FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



「シルクロードを旅するコンサート」

今日は定休日。

当店のお客さまが発起人でもある、
「シルクロードを旅するコンサート」
が、午後から「りゅーとぴあ」の能楽堂であり、
そのお手伝いのため10時に現地到着。

まず、入口前の受付の設営です。
20110620開場30分前1

20110619開場30分前2
開場してからの人の流れをあれやこれや想定しながら、
皆さんでアイデア出し合って完成。

入口準備が終わると、
交代で控室に戻ってお昼を頂くことに。

能楽堂の控室は、こんな感じ。
20110620能楽堂の控室

頂いたお弁当は、こんな感じ。
20110619お弁当
野菜料理が多くて、美味しかったです!

食べ終わると入口へ。

開場時間の1時間半前にも関わらず、
会場確認や10枚のみの当日券を求めてお客さまが。
20110619開場時間30分前3

開場時間の30分前には、お客さまの列。
20110619開場15分前
開場時間には、150人近い列が出来て、
階段下までお客さまの列が続いてましたねぇ。

聞くところによると、2週間前には、
当日券の10枚を残してチケットが完売!
という大盛況だそうで、すごいですねぇ。

開場すると、来場者の中に当店の常連さまを始め、
お久しぶりにお会いするお客さま方や、
お世話になった方々の顔が見え、
「チェロとヴァイオリンのコンサート、
今年もまたお願いします」
と声を掛けてくださる方もいらして、
久々に皆さまにご挨拶出来て良かった!

開演すると、遅れていらっしゃる方の対応や、
清算、受付の片づけなどをして、30分後に控室へ。

控室モニターの映像を見つつ、
P6192979.jpg

テーブルの上に、
出演者のお一人が愛用のホットカーラーを発見!
20110619ホットカーラー
子どもの頃、我が家にもありましたねぇ。
懐かしくて、写真に撮らせてもらいました。

そうこうしていると、あっという間に休憩時間。
休憩終わりに合わせてホワイエに行って、
コンサート終了後のアンケート会場づくり。

会場づくりが終わると、控室に戻り、
終了・撤収に向けて控室の片づけをしながら、
モニターで最後の演奏を少し拝見したら、
あっという間にコンサート終了。

すぐにホワイエに行って、
アンケート用紙回収し、後片付け。

『少しぐらい会場で演奏聴けるかな』
『ウルグンさんの本気モードのホーミー、
生で聴きたいなあ』
とちらっと思ったのですが、そんな時間無し。
細切れで動いていると、2時間はあっという間でした。

最後に、出演者(「でぃがでぃなエチゴ」さん退席中)、
スタッフさまで記念写真。
20110619コンサート終了後能楽堂にて
17時会場撤収。
18時半からの打ち上げまで時間があったので、
久々に紀伊国屋でブラブラして時間つぶし。

打ち上げ会場は、駅南にある「葱ぼうず」さん。

村上牛のミニしゃぶしゃぶ&先付け
20110619村上牛しゃぶしゃぶ&先付け

アワビの踊り焼&刺身大皿盛り合わせ
20110619アワビ&刺身盛り合わせ

アワビ出来上がり
20110619アワビ

蒸しカキ
20110619蒸しカキ

手が汚れるこのタイミングで、
2回目のおしぼりのサービスがありました。

エビしんじょう
20110619海老しんじょう

炊き込みご飯
20110619炊き込みご飯1

20110619ご飯

デザート
20110619デザート
このお料理8品と、
飲み放題付きで5000円だそうです。

お料理にこだわり食材を使っているからか、
飲み放題の宿命か、量的に少なめな感じ。
PAの若手スタッフ君は食べ足りなかったみたいで、
最後は刺身のツマまでを食べてましたねぇ。

途中、馬頭琴奏者のウルグンさんの、
生ホーミーを聞くことが出来ましたが、
二胡の東條さんもホーミにチャレンジ!
20110619打ち上げ1
素人耳でもちゃんとホーミーになってて、
ウルグンさんからもOKをもらってましたねぇ。

ところで、昨年から東京に移って、
演奏者として活動しているウルグンさん。

今年の10月に行われるミュージカル、
「日中国交正常化40周年記念
ジンギスカン~わが剣、熱砂を染めよ~」
で、音楽スタッフとして参加、
馬頭琴を演奏することになったとか!

