ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



手作りのチーユ

今日は定休日でしたが、
8名さまの会議で2Fを使われるということで、
午後から営業日。

ケーキセットのご注文を頂いたので、
バニラシフォンを焼くことに。
昨日頂いた苺を付けて、ショートケーキ風に。
P4018292.jpg
お世話になっている皆さまだったので、
「1年に一度の大サービス、
ドリンクのおかわりをお出ししましょうか。」
とお伺いに上がると、
「頂けるならぜひ」
「色、付いてればいいからねぇ~」
「お金いっぱいあるから、払うよ~」
などとおっしゃってくださいました。

サービスなので、カップはそのまま、
サーバー出しで許して頂くことにして、
珈琲、アールグレイの他に、
最近ハマってる「アップルティー」をお出しすることに。

『余るかな・・・』
と思いましたが、キレイに全部飲んでくださって、
「美味しかった!」「ごちそうさま!」
とおっしゃってくださいましたねぇ。

会計の方は、
「休みに開けてもらってすみませんねぇ。
大した額も落とせないのにねぇ・・・」
と恐縮してらっしゃいましたが、
「いえいえ、どうせ休みは寝てるだけですから、
ありがたいです!」

それに、皆さまがお帰りになるまでの間、
店番をしながら、明日の準備やら、
溜まった作業、前からやりたかったことも出来たし、
実に有益な休日を過ごせましたねぇ。

ちなみに、
初めて「鶏油(チーユ)」を自家製してみました。
P4058349.jpg
今回はひと瓶分、225cc取れましたねぇ。

中国料理などでは、シンプルな青菜炒めに
コクを付けるために、チーユで炒めることがあります。

日頃から、鶏もも肉を処理する時、
余分な脂肪をキレイに取り除くのですが、
その取り除いた脂肪をこまめにストックして冷凍。

ある程度の量が溜まったら、
フライパンなどでじっくり炒めて脂肪を溶かし、
チーユを取り出し、瓶詰めします。

チーユを使った青菜炒めは、
どんな味になるんでしょうかねぇ。
楽しみです!
スポンサーサイト

類は友を呼び、良縁は良縁を呼ぶ?!

今日も、常連の方々をはじめ、
遠方よりお久しぶりのご夫妻が、
「表敬訪問」をしてくださったり、
土曜日の常連さまがランチにいらしてくださったり。

また、線路向こうにお住まいという女性が、
「前から来たいと思ってたんです」
とランチをしにいらしてくださったり、
お子さま連れの苺農家さんが、
「一度行ってみたい」
と、わざわざランチにいらしてくださったり。

ご来店頂きました皆さま、ありがとうございました!

そして、今日もまたまた頂き物。

常連のお一人は、
「Aちゃんが、『わー!』って喜ぶ顔、
見たくて持って来たんだけど・・・」
とお菓子詰め合わせを持って来てくださったり。
P3318287.jpg
姪っ子がちょうど新潟を離れた後で、
「そうだろうと思ったんだけど・・・」
と残念がってらっしゃいましたねぇ。

ご期待に添えられず、スミマセンでした。

また、「春のてしごと展」の出展者の皆さんを、
当店にお連れくださったり、
期間中開催した「絵本作り教室」などで、
大変お世話になった方より、差し入れも。
P3318288.jpg
こちらこそ「大感謝」だというのに・・・

いつもお気づかい、ありがとうございます。
無くなる前に早速頂きましたが、美味しかったです!
ごちそうさまでした!

ところで、今日で、
「~震災から1年 つながるおもい~
『春のてしごと展』」
が終了しました。

期間中は、沢山のメディアで取り上げて頂き、
沢山の方々にご来店頂きましたねぇ。

お陰で想定外の色々な出来事や事態も起こり、
お手本にしたい素晴らしい方々もいらしたし、
その逆も無きにしも非ずだったりして(笑)、
それこそ色んな人、コトに接する機会に恵まれ、
当店としても改めて勉強になった1か月でしたねぇ。

また、今回の展示では、展示者の皆さまには、
制作するにはあまりに短い準備期間しかなくて、
生活も落ち着かずに大変な時期に、
かなりの無理・負担を強いてしまったようで、
誠にすみませんでした。

震災からまだ1年に満たない時期に、
創作意欲も気力も十分どころか、
「無理・・・」という思いもある中で、
展示を引き受けて頂きましたこと、
改めに心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

で、皆さんとのご縁をこのまま終わらせるのは、
なんだかとてももったいないので・・・・

8月の猫展で「猫関連作品」を、
12月の展示で「クリスマス・お正月作品」を、
出品して頂けないかと打診したところ、
OK(多分・・・)して頂けました!

今度は、たっぷり時間もありますので、
じっくり作品制作して頂けますねぇ。
またどんな素敵な作品を拝見出来るか楽しみです。

今後もよろしくお願いいたします!

ところで、展示撤去が終わり、
次の展示者が搬入作業に来られるまでのひと時、
お一人の女性が「春のてしごと展」を観にご来店。

「最終日は15時までだったんです・・・」
とお伝えしたら、
それでも店内に上がられるとのこと。

珈琲を注文してくださったので、
展示が無くて申し訳なくて、チョコをサービス。

夕刊を見ていらしてくださったそうですが、
お話を伺うと、ギター・ピアノ教室をされていて、
今日は、福島に送る音源をレコーディングしていて、
ご来店時間が遅くなってしまったのだとか。

また、「何か販売品あれば、それを買って行って、
教室の生徒さんに販売しようと思ってたんです」
ともおっしゃって、
被災地支援の活動を色々されているのだそう。

また、クラッシックギター奏者として、
県内でコンサート活動もされているそう。

「お店に入るなり、
ギャラリー側が『ステージ』に見えて、
そちらに入れませんでした。」とか、
「そちら側で演奏しているイメージが浮かびました」
とおっしゃって、さらには、
「ぜひそちらをステージにして、
コンサートをさせて頂きたいです」
とのこと。

展示が無いギャラリーの壁に照明が当たった感じと、
展示台下の焦げ茶色の腰板の感じと、
音の響き方がとても気に入られたようですねぇ。

展示品が全く無い状態をご覧になれる機会は、
1年にそう何回もあることではないので、
「展示に間に合わなかった」ということが、
かえって功を奏した結果となりましたねぇ。

マイナスと思われる状況も、
一瞬でプラスに好転することってあるのですねぇ。

また、お名刺を頂くと、これがまたお近くの方で、
なんという奇遇。

短い時間でしたが、お話を伺っていると、
穏やかで控えめな物腰でありながら、
被災地支援への熱い思いと
「音」に対する強いこだわりをお持ちで、
時折、我々に気遣いをしてくださるなど、
気配り・心配りもできる心持ちのお方だと、
十分に感じ取れましたねぇ。

ギャラリーに展示が無い状態は、基本的には、
作品入れ替え日など限られた日のみですが、
このご縁が、いつか具体的に形になるといいですね。

家族以上

開店早々、豊栄のママさんがご来店。

先月、花果茶、ポット&台座をご購入頂いたのですが、
「姉も欲しいって言うので。買いに来ました」
とおっしゃって、
またまたポット&台座のセットと、
花果茶4種類全部!をご購入くださいましたねぇ。

ご姉妹で気に入ってくださったみたいで、
良かったです、ありがとうございました!

お昼には、2Fはママ&お子さま。
2回目のママさん以外は、初めての方々のようで、
新しい方をお連れくださり、ありがとうございました!

1Fは、ランチから午後ティーと、
お久しぶりの方々や常連さま、初めての方々などが、
閉店までいらしてて、賑やかな一日でしたねぇ。

中には、福島の避難者を支援しているという方々が、
交流所でチラシを見ていらしてくださったり、
絵をやられてる方やプリザーブドフラワーの方々が、
展示条件の問合せ&下見にいらしたり。

天気が良くなって、身も心も軽くなって、
皆さん一気に活動モードでしょうかねぇ。

そうそう、冷たいドリンクが際立って良く出ましたねぇ。

ところで、今日は常連さま方が次々いらして、
週末新潟を離れる姪っ子に、
お土産を持って来てくださいました。

「今週はもう来れないから」
と文房具を買って持って来てくださった方や、
P3298268.jpg

「ケンカしないように」と姪っ子2人に、
一つずつ手編みの編みぐるみを作ってくださったり、
P3298249.jpg
お孫さんのお古のスカートを持って来てくださったり。

姪っ子が忘れないように、
常連の皆さまと一緒に写真撮らせていただきました。

常連の方々からは、姪っ子たちが帰郷する度に、
家族以上のお気づかいをして頂き、
姪っ子にお土産を持たせてくださって、恐縮しきり。
いつもありがとうございます。

姪っ子1号チャンも、
「みんなが、自分のこと知ってたー」
「大きくなったねーって言ってくれたー」
となかなか気分が良かったようで、
お声掛けくださった皆さまのお陰で、
楽しい新潟生活を送れたようです。
ありがとうございました!

また帰郷した時には、
お店に顔出してお騒がせするかと思いますが、
声をかけてやって頂けると喜ぶかと思います。
その時は、よろしくお願いいたします。

次来る時は、少しはお店のお手伝い、
出来るようになってると良いんですけどねぇ。

割烹着

今日は、開店早々から常連さまがいらして、
エプロンというか割烹着等を頂きました。
P3288240.jpg
なぜか「バレンチノ」「ITALY」の「割烹着」(笑)。
カジュアルな割烹着で着やすそうですねぇ。
いつもありがとうございます!

