ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



つなげるからつながる

今日は、2Fは、7名さまのご予約で、
ご注文は、おまかせランチ。

前回のご利用の時は中華でしたが、
えらいお待たせしてしまったので、
今日はすぐにお出しできるように、
段取りを考え、韓国料理にすることに。

●おかずプレート
20120131韓国プレート
豚バラキムチ、ニラチヂミ、チャプチェ、
ナムル3点盛り

●ご飯&スープ
20120131スンドゥブ風スープ
スープは、サムゲタン風の白スンドゥブ。
鶏肉と豆腐入りで、辛くないスンドゥブです。
ニンニク、生姜が結構入っていますが、
鶏の旨味の濃い、体にしみるスープです。

●デザート
20120131マンゴープリン
マンゴープリンと、
特別に、上海土産の胡麻クッキー付き。

上海の胡麻クッキーですが、
「美味しかったので、売っていれば買いたいんですけど」
とお声を掛けてくださった方がいらっしゃいましたねぇ。
お口に合って良かったです!

●珈琲or紅茶

最後にサービスで、「花果茶」をポットで。
今日は、ライチ味。

お帰りの時、「このお茶、美味しいのよ~」
とライチと桃をご購入くださった方が。

確か前回のお食事会でご来店の時、
キャンドルホルダーをご購入くださったかと。
あれから飲んでくださってるんですねぇ。
ありがとうございます!

何度も2Fから賑やかな笑い声がしてましたが、
夕方まで皆さまゆっくりされていかれ、
まさに時間を忘れて楽しい時間を過ごされたようで、
何より!よかったです。

またのご利用、お待ちしております!

ところで、今日も色々と頂き物が。

2Fのお客さまより自家製甘酒。
P1317330.jpg

夕方いらした方より「樹熟」のポンカン。
P1317334.jpg
「樹熟」という言葉、初めてしりました。
葉っぱは青々してても、「完熟」なんですねぇ。
どんなに味が違うのか、楽しみです!

色々とごちそうさまでした!

ところで、今日はオーナーはお店を早退。

というのも、
一昨年「175歳展」をしてくださった、
中原さん宅へ福島からの避難者の方をお連れするため。

先日、オーナーが別件で中原さん宅へ伺った時、
「今度、震災で自宅を流された避難者の方に、
パッチワーク作品を出品して頂くことになった」
とお伝えしたところ、
お手持ちの沢山の布を譲ってくださることに。

聞けば、中原さんは中原さんで市役所に電話し、
「自分の布を避難生活者に譲りたい」
と申し出たところ、
対応した市役所職員はうんともすんとも言わず、
思いを届けることはできなかったそう。

それじゃあ、と今度は新しくできた交流所に、
布を届けようと思ったものの、足が無く出来ず。
まさにがっかりしていたところだっとか。

今日は、お話に出ていた布ばかりか、
裁縫道具やら手芸道具を用意くださってたり、
他にも色々お心遣いをくださったそうで、
ありがとうございました。

お連れした方は当然のことながら、
中原さんも直接避難者の方に布を渡すことが出来て、
思わぬ所から思いが実現し、とても喜んでらしたとか。

たまたまお邪魔した時のおしゃべりから、
見知らぬ者同士だったお二人のニーズと思いがつながり、
お役に立てたみたいで、ほんとよかったです!

3月の展示の時には、
中原さんにもお越しいただきたいものです。

それにしても・・・
いつどこでどんな「つなぎ目」が生まれるやら、
分からないものです。

お茶飲みの場も、人と場合によっては、
有効な社交の場、情報交換の場になりうるのですから、
ただのお茶飲みなどと侮ってはいけませんね。
スポンサーサイト

飯寿司第2弾

今日は、一日中まんべんなく途切れることなく、
常連さまからお久しぶりの方々、
初めての方々などがご来店くださって、
ゆったりとご用意接客が出来ましたねぇ。

ご来店くださった皆さま、ありがとうございました。

ところで、手作り料理好きの常連さまが、
手作りの「飯寿司」の第2弾が出来上がったということで、
早速持って来てくださいました。
20120130飯寿司1

味見すると、酢がきちんと効いていて、
マス、数の子、人参、大根、ゆず・・などなど、
具も前回より沢山ごろごろ入っている!
20120130飯寿司2
マスの油っこさと糀のこってりな甘みを、
まさに日本酒で流したい!という美味しさで、
大成功ではないでしょうか。
手間と時間のかかるもの、ごちそうさまでした!

イベントデー

今日は定休日のイベントデー。
お天気も晴れて、イベント日和でよかった。

今日は、毎年恒例、
「年初め事始め大会」(別名赤っ恥大会)。
P1297290.jpg
なぜか5年目して、オーナーは看板を手描き(笑)。
「写真に撮ってブログに載せて」
と言うので、一応載せておきます。

今年は、広く参加を呼び掛ける必要もないくらい、
早々に問合せや参加表明を頂き、
下は3歳から上は75歳以上と幅広いご参加。
ご参加頂きました皆さま、ありがとうございます!

今年は、小さなお子さまからスタート!

お遊戯
20120129歌と踊りとピアノ
しっかりしたお姉ちゃんに、
3人の弟&妹さん全員で初参加くださいました。
子どもは存在それだけでカワイイものですねぇ。

カンツォーネ
20120129カンツォーネ
愛の歌2曲ということで、
真っ赤なバラを付けて歌ってくださいました。

二胡&ヴァイオリン
20120129二胡&ヴァイオリン
二胡がピアノの上のお飾りになって久しい私が、
人様のことを言える立場ではありませんが、
お二人とも明らかに音が安定し、
ほんとお上手になりましたねぇ。

コカリナアンサンブル
20120129コカリナ

歌1
20120129歌1

歌2
20120129歌2
去年は受験生でありながらも参加してくれ、
今年はお友達と参加してくださいました。

半分終わった所で、台湾粥。
20120129台湾かゆ

後半は、ギターソロから。
20120129ギター1
昨年は、初参加で大トリに当ってしまい、
今年はリベンジで参加してくださいました。
それでも緊張が手に取るように伝わって来て、
最後まで投げずに演奏してくださいました。

フルート
20120129フルート

ピアノソロ
20120129ピアノソロ
3度目の正直ならぬ、3年目のリベンジ。
「今年ダメなら来年は別の曲にする」
とおっしゃってましたが、
ほぼ1発で弾き切り、大拍手を貰ってましたねぇ。
この曲は、今年で無事卒業できますねぇ。

60過ぎからの手習いのピアノだそうですが、
あきらめないその心持、見習わないとですねぇ。
3年間、お疲れさまでした!

