、今日は、2年ぶりくらいでしょうか、
お久しぶりのお客さまがご来店。
以前、展示でもお世話になった方ですが、
風の便りで息子さんが最近急死されたと聞いていて、
気になっていたところでした。

息子さんは、私より2歳上の同年代で、
お店にもいらしたことがあったので、
ちょっとショック・・・。

お話をうかがったオーナーによると、
昨年にはホノルルマラソンにも出られ、
水泳にも通って運動もされていたそうなのに、
脳出血で倒れて3週間危篤状態で、
4月初旬に逝ってしまわれたとか。

「まだ信じられないよ・・・」
とおっしゃってましたが、
まだ2カ月、ほんとにそうでしょうねぇ。
心境、お察しいたします・・・。

ただ、何気なくフツーに、
「あれから旦那、出来たか?」
「その気があればとっくにしてます(笑)」とか、
「あれトマトの冷製パスタって言うのか、
美味しかったわ!料理上手くなったなあ」
などと、何気ない会話もあって、
カラ元気かもしれませんが、ちょっと安心。

また今日は、近くの動物病院に、
最近飼うようになったという、
生後3カ月のワンちゃんの注射にいらしたそう。

ワンちゃんの散歩がてらでも、
また顔見せてください、お待ちしております!

ところで、今日の夕飯に、
お二人の方からの頂き物が並びました。
手作りのぬか漬けとおススメのチーズ。
20110614ぬか漬けとチーズ

20110614ぬか漬け
日曜日に参加した歴史ウォークでご一緒し、
たまたま持ってたお金をお貸ししたお二人が、
翌日に返金といっしょにくださったもので、
お気づかい頂いてしまって、恐縮です。
ご馳走さまでした。

ところで、夕飯後、近くのスーパーに買い出しに。
閉店間際ということもあり、
刺身用の鯵が、超超~激安!
というか、ほとんど投げ売り価格!
加工日は今日だし、刺身でも消費期限は明日なのに、
大量にあまっちゃったんですねぇ。

『久々に、三枚おろしの練習してもいいし・・・』
と4パック、16匹を購入。

お店で使える材料じゃないし、
要らないっちゃ、要らない買いものですが、
あまりの安さに買わずにはおれなかった(笑)

帰って来て、すぐに処理することに。
タタキや鯵フライ用に処理しても良かったのですが、
夕飯は食べ終わったし、中骨の骨抜きは面倒だし、
結局、数が多いので「干物」にすることに。

今回は、前からやってみたかった、
「背開き」で開くことに。
目玉、内臓などを取り除いて水洗いし、
濃いめの塩水に、40分浸します。

塩水は、「海水」くらいだそうですが、
今回は、「1カップの水、大さじ1の塩」
の割合の塩水に浸けてみました。

さらに、レシピ本によると、
あじ昆布を一枚入れて浸けると、
旨味が増して美味しいそうなので、
一枚を幾つかにカットして入れることに。
20110614味の一夜干し16匹
40分したら、水気を切って、
目の穴に竹串を通して身を広げ、
干物専用にしている濯バサミを出して来て、
一枚一枚吊るして、一晩夜風で乾かすことに。

レシピによると、
「一昼夜干す」と書いてあったので、
明日の夕飯には味わえそうですねぇ。

歴史ウォーク

今日は、「にいがた湊まちしもまち
歴史ウォーク」に参加。

昨日10キロにも参加したオーナーと、
35キロに参加オーナーのお仲間たちはJRで、
私は自転車を30分こいで陸上競技場へ。

超久々、学生時代ぶり?の陸上競技場内へ。
P6122787.jpg
今日は、14キロコースと21キロコース。
私と昨日参加されたお仲間は、14キロコース、
オーナーは、一人で21キロコースに参加です。