お昼には、2年ぶりくらいの方々がランチにご来店。 
「NHK見て、店名出てなかったけど、
最後の建物の映像と、店内の映ったの見て、
杜々さんだって分かりましたよ」
とおっしゃってましたねぇ。

また、2Fでは、展示者のお一人が、
ママ友さんのグループをお連れくださって、
大勢でランチしてくださいましたねぇ。
お子さんたちの元気な音が聞こえてきましたねぇ。

午後からは、福島関係で支援活動されている、
ボランティアサークルの方々がご来店、
展示作品を色々ご購入くださいましたねぇ。

ご来店頂きました皆さま、ありがとうございました!

早いもので、展示もあと数日ですねぇ。
まだご覧になられてない方は、ぜひご覧くださいませ!

ご近所からロシアまで

今日も2Fは、ママさんグループのランチに、
1Fは、常連さまをはじめ、お久しぶりの方々、
展示者のお一人がお連れさまといらしてくださったり、
西地区からいらしてくださった方々や、
新聞記事・TVをご覧になって初めていらした方や、
自転車で初めていらしてくださった方など、
忙しいランチタイムとなりました。

午後からも、
6月に展示をしてくださる方が、
早速出来上がったDMを届けてくださったり、
ロシア出身の方がお久しぶりにご来店くださったり、
佐渡からは、陶芸家さんがいらしてくださって、
秋にお仲間との合同展を決めてくださいました!
ありがとうございます!

どんな展示なるのか、楽しみですねぇ。

ちなみに、こちらの作家さんがお帰りになった後、
一緒に出展される方よりご挨拶のお電話を頂きました。
わざわざご丁寧にありがとうございました!

2Fは午後からも町内の役員会議があったりして、
今日もご近所から佐渡、ロシアまでと、
色々な方々よりご来店いただきましたねぇ。

ご来店頂きました皆さま、ありがとうございました!

「絵本作り教室」

突然の大雪が原因か、
はたまた疲労が溜まって免疫力が下がったか、
昨日からオーナー共々一気に風邪症状が。

オーナーは、昨日のお店終わりにクリニックへ。
私は、今日の仕入れのために買い出し。

そうしたら今日は、朝から喉の痛みがさらに悪化。
喉痛は、喉の奥から首真ん中、気管まで拡大し、
喉は腫れて、スーハースーハー声がかすれて全く出ないし、
まさに水のような鼻水に、タン、咳で朝から疲労困ぱい。

日頃の鍛え方が足りない証拠です、まったく・・・。

少しでも冷たい空気が気管に入ると咳こむので、
今日はマスクを付けてお店に出ることに。

今日は、夜営業の準備のため、
誠に勝手ながら14時でご飲食の営業をストップ。
ご飲食をお断りした皆さまには、
大変失礼をいたしました。

とはいえ、お久しぶりの方がお友達とランチにご来店。
「東区報に「春のてしごと展」が出てましたねぇ」、
「NHKにも出てましたねぇ」
とおっしゃて、区報も見せてくださいました。
当店を思い出してご来店頂き、
ありがとうございました!

しかも、当店での展示をご希望だそうで、
9月にお母さまとの母娘展をしてくださることに。
お母さまは、タッティングレースを、
娘さんは、青森刺し子という刺繍をされてるとか。
タッティングレースは、とても細かい作品ですが、
作品が沢山お持ちなのだとか。楽しみですねぇ。

また、店内に貼ってある
「手芸部創設!」ポスターをご覧になって、
「『ニットカフェ』ってあるけど、
なんでニットだけしかないんだろうって。
刺繍したっていいじゃないって」
とおっしゃるので、
「当店での手芸部は、時間内なら出入り自由で、
一応『顧問』の先生は、ビーズとかぎ針ニットですが、
何でもありでおしゃべりしながら楽しめればいいかなと」
と説明すると、
「土曜日は、午前まで仕事あるので、それなら来れそう。
車は職場に置いて、歩いて来れる距離だし」
とおっしゃって、興味深々のご様子でしたねぇ。

午後には、石山おやこ劇場の代表の方より、
「越後姫」を頂きました。
20120324大江山の越後姫
午後からの「絵手紙教室」のケーキと、
夜の食事会にお付けするようにとのこと。
さすがのお気づかい、すばらしいですねぇ。

大江山の越後姫だそうですが、完熟で真っ赤!
残念ながら私の口には入りませんでしたが、
味見したオーナー&姪っ子曰く、
「甘ーい」「美味しい!」かったそうです。
ごちそうさまでした!

で、午後2時からは「絵本作り体験教室」です。

講師は、エッセイストの藤田市男さん。
日報さん朝刊でのエッセイ、
「家族っていいな」を書かれていた方です。

生徒さんは、14、15名のご参加。
2Fスペースがいっぱいいっぱいの大盛況!
20120324絵本作り体験教室
途中でお茶タイム休憩。

バナナシフォン&ドリンクのセットに、
先ほどの差し入れの越後姫の苺をお付けしました。

閉店後は、「春のてしごと展」の展示者の方々、
石山おやこ劇場の代表、絵本教室のスタッフの方々等、
総勢10人さまで教室の打ち上げ&親睦会。

今日のお食事は、
前菜4品、メインのご飯もの&スープ、
デザート、ドリンク付き
です。

①前菜4品
チャプチェ、生春巻き、カチュンバル
アサリとニラのチヂミ

②シンガポーツチキンライス&チキンスープ

③デザート&ドリンク

デザートは、差し入れの苺と、
20120324差し入れ「越後姫」

「湯団子」を春バージョンで。
20120324湯団子桜バージョン
「湯団子」は、黒ゴマ餡が中に入っていて、
通常は、温かい「黒砂糖生姜シロップ」ですが、
今回は、「『春』を感じたい」というご要望で、
塩漬けの桜の花をシロップに浮かべることに。
皆さんに「おいしいー」と言っていただき、
お口に合ったようで、良かったです!

春は、この「桜バージョン」でお出しするのも、
季節感があっていいかもしれませんねぇ。

今日も一日、色んな方々よりご来店頂き、
賑やかで楽しい一日でしたねぇ。
ご来店頂きました皆さま、
誠にありがとうございました!

中国藍染2

今日は、2Fではママさんのランチ。

ママさんのお一人が、
お給仕をしていたオーナーを見て、
「どこかで見たことある人だ・・・」
と思われたそうで、
思い出してみたら小学3~6年の4年間、
オーナーと同じ空気を吸っていたことが判明。
ママさんは、さぞかし驚かれたでしょうねぇ。

ところで、今日は、
「中国藍染」の服をご購入頂きました。
20120322中国藍染3

普通の「花柄」もあったのですが、
敢えて珍しい「トンボ柄」を買って来たのですが、
お目に留まったようですねぇ。
20120322中国藍染1

首元、袖、ウエストで絞ることができて、
藍染の服のイメージにない、カジュアル服!
20120322中国藍染2
常連のお一人も目を付けてた商品なのですが、
今日いらした方の早い者勝ち!
しかも「売れ残ったら、私が着よう!」
と結構気に入ってたので、ちょっと残念(笑)。
記念に写真撮らせて頂きました。

お気に入りが見つかって良かったです。
ありがとうございました!

シフォンホール

今日は、2Fは常連のママ&お子さまグループ。
特に今日は、幹事のママさんより事前に、
「サプライズ」のシフォンのホールをご注文。

ママ友さんのお子さんが、
数日前に1歳のお誕生日を迎えられたそうで、
他のママさんたちからのプレゼントなのだそう。

ミルクティーシフォン&生クリームデコのご指定。
P3218180.jpg
お食事後にお出しすると、
プレゼントされたママさんは、驚かれてましたねぇ。

このような記念のお食事会にご利用頂き、
ありがとうございました!

午後には、
展示者5人さまと関係者さまがご来店。
東区の避難者交流施設の方が、
避難者向け雑誌の来月号に5人さまを取り上げるそうで、
取材してらっしゃいましたねぇ。

また、「atelier0377」の「mina」さんがご来店。
「手芸部」のチラシが無くなってしまったので、
補充しに来てくださいました。

たまたまいらしたお客さまが、
「手芸部創設!」のポスターに興味を示されたので、
「こちらが先生です」と「mina」さんを紹介し、
「手芸部」の概要を説明すると、興味を示されて、
「何か始めるのもいいわね~」
とおっしゃって、お友達にも声をかけてみるとのこと。

素人、年齢、性別?色んな方々が集まって、
わいわい楽しい手芸部になるといいですねぇ~。

パステル「原画」搬入!

今日は、パステルアートの高島さんが、
パステルアートの「原画」を搬入してくださいました!
P3218193.jpg
これまで販売品は、ポストカードのみでしたので、
「やっぱり原画だわ!」という方は、ぜひ!

お店の方はというと、
「今日は祝日だし、久々に落ち着くかなあ~」
などと気を抜いていたら、
予約の方々の他に、常連さまや初めての方々が、
ランチにご来店くださって、バタバタは引き続き継続。
ほんと、ありがたいことですねぇ。

夕方近くにも常連の方々が、久々にお食事にご来店。
いつもいらっしゃる曜日、時間とは違ってたので、
「今日はめずらしいお時間ですねぇ」
とお聞きすると、
「いや~、何度も来たんだけど、
毎回駐車場がいっぱいで入れなかったんだわ」

この2週間の忙しさで、
常連さまには、大変ご迷惑おかけ致しました。
懲りずにご来店頂きまして、ありがとうございます!

ところで、こちらの男性の常連さまは食事が終わると、
店の手洗い台に飾っておいたポストカードスタンドを、
お席に持てらっしゃって、お連れの方と大笑い。

オーナーから後で聞いたところによると、
そのポストカードスタンドには、
有名な「裸婦」の油絵のポストカードが入っていました。

実は、この「裸婦」の絵は、描かれた当時は御法度。
全く同じ構図で「服を着た」同じ夫人の油絵の下から、
発見されたといういわくつきの絵。

開店当時は、
「裸婦」、「着衣」絵の両方を飾っていたのですが、
場所を取るので、最近は「着衣」絵だけ飾っていました。

こちらの常連さまが東京の美術館に行かれた時、
「裸婦」の絵のポストカードを買ってらして、
ご来店した時に、「着衣」の絵の上から差し込んで、
黙って「裸婦」絵に入れ替えてたのだとか!

