FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



パン一斤の経験知

今日は、天気の悪い中、
開店と同時にお客さまがご来店。

近くの公民館のサークルの方々や常連さま、
初めてのご来店くださった方々など、一時満席状態。
ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、今日は、
オーナーのご友人の方が久々にご来店。

満席状態だったので、店内を見渡してらしたら、
突然「あら~!」と声が上がり、
ちょうどいらしてた常連のお客さまとお知り合い。
聞けば、20年ぶり!の再会だったとか。
「変わらないわ~」
とおっしゃってましたが、よくわかるもんですねぇ。

それにしても、
久々にご来店くださったオーナーのご友人は、
年に1、2回しかいらっしゃらないし、
常連さまも、そう毎日というわけでもないので、
すごいタイミングというか、なんというか。

今日は、奇跡的な再会に立ち会うことができましたねぇ。

ところで、今日はフレンチトーストが良く出て、
パンが品切れ。
閉店後急いで仕入れ先のパン屋さんへ。

が!、イギリスパンが売り切れ!
『マズイ・・・・ほんとマズイ』
と諦めきれずに、オープンキッチンの中を覗くと、
イギリスパンが数袋、片隅に置かれている!

『あるじゃーん!』

仕事終わりでパンを買っていた白衣の店員さんに、
「すみませーん、あのイギリスパン売らないんですか?」
と聞くと、彼女は仕事終わりだったようで、
別のスタッフさんを呼んで来てくれたのですが、
「申し訳ありません。あれは売り物じゃないので。」
「どうしても欲しいんです!」
「形悪いし、厚さも薄いのが入ってたりするし。
うちはそういうことしないので・・・」
「どこにも言いません!、お店の名前も出しません!
家で食べるだけなんです」
「うーん・・・・」
しかめた店員さんの顔を見ていたら、

「・・・・うちの子、ここのしか食べないんです!
ここのじゃないとダメなんですぅー!!」

自分でもびっくりするくらいスラスラと、
「うちの子が~」だなんて虚偽の内容が、
とっさに口から飛び出してきました。
しかも、「ここのじゃなきゃダメだ」なんて、
ある意味、商売してる人にとっては殺し文句(笑)。
しかも、ここの常連ということもアピール出来ている!

うーん、我ながらとっさによく思いついたものです。
『使える枚数が減って原価が上がっても、
何が何でも今日ここで買って帰る!!』
っていうまさに必死モードがなせる技ですねぇ。

が、ここまで言っても、
店員さんからは、なかなかOKが出ない。
終いには、店の奥に行ってしまい、
その間、最初に声を掛けた店員さんが、
途中まで傍で付き合ってくれて、
「ここから有るのが見えてますもんねぇ(笑)」
などと笑顔で相手をしてくれました。

そうこうしていると、
奥から男性の店長らしき人が出てきた!

「すみません、ダメですか?
どうしても欲しいんです!
料金はちゃんと払いますから!」
と言うと、
なんだか二人でこちょこちょ話してから、
「じゃあ、カット失敗したのが入ってますけど」
と言って、売ってくれることに!

「いや~、ほんと助かりました!」
と言って、レジでおつりをもらおうとすると、
「悪いので、これ、どうぞ」
とポイントカードを2枚も余計に差し出している。
「え?!、いやいや、そんな困ります。
わがまま言ったのはこっちなので。」
と言ったのですが、
引っ込めようとしないので、頂いてくことに。

帰り途、『それにしても・・・・
最初なんであんなに拒んだんだ?』
と色々考えてみたところ、分かりました。

お店としては、訳あり品を安く店頭販売すると、
そういう値引き商品しか売れなくなったり、
値引き商品狙いのお客さんが増えたりするのは、
お店としては困る事態なはず。
だから「うちはそいうことしないので」
とおっしゃったんですねぇ。

ただ、「ちゃんと料金払いますから!」と言ったし、
閉店後、仮に店員に安く売るよりは、
正規料金で売れるなら利益は出るし、
常連みたいで、すごい欲しがっているし・・
ということで、売ることにしたのでしょう。

が、それでは悪いと思ったのか、口止め料か(笑)、
ポイント券を多く出すことにしたのでしょうねぇ。

いや~、今日は、数百円のパンごときに、
色々と生きた勉強が出来ました。

「最初からダメと決めつけない!
まずはダメモトでやってみる!」
「両者にとって甚大な不利益・不都合が無ければ、
相手にも利があるように誠実に交渉すれば、
交渉は限りなく成功に近づく!」
「ハッタリくらい言えなきゃ、欲しいものは手に入らない!
『ウソも方便』(ちなみに、仏教用語です)だ!
ただし、誰かを傷つけたり、迷惑をかけない限りにおいて」

そしてなにより・・・・
土壇場でスラスラと事実でないコトを口走った自分に、
『私、いつの間にか度胸が付いて来たというか、
なんか、えらく図太くなってるかも・・・』
と、オバタリアン化してる自分に、
ちょっと、というか、かなりショックでした(笑)。

実は、先日海外で一人歩きした時、
地元の人をつかまえて写真を撮ってもらったり、
白タクにつかまりそうになったりしたのですが、
これまでの人生であまり強く欲望したことがないのに、
異国の地で「こうしたい!」「あれがしたい!」
と、明確な「目的」を持つことがあった時、
その目的達成のためにダメモトで動いてみたら、
意外に上手く目的が達成されてしまった経験をして、
「世の中は私が思ってるよりずっとシンプルかも」
と、臆病で頭でっかちの私の頭の中で、
生き方の未知のモードが新しく生まれたような、
ガチガチな理性の一線を越えてしまったような、
そんな気がしてましたが、今日の出来事で、
しっかりと踏み越えてたことが証明されました(笑)
スポンサーサイト