関係者挨拶や準備体操をしてスタート。
P6122789.jpg

陸上競技場を半周して、やすらぎ堤へ。
P6122792.jpg

P6122794.jpg

「柳都大橋」を渡って左折し、しばらく直進。
「竜が島1丁目」方面へ左折して、「末広橋」を渡り、
西港、新日本海フェリーを横目に見ながら、
「神明町」の河口岸へ。
さっき横を通った朱鷺メッセが見えますねぇ。
P6122795.jpg

ここでチェックポイント。
先を歩いていたお仲間と合流し、休憩。
P6122799.jpg

臨港町1丁目の鳥居の前で左折して、
P6122801.jpg

各所に配置されているスタッフの指示に従って、
初めての「新潟みなとトンネル」へ。
P6122804.jpg

トンネル内は、音楽も流れてて、
ひんやり肌寒いくらいの涼しさ!

外は曇もり気味でしたが夏の様な暑さで、
正直すでにバテ気味でしたが、
2キロのウォークで体が冷えて、
すっかり生き返えりましたねぇ。
P6122809.jpg

ところで、トンネル出口付近で、
携帯のイヤホンマイク?を付けた、
大会のスタッフの方が入って来て、
「途中で怪我した人に会いませんでしたか」
と聞かれ、けが人が出たみたい。
おおごとでなければいいのですが。

トンネルを出たあたりで、
一緒に歩いていた方の腰に痛みが出たので、
私が使っていた腰痛ベルトを貸してあげたりしながら、
「下水処理場」、「新潟造船所」前を通って、
P6122813.jpg
入舟町の四つ角を左折すると、消防車が信号待ち。
見上げると、後部座席の消防士さんが、
ニコニコ笑顔でこちらを見ている・・・・。

『愛想のいい消防士さんだなあ』
と思っていると、
「あ!○○君!」とお仲間のお一人が声を出すと、
「あら~、○○君じゃないの~」
と他のお仲間も気づかれてましたねぇ。

実は、ご一緒した皆さんのご近所さんで、
オーナーのよさこいグループのメンバーでもあり、
お店にも何度かご来店頂いたことも。
消防士さんとはうかがってましたが、
制服ではすぐには分からないものですねぇ。

川沿いに沿って住宅街を進み、
旧新潟税関庁舎が見えてくると左折して、
信濃川が見える左岸へ。
P6122816.jpg

川岸にある屋根付きの休憩処で休憩し、
21キロコースのオーナーへ連絡すると、
「じゅんさい池公園」を過ぎて、
新潟空港に向かう途中で、
アイスクリームを食べながら歩行中とか。

それにしても・・・・
先ほどから、21キロコースさんたちが、
我々をつぎつぎ追い越して行き、
それこそアイスなんて食べてる暇も惜しいような、
ほとんど競歩のような速さ!
トップグループは、別世界のウォーキングでした。

休憩が終わってしばらく歩くと、
「田中屋本店 みなと工房」が。
P6122819.jpg
見ると外のテラス席やガラス張りの2Fには、
ウォーク参加者が休憩している。
登りにはソフトクリームの文字も見えて、
お腹も空いてガス欠状態だったこともあり、
せっかくだから寄っていくことに。

ソフトクリームは、300円で、
「ミルク」、「ダブル」、「きなこ」の3種類。
プラス50円であんこがトッピングできます。

「きな粉」味は、工場限定ということで、
全員「きな粉」ソフトにすることにして、
私は「あんこ」をプラスすることに。
P6122826.jpg

P6122829.jpg
思ってたより、きな粉の感じは強くなく、
きな粉風味を感じるという感じ。
味は、普通のミルクソフトよりコクがあって、
和風なテイストな美味しいソフトでしたねぇ。

柳都大橋をくぐって、左岸緑地から古町へ。

裏小路には、中国の胡同みたいな街並みも。
P6122830.jpg

「クロスパル新潟」の前を通り、
P6122832.jpg

クロスパルの花壇の花を撮りつつ、
P6122833.jpg

柾谷小路へ。
P6122836.jpg

古町通、西堀通りを通って、
P6122838.jpg

白山神社前へ。
P6122841.jpg
西堀通りから私の前をずっと歩いていた、
写真真ん中の白い服の方ですが、
信号待ちの時に聞いた方によると、
みなとトンネルで転んでケガをしたとか。
こちらのおばあちゃんだったんですねぇ。