「いつか誰か気づくだろう」と思っていたのに、
来店される度に誰も気づかないので、
とうとう今日、自分から白状したのだそう。

「着衣」絵しか知らなかったら、
「あれー!絵の女性が裸になってるー!」
とでも気づいたのでしょうが、
あいにく、我々二人とも「裸婦」絵を知っていたので、
入れ替えられてたことに全く気付きませんでしたねぇ。

ある意味、ご期待に応えられず、スミマセン(笑)。

こちらの方は、焼き物、書道などに造詣が深く、
その他の知識や経験談も驚くほど広くお持ちの方ですが、
ちゃめっけあるというか、粋なことをされますねぇ。

裸婦の絵は、手洗い台に飾って置きますので、
ご利用の際にはぜひご覧くださいませ。

ところで、
先日11回の「チャリティーコンサート」を終了された、
発起人の常連さまがいらしてくださってランチ。
姪っ子に、縦開きで読む絵本を買って来てくださって、
いつもお気づかいありがとうございます!

そこへ避難者交流施設に出入りして、
避難者支援をしているという男性が観にいらして、
珈琲を注文くださって常連さまと相席に。

交流施設などでどんな活動をしてるのか伺ってると、
常連さまのチャリティーコンサート活動の話になり、
「新聞に出てたあのコンサートの方ですか!?」
と男性はびっくりされてましたねぇ。
記事を読んでコンサートに行きたいと思っていたとか。

すると、話は、思わぬ方向へ。

こちらの男性は、山古志エリアを中心に、
「シンガーソングライター」として活動されてるそうで、
常連さま、いつものように(笑)、
早速「歌ってみて!」と無理やりにリクエスト。

男性は、自作の歌詞カードを車へ取りに行かれて、
数曲、生歌を披露してらっしゃいましたねぇ。

それから話は、男性の山古志のイベントと、
常連さまのチャリティーコンサートとで、
「それぞれお互い協力できることがあったら、ぜひ」
ということになってましたねぇ。

またしても新しい展開が生まれそうな気配。
今日も、なかなかの偶然な出会いがありましたねぇ。

ご来店の皆さま、ありがとうございました!

パッチワーク新作搬入!

今日は、パッチワークの後藤さんが、
新作を搬入してくださいました!
P3198150_20120322000349.jpg
南相馬への行き来でお忙しい中、
手間のかかる作品を沢山制作してくださったようで、
ありがとうございました!

ハサミケース、ポーチ類は、
展示品はサンプル品のため、ご注文を承ります。

特に裁ちバサミケースは、初めて見ました!
今日ご覧になったお客さまも、
珍しそうに手に取ってご覧になってましたねぇ。

ぜひ、ご覧くださいませ!

お店の方は、2Fは、ママさんグループ。
台湾ビーフンのご予約でしたが、
以前召し上がられて、気に入ってくださったようですねぇ。
ありがとうございました!

1Fでは、常連の方々や初めての方々が、
ランチにいらしてくださったり、
午後には、猫好きの3人のご婦人がお茶にいらして、
愛猫ちゃんの写真を見せていただきました。
夏の恒例、「『見て見て!うちの猫』写真展」を、
早速お知らせすると、連絡先を記してくださいましたねぇ。

ご参加いただけると、嬉しいですねぇ。

今日も常連さまを始め、ママさん、新しい方と、
いろんな皆さまにご来店頂き、楽しい一日でしたねぇ。
皆さま、ありがとうございました!

アジア料理の会

今日は開店前に、「ailes」さんより新作の搬入。
P3198139.jpg

P3198140.jpg
今回も可愛いですねぇ。
午後には、早速お買い上げくださるお客さまも。
お忙しい所、ありがとうございました。

ところで今日は、誠に勝手ながら、
2時で飲食を終了させて頂くことに。

とはいえ、開店早々から、
石山おやこ劇場さんやスチールパン奏者の伊沢さんが、
午後からのイベント前に寄ってくださって、
ランチしにいらしてくださったり。

先日展示者5人さまの取材にいらした、
政党新聞「赤旗」の記者さんがいらして、
取材記事が載った日の新聞を持って来てくださったり。

また写真家の村上さんが、
ご自身の写真集を2冊進呈くださいました。
P3198161.jpg
ありがとうございました。

他にも初めての方々や常連の方々が、
ランチにいらしてくださいまいしたねぇ。
ありがとうございました!

午後2時からは、
2Fで「パステルアート教室」の2回目。
20120317パステルアート教室2回目
朝日新聞の記者さんが、取材にご来店。
早めにいらしてランチをしてくださって、
お気づかい、ありがとうございました。

そうそう記者さんからは、
「予定時間より到着が遅くなります」と、
ご丁寧に連絡もいただきまして、
作業の段取りが出来て、とても助かりました。
ありがとうございました。

ところで、帰省中の5歳の姪っ子1号チャンが、
「パステル画、やりたい!」というので、
急きょレッスンに参加させて頂くことに。

途中、オーナーがサポートに2Fに上がったのですが、
しばらくすると、姪っ子のぐずる声が聞こえて来て、
慌てて2Fに上がると、半べそ。

お昼も食べずに参加したため、
お腹が空いて集中力も切れ、機嫌が悪いとみた!

すぐに下に降りてチョコを数個つかみ、
「お疲れチョコだよ」と口に入れさせて、
またまた下に降りて、最近ハマっているという、
塩おにぎりを作って上がり、食べさせました。

しばらくすると、オーナーが降りて来たので、
「1号チャンは?」と聞くと、
「私がいない方がいいんだわ。
私がいると、あれがヤダ、これがヤダと甘えが出るわ。
先生は付きっきりで大変だろうけど・・・」
だそう。

結局、姪っ子は1人で最後まで仕上げたようで、
終わって降りてくるなり、
「皆が、『上手だね~』って言ってくれたー」
とご満悦。

それから寝るまで何回も、お風呂の中でも、
「今日は、パステル画、たのしかった~」
「みんな、優しい人ばっかりだったよ~」
「先生、一つ一つ丁寧に教えてくれたよ~」
と何度も言ってましたねぇ。

ほんと楽しかったみたいですが、
皆さまに迷惑かけたことなど全く覚えてない(笑)。

参加者の皆さま、講師の高島さんには、
姪っ子が参加しなければ、しなくて済んだであろう、
余計なお気を使わせてしまい、誠にすみませんでした。

閉店後は、アジア料理を食べる会です。

ラープ・ガイ(ラオス)
20120317ラープ・ガイ
パクチー、ミント、ディルなど、
ハーブたっぷりのラオスのサラダ。
ノンオイルの甘酸っぱ辛のタレと、
生米を炒って粉にしたモノをかけてるのがラオス風。

チャプチェ(韓国)
20120128チャプチェ
またまたリクエストがあったのでご用意。

アサリのバジル炒め(台湾)
20120317アサリのバジル炒め

鶏とカシューナッツ炒め(タイ)
20120317鶏のチリインオイル炒め
タイの調味料、「チリインオイル」で炒めた、
ピリ辛で甘め、干しエビの風味があって、
まさにタイの味ですねぇ。

肉詰め麩(上海)
20120317肉詰め麩
テニスボール大の丸い麩の中に、
肉餡を詰めて、中国醤油で甘からに煮たもの。
表面のグルテンの食感が面白い料理で、
食べ応えも十分!

手打ち焼き餃子(北京)
焼き餃子1

カピチャーハン(タイ)
20120317カピ炒飯
タイの発酵調味料「カピ」で味付けした、
ジャスミンライスのチャーハン。

そのままではかなりクセのあるカピも、
十分炒めると、途端に鼻をくすぐる、
俄然食欲をそそる香りになります。
干しエビもたっぷり入って香り高い炒飯です。

アジア料理好きの方にしか出せない炒飯ですが、
一度食べると、クセになる炒飯です。

豆腐と青菜のスープ(タイ)
20120317タイ豆腐スープ
豚ひき肉、ナンプラー、シーズニングで味付け、
パクチーもたっぷり入れて、タイのあっさりスープ。

ナツメ餅(上海)
20120317なつめ餅1

20120317なつめ餅2
上海の外灘のレストランで前菜に出される一品。

小指の先くらいの大きさのミニナツメに、
白玉粉を練ったものを詰め、シロップで煮たもの。

今日は、デザートでお出ししてみました。

今日も大いに盛り上がり、
「おいしーねー」、「今日来てよかったー!」
と言っていただいて、お口に合って良かったです!

次回の日程も決まりました!
ありがとうございました!

ところで今日の会には、
先日「万代島アートギャラリー」で、
個展が終わったばかりの本間雅子さんもご参加。

今回の展示の様子を本にされたそうで、
当店に贈呈してくださいました。
P3198166.jpg
ありがとうございました!

本間さんとの出会いは、当店のお客さまが、
「素敵な作品作る人いるよ。展示してもらったら?」
と教えてくださって、
面識もないままオーナーがお電話。

「個展なんて・・・」
「値段を付けたことなんてないので・・・」
とあまり乗り気でなかったところを、
お願いして展示してもらったのが出会い。

当店での展示をきっかけに、
今回の万代島での展示も決まったんでした。

万代島さんからは、来年の展示の打診もあったとか。
どんどん活動の場、発表の場が広がっていかれてて、
ほんと、すばらしい!良かったですねぇ。

また参加者のお一人からプレゼント。
20120317プレゼントCD
ナットキング・コールの弟さんのCDのコピー。

先日来日して、東京でのライブを聴きに行かれたそう。
「とても良かったから」と、
ジャケットもカラーコピーしてくだっさって、
曲名もバッチリ入ってましたねぇ。

早速宴会の時にかけましたが、いい感じでしたねぇ。
ありがとうございました!

