ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



ネパール&ヒマラヤ展終了

今日は金曜日の31日。

通常土曜日に合わせての展示が終了するのですが、
今日で「ネパール・ヒマラヤ展」最終日。

最終日だというのに、新聞記事を見て、
展示を観に初めてご来店くださったご夫妻が。

「新聞とかではこちらよく見て知ってたんだけど
どんなところかなあと思ってたんですよ」
とご主人さま。

お話を色々聞くと、
どうもかなりの海外通のようでらっしゃったので、
「海外はどこへ行かれたことがありますか」
とお聞きすると、
ヨーロッパをはじめ色々旅行されてて、
現役の時は仕事の関係で東南アジアにも行かれたとか。

ちなみに最近注目しているエスニック料理は、
アメリカでもチェーン店が繁盛しているという、
メキシコ料理だとか。

奥さまは、75歳とおっしゃってましたが、
数年前とついこないだの去年11月には、
ヒマラヤトレッキングに行かれ、
2週間ほど滞在されてきたのだそう。

すごいですねぇ。

新聞に展示情報を掲載して頂いたおかげで、
今月は、ネパール、ヒマラヤに関係ある方々が、
次々と初来店してくださいましたねぇ。

先週には、若い頃、
ヒマラヤに行ったことがあるという方が、
なんと十日町!から車でいらしてくださったり、
近くにお住いの男性も初めていらしてくださって、
3月にヒマラヤに行く予定だそうで、
足慣らしのためにここ新潟市内から、
弥彦!までの35キロを歩く!のだとか。

「ここから弥彦まで歩く」
なんて、考えたことすらないです・・・

でも12月だかには、1か月間北海道に滞在し、
北海道の山を歩き回ったというから、
ただ者ではありませんね。

今日も閉店後の5時半過ぎ、
展示の撤去作業や荷造りをしていると、
「今日までヒマラヤ展やってますよね」
というお電話が来るほど。

展示のことがトピック記事で掲載されると、
その効力は、大抵1週間くらいなのですが、
今回は新聞を読まれた方々が、ポツポツですが、
次々と万遍なく期間中いらしてくださって、
しかも最終日にまでご来店や問合せがあるのは、珍しい。

正直、写真展はこれまで、
あまり集客力が良くなかったのですが、
「ヒマラヤみたいに世界一クラスの『被写体』は、
遠方からも人を引き付けるパワーがあるんだなあ」
と実感しましたねぇ。

ところで、展示してくださった佐藤さんは、
今日からヒマラヤトレッキングツアーの添乗で、
ネパールに向かわれました。

「4000メートルの地で沐浴して、
皆さんの幸せをお祈りしてきます」

とメールを頂きました。

佐藤さんの展示のお蔭で、
多分、今回の展示が無かったら、
一生ご来店頂けなかったであろう方々に、
遠方からも足を運んで頂けました。

長い間、貴重な品々を展示して頂き、
誠にありがとうございました!

無事のご帰国、お祈りしております!

今日は午後、
昨日年明けで初めていらした常連さまが、
またまた寄ってくださいました。

年明け、1か月も経つのにお顔を拝見できず、
心配したオーナーが一昨日、メール。
そしたら昨日、早速ご来店くださいました。

年明けから具合が悪く寝込んでたそうで、
いらした時も具合が悪そうで、覇気がない・・・。

お帰りの時には、少し元気になって、
「やっぱりここ来ると元気になれるわ~、
今度大根持って来てあげるわ」
とおっしゃってお帰りに。

で、今日早速、「自家製のたくあん」と
20140231自家製たくあん

自家栽培の大根を届けてくださいました。
20140131自家栽培大根
「昨日『大根持ってくる』なんて言ったけど、
持ってこれるか心配だったけど~」
とおっしゃって、
年明けから様子を見に行けなかった畑にも、
行って来れたようですねぇ。

また、他愛のないことや愚痴をしゃべって、
「私、ここでオーナーとしゃべらないと、
やっぱり元気でないんだわ~」
ともおっしゃってくださって、
顔の血色も、声の張りもいつの感じになって、
元気が戻って来たようで、良かったです!