右の頬には赤い擦り傷があり、
上着の裾には、血痕が幾つも。
聞けば、80幾つのお歳だそうで、
怪我してもリタイヤせずにここまで!
しかも途中でメガネ屋さんに寄って、
壊れたメガネを直して来たそうで、
ただただ敬服するのみですねぇ。

白山公園を横切って、陸上競技場へ。
P6122847.jpg

無事にゴールして、完歩証をもらってきました。
P6122850.jpg

お昼は、近くにあるとんかつ屋さんへ。

こちらのお店は、カウンターだけの店内で、
カツは、ロース、ヒレ、串カツのみで、
それぞれにご飯、お味噌汁、漬けものをセットにした、
定食(1380円)しかないお店でした。

私は、ヒレカツ定食を注文することに。

薄味漬けものが出され、出来上がりを待ちます。
P6122855.jpg
オープンキッチンの厨房を取り囲み、
目の前で揚げて、切って、盛り付けしてくれます。

P6122860.jpg
出て来たカツは、普通のパン粉カツと違って、
硬いクリスピーフライドチキンのような衣。
パンケーキの様な香りのする分厚い小麦衣と
塩コショウ無しのお肉が全くくっついておらず、
完全に分離している!
初めて頂くタイプのカツでしたねぇ。

ネットを調べると、
東京で有名なお店からのれん分けしたお店らしく、
ご飯、味噌汁がおかわり自由みたいで、
何度も水洗いしたシャキシャキキャベツは、
店員さんが頃合いを見て追加してくれたりと、
そういったサービスがウケているみたいですね。
がっつり食べたい男性に向きのお店かも。

お昼が終わって、皆さんと別れて、
自転車こぎこぎ、久々に万代に寄ったりして、
なんとか無事帰宅。

ウォーキング中はに左足首に痛みがあったり、
ふくらはぎに張りを感じましたが、
痛みが出るのは明日からだろうなあ(笑)。

ご一緒した方たちとおしゃべりしながら、
休憩も取りつつ歩いたおかげで、
練習もせずともなんとか14キロを完歩しましたが、
オーナーは、家までの行き帰りも歩き、
結局今日だけで31キロ!を歩いたのだそう。
それもたった一人で!
良くやりますねぇ、私にはできない・・・・。

それにしても、フルマラソンは、
この14キロコースを3周・・・。
ということは、さらにあと2週しなくちゃだなんて、
はっきり言って、気が遠くなりそうです。

今日は、こういったイベントのお陰で、
新潟に生まれ育ちながら、
今まで一度も足を踏み入れたことのない場所を歩き、
地名と場所の確認できて良かったです。

さお竹

今日も夏を感じさせる暑さ。
エアコンを入れるかどうか迷いましたねぇ。

今日は、展示者の石川さんが、
お友達の方々とお昼からいらしてくださいました。

ところで、一緒にいらしたお友達の一人は、
2年ぶり!のご来店となりましたが、
テイクアウトされた料理のお皿を、
今日持って来てくださったのですが、
長く借りていたお詫びにと、
えらく高価なモノを頂いてしまいました。

こちらはすっかり忘れていたのに、
かえって高くついてしまって恐縮です・・・。

ランチタイムには、他に、
お久しぶりの方々や初めての方々、
ママさんグループで良くご利用くださったママさんが、
今日はお子さん連れではなく、
お友達?とランチにいらしてくださったり。

暑い中、ご来店くださった皆さま、
ありがとうございました!