また他の参加者さまからは、
酒粕730gもの量をお福分け頂きました。
20120317酒粕730g
新酒も出回り、時季モノですねぇ。
ごちそうさまでした!

笹あめ

今日は2Fのママさん4人さまグループ。
予約くださったママさんは、開店の数年目頃に、
第1子チャンとよくご利用くださったママさんで、
しばらくぶりのご予約。
今日は、第2子チャンもご一緒でしたねぇ。

開店前には電話をくださって、
今日の気まぐれランチを確認され、
ママ友さんに連絡してオーダーを取ってくださり、
折り返しオーダーを入れてくださいました。

メディアで取り上げて頂いてから忙しくて、
お客さまをお待たせしてることをお知りになって、
事前にオーダーしてくださったんでしょうねぇ。
1Fのオーダーとの段取りも出来て、助かりました。
ありがとうございました。

お車も「1台で行きますよ」とおっしゃってくださって、
ご協力、誠にありがとうございました。

また、食後のドリンク類の準備をしていると、
「ごちそうさまでしたー」
と数名のママさんたちが下りてらしたので、
『ええ!?、まだデザートも出してない!』
と慌てて見ると、お食事のお皿を下ろしてくださってて、
老体にムチ打ってるオーナーも、
「ありがたいわ~」と申しておりましたねぇ。

重ね重ねのお気づかい、恐縮です。
ありがとうございました!

1Fもお久しぶりの方々、初めての方々、
オーナーの友人の方々、常連さまが、
次々ランチにいらしてくださって、大忙し!

常連さまのお一人は、
食後のデザートとコーヒーを取らずにお帰りに。
お気づかい頂きまして、誠に恐縮です。
ありがとうございました。

こちらの常連さまからは、差し入れも。
20120316お土産
「坊っちゃん」にも登場する「笹あめ」!
初めて頂きますねぇ。ごちそうさまです!

旅行に行かれたんでしょうかねぇ。
お話をうかがうどころか、顔も拝見する暇もなく、
頂くだけになってしまって誠に失礼いたしました。

今度は、ゆっくりのご来店、お待ちしております。

夕方には、常連のご夫婦さまと娘さんが、
姪っ子1号チャンが帰省してることをお伝えすると、
すぐに会いにいらしてくださいました。

2年前には、ご自分の孫のように可愛がってくださって、
姪っ子も会うのを楽しみにしてました。

姪っ子はすっかり大人になって、
お客さまのテーブルに一人で座って、
皆さんと色々とお話しながら楽しんでましたねぇ。

お帰りの時には、
「あなたが居て、今日は楽しかったわ~」
と初めて姪っ子に会った娘さん。

わざわざ会いに来てくださって、
ありがとうございました!

連日キャパ越え

「春のてしごと展」が始まって10日。
気づけば、ブログスがトップして10日・・・。

展示のことをテレビや新聞で取り上げて頂いて、
それ以来というもの、初めての方々を始め、
お久しぶりの方々も沢山お出でくださったり、
送別会シーズンだからなのか、
毎日のようにママさんグループさまより、
2Fをランチで貸切予約をして頂いたり。

ご来店頂きました皆さま、
誠にありがとうございました!

お店の方はといえば、連日、
朝から何本も問合せのお電話を頂いたり、
少ない駐車場が上手く回転しなくて、
忙しいランチタイムの日に限って、
オーナーは車の誘導に外に出っぱなしで、
お待たせしたお客さまも数知れず・・・。

まさに、2年前、
新聞の朝刊と民放2局で取り上げ頂いた、
「175歳展」の時を彷彿とさせる忙しさ。

変わったことと言えば・・・・
2つ歳をとったせいなのか、体力が落ちた。

今月に入ってからというもの、
細々続けて来た当ブログですが、
当ブログ開設以来、別次元のヒット数を頂き、
有難いやら「突然、なんで?」と戸惑い気味。

「ブログ、アップしなきゃ・・・」
と毎日思っているのですが、
特に忙しかった日は、買い出し、片付け、
次の日の準備が終わって家に戻ると、
深夜近くになってしまって、
そこからアップする気力・体力は、ゼロというかマイナス。

もろもろの対応能力のキャパが、
年々、小さくなってるかもしれませんねぇ。

とはいえ、色んな出来事があった10日間で、
また、春からの新しい展開も決まったりと
なかなか盛りだくさんの10日間だったので、
一応、一日の出来事は箇条書きにメモし、
写真に撮れるものは、画像に残してあるので、
落ち着いたら、まとめてアップしようと思っております。

「赤旗新聞」さん取材

今日も、常連の方々をはじめ、
展示を知って、初めてのご婦人グループさま、
初めての方、常連の方々がお友達とご来店。
ランチをしてくださいましたねぇ。

ところで、中には、オーナーに、
ホワイトデーのプレゼントを届けてくださる方も。
P3148059.jpg
先月14日の朝、
ラジオ体操帰りにコンビニで買ったチョコを、
「登校見守り隊」仲間のおじさまたちや、
ラジオ体操仲間のおじさまに差し上げたのだそうで、
オーナー人生初の、夫以外へのチョコだったとか。

「いや~、かえって高くついてしまって。
申し訳なかったわ・・・」
とこれまた夫以外から初めてお返しを貰ったオーナー。

私は、モロゾフのクッキーのお相伴にあずかれて、
嬉しかったですが(笑)

ところで、先日ビーズ教室に参加されたご近所さまが、
またまたお友達とランチにご来店。
面白いニットを着てらしたので、
写真に撮らせて頂きました。
P3148049.jpg
長方形に編んだニットの短い方の辺を、
長い辺に縫い付けただけらしいのですが、
着ると面白いラインが出て、素敵。
しかもどこを前に持って来てもOK。

「これだけの量編むの大変だから」
お店で購入されたそうですが、
単純な作りなのに、作家もののニットに見えるから、
アイデアですねぇ。

夕方からは、展示者の5人さまが勢揃い。
政党機関紙「赤旗」の記者さんがいらして取材。
20120314新聞取材

高島さんからは4回目のポストカードを、
後藤さんもパッチワーク新作搬入くださいました。
「ailes」さんからも新作を搬入して頂きました。
P3198138.jpg

取材の間、皆さんのお子さんたちは、
2Fで賑やかに遊んでましたねぇ。
石山おやこ劇場の代表の方がシッターさんになって、
面倒をみてくださってましたねぇ。

昨日帰省した姪っ子1号チャンも、
一緒に遊ばせて頂き、ありがとうございました!

ポストカード入荷!

展示者のお一人、「Nancy's」さんが、
お仲間10人でランチにご来店。
大勢でご利用、ありがとうございました!

「Nancy's」さんからは、
ポストカードを沢山搬入していただきました。
P3198159.jpg
ほんと、センスのあるプロの写真って感じで、
昔カメラをかじってたオーナーなんて、
「多くを語らないけど、絶対なんか持ってる人だわ」
と感心しっぱなし。

ポストカードを販売してくださり、ありがとうございます。

午後からは、オーナーの知り合いの方が、
知人の方々をお連れくださってランチをしてくださったり、
2Fは、入れ替えで2回転目の貸切予約。
入れ替えの片付けが間に合わず、
お待たせしまして、申し訳ありませんでした。

ママさんたちは、東、西、中央区にお住まいで、
車を某所に駐車して乗り合わせて来てくださいました。
ご協力、ありがとうございました。

夕方近くには、常連さまが遅めのランチや、
月に1回くらいで集まったらっしゃる、
珈琲のグループさまがご来店。

今日も閉店まで、お客さまがいらしてて、
賑やかな一日でしたねぇ。

ご来店の皆さま、ありがとうございました!

「朝日新聞」さん取材

今日も、常連さまを始め、
お久しぶりさま、初めての方々や、
福島ナンバーお子さま連れのママさんたちが、
作品を観にいらしてくださったり。

2Fは、先月何度かいらしたママさんと、
ママ友さん&お子さまグループ。
前回フレンチトーストを食後にご注文されたようで、
今日も食後にご注文くださいました。

が・・・・
1Fで、地域の元運動推進委員の6名さまが、
ご予約なしで久々にお昼を食べにご来店。
フレンチトーストを食後に間に合わせることが出来ず、
あろうことか、お客さまにキャンセルを願う羽目に。

せっかくご注文頂いたのに、
全くもって申し訳けございませんでした。

お昼には、
「朝日新聞」の記者さんからお電話。
「春のてしごと展」の取材の申し込みが。
ランチタイムをはずして頂き、
2時にご来店されるとのこと。

が、予約の2時前になると、
「前の取材が押してて、4時に変更しても大丈夫ですか」
と取材時間の変更連絡が。

4時にいらっしゃると、展示のことだけでなく、
当店の名前の由来から床板のこと、メニューを始め、
常設展示の作家さんのこと、店内の珪藻土の壁など、
色んな所に興味を持たれてましたねぇ。

展示のことについても細かく興味を示されたので、
「春のてしごと展」のいきさつや経緯、
布の提供くださったお客さまのことなども、
お伝えすることにしました。

「某局さんは、展示開催に至るまでにあった、
『新潟市民』とのつながりに全く興味無かったようで・・・。
でも実は、その色んな市民とのつながりが無かったら、
この展示も無かったんですけどね・・・」
とお伝えすると、
「そうだったんですねぇ。
実は、避難者交流施設での展示会じゃなくて、
なんでこちらでなのかって思ってたんですよ」
「そうなんですよ!
うちはギャラリーなので、
場所を提供するという形で応援ができたんですけど、
福島でなくて『新潟』のメディアだからこそ、
『新潟市民』との色んなつながりを伝えてたら、
「自分でも出来る支援があるかも」と、
沢山の新潟市民に思って頂けたと思うんですけどねぇ。
まあ、各局でそれぞれテーマがあったんでしょうけど」

それからも、2Fに上がってスペースを見たりと、
じっくり取材されてましたねぇ。

とても感情豊かにお話を聞かれる記者さんで、
ほんと、聞き上手な記者さんでした。

最後に、オーナーの写真撮影も。
P3128048.jpg
写した画像をちゃんとオーナーに見せてくれるなど、
丁寧な対応ぶりでしたねぇ。

週末の高島さんのパステルアート体験教室にも
取材にいらっしゃる予定だそうで、
ご来店時間と駐車場予約をしてくださいましたねぇ。

遅くまでお疲れさまでした!