ケーナ&ギター
20120129ケーナ&ギター
初めて生で聴くケーナですが、
楽器の構造のせいでしょうか、
音を出すのだけでも一苦労な感じの楽器ですねぇ。
ぜひ来年は、「コンドルは飛んで行く」
を聞いてみたいですねぇ。

歌3
20120129歌3
昨年の3.11の犠牲者と、時期を同じくして
亡くなられたお母様への哀悼の気持ちを込めて。

ギターアンサンブル
20120129ギターアンサンブル
複雑な音の重なりのある4重奏で、
なかなかテクニックが要る演奏でしたねぇ。

合唱
20120129合唱

最後に、詩吟。

肺癌の手術で片方の肺の3分の一を切除し、
リハビリで詩吟を初めて2年目とか。
肺活量が普通より少ないはずなのに、
スゴイ声量!ですばらしく、写真撮り忘れてしまった・・・。

特別にお願いして歌っていただきましたが、
快く引き受けてくださり、ありがとうございました!

このイベントでは、記憶に残る演奏は、
上手な演奏というよりも、
緊張の中、間違えながら頑張ってる演奏。

特に、70歳前後の皆さんが、
退職後に新しい楽器などを始められて、
敢えて人前での演奏にトライする姿は、
『もし自分がその年齢になったらやれるか・・・』
と自問すると・・・・ほんと尊敬に値します。

幾つになっても新しいことや新しい曲に、
チャレンジできるのは、気力がある証拠です!

ぜひ、皆さま、ハリのある1年間にするためにも、
今年1年間の目標として来年もご参加くださいませ!

ところで、ご参加の方々から頂き物が。

自家製の梅酒&金柑の甘露煮
P1297296.jpg

手編みのイス座面マット(表)
P1297298.jpg

リバーシブルでその裏
P1297299.jpg
「ここのイス、冷たいから」
と、いつもご来店するとお座りになる席に、
座面マットを作って持って来てくださったそう。

全くもって気が効かないところを、
当店ではお客さまが補ってくださってて、
情けないやら、かたじけないやら・・・。
手の込んだモノ、ありがとうございます!

4人姉弟のお宅からは、大豆の揚げ煎餅が。
P1297300.jpg
味がしっかり付いてて、
大豆も香ばしく、美味しかったです!

皆さま、ごちそうさまでした!

上海の味

今日は閉店後、
今年初めての「アジア料理を食べる会」です。

出席者の方より、ワインの差し入れがありました。
20120128差し入れワイン
ごちそうさまです!

今回は、前回の参加者の方より提案があった、
「新年プレゼント交換」をしてからのスタート。
同じ金額なのに色んなプレゼントがあり、
なかなか面白かったですねぇ。

今日のメニューは・・・

ビーフ味のそら豆(上海)
20120128上海味付き空豆
豫園のお土産で有名なそら豆スナックですが、
豫園に行った時に買うのをすっかり忘れ、
帰国前日、スーパーのウォールマートで購入。

塩味とビーフ味を買って来ましたが、
今日は、おつまみなのでビーフ味に。

皆さん、初めて召し上がったようですが、
「これ、おいしいー!」を連発。
濃いめの味付けにそら豆の香ばしさと風味が加わって、
思いの外、好評でしたねぇ。
こんなことならもっと買ってくれば良かった・・・。

ピータン豆腐(台湾)
20120128ピータン豆腐
栃尾の星長さんのおぼろ豆腐が手に入ったので、
久々にご用意してみました。

チャプチェ(韓国)
20120128チャプチェ

筍と鶏肉炒め(タイ)
20120128タイ筍と鶏肉炒め

エビの塩炒め(上海)
20120128上海海老の塩炒め
上海のレストランで2回ほどご馳走になった、
上海の名物料理。

本来は、小さな川エビなのですが、
手に入らないので4Lサイズのエビで。
中国黒酢を付けて頂きます。

豆苗のニンニク塩炒め(上海)
20120128上海豆苗の塩ニンニク炒め
こちらも上海のレストランで頂いたものを再現。
豆苗が初めての方も多かったですが、
「おいしい!」
「味付けがいいんだわ~」
とお口にあったみたいですねぇ。

生煎包(上海)
20120128上海生煎包2
こちらも上海の代表的な料理。
去年日本上陸とかで、流行ってましたねぇ。

蒸し焼きする肉まんで、底はカリッと焼き上げます。
熱々を酢醤油と生姜の千切りと一緒に。
20120128上海生煎包

せっかくなので、手作り!
しかも、久々に粉から皮を作ることにしました。
P1287148.jpg

P1287152.jpg

レシピ通りに作ったのに、なぜか具が半分も余まり、
結局2倍の50個近く作る羽目に。
20120128肉まん包み2
とはいえ、お陰で、4時過ぎにいらした展示者の方に、
少しですがお裾わけできました。

それにしても、
某調理師専門学校の先生著なのに、
揚げごま団子を作った時も皮の具合が明らかに変で、
ほんとおかしなレシピ本・・・。
味は美味しいんだけどなあ。

全部を生煎包にせず、
残りは蒸してミニ肉まんにしておくことに。
P1287164.jpg

上海焼きそば(上海)
20120128上海焼きそば
これもレストランで2回もご馳走になって、
味を覚え、再現してみました。

あちらの麺は、ちぢれ麺ではなくてストレート。
太さもレストランによって細そかったり太かったり。
関本製麺さんから太麺が出てたので、
今日は太麺バージョンで作ることに。

最初に食べたレストランでは、
ピリ辛・五香味の肉そぼろが付きで、その味を再現。
20120128肉そぼろ
焼きそば自体、ブラック醤油を使っているので、
色のわりに味がやさしいのが特徴で、
「この肉あった方が、美味しいわ~!」
「味、変わるわ~」
と皆さまおっしゃってましたねぇ。

トマトと卵のスープ(台湾)
20120128トマトと卵のスープ

最後に、空港で買って来たクルミの一口クッキー。
P1287244_20120129010622.jpg

うーん、写真と見た目が全然違う・・・。
P1287246.jpg

P1287248.jpg
硬めのクッキーという感じだけど、
サクサク、ザクザクしてて、
ラードのような匂いも無く、悪くない。
思っていたよりずっと美味しかったですねぇ。
ただし、クルミの味はあまりしなかったですが。

「今日は上海が多かったな」と最長老のお客さま。
「ですねぇ、帰ったばかりなので、
味、忘れないうちに作っておこうと思って」
確かに、最後の方は上海料理を食べる会に・・・・。

でも今日は「おいしいー」、「おいしいわよ~」
「とーっても美味しいわ」などの言葉が連発で、
ほんと、よく聞こえてきました。

お昼抜きで気合十分の方が2人もいらしたそうですが、
上海料理自体、女性が好きそうな優しい味で、
ほんと美味しい!!