今日もご来店頂きました皆さま、
ありがとうございました!
スポンサーサイト

焼き立てパン

今日は開店早々、
近くの職場の方たちが制服姿でご来店。

ほんと開錠する間もなく、
玄関前で十数秒お待たせしてしまったのですが、
「朝早くからすみません」
と逆に並んで同じ角度でお辞儀をされたその姿は、
まさに某職場の窓口の風景・・・。

思わず「窓口みたいですよ~」
と言ってしまいましたねぇ。

開店して8年、
色んなお客さまがいらっしゃいますが、
長年勤めた職場や「仕事柄」って抜けないもの。

しゃべり方、使う言葉、服装の感じ、身のこなし・・・
詳しくは分からなくても、
公務員、サービス業、営業職、主婦専業などなど・・
だいたいの業態別はわかるものです。

今日は夕方に、常連さまがご来店。
「これ、美味しいパンだから~」
とおススメパンを差し入れてくださいました。
20140130差し入れパン
メープル味だそう。

このタイプのラウンド食パンって、
近くのパン屋さんでは、
確か予約販売しかしてなかったなあ。

早速、夕飯の時に頂きましたが、
袋の中に湯気が残ってて、焼き立て!で、
包丁で切るのも一苦労なほど。
ふわふわで、メープルの香りも立って、
美味しかったです!

湯気が残ってるような、
焼き立てのパンを頂くなんて、ホント久しぶり!
ごちそうさまでした!

お返しに、ちょうど昨日漬けたばかりの
「鶏肉の酒粕味噌漬け」を一枚おすそ分け。

ご主人がこの手の「変わったもの」は、
ほとんど召し上がらないそうですが、
試に明日以降にでも焼いてみてください。

今日もご来店頂きました皆さま、
ありがとうございました!

大洋酒造さんの酒粕

今日は開店前から、
オーナーのコーラス仲間さんたちがご来店。
来月の「事始め大会」に出場するために、
最後の練習だそうです。

練習終わりには、ランチもしてくださって、
ありがとうございました。
事始めの方も、よろしくお願いいたします!

他には、「懐かしくて」とお久しぶりの方が、
初めての娘さんとランチにいらしてくださったり、
ステンドグラス作家の阿部さんが、
大学受験真っ最中の娘さんとランチをしてくださったり。

ちょうど展示ごとに作品を観にいらっしゃる、
亀田の女性グループの方たちがいらして、
その中のお一人が阿部さんの名刺を見つけられ、
阿部さんの工房のお近くだとか。

ステンドグラスの教室にも興味がおありのようで、
阿部さんに色々とお話を聞いてらっしゃって、
お帰りの時は「あとで電話します」
と阿部さんにおっしゃってたので、
次に繋がるといいですねぇ。

午後には、常連の方々がお茶にご来店。

今日の新聞にも載っていたそうですが、
日曜にチャリティーイベントがあって、
その主宰である常連さまが、募金の集計結果&
慈善各団体への入金証明書を届けてくださったり。

また水原のご夫妻も久々にご来店くださって、
ご主人さまは、某保存会の会長さんでもあり、
「瓢湖に白鳥、まだいますか~?」
と聞くと、
「今年の白鳥、遅くてまだいるの」
とおっしゃって、
今年は例年にない白鳥の動きで、
「新聞に載せてもいいほど」だそう。

例年なら朝には白鳥が餌を取りに飛び立ち、
午前中の瓢湖にはカモだけらしいのですが、
今年は、9時になっても白鳥は飛び立たず、
11時頃になってようやく飛び立つそう。

他の宿営地への移動も例年より遅いとか。

今年は寒さが穏やかなので、
白鳥もお腹が空かないんでしょうかねぇ。

ところで、こちらの奥さまが、
「去年の秋ごろ東京でA子さんが、
『山田洋次監督に声をかけてもらって
監督の映画の音楽をやることになった』
って言ってたんだけど・・・」
と教えてくださいました。

A子さんは、ご夫妻とも関わりがあるのですが、
オーナーの友人の娘さんでもあり、
ソプラノ歌手であり、音大の先生であり、
荻上直子映画監督のご友人でもあるので、
監督の映画にも音楽で携われたことがあり、
その映画を2本ほど観に行きましたねぇ。