念願の桜餅

展示者の方々が次々ご来店、
完売した作品などを搬入してくださいました。
お忙しいところ、ありがとうございました!

今日は、一昨年「175歳展」をしてくださり、
今回の展示開催にあたり沢山の布を提供してくださった、
中原さんがご来店くださいました。

布の提供を受けて避難者交流施設で、
「フレンドシップキルト」を発案した後藤さんが、
お子さんと一緒に中原さんに会いにご来店。

またまた中原さん、後藤さんのお子さんや、
「交流所に出入りしているお子さんたちにあげて」
と沢山のお菓子をプレゼントされてましたねぇ。
ほんと、心の大きい方です。

ところで、中原さん、
「最近、新しいこと始めたのよ~」
ととても変わったネックレスを見せてくださいました。
20120310ネクタイ生地のネックレス
ネクタイ生地で発泡スチロールの玉を包んだ、
とっても軽いネックレス!

一見「イマイチかな・・・」と思ったのですが、
着けて見ると、これがとても素敵!
当店で委託販売させていただくことに。

居合わせたお客さまものぞかれて、
「いま買えるんですか?」
とおっしゃって2本も購入くださいました。

早速着けて行かれるといので、
写真に撮らせて頂きました。
20120310ネクタイ生地のネックレス1

20120310ネクタイ生地のネックレス2
一粒一粒が大きいので、
着けた感がありますねぇ、しかも軽いのがいい!

そもそもシルクのネクタイ生地は光沢があり、
胸元で映える色味・柄がデザインされてるから、
ネックレスにしても合うのかも。

店内にて販売しておりますので、
ぜひお手に取って、軽さを体験してみてください!

午後からは、飛び込みで2Fでのランチ予約が。
中学時代同じ部活だった同窓生のママさんグループ。

息子君が1歳くらいまでの間、
当店をママ友さんたちとご利用くださってましたが、
その息子君は、1年生になるのだとか!

久しぶりに見たら、ほんと大きくなってて、
「わー、大きくなったねー。覚えてる?」
「ああ」と右手を上げて、一丁前(笑)。
あまりに成長してるので、同一人物とは思えない。
子どもの成長は、変化率が別次元ですねぇ。

他には、オーナーとホノルルでご一緒した方が、
初めて奥さまをお連れくださってのご来店。
お昼過ぎの時間にも関わらずお食事してくださって、
ありがとうございました。

ブログをご覧になっているのか、
「『恥かく会』に出たい」
とおっしゃってくださったそうで、
ウクレレをやられてるとか。
「何か目標があるといいから」
ともおっしゃてたそうで、
ぜひ、エントリーお待ちしております。

また、昨日のBSNさんの放映直後に、
お電話をくださった方が、白根からご来店。
ありがとうございました!

夕方には、一人沈んだ感じで展示を観にいらした、
老齢のご婦人が。

オーナーが声をかけると、
5歳のお孫さんと近くの町内で2人暮らしとか。
福島で仕事をしているパパ、ママから、
「ばあちゃん、子ども連れて避難生活してくれ」
と言われてこっちで生活しているそう。

今日は、お孫さんは、お隣さんにお友達が出来て、
そちらへ遊びに行っているのだそう。

「孫にもこのケーキ食べさせてやりたかった」
とおっしゃって、
ケーキセットを召し上がって行かれましたねぇ。

「またあのおばあさん、寄ってくださるといいけど・・・」
とオーナーも言ってましたが、
気晴らしにでもまた寄って下さったらうれしいですねぇ。

ところで、午後4過ぎから「桜餅」を作ることに。

人生で一度は作ってみたかった桜餅。

が、製菓専門店「えぷろん」さんの材料は、
道明寺粉は、40個分量だし、
塩漬けの桜の葉は、50枚パック。
それだけの数を作ってさばける機会を狙ってました。

今日は6時半から亀田の某お寺で、
当店の常連さまが発起人の復興チャリティーイベント。

昨年9月から始まったコンサートは、すでに10回。
これまでうかがえなかったので、
「フィナーレはお邪魔しよう」と思っていたので、
桜餅はちょうどいい差し入れに。

が、作り始めたのが、お客さまが引けた4時過ぎ。
レシピ通りに2、3個作ったら、
40個分のレシピのためか、一つがミニサイズ。

とても6時半に間に合わないので、
急きょ2倍の大きさで作ることに。
P3107986.jpg

出来上がると、すぐに亀田へ。

会場は、立派なお寺でしたねぇ。
P3107991.jpg
桜餅も、出演者のお一人に直接お渡し出来たし、
任務完了。

フィナーレの今回のコンサートは、
歌、二胡、リコーダー、朗読&ギター、
シタール&タブラ、ヴァイオリン、
コカリナ、ソプラノ、舞踊、
そして、今回は、初めて拝見したのが下の二つ。
P3107998.jpg

P3108010.jpg
日本人でありながら、初めて見る日本の伝統芸能。
リズム、旋律は、新鮮で、良かったですねぇ。

最後は11回のコンサートに参加した、
演奏者の皆さま全員の紹介。
P3108038.jpg
見れば、ほとんどの出演者が、
当店で演奏してくださった方々でしたねぇ。

最後は、会場の皆さんで「ふるさと」の合唱。
P3108042.jpg
出演者は、プロの方もノーギャラ、
会場も、無償で貸してくれる所を募り、
お客さまの入場料を全額募金するという、
全額チャリティーコンサート。

すばらしいことをされましたねぇ。
そして、その試みに賛同し出演された皆さまも、
ほんとすばらしいです。

一旦11回で区切りを付けるそうですが、
4月には同様の内容で出演依頼が来ているそう。
「続けられるだけ続けて行きたい」
とおっしゃってましたねぇ。

明日で震災から1年経ちますが、
復興もまだまだこれから、
支援もまだまだ終われないですね・・・。
がんばって、続けてください!

(後日連絡がありましたが、
この日だけで11万円の募金が集まり、
11回の募金の合計は、40万円!を超えたそうです)

「手芸部」始めます!

今日は、前回の展示者「atelier0377」のお二人が、
ポスター&チラシを持ってご来店くださって、
ランチをして行ってくださいました。

何のポスター&チラシかと言うと・・・・

4月から当店で「手芸部」始めます!
P3198136.jpg
「この春何かハンドメイドを始めたい」
「作りかけのキットがある」などなど、
ハンドメイドをしたい方はご参加なれます!

部活顧問は、「atelier0377」のお二人。
第一回目は、14日の午後、
オリエンテーションをしたいと思います。
詳しくは、店頭チラシか、後日ここでお知らせ致します!

また今日は、避難者交流施設を利用しているという、
ママさんとお子さん2組もご来店。
1Fでお茶をしてくださいましたねぇ。
ありがとうございました。

2Fは、10組のママ&お子さま。
オムライス&サービスのバナナシフォン付き。
沢山でのご利用、ありがとうございました!

また、人数が多かったのですが、
車2台で、ピストン輸送でご来店くださったようで、
重ね重ね、誠にありがとうございました!

最近、6人以上の団体さまのご予約でも、
駐車場が少ないのをご存じのママさんは、
「なんとかして行きます」
「2台で行きます!」
とおっしゃってくださるので、ホント助かっています。

午後からは、
「一昨日のNHK、見たわよ~」
と常連の3人のご婦人グループ。

特にお一人の方は、
「NHKさんでは、店名すら映らなかったのに、
なぜ当店だとお分かりになったんですか?」
とお聞きしたら、
映ったギャラリーの壁、ハロゲンライトの当たり具合で、
「すぐに『杜々さんだ!』って分かったわよ!」
とおっしゃってましたねぇ。

こちらの方は、去年の震災の後、
被災地でのせつない様子が紙面に載っていた頃、
「何かせずにはおれないのよ」
「自分も色々大変な人生の時期があったけど、
こんな自分でもなんとかここまでこれたんだから、
被災者の人たちには、なんとか頑張ってほしいのよ」
と突然のお電話をくださって、
展示をしてくださった水彩画の作家さん。

あの時は、経費を除いた売り上げの全額、
確か、14、5万を、震災募金されたんでしたねぇ。
その思い、気持ちに打たれて、
期間後半の展示料を無料にさせて頂いたんでした。

こちらの3人さまは、揃ってリースをご購入。
ありがとうございました!

閉店間際には、初めていらっしゃる3人組のご婦人。
道に迷われてこんな時間になってしまったとか。
分かりづらいところを、ご来店いただき恐縮です。

今日も、沢山の方々にご来店いただきまして、
誠にありがとうございました!