「上海焼きそば」は、もう少しセットなんか工夫したら、
気まぐれランチの新メニューになりそうだし、
「上海プレートランチ」なんて結構イケそう(笑)。

いずれにせよ、とりあえずは、
本場で食べた味を少しは再現出来たし、
皆さまのお口にも合ったようで、良かったです。

次回3月の日程も決まりました。
ありがとうございます!
それまで皆さまお元気で~!

甘酒&本場のスパイス

今日は、よい天気になりましたねぇ。
新潟空港閉鎖で定刻に飛べず、着陸できずの、
昨日の悪天候がウソのようです。

雪が積もってても、やっぱり晴れると、
お客さまの足も出やすいようで、
今日は、2Fは5組のママ&お子さまグループ。
お一人を除いてあとは初めてのご来店だったようで、
新しい方々をお連れ頂き、ありがとうございました。

1Fも、初めての方や常連さまが、
次々いらしてくださいましたねぇ。
特に、上海行きをご存じだった方々は、
「無事に帰って来たわねぇ」
「お帰り~」などと顔を見にいらしてくださって、
ありがとうございました。

そして、今日もまた、いつもと変わらず、
いろいろと差し入れを頂きました。

いつも手作りのお惣菜を持っていらっしゃる方より、
最近お気に入りでハマっているという、
ストレートタイプの冷やして飲む甘酒。
20120126麹の甘酒
薄める必要がないタイプなのですが、
またしても冷えた炭酸で割ってみたら、
きりっとしてやっぱり美味しい。

当のご本人さまにもおススメしてみたら、
予想外の飲み方に驚いてましたが、お帰りの時には、
炭酸がどこで買えるのか聞いてらっしゃいました。

後は、シラスと枝豆のかき揚げ。
20120126差し入れ惣菜
上海からオーナーの携帯に電話した時も、
炊き込みご飯やおかずを色々持ってらしてたそうで、
ランチを食べにいらしたお客さまのお口にも入って、
空腹のままお帰り頂くことは免れたそう。

他にも、展示者の方がお友達をお連れくださった際、
シュークリームを他のお客さまの分まで、
沢山持って来てくださったそうで、
珈琲・紅茶のみのメニューをカバーしてくださったとか。

皆さまには大変、ご迷惑をおかけしました。
そして、助かりました!

午後からは、常連のご夫妻さまがいらして、
ネパールの香辛料色々と、
20120126ネパールのスパイス

ネパールのレシピ。
20120126ネパールスパイスレシピ
奥さまの弟さんが、ネパールに学校を数校建てられ、
年に数回、写真撮影がてらネパールに行かれ、
その時に買ってこられたものとか。
「私もらっても使えないから。横文字も読めないし」
と持って来てくださったそう。

ナツメグ、カルダモン、グローブは普通ですが、
野生のコショウは珍しい!

レシピも、英語なのでなんとかなりそう。
インド系のレシピは、手持ちが少ないし、
ましてや本場のレシピは超嬉しいです!
ありがとうございました!

ところで、今日から数量限定で、
ランチをご注文の方々に特別サービス。
上海のお菓子を珈琲にお付けしています。

上海のデパートの地下食品売り場に入っている、
マカオのケーキ&ベーカリーのクッキーです。
20120126上海土産
ちゃんと味見してから買って来ましたので、
味は、保証いたします!

保存料などが入っていないため、
賞味期限が短いココナッツクッキーから。
20120126ココナッツクッキー
ぎっしりココナッツが詰まってて、
ココナッツ好きにはたまらない味。

これが終わったら、
ごまの薄焼クッキーをお出しする予定ですが、
数量限定なので、無くなり次第終了します。

それにしても、ここのお店のお菓子は、美味しい。

エッグタルトもほんと美味しかったなあ。
人気なのか店頭にあったタルトは次から次に売れて、
あっという間に完売状態でしたねぇ。

北京に行った時、
「中国のパンとお菓子はマズイ・・・」
という印象しかありませんでしたが、
上海は、やっぱり違います。

初上陸!

今週の月、火、水の3日間、
誠に勝手ながらランチをお休みさせて頂きましたが、
休みとは知らず食べにいらしてくださった皆さま、
大変申し訳ございませんでした。

実は、先週の21日土曜日から25日水曜日まで、
一人上海に行っておりました!

ちなみに下の写真は、証拠写真で、
上海浦東国際空港に接続している、
リニアモーターカー乗り場でのもの。
20120121リニアモーターカー乗り場にて
最高時速は400㎞まで出るそうで、
市内までタクシーで40分くらいかかるところを、
たったの8分!で行くというスゴイ乗り物でした。

上海は、新潟から直行便で3時間半、帰りは2時間!
あっという間の上海に着いてみれば、
観光地巡りは二の次で、遠目に眺める程度、
毎日地下鉄を乗り継ぎ乗り継ぎで移動し、
市場やお店巡りの4日間でした。

が、中国ではこの日曜日と月曜日は、
旧暦の大みそかと新年で、
滞在期間は、お正月ウィークど真ん中!

特に今年の正月休みは、
マックスだと9連休の大型連休の人も多く、
地方へ帰省する人は、31億人以上で、
高給取りの人たちは、1週間の海外旅行とか。

ということは、上海など都会から人が消える・・・。

想定していた事態とはいえ、
デパートや観光地以外は、やっぱりほぼ休業状態。

多少の買いもの、仕入れは出来ましたが、
お店が休業状態に加え、物価が北京よりかなり高い!
デパートなんか、日本のデパートと同じか、
それ以上の高価なモノがいくらでもある。

ということで、なかなかお目当てが見つからず、
展示するほどは買えませんでした。

上海は、北京に比べるときれいだし、便利だし、
車の運転の仕方を始め、生活マナーやルールも、
ほぼ日本のそれとほとんど同じで違和感無いし、
品物のセンスもすごくいいし、オシャレ。

言葉が中国語だというくらいで、
東京に遊びに来ているみたいな感じで、
北京の時よりストレスがほとんどなかったですねぇ。

まあ、今回はそういう国際基準的な場所がメインで、
ローカルな所にあまり行かなかったこともあり、
そういう意味では、異国情緒を感じる回数が少なくて、
究極の非日常、異文化体験の「海外に来たぞー!」感は、
いつもに比べると少し物足りなかったかも。

とはいえ、それなりに国際都市上海の様子も、
表も裏も色々と写真に撮ってきましたので、
いずれアップ出来たらと思います。

が・・・・・
前回、前々回の北京の珍道中記が未完成。

そちらの方をまず人知れずにアップしてから、
追い追い上海の様子もアップ出来たらと思いますので、
気長にお待ちくださいませ!

