FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



サルスベリ

今日も2Fは4組のママ&お子さまグループ。

今日のママさんグループは、
運転手のママさんが、他のママさんたちを、
2度に分けて店まで送り届けてくださって、
お車1台でご来店くださいました。

おかげさまで、ランチと午後にかけて、
1Fにいらしたお客さま方のお車を、
滞りなく駐車させることが出来ました。

ご理解・協力、心より感謝いたします。
ありがとうございました!

1Fでは、常連さまをはじめ、
初めてご来店くださった方々など、
ご来店くださった皆さま、ありがとうございました!

夕方には、駐車場に1台の軽トラが入り、
「木、出たので持ってきました~」
と、線路沿いに看板をかけさせて頂いている、
「ハイブリッジ・ガーデン」さんのご主人。
DSCN1345.jpg
造園のお仕事終わりに寄ってくださって、
仕事先で伐採した木を持って来てくださいました。

「助かります!ありがとうございます!」
「いやいや、こちらこそ助かるわ~」
とおっしゃて、荷台をみると、
とても固くて薪には最適の「サルスベリ」。
DSCN1341.jpg
聞けば、店の後ろのお宅のサルスベリだとか!

店内に戻って店内奥の窓を見たら、
確かに窓から見えてた木が無くなってる!

裏のお宅では、毎年の木の剪定がめんどうで、
切り倒すことにしてしまったのだそう・・・。

今まで季節が変わる度、
色んな表情を見せてくれた裏のお宅のサルスベリ。

春には、緑鮮やかに、
夏から秋にかけて、ピンクの花をつけ、
(サルスベリは、夏から秋にかけて
100日花が咲くので「百日紅」と書くそう)
冬には、枝に雪が積もったりして、
ほんといい感じに窓で切り取られた風景で、
お客さまらも評判が良かったんですが・・・。

切ってしまえば、それで終わりで、
生かしておけば、見る人の心を癒せるのに。
まあ、大きなお世話ですが・・・。

ただ、他の高齢者世帯のご近所宅でも、
やはり庭木の手入れが大変になり庭木を伐採、 
切り倒した木を持って来てくださる方も。

後ろのお宅でも、花がまだ咲いていたそうですが、
決断したので思い切って切ることにしたそう。

これから薪ストーブのシーズンになれば、
いくらあってもいい薪用の木なので、
サルスベリの薪だなんてとてもありがたい。

でも、まさか裏のお宅のサルスベリだったとは・・・。

勝手に「借景」していたとはいえ、
開店以来6年半見えてた風景が無くなってしまって、
ちょっと残念というか、ショックでした・・・。
スポンサーサイト