数年前には、新潟に別件でいらした時、
当店にもわざわざ夜寄って下さって、
東京での超有名人・知識人・文化人との
知られざる交遊録を怒涛のように伺って、
ただただ唖然、驚愕、驚嘆したことを思い出します。

2年前くらいには、関わった荻上映画、
「レンタネコ」の公開を待たずして、
山田洋次監督に推薦状を書いてもらったとかで、
アメリカに再度海外留学するというので、
メルアド変更のお知らせメールを頂きましたが、
留学生活が終わって日本に帰国されてたんですねぇ。

山田洋次監督映画といえば、
数日前に「小さいおうち」が公開されたばかり。

早速ネットで映画のHPを開いたのですが、
音楽は久石譲さん・・・・
「表だって、お名前は出てませんねぇ・・・」
「じゃあ、挿入歌とかを歌ってるのかしらねぇ」
と奥さま。

1月公開で去年の秋の打診って、急すぎな気も。
次回作のお話なんでしょうか・・・。

春にA子さん母娘と東京でお会いになるそうなので、
詳しく聞かれてくるといいですねぇ。
よろしくお伝えくださいませ!

そうそう、A子さんのお母さまからは、
愛猫ちゃんの写真を東京から出品して下さったり、
荻上直子監督から監督の愛猫ちゃんの写真を
わざわざ取り寄せて送ってくださったり。

その節は大変お世話になりましたねぇ。
機会がありましたら、またよろしくお願いします!

夕方には、近くの小学3年生の男の子が、
一人でご来店。

去年の夏には、ご自宅で栽培したという、
夏野菜を届けてくれましたっけ。

で、今日も手にはロイズのビニル袋が。

「これ、酒粕」
「えー、すごーい!
おうちで作ってる・・って分けじゃないよね?」
「お父さんが仕事してるところの」
「え、どこ?」
「村上の『大洋酒造』」
「ああ!大洋酒造さんの大吟醸、美味しいよねぇ!
私、一番好きだよ~」

実は、数年前、朱鷺メッセの「酒の陣」へ、
大吟醸・純米大吟醸の試飲だけをしに行ったのですが、
香り、味、のど越しと私の好みに合い、
一番美味しかったのが、純米大吟醸「大洋盛り」でした。

で、頂いた酒粕の香りを嗅いで、びっくり!

安酒のあの酒臭さなんて全く無くて、
芳醇で爽やかでフルーティーな甘い香りは、
今まで経験してきた酒粕とは別物!、
ほんと比べ物にならない。

思わずつまんで食べてみましたが、
嫌な酒臭さ、雑味みたいないものが全く無く、
淡泊な味の後にほのかに上品な甘味すらある!
20130129大洋酒造の酒粕1
測ったら750g!もありました。

写真だけでは、この香りをお届けできないのが、
ほんと残念。
20130129大洋酒造の酒粕2
すぐに50gずつに小分けしてラップ密閉し、
ジッパーのビニル袋に入れて冷凍。

小分けしている時も、芳醇で華やか、
フレッシュでフルーティーな甘い香りが漂って、
香りを嗅いでるだけで思わず顔がニヤけて来ちゃって、
大吟醸を飲んだ時のあの幸せな感じと同じ。

もしかして「大吟醸」の酒粕なんでしょうか。
まさか・・・・ですよねぇ。

スーパーとかで売ってる酒粕は、
「八海山の酒粕」などと銘酒搾りの酒粕が
特化されて販売されてたりしますが、
「酒粕なんてどれも同じでしょ・・・」
と実は今まで思っていましたが、
今日の酒粕の香りと味を見て、
「これはやっぱり全然違うものかも・・・」
と思い直しました。

で、早速ネットでレシピ検索。

王道の甘酒もいいのですが、
ちょうど鶏胸肉を昨日買っておいたので、
「鶏肉の酒粕味噌漬け」を仕込むことに。

頂いた酒粕は、かなりきつく絞った酒粕で、
レシピにはない「料理酒」で予め溶いてペースト状にし、
量も2倍の100g使ってみました。

鶏胸肉・・・・・・・・・2、3枚
塩(肉に軽くまぶす)・・適当
酒粕・・・・・・・・・・100g
料理酒(酒粕を溶く)・・適当
味噌・・・・・・・・・・50g
砂糖・・・・・・・・・・10g
20140129鶏胸肉の酒粕味噌漬け
このまま2、3日漬け込んでから、
フライパンで焼けばいいそう。