ランチお休みのお知らせ

誠に勝手ながら、下記の期間、
お食事の提供をお休みさせて頂きます。

23(月)、24(火)、25(水)

珈琲、紅茶類は、お出しできます。
展示も、通常通りご覧いただけます。


実現!

今日は、福島県から新潟市内に移られて、
現在避難生活を送られている3人さまがご来店。

というのも、
年末に被災者向けのイベントを主催したが、
そのイベントでパステル画家さんと知り合いに。
イベント終了後、
「こういう人に会ったんだよ~。
ギャラリーあるって話しておいたさ」
と名刺交換した名刺を見せて頂いた時、
「そうだ!1年経つ3月に展示というのはどうですか。」
「うーん、どうだろねぇ。作品あるかどうか」
「とりあえず、まずは、当店にお連れください!」
という会話をしました。

で、早速今日、他の作家さんとご来店くださいました。

3人さまは、パステル画、パッチワーク、
リース&ドライフラワー雑貨を作られる方々。

打ち合わせの結果・・・・
3月の1ヶ月間、作品展をして頂けることに!

打ち合わせの後、パステル画の体験会。
P1206372_20120120224037.jpg

オーナーがチャレンジ、30分くらいで2枚。
P1206392_20120120224035.jpg
「楽しかった~!」と皆さん。

作家さん作のポストカードを4枚頂きました。
P1206395_20120120224036.jpg
期間中に体験教室とか出来たら、いいですねぇ。

ところで、パッチワークの方は、
自宅を津波に流されてしまったそうで、
作品どころか、材料の布も足りないとのこと。

で、ふっと思いつきました!
以前、常連さまから頂いた着物の残りがあったのを。
『和風生地だけど、どうかなあ・・・・』
と思ったものの、お見せすると、
「避難所の人と一緒に。声かけてみます!」
と有効に使って頂けそうで良かったです!

しかも、パッチワークの方は、
近くの地区にお住まいとのことが判明。

震災後、店から離れられないし、
がれき処理にも行けないし、何か出来る芸もないし、
「ここにいて、私が出来ることってなんなんだ・・」
とずっと考えていて、
「福島の作家さんの展示ならここでも出来る!」
と考えて、ずっとネットで色々検索したのですが、
被災者支援につながる作品、作家さんに辿りつかず、
あきらめていたのでした。

それが、巡り巡って3月という節目で実現するとは!
すごい縁ですねぇ。

これも、チャリティーイベントを主催した方、
そのイベントに参加した作家さん、
展示の誘いに賛同くださった他のお二人の、
すべての気持ちが繋がったからこそですねぇ。

皆さま、すばらしい!!
そして、展示決めて頂き、ありがとうございます!
思いが実現できそうです!

ところで、3人さまをお連れくださった方より、
長岡の銘菓「飴もなか」と、
P1206379_20120120224034.jpg

くだもの色々を頂きました。
P1206376_20120120224033.jpg
「飴もなか」は、存在は知ってましたが、
頂くのは初めて!たっぷりのアメ餡でしたねぇ。
ごちそうさまでした!
そして、今日は3人さまをご紹介頂き、
ありがとうございました!

子育て講座のご案内

ご近所の東明保育園さんで31日
「第4回子育て講座」(無料)が開催されます!


[続きを読む]

郷土食

今日は常連さまが沢山だったので、
第二弾の安納芋の焼き芋をすることに。
20120116安納芋の焼き芋
手が離せず、すっかり忘れて入れっぱなし状態。
が、常連のお客さまが見ててくださったので、
焦がさず、うまく焼けました。

午後から、常連さまがまたまた色々持ってご来店。

出かけようとしたら八百屋さんがちょうど来て、
おススメ品を当店分も買ってきてくださったそう。

まずは、大きなみかん。
20120116みかん
まさにちょうど昨日、
年末に箱買いしたみかんが、切れたところ!
なんというタイミング!

他に、新潟で2軒の農家さんしか作っていないという、
珍しい「菜花」もいただきました。

いつもご馳走さまです!

さらに、今日も手作りのお惣菜が。

初挑戦されたという「飯寿司」。
20120116飯寿司
10日間の熟成期間経て今日が開封日だったとか。
で、早速持って来てくださいました。

ちょうどいらしてた常連のご夫婦さまにも、
味見がてらお出しすると・・・・

ご主人は北海道出身で、
まさに郷土料理なのだそう。

一口食べるや、ご主人さま、
「お酒ちょうだい!(笑)」
「あれば、出したいくらいですー(笑)」

ただ、糀の漬け床の量がかなり多いというか、
漬けこむ具材の量が少ない気が・・・。

ネットのレシピで見ていたものに比べると、
具材に糀床が軽くまとわりついているというより、
具材が糀床にポツポツ埋まっているという感じ。

味見して頂いた奥さまの方は、
具材だけ召し上がって、糀床は残されてましたねぇ。

漬かり上がりに出るはずの、
野菜などから出る水分もほとんど出なかったそうで、
もっと野菜入れても良かったのかもしれませんねぇ。

また、甘みもかなり強くて、聞けば、
酢が足りなくて、代わりに寿司酢を入れたのだとか。
どおりで、自然な甘みじゃなかった・・・。

上手く発酵してれば出てるであろう、
酸味も全く感じなかったので、
試しに、普通の酢を結構な量を入れてみたら、
名前の通り寿司って感じで、さっぱり。
酢のうまみも加わって、イメージした味に。

酢入りを試食して頂いたら、
「ほんとだわ~、旨味も出てる。」
とおっしゃってましたねぇ。
お宅で酢が切れてるそうなので、
特売の時に買い置きしておいた酢をプレゼント。

何事も最初は、レシピ通りで作って、
基本の味が分かってからアレンジしたほうが、
無駄が少なく好みの味に近づくのかも。
大きなお世話ですが・・・。

でも、こうやって、
「あーだ、こーだ」いいながら試食するのが、
実は一番楽しいのかもしれませんねぇ。

口が甘くなったので、
自家製味噌漬けをお出しすることに。

こちらも今日がちょうど漬け終わりの
正月休みに漬けこんだ、わらびの味噌漬け。
20120116わらびのみそ漬け
年末に頂いた栃尾の塩漬けわらびを、塩出しして、
4日に漬けこみました。

「硬めの白いご飯を、これだけで食べたいわ~」
と味見した常連さまがおっしゃってましたが、
まさにその通り!わらびのヌルヌルは、
硬めのご飯じゃないと、だめですよねぇ。
ほんと、これだけで、ご飯いくらでもいけます。