BSNさん取材、放映&反響

今日は、開店前にBSNさんから電話。

昨日まで取材にいらしてた方ではなく、
Hさんという方で、事前にきちんと取材の申し込み。

「作品が展示されている所を撮影したい」、
「1時くらいに行きたいけれど、どうか」
などなど事前のアポを入れてくださって、
なぜか、
「NHKさんの後になってしまって、すみません」
とも。

「1時だとお昼時間なのでお客さまを優先したい」
「駐車場もありません」
とこちらの事情をお伝えすると、
「1時半くらいに。車も考えます」
とのこと。

1時になると、またまたお電話があり、
「これからそちらに向かいたいのですが、
いかがでしょうか」
と問合せの連絡があり、駐車場の確認も。

実際に車が到着すると、まず先に、
「BSNですが・・・
カメラの準備がまだあるんですが」
と玄関に顔を出され、見るとそのお顔は、
フラッシュニュースで拝見したことのあるHさんでした。

入店されると、真っ先に、
「昨日伺った者が名刺を差し上げなかったそうで、
申し訳ございませんでした」
と昨日までいらしてたBSNの記者さんの名刺と、
ご自分の名刺をオーナーにくださいました。

そしてとベテランのカメラマンさんも一緒に、
「今日は、よろしくお願いします!」
オーナーに向かって丁寧に一礼されて、
とても気持ちいい対応でしたねぇ。

撮影の方はというと、
持ってらしてバッテリーを使いテキパキ準備。
軽く打ち合わせをしたら、
ベテランのカメラマンさん主導で全く無駄が無い!
20120308BSNさん取材

カメラマンさんたちが撮影してる間、
Hさんが離れて撮影を見てらしたので、
当店のお客さまと本展示のつながりを説明し、

「昨日の某局さんでは、
『避難者同士のつながり』がフォーカスされてましたけど、
実は『新潟市民』との色んな出会いがあったからこそ、
この展示もキルトも実現したんですけどねぇ・・・」

と、関係ないHさんにちょっと言ってみたら(笑)、
「・・・・・我々もキルト作ってる所、
撮影しに行ってるんですよ」
「そうみたいですね。沢山取材陣が行かれたそうで。」
と言うと、しばらくメモられ、
「『新潟市民の善意で寄せられた布で作ったキルト』
という表現で良いでしょうかねぇ。」
と言ってくださいました。

一通り作品の撮影が終わると、
お客さまインタビューも撮りたかったようですが、
取材陣がいらっしゃるとお客さまたちが帰られてしまい、
「それじゃあ、お店の方ということで」
と急きょ、オーナーが取材を受けることに。
20120308オーナー取材受ける
考える暇もなくカメラの前に出ると、質問を次々されて、
なんだかトンチンカンな内容を答えてましたねぇ。

終わってから、
「ちょっとあの答え、内容的におかしくない?
『避難者の行く末が感じ取れて感動しました』って、
まだまだ皆さん展望が見える状況にないじゃん。
『キルトを通じて少しでも前向きになられたなら、
嬉しいことですね』っていうならならわかるけど。」
と言うと、
「何を答えたかなんて、自分でも覚えてないわ~」
と本人はいい気なもの(笑)。

年寄りに質問するときは、
一発勝負でなく、リハが必要ですね。

お帰りの時には、Hさん、
「なんか我々が来たせいで、
お客さん帰しちゃったみたいで・・・・」とか、
「なるべくお聞きしたこと入れようとは思いますが、
イメージ通り行かなかったら、すみません・・・」
とかおっしゃってくださって、
こちらの立場に配慮してくださる方でしたねぇ。

最後は取材の3人さまは、こちらに体と顔を向け、
眼を見て「ありがとうございました!」
と気持ちいい一礼をされてましたねぇ。

取材撮影、お疲れさまでした!

ところで、撮影途中、
「以前、實石アナがいらして、
展示の取材して頂いたんですよ」
とお伝えすると、
カメラマンさんが「實石の時か・・・」
とつぶやかれたので、
よく見ると、その時のカメラマンさんたち!
「ああ、通りで見覚えありました!
その節はどうも!」とこちらも一礼してご挨拶。

過去に当店にいらしたこと、
覚えててくださったんですねぇ。

皆さんがお帰りになったあと、
「あのカメラマンさん、ホノルルで一緒だったわ!」
とオーナー突然言い出し、
オーナーが参加したホノルルマラソンツアーで、
BSNさんから参加した撮影カメラマンさんだったそう。

「なんでそれをさっき言わない!
話がもっと盛り上がったかも知んないじゃん!」
「だって、今気づいたんだから仕方ないじゃない」
「・・・・・」

まあ、思い出しただけマシですね。

夕方には、栃尾の某区長さんがいらして、
来月企画されている、
「山菜取り放題・食べ放題イベント」
の打ち合わせ。

追い追い、当ブログでもお知らせ出来ると思いますが、
超~お得な「山菜取りイベント」が企画中です!

また、パステルの高島さんが、
先日搬入してくださったポストカードを、
追加搬入してくださいました。
20120308パステルポストカード追加
種類も増えて、盛りだくさんに。

また、あっという間に完売した、
「ありがとうにゃん」カードは多めに。
20120308人気カード
お忙しい所、ありがとうございました!

閉店後、片付けをしながら、
6時過ぎからワンセグでBSNさんを視聴。

オーナーのトンチンカンな応えは、
ドアップで映ったオーナーの満面の笑みに目を取られ、
何を言ってたのか記憶にない(笑)。

展示作品もキレイに沢山映していただいて、
新潟市民とのつながりもコメントで入れて頂き、
ご配慮、誠にありがとうございました。

と、当店部分の放送が終わったとたん、
店の電話が鳴りました。

「○○ですけど!今見ましたー」
「ああ、ご無沙汰しております、
見て頂けましたか~、ありがとうございます!」
「いや~さ~、いま焼き鳥屋行って、
ほろ酔い加減で帰ってきたら、うちの奥さまが、
『ほろ、映ってるよ、映ってるよ』って言うからさ、
見たら『杜々さんだー』って、びっくりしてさー」
以前油絵を展示してくださった方でした。

その後も、お昼に2Fの仮予約の電話をくださった、
初めてのママさんから電話があり、
「今見ました~、素敵でした。ぜひ伺いたいです!」
と言っていただいたり、
お久しぶりの方からも携帯に電話があり、
「今、見ました~、
オーナーの顔、久しぶりに見ました~」
とお電話を頂いたり。

こうやってお電話頂くって反応がすぐわかり、
うれしいことですねぇ。
ありがとうございました!

で、7時過ぎ、帰ろうとしたら、
オーナーのお友達の理容師さんがいらして、
これから家で「出張白髪染め」をしてもらうのだとか。

ふと思いつき、
「あの・・・髪、今切ってもらうってできますか?」
「車に道具あるので、できますよ」
とおっしゃるので、
「ほんとですか!じゃあ、お願いします!」

即決、切りたかった髪を切ってもらうことに。

切る前に一枚写真に撮ることに。
P3087958.jpg
実はこんなに髪、長かったんですよ~。

「もう、ばっさりいっちゃってください!」
「切れて、超うれし~」とウキウキの私。

ここまで伸ばしておいて全く髪に執着してないので、
「髪長い人で、切るとき『痛い』って言う人とか、
泣いちゃう人とかいるんですよ~」
と、全くかわいげのない私の態度に、
思わず理容師さんおっしゃってました。

最初にばっさり切った途端、頭が軽くなり、
「かるーい!首下の背骨のヘルニア治るかも!」
と思わず言ってしまいましたねぇ。

ばっさり切った髪はこんな感じ。
P3087963.jpg
「あなた、平安時代ならモテモテよ、姫よ~」
「そうかも。『後ろ姿』が勝負なんですよねぇ(笑)。
髪毛の長さが美人の規準なんですよねぇ」

染めたことも、パーマもしたことないし、
最近はドライヤーも使ったことないので真っ黒髪。

で、理容師さん、
「私にこの髪、くれる?もらっていい?」
「どうぞどうぞ!、ゴミになるだけですから」
聞けば、前髪専用のウイッグをご自分で作るそう。

そういえば、女性の癌患者用のウイッグを作るために、
長い髪の毛を募っている団体が日米にあって、
私も提供しようと思ったことがあるのですが、
「25歳くらいまでの髪」という年齢制限があって、
断念したこともありましたねぇ。

「仕事柄、髪は下ろせないし、
ギリギリ一つに縛れる長さが残ってればいいので~」
と言って、さっさと切ってもらって、
ドライヤーで乾かして、微調整してあっという間。
30分もかかってないかも。

今日は、BSNさんの気持ちいい仕事ップリに接して、
念願の髪も切れたし、気分よく寝れそうです。

取材3日目&パステルアート体験

今日も夕刊の記事をご覧になっという方々から、
問合せのお電話を何本も頂いたり、
新津、海老ヶ瀬からいらしてくださる方など、
多くの方々が初めてご来店くださいました。

中には、新聞を見られて、
近くの水墨画教室の方がいらしたのですが、
駐車場が満杯でゆっくり出来ず・・・。
大変失礼いたしました。

聞けば「以前、銀行で展示会をしたら、
誰も観に来なかった」そうで、
展示会場を探していたところだったとか。

「また下見に来ます」
とお帰りになりましたので、
またのお越しをお待ちしております!

他にも、「歌声」を運営している方が、
「防音あり、飲食・アルコール可の店」
かどうかを確認しにいらしてくださったり。

運営規模からしたら当店でもお応えできそうですねぇ。
ご縁がありますこと、期待しております。

また、またまた石山おやこ劇場の代表の方つながりで、
「ハートカフェ」の代表の方がご来店。

お名刺を頂いて色々お話を伺ったら、
夏に当店で展示を予定してる作家さんとお知り合いとか!
どこでつながってるか、わかりませんねぇ。
多岐にわたった人脈もお持ちのようなので、
何かつながって行けたらいいですねぇ。

また今日は指ぐるみの搬入も。
20120308クマの編みぐるみ追加
前のより表情を少し変えてくださいましたねぇ。
ありがとうございました!