ところで、今日は遅めのランチの方々と、
午後からの駐車予約が重なったため、
せっかくご来店くださったというのに、
お帰りになられた方々が出てしまいました。
流れが読めなかった不手際、誠に失礼いたしました。

午後からは、近所にある、
「小規模多機能型居宅介護施設」から、
利用者の方々とスタッフの方々がご来店。

今日から週末までの4日間、
こちらのケア施設をご利用の方々が、
グループに分かれてご来店の予定です。

数年前にも、同様のご来店を頂きましたが、
「また喫茶店に行きたい」
という利用者の方からの要望があったそうで、
スタッフの方がまた計画してくださいました。
再びのご利用、ありがとうございます!

ちょうど素敵な花の絵の展示開催中だし、
今日は車椅子の方がいらっしゃいましたが、
施設の外に出られて非日常のひと時、
気分転換のお役に立てたら嬉しいですねぇ。

閉店近くには、ご近所の方がご来店。
「さお竹」という竹の子を頂きました。
20110608さおたけ
「今頃?!」
と聞くと、山形で取れた竹の子とか。
新潟の「じん竹」に似てますねぇ。

早速、昨日頂いた米ぬかを大量に入れて、
下ゆで処理しましたが、
さすがにこれが今年最後の生竹の子でしょうねぇ。

貴重なものを、ごちそうさまでした!

竹の子といえば、今年は至る所で、
「今年は竹の子の出方も味も良くなかった」
と耳にしましたが、聞くところによると、
「地震があると、竹の子が出ない」
のだそう。

そいういう意味では、
今年口にできた生タケノコは、レアだったのですねぇ。

安心野菜

今日も暑かったですねぇ。
そんな中、ランチタイムを過ぎても、
展示を観に、初めてご来店の方々が、
沢山ご来店くださり、ありがとうございました!

ところで、今日のランチは、
トマトの冷製パスタがよく出ました。
気温25度を超えるとテキメンで、
一人を除いて、全員がリピーターで、
しかも、今日の気まぐれランチでは無い(笑)。

ほんと、夏の定番になりましたねぇ。

先週から自家栽培のバジルや、
グリーンリーフなどが使えるようになりましたが、
ほんと高い気温と強い日差しのお陰で、
野菜が目に見えて日に日に大きくなります。

取れたての野菜が美味しいのは当然ですが、
特に、グリーンリーフ、サニーレタス類は、
スーパーで買わざるを得ない時期や、
レストランとかで口にする時は、
「苦いもの」と思って我慢して食べてましたが、
取れ立ては、全く苦くない!!

そうそう、先日の狩野さんたちのお食事に、
取れたてサラダをお出ししましたが、
「庭で取ったばかりのレタスです」
と言うと、
「やっぱり!」
と貴奈さんもお分かりでしたねぇ。

午後には、家庭菜園をされているご夫婦から、
小松菜、チンゲン菜、はつか大根、
グリーンリーフ、らっきょうを頂きました。
20110607手作り野菜
「次から次に出来てしまって」
とおっしゃってましたが、
やっぱりどこも野菜の育ちがいいみたい。

間引き菜らしく、カワイイサイズで、
無農薬?らしく、虫食いの跡が沢山(笑)。
我が家の野菜も虫食い野菜ですが、
これこそ、安全安心の証拠というものです。
色んな野菜を沢山ご馳走さまでした!

他には、ご近所さまから、
沢山の米ぬかを頂きました。
20110607こめぬか
畑に撒く用に頂いたみたいですが、
これだけあれば・・・・
久々に「ぬか床」作ってみるのもアリです。

ただ、夏の暑い時期の管理が難しい。
ぬか床を入れられるスペースを、
冷蔵庫内に確保できないと失敗は確実。

あー、やるべきか、やらざるべきか・・。
でもキュウリのぬか漬け、思いっきり食べたいしなぁ。
もう1日考えてみます(笑)。

ワラビ漬け物

今日は、お昼に、2Fが貸切。
近くの運動推進委員の10名さまが、
トマトの冷製パスタ&シフォンセットでご予約。

食後にシフォンをお出しすると、
「あ!今日私の誕生日だ!」
「昨日、私の誕生日だった!」
とお二人の方が記念日だったそうで、
ケーキを見て、誕生日を思い出したのだそうで、
笑い声が響いてましたねぇ。