ここ数年、お客さまから教えて頂いてるせいもあって、
こういう郷土食みたいのものが、
えらく美味しく感じるようになりました。

また特に最近、料理のみならず、甘いものでも、
脂肪分があるものをいつもより多く摂取すると、
次の日の夜に必ず体がかゆくなるので、
なるべく口にしないようにしています。

でも、しつこいものを食べなくても、
他のあっさりしたもので満足できてるので、
年齢に応じて味覚と嗜好を替えて行けてるみたい。

子どもの頃から我が家では、
祖父母世代の大人の味も食卓に並んでたので、
自然に色んな味を覚えられたお陰でしょうねぇ。
数十年経ってその効果を享受できるって、
ある意味すごい文化継承の効果です。

50、60になっても、ハンバーガー&ポテト、
ビックサイズのチーズケーキを食べ続けられる味覚では、
確かに体には負担が大きいですからねぇ。
どこの国とはいいませんが・・・。

皆さまから色々と頂きものをしているだけでなく、
人生の大先輩であるお客さま方から、
伝統的な味や料理、趣味の世界を知る機会を頂いて、
実は、自分の老後に向けて緩やかに
色んな楽しみの幅を広げる機会を得てる毎日です。

裏メニュー

今日は、初めてのパスタが登場。
ペペロンチーノです。
20120114ぺペロンチーノ
というのも、
2年近くトマトの冷製パスタオンリーの方が、
この冬に風邪をひかれてからというもの、
「寒くなるから」とおっしゃって、
パスタのみ召し上がり、トマトはほとんど残すように。

残しながらもずっと注文し続けてくださってるので、
『無理して冷たいものを召し上がってるのか・・』
と思うと、トマトももったいないのですが、
100%満足出来るものを提供出来てない心苦しさで、
とうとう一昨日、トマトが残ったお皿が戻ってくると、
「温かいトマトパスタ、作りましょうか?」
とお声掛けしてみました。

「え、出来る!?」
「基本的なトマトとニンニクだけのパスタですけど」
「じゃあ・・・・ニンニクだけのできる?」
「ああ、ペペロンチーノですか?」
「名前分かんないけど、ニンニクだけでいいんだ」
「分かりました、用意して置きますね」
「今度はそれ、たのんでみよう」

ということになって、昨日、材料を用意することに。

メインは、青森産の1玉300円近くのニンニク。
同じ値段で1キロの中国産が売っていたのですが、
材料がシンプルなだけに、青森産にすることに。
後は、EXヴァージンオイル、パセリ唐辛子、塩のみ。

ほんとシンプルなパスタなのだけれど、
逆に、少しでもやり過ぎ・足りな過ぎになると、
不味いパスタのになるので、
チョチョラに作ることのは禁物です。

で、今日、早速ご来店くださってご注文。

いつも召し上がってる量より具が少ないので、
パスタ、ニンニクの量を、レシピの1.5倍で。

ニンニクは、国産や地場産をよく使ってましたが、
やっぱり青森さんは、別物、違いますねぇ。
旨味がすごいあるのに、匂いがきつくない!
こういうシンプルな料理ほど、本領発揮です。

召し上がり始めてからしばらくして、
「辛くないですか~?」
とお声かけすると、
「全然!、お~いしい~!
こいうの食べたかったんだわ~」
「そうですか、それは良かった!」
「これから、これにしよ!」
とおっしゃって、
口いっぱいに頬張ってらっしゃましたねぇ。

こんなことなら、もっと早くにリクエスト、
お聞きすれば良かった。すみませんでした。

ところで、今日は、午後、
相撲の初場所の番付表を持って来てくださるが。
20120114番付表1

毎回、場所が始まると頂いてるのですが、
初場所は、「謹賀新年」のハンコ付き。
20120114番付表初場所2
それにしても、
力士の出身地は、外国名が目立ちますねぇ。
しかも、上位ほど・・・。

ところで、今日でハンドメイド展が終了。
長い間の展示、ありがとうございました!

期間中は、展示者の方々が胎内や村上から、
何度もお客さまを連れて来てくださって、
ありがとうございました。

また機会がありましたら、
ぜひ、よろしくお願いいたします!

ところで展示者のお一人、漆塗りの「nobuzo」さんから、
漆塗りの玉付きストラップを頂きました。
P1156330.jpg
オーナーも早々に頂いておりましたが、
私まで頂いてしまって、恐縮です。
ありがとうございました!

漆塗り専門店の「nobuzo」さんは、
村上駅前から230号線沿いにありますので、
お近くにいらした際は、ぜひお寄りくださいませ。

展示撤去作業が終わると、入れ替え展示作業。
遅くまで、お疲れさまでした。

来週からの展示は、ガラッと変わります!

クロスパルの日本語教室「わおん」の代表、
竹中弘子さんが、長年留学生と交流して来た中で、
帰国する留学生からプレゼントされた品々展です。

あまり見ることのできない民族衣装などが並びました。
ぜひご覧くださいませ!

指人形ストラップ入荷しました!

今日は、お久しぶりの方々が、
開店前からご来店くださったり、
常連の方々も午後からご来店。

中には「女性とデートで待ち合わせなんだわ。
15分で行くから花果茶2種類出しておいて」
という男性の常連さまからお電話。

花果茶の抽出に時間がかかるのをご存じで、
時間を見定めて事前注文くださいました。

しかし、15分でもちょっと時間が足りないので、
すぐにキャンドルをセットし、
花果茶は、「ライチ味」と「チェリー味」に。
気持ち多めの茶葉と熱湯をポットに入れ、
すぐさまキャンドルに着火。
結局、お連れさまの到着が遅めで、
十分過ぎるくらいの抽出が出来ました。

お連れの女性のお客さまは、
初めて見る茶器セットに感激され、
また、一口飲むなり、「わ~、美味しい!」
とおっしゃって、お帰りの時には、
「家でも飲みたいわ」
「今飲まなかったものがいいわ」
とおっしゃって、「桃味」購入くださいました。

やっぱり女性、この花果茶の味好きですねぇ。
気に入って頂けて、良かったです!
ご注文くださった常連さまも、
接待が上手く行ったみたいで大満足のようで、
良かったです!

ご利用、ありがとうございました!

また、常連さまたちが顔を合わせたので、
年末に頂いた「安納芋」を焼き芋にすることに。

小さいので、20分くらいで完成。
安納芋の焼き芋
P1136311.jpg
で、切ってみてびっくり!、食べてみて、驚嘆!