ところで、今日は午前10時から2Fで、
「ぱすてるの森」の高島詠子さんを講師に、
「パステルアート体験教室」です。
20120307パステル画体験教室の様子
中には、ハマったかたもいらして、
必要な道具をメモしていかれた方もいたそうですねぇ。

作品搬入日にいらしてたBSNの記者さんが、
教室の様子を取材しに入ってらして、
避難者の生徒さんにカメラ向けてましたねぇ。
20120307パステル画体験教室1回目
BSNさんの取材内容は、
8日の午後6時15分からの、
ローカルニュース内で流れるそうです。
ぜひご覧ください!

1Fへ降りて、
いらしてたお客さま方のご注文に取りかかろうとしたら、
何やら玄関が騒がしく、見たら、
カメラを担いだ女性が入ってきました。

急いで玄関へ行き、見ると、
昨日、一昨日2日連続いらしてたNHKの女性記者さん。

「え?、今日も取材なんですか?!」
「あ、はーい。また来ちゃいましたあ~」
「・・・・・・・聞いてませんが」
「あ、撮り忘れがあったので~」
「はあ・・・・」

見ると、スタッフさんとカメラマンさんは、
「こっち(ギャラリー側)だけなんで・・・」
と申し訳なさそう。
「どうぞ・・・」
20120307NHK取材3日目

『2日間あれだけ撮影して、まだ撮るって・・・
どんだけ長い放送時間枠取れたんだ?』

と思いつつ、そうこうしてると、
2Fでの教室が終わり、生徒さんのお茶出しや、
急ぎのランチや常連さまのランチを作っていると、
気づいたら、一言も無くNHKさんはお帰りに。

午後には、政党新聞「赤旗」の記者さんがいらして、
パステル画教室終わりの高島さんに取材。

高島さんは、丸1日大忙しで、大変お疲れさまでした。

今日も沢山の方々にご来店いただき、
ありがとうございました。
また急な取材が入り、落ち着かない店内となり、
誠に失礼いたしました。

店の片づけが終わって、気づけば5時45分。
デジカメで動画撮影するために家に帰り、
デジカメ内に溜めこんだデータを、
USBメモリーに移し替えようとしたら1G!もあって、
移し替えに30分以上かかり、結局撮れず終い。

ワンセグで見た放送の内容はというと・・・

福島から新潟に避難している、
「『警戒区域内からの避難者』と『自主避難者』が、
フレンドシップキルト制作を通じて心がつながった」

という構成でしたねぇ。

「避難者」同士、同じ被害者なのに、
大きな心の隔たりがあっただなんて知りませんでした。

それにしても・・・・・、
展示に関する放映時間はたったの数分でしたが、
あのボリュームを作りだすために、
あれだけの撮影スタッフを投入し、
あれだけの時間カメラをまわせるって、
NHKさんの取材はなんとも贅沢ですねぇ。

取材デー

今日から、「~震災から1年 つながるおもい~
『春のてしごと展』」が始まりました。

あいにくの雨模様でしたが、
開店前から日報の記者さんと、
NHKさんからは、記者さん、カメラマンさん、
音響さんと照明さんが取材にご来店。
20120305取材

日報の記者さんは、前回24日の掲載に引き続き、
2回目の記事を掲載してくださることに。
しかも、今日の夕刊!に記事を間に合わせるために、
早々にお帰りに。

替わって日報写真部の女性カメラマンさんが、
いらして写真撮影。
20120305取材1
写真撮影が終わると、女性カメラマンさん、
「お店のブログ読んだら、ラオスに行かれたって。
新潟でラオスに行った人めずらしいですよね」
と声をかけてくださいましたねぇ。

ラオスのルアンパバーン?しか行ってないそうですが、
「あのもち米、なんていうんでしたっけ」
とおっしゃるので、
「カオニャオ・・・・だったかな」
とうる覚えでお答えすると、
「そうそう!専用の蒸す籠、買って来ましたよ~。
小物入れに使ってますけど」
「私も買って来ましたよ~、持ってますー」
「美味しんですよねぇ。私も食べました!」
とタイでカオニャオを食べたオーナーも会話に参加。
一時ラオストークで盛り上がりましたねぇ。

撮影終了後にランチをご所望だったのに、
他の注文が立て込んでいてお応えできず、
誠に失礼を致しました。

ラオスは地方の村に2日間ステイしただけなので、
またの機会にラオス旅行のお話聞かせて頂きたいですねぇ。

お店が開店すると、石山おやこ劇場の代表の方が、
お祝いのお花を持ってご来店くださいました。
20120305お花
お気づかい、ありがとうございました!

こちらの方がパステル画の高島さんのお名刺を、
当店に見せてくださったことが全ての始まり。
あの時何気なく名刺を見せてくださらなかったら、
この出会い・ご縁は無かったのですから、感謝ですねぇ。

お昼近くまで取材が続き、
20120305取材2

展示者の皆さまと関係者の方々は2Fでランチ。
そちらの様子もNHKさんは取材するとのこと。

一斉にお食事が取れた方がいいと思い、
それぞれの注文品の出来上がりを揃えるため、
少々お時間がかかってしまい、
お腹が空いているところをお待たせしてしまいました。

2Fの撮影が終わると、
NHKの皆さんも1Fでお食事してくださったのですが、
皆さん2時過ぎまで食べられずで、
しかも人の食事風景の撮影ならなおのこと、
さぞかし空腹だったのではないでしょうか。

若い男性3人と女性だったので、
気持ち量を多めにしましたが、キレイに完食くださって、
ありがとうございました。

食事が終わって2Fの皆さまも降りてらしゃると、
当店初の「毎日新聞」の記者の方が取材にご来店。
当店の名前の由来、床板のこと、展示のいきさつを
取材してくださいましたねぇ。

その後、代表のパステル画の高島さんは、
一人で取材を受けられてましたねぇ。
20120305取材4
展示することが決まってからというもの、
高島さんには、作家さんたちの取りまとめ、連絡等々、
多大なお手数をおかけしました。

なんとか当日を迎えることができましたねぇ。
31日まで、改めてよろしくおねがい致します!

皆さんが帰られてからも、NHKさんは、
時間をかけて作品をじっくり撮影されて、
20120305取材3
お帰りになったのは4時過ぎ!

ほぼ6時間張り付いてらっしゃいましたが、
いや~、なかなか大変なお仕事ですねぇ。

今までBSNさん、UXさんが、
何回か取材でいらっしゃいましたが、
初のNHKさんは、スタッフさんの数、
撮影時間、撮影のカット数が比べ物にならない。

実際は数分の放映時間でしょうに、
これだけの労力をかけて撮影されてるなんて、
これからは、もっと有難く拝見しないいけませんね。

ちなみに、NHKさんの放映は、
「7日(水)6時10分から」の番組内だそうです。

ぜひ、皆さま、お時間合わせてご覧くださいませ!

と、皆さまにお知らせしているというのに、
オーナーはその時間は出かけるので見れないし、
私のテレビは、年末に壊れたっきりで、
もう一台のテレビも録画が出来ないし。

またデジカメの動画で手をぶるぶるさせながら、
「テレビ画面」を撮影するしかないですね(笑)。

あと、早速今日の日報の夕刊に、
展示の記事が掲載されました!

記者さんは11時くらいまで店にいらしたから、
お仕事、早いですねぇ~。

とても分かり易く、全ての内容が網羅されてて、
ほんとさすがプロという文章でしたねぇ。

切り抜きを店内に貼っておきますので、
ぜひこちらもご覧くださいませ!

毎日新聞は、残念ながら取ってないので、
公民館で読ませて頂きます!

今日は、展示者の皆さま、取材にいらした皆さま、
ほんとお疲れさまでございました。
そして、ありがとうございました!

取材日とは知らずにご来店くださった皆さまには、
バタバタとした1日となり、誠に失礼いたしました。

展示入れ替え

今日で「早春のハンドメイド展」が終了。

長い間、出展くださいました作家の皆さま、
素敵な作品をありがとうございました。
また期間中は、体験会を2日開催していただき、
こちらの方も誠にありがとうございました。

ネックレスなどほとんど持っていないのですが、
あまりに素敵な作品を毎日眺めていたら、
持ってないほうが、寂しい感じになって来て(笑)、
最終日の今日、各作家さんの作品を購入することに!

「あなたにとっては、
清水の舞台から飛び降りるようなものね」
とオーナーに口を挟まれつつ、
アクセサリー類をこんなに買い込むのは人生初。
オーナーと私で買った額を計算してみたら、
手数料のほとんどを作家さんに還元してました(笑)。

とはいえ、この出費以上に今回の展示では、
目の保養を沢山させて頂いたばかりか、
特に「atelier0377」のお二人には、
色々とハンドメイドの世界を教えて頂き、
得たものが大きかったですねぇ。

この春から引き続き「atelier0377」のお二人と、
当店で新しい展開が起こせないか計画中!
近々、お知らせ出来るのと思いますのでお楽しみに!