ところで、今日のお食事会は、
とても賑やかに笑い声が響いていたのですが、
メンバーの方の追悼の会だったのだそう。

一番の年配の男性が亡くなられたのだそう。
その方といえば、数年前に、
メンバーの方々と初めてランチにいらして、
タイのグリーンカレーを皆さんでご注文。

『年配の方だけど、大丈夫かなあ・・・』
と心配していたら、
「こんな美味しいもの、今まで食べたことない」
とおっしゃってくださって、よく覚えています。

グリーンカレーをランチに出し始めた頃で、
『当店の年配のお客さまには、無理かな・・・』
と迷い迷い作ってたところに、
こちらの方に「美味しい」と言っていただいて、
『こんな年配の方が初めて食べても美味しいなら、
このまま出してても大丈夫だ!』
と自信を持てた日でした。

その後もメンバーさんたちといらしてましたが、
そういえば、ここ1年はお見かけしてなかった。
まさか亡くなられていたとは・・・。
ご冥福をお祈りいたします。

1Fでは、常連の方が、
お花を持って来てくださいました。
20110606花1

毎年この時期になると頂くのですが、
ほんと素敵なお花です。
20110606花2

午後からは、展示者の石川さんがご来店。
ありがとうございました!

ところで、先日頂いたワラビですが、
味噌漬けとポン酢漬けにしてみました。
ちょうど漬かったので、石川さんにもお裾わけ。
20110606わらび2種
「味噌漬け」は、茹でワラビに軽く塩して、
水分を出してから味噌をまぶすだけ。

「ポン酢漬け」は、茹でワラビを、
千切り生姜をたっぷり入れたポン酢に入れるだけ。

以前、ご近所の方から、
「ワラビの生姜千切り入り甘酢漬け」
のお裾わけを頂いてて美味しかったのですが、
『うーん、醤油の味がちょっと欲しいなあ・・・。
そうだ!ポン酢にすればいいじゃん!』
と思ってた所だったので、早速トライしてみました。

甘みが足りなかったので、
昆布だし入りの寿司酢を足してみましたが、
ワラビのヌルヌルとポン酢のさっぱりが合います。

そういえば、ご近所さまから、
山菜の茹で「ミズ」のポン酢漬けも頂きましたが、
あちらも意外な山菜の食べ方で新発見でした。
要は、和風の即席ピクルスといった感じ。

ムシムシするこれからの時期、
寿司酢やポン酢を上手く使えば、
さっぱりメニューが増えそうです。

布草履入荷しました!

今日は朝から腰の具合が悪い・・・。
椎間板ヘルニアになった日と同じ症状で、
腰がぐぎぐぎ鳴って、痛みも・・・。
『このオーダー出したら、切り上げるか・・・』
と、だましだましの一日でした。

ところで、お店の方は、
石川さんが、急きょご来店くださって、
石川さんの知人の方々がいらしてくださったので、
ご本人さまからお話頂けて良かったです。

ところで、石川さんより、
ご自宅で咲いている?バラを頂きました。
その名も「バレリーナ」というのだそう。
20110604バラ1

小さな花だし、花びらは八重でないし、
バラって色々種類があるんですねぇ。
20110604バラ2
でも、つぼみの感じはやっぱりバラですねぇ。
沢山つぼみが付いているので、
これから次々開花したら、キレイでしょうねぇ。
ありがとうございました!

今日は、夕方まで次々お客さまがご来店、
先日狩野さんのコンサートにいらした方が、
ご家族でランチにいらしてくださったり、
常連さま、初めての方々から、
お久しぶりの方々がランチにお茶にと、
ご来店の皆さまは、ありがとうございました!

ところで今日の午後、布草履が届きました!
20110604布草履2011
今日は気温が26度と一気に上がって、
夏日の暑さになりましたが、
布草履は、夏の足モノとに欠かせません!