粘りやホクホク感なんて全く無くて、
一切れつかむのにも崩れそうなくらい柔らかく、
まるで蜜が滴りおちるかのごとく、
激甘の汁がぎっしり。

焼き芋を食べる時のあのお芋が喉に詰まる感じは、
全く無し!むしろサラ~と口の中で無くなって、
芋きんときよりもみずみずしいくらい。

いや~、本家本物、種子島の安納芋は、
こんな甘さ、みずみずしさだったんですねぇ。
常連さまも、「蜜だわ~!」「甘~い!」
「待ち合わせ、ここにして良かったねぇ~」
と感激されてましたねぇ。

去年、伊勢丹で買って来た安納芋の焼き芋は、
別物もいいところです、全く!

また、常連さまが作品を持って来てくださいました。

フィンガー・パペット(指人形)のストラップ
P1136317.jpg

もともと手編みの指人形なのですが、
ストラップ紐を付けてみました。
サイズは、指にはめると、こんな感じ。
P1136319.jpg
毛糸の太さが「中細」のため、
太い毛糸より編み目がより多く必要で、
しかもパーツが幾つもあるので、
手間がとてもかかるそう。

確かに、良く見れば見るほど、手間かかってる・・・。

でも、この毛糸の細さだからこそ、
粗雑感というか、ラフな感じが無くて、
細部まで「編み込んでる!」感は一目瞭然!

以前、指人形で4歳の姪っ子が頂いたのですが、
「かわいい~」と指にはめて遊んでましたねぇ。
オーナーも、2Fのママ&お子さまグループで、
お子さまの気を引こうと使ってましたねぇ。
幼児のお子さまの注目度は抜群だったそうで、
ぐずるお子さまの気を引くのに使えますねぇ。

また、たまたま居合わせた常連さまは、
「これだけ細くて編み込んでいると、
子どものおもちゃだけじゃなくて、
大人が持ってても全然違和感無いわよ!」
と初めてご覧になったご感想。
早速購入、バックに付けてらっしゃいましたねぇ。

1個550円です。
ぜひ、ご覧くださいませ!

「縁」は降ってこない

今日は降りましたねぇ。
一気に真冬で、ほんと春はまだまだ遠い。

今日は、午後のヨーガ教室の先生から、
大きなサツマイモを頂いたので、
この冬初の、薪ストーブで焼き芋を焼きました。
P1116295.jpg

あまりに大きいので、半分に切って。
P1116298.jpg
1時間くらいかかりましたが、
遠赤外線での糖化は、さすが!
熱々の時のネットリ加減やこの甘さは、
まさに焼き芋ならではですねぇ。

ヨーガ教室終わりの先生、生徒さんたちにも、
味見していってもらえましたねぇ。

ところで、焼き立て焼き芋食べながら、
常連のお客さまと色々情報交換していると、
2月のグループ展をしてくださるお一人、
ビーズ&ニット小物作家さんがご来店。

こちらのリクエストにこたえて、
期間中にある「体験教室」で作る作品サンプルを
早速持って来てくださいました。

2月11日(土)の体験教室のもの。
P1116302.jpg
ワイヤーをかぎ針で編んで作る、ブローチ。
直径5~6センチくらいですが、
繊細なのにゴージャスで、ほんと素敵ですねぇ!

2月25日(土)の体験教室2コースのもの。
P1116303.jpg

P1116308.jpg

P1116309.jpg
25日の2コースは、チェーンや紐が付きます。

11日の教室に関しては、
既に予約が入り始めておりますので、
駐車場の数に限りがありますので、お早めに!

作品サンプルと案内チラシは、
店内に置いてありますので、ぜひご覧くださいませ!

と、サンプルを見せて頂きながら、
いらしてた常連さまにも作家さんをご紹介し、
展示や教室のお知らせをすると・・・・

実は常連さま、午前中にサークルの打ち合わせがあり、
「小さいものを作れる作家さん、いないかねぇ」
「かぎ針とかですぐ編めるような小物とかの」
という話をさっきまでしていたそうで、
まさにこちらの作家さんの作品が、ドンピシャ!

しかも、こちらの作家さんは、
常連さまが打ち合わせしてた場所近くのカフェで、
今の今までお昼を食べてらしたとか!

聞けば、常連さまも実は、今日のランチは、
そこのカフェか当店かで迷った結果、
今日は当店にいらしてくださったそう。

そちらに行ってたら、
出会わずに行き違いになっていたか、
居合わせてても単なるお客同士にすぎなかったかも。

また、作家さんが商品を搬入してたショップに、
常連さまは行ったことがあるそうで、
他にも次から次へと話が合って、
ある意味、怖いくらいの共通項の多さ(笑)。

最後は、名刺交換されてましたが、
「これで、ルンルンで帰れるって感じだわ~」
と常連さま。

お二人とも、なんの期待もしないでいらして、
こんなにもニーズが合致する出会いがあるなんて、
これを「ご縁」といわずして何と言えばいいのか・・・。

偶然にもこの雪の中、お二人とも徒歩でのご来店。
こんな悪天候にも関わらず、出て来られたからこそ、
この出会いがあったんですから、
その気概というかご足労が、報われましたねぇ。

まさに「縁」をご自分たちで引き寄せた感じで、
いや~、ほんと良かったです!
さらに具体的なお話、まとまるといいですねぇ。

こんな出来事も起こるんだから、
雪だからって家に閉じこもってちゃいけない!
「こんな時こそ「杜々」にくれば良いことある!」
かも、です(笑)。

サービスの効き方

今日は朝から、
「昨日頂いたケーキをサービスできる!」
「初めていらした方にサービスして、
常連さまの分が無くなったらどうしよう・・・」
などと心配しつつスタートしたものの、
そういう時に限って、いつもの常連の方々は、
そろってご来店ならず・・・・。

今のところ、当ブログに関しては、
足を運んでくださっているお客さま方は、
ブログをご覧になってない方のほうが多いし、
逆に、ご覧になっている方々は、
ほとんどご来店されないという傾向があるので、
ここで昨日「明日ランチにケーキお付けします」
とお伝えしたところで、
すぐの反応があるはずもないですが(笑)。

とはいえ、今日は、展示者のお友達の方が、
中条の方からはるばるいらしてくださったり、
常連さまもいらしてくださったので、
こんな感じでケーキをお付けしました。
P1106278.jpg
皆さま、予期せぬサービスに、
とても喜んでくださいましたねぇ。

長い目で見たら、
「サービス効果で一時的なお客さまを呼びこむ」
的なやり方は、当店のやり方では無くて、
サービス目当てでは無くいらしたお客さまに、
喜んで頂けるようなサービスの方が、当店らしいのかも。