また午後4時からは、新しい展示、

「~震災から1年 つながるおもい~
『春のてしごと展』」

の搬入・展示作業がありました。

展示は、福島から新潟に避難し、
避難生活を送られている作家さん5人展です。

急なお話とは思いましたが、
縁あってこの1月に展示のご提案を差し上げると、
5名さまが展示してくださることに。

実は、震災後、お店も空けられないので、
ボラインティアでがれき処理にも行けず、
「ここで出来ることって何なんだ」、
「中越地震から「再生」した教室の床板がある、
ここでこそやる意味のあるあることって何なんだ・・・」
とずっと考え続けていて、やっと念願叶いました。

もちろん、今回は通常頂いている「出展料」は無料。
沢山の方に足を運んで頂いて、
少しでも作家さんの励みになればと心より願っております。

ところで・・・・・
展示作業にいらした作家さんのお一人は、
今日、南相馬市から戻られ、
また作業が終わると、南相馬に戻られるとか。
震災から1年で1周忌の法事があるのだそう。

聞くところによると、
最近特に知人からハガキが多く届くそうで、
ハガキには「父が震災で亡くなりました」とか、
震災で亡くなった親族の名前が、
ハガキにはびっしりと記載されてるのだとか。

そういう意味では、来週1週間から今月1か月間は、
被災者の多くの方々が、悔しさ、悲しさ、喪失感に、
改めてさいなまれるるらい時期だったのですね・・・。

そういう辛い時期に、展示をして頂くだなんて、
当事者性が欠落した判断で、浅はかさだったかも・・・
と正直ちょっと心苦しい気持ちになりました。

が、やると決まったからには、大いに盛り上げたい!
ぜひ沢山の方に足を運んで頂きたいですねぇ。

テレビ局2社から記者さんがいらしてました。
20120303テレビ局取材
週明けの展示初日には、
新潟日報さんも取材にいらっしゃいます。
ぜひ多くの方に届いて欲しいですねぇ。

ニットのストール

今日は、常連さまやお久しぶりの方を始め、
初めての方々も何人かいらしてくださいましたねぇ。

2年前オーナーが初参加したホノルルマラソンで、
同じツアーだったという男性の方や、
先日上海のスパッツを購入くださったママさんと
お知り合いという方が、お嬢さんとお友達といらしたり、
ご近所の方が、
「知り合いが、『杜々っていうお店に行ってみたい』
って言うから、
『うちの近くだよ』って言ったら、
『一人じゃいけないから、一緒に』って言うから」
と知人の方をお連れくださったり。

ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、今日はランチの時間帯が混み始めると、
オーナーはプチパニック。

「料理などを出す」、「お客さまと会話する」、
「お皿を下げる」と作業が3つ以上重なってくると、
あるテーブルでお客さまとお話をしだすと、
他のテーブルにお出しするものを間違える、忘れる・・・・
で、行動がフワフワし出して、ミスを連発。

私の記憶が正しければ、教育学的には、
「小学校低学年では、選択肢の数が、
3つ以上に増えると、思考が停止する」
ということになっていて、まさにそのレベル・・・。

不手際を多々お掛けした皆さま、
大変失礼いたしました。

ところで、
上海スパッツのママさんの知人の方と、
一緒にいらした方が素敵なストールを着てらして、
オーナーが「素敵ですね~」と声をかけてましたが、
私もお店に入ってらした時、目に留まりましたねぇ。

ご自身の手編みかと思って伺うと、
「自分で編もうものなら、病気になる」
とおっしゃて、私と一緒(笑)。
お店で購入されたみたいですねぇ。

とっても素敵だったので、写真に撮らせて頂くことに。

着用時(前)
20120302ニットストール前

着用時(後ろ)
20120302ニットストール後ろ

全体
20120302ニットストール全体
円形に編まれてたんでねぇ。
どおりで、体にキレイに巻きついてました。

編み目アップ
20120302ニットストール網目
オーナー曰く、「パイナップル柄」とかと言うのだそう。

もっと色彩の強い、黒、赤、緑、黄色などの糸で編むと、
どんな感じになるんでしょうかねぇ。
柄の見え方、雰囲気は変わるだろうなぁ。
編み目を活かすなら、薄い色かなあ、やっぱり。

あと見え方は、着る人の体型にもよりますよねぇ。
私みたいに肩幅あって、背が低く、
背中や腕に肉がたっぷり付いてると(笑)、
倍くらいの量を編まないと、
こちらの方のような素敵な感じにはならないなぁ、多分。

編み物なんて全く出来ないくせに、
こないだちょこっと毛糸とかぎ針に触ったら、
なんだかニットに目が行くようになりましたねぇ。

こんな素敵なニット、編めたらいいですねぇ。

冬のジャー・ジャン麺

今日は、晴れて青空もでる良い天気で、
陽射しもなんだか冬を通り越して、春ですねぇ。

今日は2Fは、
先月、何度もご利用くださったママさんのグループ。

1月最初の頃、あるママさんグループの日、
オーダーを伺いに行ったオーナーから、
「『今日もジャー・ジャン麺じゃなかったー』
と悔しがってたママさんがいらしたわよ」
というのを聞いたものの、
ジャージャン麺は、日本では夏のメニューなので、
今まで冬にご用意したことがなく、
「複数人さまでご注文頂けたら、ご用意します」
とお応えするだけでした。

が、よくよく考えたら、
一昨年の12月、真冬の北京に行った時、
そういえば、北京の名物料理として食べたんでした。

「麺を日本風にキンキンに冷やさず、
かま揚げ風にアツアツのままにすれば、
冬でも食べられるじゃん!」と気づいて、
冬バージョンは、アツアツでお出しすることに。

で、ちょうど今日、2Fのご予約メモを見ると、
「ジャー・ジャン麺のママさんぽいなあ・・・」
と思い、さっそくご用意することにしました。

案の定、あの時のママさんだったそうで、
とても喜んでくださったそう。

「竹の子とシイタケがごろごろ入ってて食べ応えある」
「ママ友に教えなきゃ」

などとおっしゃってくださったとか。

リクエストを頂いたお陰で、
冬でもジャー・ジャン麺をお出しできることが分かり、
再発見出来ました。

久々に作ったので、
まだ召し上がったことのない1Fの常連さまに、
具のみ味見して頂くと、
「キュウリ、大豆もやし、ネギが、いいね~!」
「美味しい!ご飯にのせても美味しいかも!」
とお口に合ったようですねぇ。

確かに、「ジャージャン丼」、いけるかも・・・。

お客さまのリクエストがあればこそ、
新しい味が作れるというものです。

1Fでは、開店早々、
「やっと来れました~」
と久々にいつも徒歩でいらっしゃるお客さま。

「DM貰ってたんだけど、雪、すごかったでしょ~。
なかなか来れなくて。今日晴れたからやっとこれたわ」
とおっしゃってましたねぇ。

歩いて来られたこともあり、
「今日は暑いから、冷製トマトパスタお願い!」
と着くなりおっしゃって、
冬にトマトパスタを食べる方の指定席、
アツアツの薪ストーブの前の席へ。

年明けに一度いらしたっきりだったので、
久しぶりのトマトパスタに、
「トマト食べれて、ロウバイの花も見れて、
今日はシアワセ~」
とおっしゃってましたねぇ。

また、色々と作品もご購入くださいましたねぇ。

「mina」さんの新作「水色のニット帽」。

お持ちのベレー帽は冬物ばかりだったそうで、
こちらの新作は色味も春らしく、編み目も粗いので、
「夏までかぶれそう」ということでご購入。

さらに、「Rain Drops」さんのリボンブローチ2個。

この春にお別れするお友達へのプレゼントにするとか。
ハンドメイドのプレゼントなんて、喜ばれるでしょうねぇ。

今日の天気のように春の兆しを感じるだけで、
お客さまの心も春モードへ動くようですねぇ。

「早春のハンドメイド展」は、今週末で終了です。
残り2日となりましたが、ぜひご覧くださいませ!


ところで、実は、今日は朝から、
コンタクトレンズをケースごと紛失。

いつも置いた場所から無くなっていて、
多分、夜中にチビが落として遊んで、
どっか奥に入ったままになったらしい。

探せど探せど見つからず、時間も無いので、
仕方無く、超ド近視の分厚いメガネで初出勤。

常連さまも「どうした!、珍しくメガネで!」
とビックリされてましたねぇ。
失礼いたしました。

一旦明るいうちに家に帰り、
あらゆる隙間、棚の裏など探しても全く見つからず。

「ここまでして無いなんて、おかしい・・・」

「チビが咥えて、別の部屋まで持っていたかも」
と考え直し、まずはチビの生態を観察することに。

スペアのレンズケースをチビの前に置き、
どれくらい執着し、どのように遊ぶか見ることに。

が、大して遊ばないし、すぐに飽きる。

それじゃあと、今度はケースを置いておいた場所に、
スペアケースを置き、チビを上がらせ、
どんな動きをするか観察することに。

こちらも、ほとんど散らかしもせず、
置いたスペアのケースに触りもせず。

「おかしい・・・
私、何か根本的に勘違いしてるかも・・・」

前の日の「自分」の行動を思い出し、
考え出したら・・・・・閃めきました!

「パジャマのポケットかも!」

ありましたねぇ、思った通りに。

「夜中、チビの遊び道具にならなきゃいいけど」
と、ちらっと気になりつつ、
棚の上にケースを置いた画像は記憶に残っていて、
それからポッケに入れたなんて、全く覚えがない・・。

自分の行動の記憶が一部欠落するなんて、
初めてのことです。

「私なんて、そんなのしょっちゅうよ」と母。
そして「あんたも私に近づいて来たわね~」と一言。

「・・・・一緒にしないでくれる。
あなたは忘れたっきりそのまま、
私は最後はちゃんと見つけたんですけど」

と強がったものの、
無意識の行為が自分に生じるなんて・・・。

当店の元気な70代のお客さまを見習って、
なるべく長く健全な脳を維持するためにも、
脳にとって新しいこと・刺激になること、
今から色々始めた方がいいかもなあ・・・。