総合演出は、市川猿之助、
キャストは、紫吹淳、佐藤アツヒロ、鈴木亜美などで、
頂いたチラシには、ウルグンさんの名前も。
HPの「スタッフ」欄にも、
ウルグンさんの名前がちゃんと載ってましたねぇ。

「ジンギスカン」HPはこちらから

数週間後に、ミュージカルの記者会見があり、
会見前に馬頭琴を演奏される予定とか。

最終の新幹線で帰られたのですが、
お見送りの時に、
「キャストは、すごい有名人なんですよ!」
と一人ミーハーモードで言うと、
「有名人ですか?私、知らない」
とおっしゃって、
確かにそういうものかもしれませんねぇ。

ウルグンサンが院進学のために新潟に滞在中、
留学生支援ボランティアの方が、
「どこか馬頭琴を演奏できる所は無いか」
と中林さんにコンタクトを取られ、
当店を紹介してくださったのが最初で、
中林さんと一緒に下見にいらした時、
即興で馬頭琴を演奏をしてくださいましたっけ。

進学の目的は果たされることなく、昨年上京。
「どうしてるかしらねぇ」と気になってましたが、
最近「ウルグン 馬頭琴」の検索ワードで、
当ブログがクリックされることが度々あり、
「どこかで活躍されてるのかな・・・」
と思っていたところでした。
ほんと、上京して良かったですねぇ。

最後に皆さんで記念写真。
20110619打ち上げ2

2次会は、近くの「よさこい」へ。
総合演出を担当された、
劇団「栗田カンパニー」の俳優でもある、
荒井和真さんが合流して、飲み直し。

それから0時過ぎにお開き、
夜な夜な家まで自転車こぎながら、
一人感慨深けってしまいました。

1年半くらい前、
ウルグンさんと出会われた中林さんが、
「二胡、馬頭琴でコンサートとかしたら、
面白そうじゃない?」とおっしゃって、
「いいですね!」と盛り上がり、
「そうだ!どうせするなら・・・・
インド音楽の『でぃがでぃなエチゴ』さんとか、
こないだ聴きに行った尺八と箏のユニットとか、
結構アジア系の演奏家って新潟にいらっしゃいますよ!」
と色々アイデアが出て来てお話していたら、
「『シルクロード』のキーワードなら、
彼ら全員が繋がるコンサートが出来るかも!」
とふっと閃いて、中林さんにご提案。

「シルクロードってどこ?」
と中林さんがおっしゃるので、ネットで調べてみると、
中国、モンゴル、インド、日本がなんとか繋がる。

「ここ新潟で『敢えて』頑張っている、
アジア楽器の奏者が勢揃いするコンサートなんて、
新潟で初めての試みになるかもしれないですよ!!」
と、無責任に中林さんをたきつけたのを覚えてます。

その直後くらいに、中林さんがご来店中に、
石山おやこ劇場の代表の方の紹介で、
偶然にも『薫風之音』さんが初来店され、
両者が初対面し、とんとん拍子に話が進み、
それからあっという間に1年。

蓋を空けて見れば、早々チケットが完売するほどの、
思いもかけないくらいの大盛況で、
アンケートでも満足度の高い評価。
第2弾の要望の声も沢山ありました。

この1年、特に発起人&リーダーの中林さんは、
出演者間の調整に始まり、色んな手続き、
チケット販売などで直前の直前まで、
色々と気苦労があったようで、
大仕事、ほんとお疲れさまでした。

中林さんの心の中には、
来年は、シルクロードをさらに西へ、
ヨーロッパの方へ進めるイメージがあるとか。
どんなコンサートになるか楽しみですねぇ。

今回の出演者、スタッフの方々の間でも、
今回の出会いをきっかけに、
新しい繋がり、新しいコネクションが広がって、
新たなプロジェクトが生まれたりなんかしたら、
それこそほんとにすばらしいことですねぇ。

いずれにせよ、まずは、出演者、スタッフの皆さま、
お疲れさまでございました!
スポンサーサイト