そもそも人様が作った頂き物のケーキで、
お客さまの呼びこみしようなんて、他力本願極まりない!
そんなこと、してはいけないってことですねぇ。

結果的に、常連さまに喜んで頂けると思ったのに、
なんとも残念な結果となりましたが、
「常連さまの分が足りなくなるかも・・・」
なんていう心配も、取り越し苦労で終わったし、
お陰でといういうべきか、
今日になってようやく、私も少しだけカットして、
安心して味見させて頂きました(笑)。

夕方には、只今展示をしてくださっている、
「虹色のたね」の島田さんがいらして、
七宝作品の追加をしてくださいました。

今週の土曜日で展示が終了するというのに、
わざわざ新作を持って来てくださいました。
残りわずかの期間ですが、ぜひご覧くださいませ。

本格手作りケーキ

今日は、村上から展示者のお二人がご来店。
村上の「鮭の魚醤油」なるものを頂きました。
20120109鮭の漁醤1

鮭の魚醤油なんて初めて!
20120109鮭の魚醤2
でも、良く見ると・・・・
大豆、小麦などが入っているので、
ナンプラーなどの純粋な魚醤より、
醤油に近いのかな。

珍しいもの、いつもごちそうさまです!

午後には、今日料理教室で作られたケーキを、
持って来てくださる方も。

「カシスムース」だそうです。
20120109カシスムース1

「まだ味見してないので」とおっしゃったので、
ランチの後に味見ができるよう、早速カット。
20120109カシスムース2
手が込んでて断面もきれいで、
まるでケーキ屋さんで売ってるケーキ!

オーナーにもカットしてあげて、一緒に味見。
「ほど良い酸味で、美味しい~!」
と絶賛しておりましたねぇ。

それにしても・・・・
間に入っているスポンジは、
出来あいのものが用意されたそうですが、
このケーキ1台のためにピューレやベリーを用意し、
スポンジも一から自分で焼くとなったら・・・
今の私なら、まずコストを考えてしまって、
悲しいかな、作れないですねぇ。

その点、材料がすべて用意されている料理教室は、
無駄は無いし、大量仕入れでコストダウン、
趣味で作るならとても経済的でいいかも。

とはいえ、時間と手間とお金をかけたものを、
良いとこ取りの横取りしたみたいで、大変恐縮です。

「残りは、常連さんにでも」
とおっしゃってくださったので、
明日、ランチをご注文くださった方に、
少しずつでもお福分けしようかなと思います。

ごちそうさまでございました!

新メニュー

今日も常連さまが次々ご来店。
また、2月に展示をしてくださる、
ビーズ作家のお二人が、手描きポスターや、
チラシを持ってご来店くださいました。
ありがとうございました!

ところで、今日から温かい汁麺が新登場!

タイの米麺「センレック・ナム・ムー」です。
201201タイ風肉団子汁麺
麺は、細めのセンレック。

具材は、パクチー入りの揚げ豚肉団子に、
モヤシ、紫玉ねぎ、小ネギ、揚げ玉ねぎ、
そしてたっぷりのパクチー!

スープは、ナンプラーの他に、
シーズニングソースが入るので、
風味とコク、旨味が俄然増して、タイ度満点!

別出しの「酢、砂糖、揚げニンニク、チリ」で、
お好みの味にしながらお召し上がりください。

フォー・ガーの場合と違って、
最初からパクチーをたっぷり乗せますので、
パクチーがダメな方は、事前にお知らせください。

早速、アジアン大好きの常連の方々がご注文。
皆さん男女を問わず、スープを全部飲みほされ、
「いや~、美味しかった!」
「美味しかったわ~!」
などとおっしゃってくださいましたねぇ。

フォーよりもパクチーが多いので、
食べる前から「おおー、タイだー」と言ってしまう程。
私的にも、食べた後のアジアン満足度が上ですねぇ。

デザート、ドリンク付きです。
ぜひお試しくださいませ!

おこわ

今日は、2Fは、今年初のママ&お子さまグループ。
お一人以外は、初めてのご来店のようで、
新しい方々をお連れくださって、
ありがとうございました!

午後には、常連さまより、
東京のお菓子を頂きました。

自由が丘の「蜂の家」さんの「まゆ最中」。
P1066235.jpg
20年来東京の親戚から何箱も送られてくるそうで、
職場のお仲間は、毎年楽しみにしているのだそう。
当店まで珍しいもの頂いて、ごちそうさまでした!

ところで、今日は4時過ぎ近くから、
前から作ってみたかった「おこわ」を作ることに。

今まで一度も作ったことがないのですが、
栃尾のもち米を委託販売してからというもの、
「中華おこわ」や「中華ちまき」が頭から離れず、
今日は、早速作ってみることにしました。

レシピを色々調べたものの、
とりあえず、まずは手始めに店にある材料で、
「山菜おこわ」を「炊飯器」で作ることに。

お釜の「おこわ」の水ラインに合わせて、
調味液&水、もち米を浸水30分。
具材を乗せて「おこわ」モードで炊飯。
P1066240.jpg
おこわを食べ慣れない私からすれば、
「柔らかいほうがいいじゃない?」
と思ったのですが、母たちに言わせると、
「水分多過ぎで、柔らか過ぎ」とか。
味付けは良かったようですが。

途中で思い付きで大量に生のシメジを入れてしまい、
水分が余計になっちゃったかもしれませんねぇ。

蒸し器で蒸して作る場合に比べると、
炊飯器やお鍋で炊いて作る場合は、
手軽さはありますが、水加減が難しいですねぇ。

とはいえ、出来上がった量が多かったので、
ちょうどいらしてた常連のご夫婦さまに、
東京のお菓子のお礼も兼ねて、お裾わけすることに。
そしたら、ご主人さまは、大のおこわ好きとか!

何と言うタイミングというか、巡り合わせ・・・。

販売中の栃尾の「天水田米」の宣伝も兼ねて、
その場で炊き立てを少し味見して頂くと、
「美味しいわ~!」
とあまりにおっしゃるので、
「おこわ、ここで売っちゃいましょうかねぇ(笑)」
と冗談で言うと、
「そうよ~、そうしなさいよ!」
とおっしゃってくださって、味は合格点頂きました。

固さについては何もおっしゃいませんでしたが、
ご主人さまは、やっぱり固い方が良かったみたい。
水加減、固さ加減が、次の課題ですねぇ。

「今日は来てよかった~!」
とお二人から何度も言っていただき、
また、「ここでお餅売ってるなんて知らなかったわ!」
ともおっしゃったので、
「実は、年末にはお餅などの注文を取ってたんですよ」
とお伝えすると、
去年、親戚に送るお餅を買ってたお店がなくなって、
仕方無く、某有名お餅屋さんで高いお餅を買ったそう。

次回お餅を取り寄せ注文する時には、
お声掛けをしても良いとのこと。
また、お帰りの時には、
中野俣の切り餅と銀杏をお買い上げくださって、
重ね重ね、ありがとうございました!