涼しく、蒸れないばかりか、
ネットに入れれば洗濯機で洗えるのがイイ!
特に夏のお風呂上がりには最高です。

ご自分用ばかりでなく、
夏の贈り物にも喜ばれること間違いなし!
男性用は4足のみ、柄も色々ありますが、
限りがありますのでお早めに。

また今日は、手作りフキ味噌と、
20110604手作りふき味噌

下処理されたワラビを沢山!頂きました。
20110604ワラビ
昨年もお裾わけ頂きましたねぇ。
三川の山の幸で手間のかかったものを、
ごちそうさまでした!

グッドニュース

今週初め、常連さまが息子さんとご来店。
息子さんは、イタリア在住のヴァイオリン職人で、
お仕事の関係で帰国中とかで、
いつも新潟に帰郷されると寄ってくださいます。
以前は、自作の楽器を弾いてくださったことも。

で、今日嬉しい報告があり、
息子さんが作られたヴィオラが、
昨日2台!も某交響楽団に売れたとか。
国際コンクールで上位を収めただけありますねぇ。

ヴィオラやチェロは大きい楽器のため、
職人が手を抜くことが多く、良品が少ないそうで、
その点、息子さんは丁寧に作られるので、
音色が比べ物にならないくらい良いのだそう。

次回の帰国の時には、チェロなども持って来て、
フィルの団員さんに見せる約束になったとか。
決して安い買い物ではないでしょうから、
丁寧な仕事をし続けていれば、
口コミが広がっていく可能性もありますねぇ。

いや~、帰国の度にステップアップ、
次に繋がる成果を上げてらっしゃってて、
30代そこそこの若さで、すごいですねぇ。

そうそう、ヴィオラを1台新潟に残し、
イタリアに戻られたそうですが、
プロの奏者の方がそれを預かって、
すでにコンサートなどで使って育ててるそう。
音色がほんとに良いらしく、
チェロの様な音色が出るのだそう。

いつかそのヴィオラを聴く会が出来たらいいですねぇ。

伝統

今日は、開店前、
オーナーは近くの小学校へ。
というのも、『鼓童』の巡回公演があって、
チケットを譲ってくださる方がいて、
聴きに行ってきました。

帰ってくるなり、
「すばらしかったわ~」
「子ども参加の教え方も上手だったわ~」
「床から体に振動が伝わるし、
体育館のガラスが振動でガタガタ言ってたわ!」
「狩野さんもあそこにいたのねぇ。
素晴らしいはずだわ~」
と朝から興奮冷めやらぬ状態でしたねぇ。

私も、小学校の時だか、佐渡で聴きましたが、
あれは体で聴く音楽というか演奏ですねぇ。
本格和太鼓は、あれ以来機会がありませんが、
その時の衝撃は、今でも記憶に残っていますねぇ。
なかなか和楽器の音に触れられない昨今、
今日の児童たちも良い機会になったことでしょう。

お店の方は、
今日も展示者の石川さんがご来店。
お嬢さんもご一緒でランチをしてくださいました。
連日、ありがとうございました!

他にも、お久しぶりの方々や、
ヨーガ教室の生徒の方々、
お茶タイムのグループさまがご来店、
閉店近くまでゆっくりされてましたねぇ。

ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、午後に、
燕の伝統工芸の彫金作家さんがご来店。
ご家族全員が作家さんというご一家で、
今日いらしたのは、すらーとした美人姉妹!
私と同世代のお二人ですが、
伝統工芸の世界で新しい境地を広げるべく、
頑張ってらっしゃる若手のお二人です。

10月に当店5周年特別企画として、
作品展をして頂くことになり、
作品のいくつかを見せていただきました。

銅彫金では珍しいという色味のある作品や、
モチーフがモダンな作品も。
さすがに手の込んだものは、数万円と、
すぐに手が出るお値段ではありませんでしたが、
その手間と時間を考えれば、納得というもの。
どんな展示になるか、楽しみです。