FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



地域密着

今日は、2Fはママ&お子さまのランチ。
新しく二人のママさんをお連れくださったそうで、
ありがとうございました。

1Fでは、近く引っ越されるお友達を誘って、
トマトパスタを食べにいらしたばかりの方が、
「彼女が『新潟を離れる前に最後にもう一度、
あのパスタを食べたい』っていうからさ~。
こんなことなら早く誘ってあげればよかった」
とトマトパスタを再度ご予約くださって、
お友達と連れ立って食べにいらっしゃいました。

お食事が終わると、別のもう一人のお友達が、
「申し訳ないんだけど・・・」
と「はり糸」の「よもぎカステラ」
を持ち込みされました。

「家で開けたら一人で全部食べちゃうし。
今日みんなで食べたほうがいいかなと思って。
2切れはそっちで食べて」とのこと。

常連の方々でしたし、送別会ということでしたし、
特別にOKいたしました。
P5249454.jpg
指でつまみあげるとびよーんと伸びて、
すごい弾力のある生地!
米粉でも入っているのでしょうかねぇ。
草の香も強くって和風カステラって感じで、
美味しかったですねぇ。

お昼過ぎには、
昨日筍ご飯とワラビをおすそ分けした、
料理好きの常連さまがご来店。

「ほっぺた落としながら、筍ご飯頂いたわ~。
若いのにあんな味を出せるなんて、すごいわねぇ。
味付けってどうしてるの?」
と細かく作り方を聞かれました。

「私が作ると筍ご飯は、筍に味がなくて、
ご飯だけがしょっぱくなってしまうのよねぇ。」
「うーん、レシピ通りに作れば作れますよねぇ・・・」
「家で食べるものも、レシピ見るの?」
「基本の適量っていうか調味料の比率がありますから、
基本的にそれに従いますねぇ」
「ひぇ~!」

こちらの方は、混ぜご飯が嫌いとかで、
炊き込みご飯を作るときも、
具に下味をつけないで炊いていたのだとか。

和食は、ひと手間かけるとかけないとでは、
完成した時の味に差が出るかもしれませんね。

味に満足いかない時は、
まずはレシピ通りに作るのが一番の近道。
アレンジはそれからでしょうねぇ。

ところで、こちらの常連さまより、
またまた差し入れを頂きました。
P5249457.jpg
最近えらくハマって毎日食べていたそうで、
さすがに食べ過ぎて「卒業」したそうですが、
「前にオーナーが喜んで食べてくれたから」
とまた今日も持ってきてくださったよう。

居合わせた顔なじみの常連さまにも、
「1個100円で安いのよ~。
ヤマザキって見せたくなかったんだけど(笑)」
と言いながら、2P差し上げてましたねぇ。

ところで、お昼のお客さまが引いて、
後片付けをしていた午後の3時過ぎ、
玄関が開いて、男性の声がしたので出ていくと、
年配の体格のいい貫禄ある警察官さん!

そういえば毎年この時期、
世帯調査で警官が訪ねてくるんでした。

休憩中のオーナーを呼び出す間、
「よかったら、ギャラリー見てって下さい」
というと、
「それじゃあ」と中に入られました。

店内を隅々じっくり見て回られると、
この春新潟に来たこと、
佐渡にも数年勤務したことがあること、
その土地土地で特有のトラブルがあること、
この年になると夜勤が体力的に大変とか、
最近お腹が出てきて禁酒してるとか、
昨日だか趣味の海釣りに行ったら、
顔が日焼けして警官帽かぶると痛いとか、
とても気さくにお話くださいましたねぇ。

オーナーが、
「迷い猫とかの届け出って交番にあるんですか?
うちの猫、帰ってこないんですよ~」
なんてことを聞いても答えてくれましたねぇ。

ところで、
「今度警察の人が来たら、絶対に聞こう!」
と思っていたことがあり、早速聞くことに。

半年くらい前から近所の空き店舗に、
夜になると明かりがつくようになったのですが、
ブラインドはずっと下がったままだし、
土日関係なく夜遅くまで電気がついていて、
出入りしてる人は、若い男女・・・。

「あそこ何やってる店舗ですか?
町内の役員さんに聞いても分からないって言うし。
あやしいんですよねぇ。直接聞きに行くのもねぇ」
「ああ・・・あそこですよねぇ。
こないだ中入った時、
『ここは何やってんだ』って聞いたら、
『デリヘルっすよ』って言ってましたわ」
「そうなんですか!
なんかそっち系の雰囲気は感じてたけど・・・」
「出張で新潟に来た人とかから電話くるんですわ」
「へぇ・・・こんな住宅街でねぇ」

さすが警察、地域の情報に抜かりないですねぇ。

とってもお話し好きの警官さんで、
終わってみたらたっぷり1時間!、
立ち話していかれました。

お帰りの時には、
「いや~、楽しませてもらいました」
とおっしゃったので、
「いや~、こちらもおかげで、
ずっと気になってたことが解決しました!
また何かあったらよろしくお願いします!」
「それはよかったです。
問題あったらまた解決しますので」
とおっしゃって帰られました。

と思ったら、すぐに玄関の戸が開いて、
またまた顔を出されたので何かと思ったら、
「ここの苗、もらっててもいいんですか」
玄関先にオーナーが株分けしておいた、
「八重咲きドクダミ」の苗をご覧になったよう。
P5219420.jpg
「どうぞどうぞ、もらって行ってください」
とオーナーが対応。

「『八重咲き』って・・・珍しいですよね。
『欲しい人は声かけを』って書いてあったので」
「警察の人が、それこそ黙って、
持って行くわけにいきませんもんねぇ(笑)
ご来店記念にどうぞお持ちください」
とオーナー。

もし午後からもお客さまがいらしてたら、
制服姿の警官さんなんて店内に通せなかったし、
また、若いバリバリの警官さんだったら、
こんなにゆっくりはしなかっただろうから、
今日はいいタイミングの時間帯に、
定年間近らしいベテラン警官さんだったおかげで、
普段なら聞けないお話を色々聞けて、
こちらもいい時間つぶしができました(笑)。
スポンサーサイト