たまたま暇にまかせ、遊び半分で作ったおこわで、
ここまでコトが広がるとは!
どこで、どんなご縁があるか、ほんと分かりませんねぇ。

「働く」という漢字は、「人が動く」と書きますが、
じっと座って動かなければ、
自分の周りの空気さえ動かないように、
新しく色々と動いていなければ、
新しい展開も可能性もあり得ない・・。
「おこわ」ごときですが、そんなことを実感しました。

ということで、早速今年の目標というか、
当面クリアすべき目標の一つ目が決まりました。

「『中華おこわ』を成功させる!」

です。かなり小さいですが(笑)。

現実的で実現可能な小さい目標を、
一つ一つクリアしていけば、
いつか辿りつく場所は、今とは絶対異なるはず。

「恐れるべきことは、失敗することではなく、
チャレンジしないことである。」

ってなことを誰かが言ってたなあ・・・。

招き猫チョコ

今日は、午後からオーナーはお誘いを受けて、
新しい出会いを求めてカラオケ新年会へ。

お店の方は、常連の方々がご来店くださって、
引き続き新年のご挨拶デー。
皆さん次々と足を運んでくださって、
ほんと有難いことです。

ところで、昨日も地方のお菓子を頂きましたが、
今日も常連さまより里帰り土産を頂きました。

東京は目黒の「御門屋」さんの「揚げ饅頭」。
P1056219.jpg
毎年のように帰省のお土産に頂きますが、
ほんと、美味しいですねぇ!
いつもごちそうさまです。

また、「変わったのも入ってるから」
と言われ、紙袋の中を覗いて見たとたん、
思わず歓声を上げてしまいました。
P1056225.jpg
お年始のサービスで珈琲にお付けしている、
まさにその「招き猫チョコ」じゃないですか!

初日に「譲って欲しい」という方に譲ったり、
お世話になってる方に「お孫さんに」と差し上げてたら、
「こりゃ、足りなくなるかも!」と思い、
年末に買ったお店に買いに走ったのですが、
すでに2種類とも売れ切れ・・。

ちょうど「足りないなあ~、やばいなあ~」
と思っていたところだったので、
ある意味、お譲りした分が戻ってきましたねぇ。
さすが「招き猫チョコ」!

頂き物ではありますが、
福とこのようなご利益(笑)を、
沢山のお客さまにお分けしたいので、
当店分が足りなくなったら、ぜひ使わせて頂きます。

他に辰キャラバージョンのチョコもあるのですが、
皆さん「カワイイ!」とおっしゃって、
1粒召し上がって、残りをお持ち帰りされたり、
特に、お孫さんのいる方は、
「孫のお土産に」とお持ち帰りになったり。

中には、「食べるのがもったない」とか、
「どうやって食べればいいんだ~」とか、
「食べるのがかわいそう」とおっしゃる方も。

ただ、実は、中は普通のただの白いチョコボールで、
普通に召し上がれますのでお気軽にどうぞ(笑)。

新年の営業のお知らせ

旧年はご来店頂きました皆さまを始め、
当店のためにご尽力いただきました皆さま、
誠にありがとうございました。

占いによると今年は、オーナー共々、
「やりたいと思っていたことを実現する年」で、
「チャレンジしないと幸運を掴めない」とか・・・。

基本、安定志向の星座なので、
チャレンジという言葉は性に合わないのですが、
時代とお客さまのニーズに合わせて、
新しい面を少しは出していけたら、
もしかしたら登り龍のごとく当店も・・・・
などと淡い期待をしている今年の年頭です。

今年も色々な出会い、新しい出会いを期待しつつ、
皆さまのご来店・ご利用、心よりお待ちしております!
今年もよろしくお願いいたします!

新年は、4日(木)より営業いたします。
コーヒーに「お年始チョコ」をサービス!
無くなり次第終了しますので、お早めに!

お店始め2012

今日から年初めのお店始め。

朝から積雪もあり、雪も降る中、
常連の方々がお食事にいらしてくださったり、
栃尾の区長さんが会社の方々と、
白山神社の初詣で帰りに寄ってくださったり。

中には、冬休み中の中学生のお孫さんが、
「トマトの冷製パスタが食べたい」
とおっしゃってくださったとかで、
常連さまが連れて来てくださったり。

年明けにもかかわらず、
超常連の方々が次々ご来店くださって、
新年早々に開店した甲斐がありましたねぇ。
全くもってありがたいことです。

ところで、サービスでお出しした、
ほんと気持ちばかりの「お年始チョコ」を、
とても気に入ってくださった方が。

「お世話になってる看護師さん達にあげたいので、
10個譲ってほしい」とおっしゃるので、
特別に仕入れたお値段でお譲りしました。

ミニミニのチョコボールですが、
縁起良いパッケージ柄なので、
皆さん、喜ばれるでしょうねぇ。

サービスのお年始チョコは、無くなり次第終了です。
今日、予想外に数が出てしまったのでお早めに!

ところで、午後に、お料理好きの常連さまが、
雪降る中自転車でご来店。
今年初のお料理を持って来てくださいました。

本葛で作られたという、「ごま豆腐」。
20120104手作りごま豆腐

いつもお惣菜を沢山頂いていたので、
昨年、国産の花豆や本葛などを買ってきて、
お誕生日だったかにプレゼントで差し上げたのですが、
その本葛を使われたそう。

「いつも使ってる本葛じゃない葛粉を、
足そうと思ったんだけど、やっぱり入れないことにして、
本葛だけで作ったら、初めての弾力が出て、
箸でつかめるほどだものねぇ~」
とおっしゃってましたねぇ。

スーパーで売ってるようなごま豆腐よりも、
もっと弾力があるのに口どけ滑らか濃厚で、
ほんと美味しかったですねぇ。
正真正銘の本葛を使ったごま豆腐って、
こんなに濃くて美味しいんですねぇ。

レシピを教えてもらったので、
いつか自分でも作ってみたいですねぇ。

あとは、村上のご実家の味という「飯寿司」。
20120104飯寿司
米糀とご飯の甘酒をつくる要領でベースを作り、
マス、鮭の氷頭、イクラ、数の子、
ゆずなどが入ってましたねぇ。

甘めな味で、酸味はなし。
辛口日本酒にも合いそうですねぇ。

北陸や北海道など寒い地域で作られる、
郷土料理だったのは記憶してますが、
「なれ寿司」みたいなクセもなく、
甘くて子どもでも食べれるお味でしたねぇ。

年末に続き、新年早々から手の込んだものを、
沢山ご馳走さまでした!