せっかくの酒粕なのに、
安い「料理酒」で溶いちゃったし
味噌の香りに負けちゃしないかとちょっと心配ですが、
あの香りがどう鶏肉に移るか・・・
2日後がほんと楽しみですねぇ。

貴重な品をわざわざ店まで届けていただき、
ごちそうさまでした!

今日も色んな方々にご来店頂き、
初物の素晴らしく美味しい酒粕も頂いてしまって、
「今日も楽しかったわ~」とオーナー。
これも皆さまのお蔭ですねぇ、ほんと。
ご来店頂きました皆さま、ありがとうございました!

震災から3年、そして3回目

今日は午後、3月に展示をしてくださる、
福島から新潟に母子避難している皆さんが集合、
展示のDMが出来上がったということで、
当店にも届けてくださいました。
春のてしごと展(表

~新潟で避難生活を送っている福島の仲間展~
      震災から3年 のてしごと展3

●期間:3月3日(月)~29日(土)  

●作品ジャンル&出品者名
「プリザーブド、アートフラワー(Parmi les fleurs*)」
「木工アレンジ雑貨(+おうちかざり)」
「ヘンプアクセサリー(sue hemp accessory)」
「パステル画(ぱすてるの森)」
「プリザーブドフラワー(chocolat)」
「布小物、アクセサリー(Withme!)」
「キルト、布小物(cotton-momo)」

2年前、たまたま偶然のご縁もあって、
「非難生活を送ってる方々の何かお役に立ちたい!」
と見切り発車的にこの展示を企画。

参加してくださった皆さんは、
右も左も分からない、不安定な状況の中、
なんとか作品を作ってくださって、
震災からちょうど1年後に初展示を開催しました。

それから早や2年、今年はもう3回目の展示となります。

復興はこの間、どれだけ進んだのでしょうか・・・

去年の展示に参加してくださった方の中には、
この春、新潟から郷里に戻られる方もいるそうですが、
今年もこの展示が行えるということは、
裏を返せば、福島の復興がまだ終わっていない証拠。

正直、複雑です・・・。

今年は、初めて参加してくださる方が、
お二人もいらっしゃるそうで、
どんな展示になるか楽しみですねぇ。

皆さま、よろしくお願いいたします!

新春美術展~浮世絵ねこづくし展~

今日は定休日。

またまたお昼過ぎに起きて、
1週間分のエプロンと布巾を洗濯機に放り込み、
昨日のベトアジイベントに続いて、
2日連続自転車で古町方面へ出かけることに。

今年の新春三大美術展の一つ、
「浮世絵ねこづくし」展を観に、
新潟市美術館に行ってきました。

猫が描かれた200年前の浮世絵・錦絵が並び、
館内は、作品保護のためかなり薄暗い照明で、
絵に顔を近づけてみないと、良く見えないほど。
そのためなのか、単なる猫好きが観に集まったからか、
絵の前で観てる人々が、止まって全然動かない!!

解説付きイヤホンを聴きながら、
はたまたじっくりと一枚一枚の解説文を読んでて、
ほんと前に進まない、動かない・・・

「こりゃ、2時間あっても全部見れないわ・・」
と諦めて、人が観ていない絵を狙って、
初めて間近で浮世絵を見てきました。

で、感想は・・・・

当時の猫の描き方は、ほんと、かわいくない!
描写がリアルすぎるのか、「化け猫」のイメージなのか、
唯一カワイイと言えば、座った猫の後姿くらい(笑)

ただ、浮世絵をこんな間近で見たのは初めてで、
その線の柔らかさ、繊細さ、色彩のセンスは、
ちょっと想定外の素晴らしさで、
初めて観るアートの世界って言うくらい新鮮で、
びっくりしました。

こんなに細くしなやかに描かれてる線が、
木版画だっていうんだから、ほんとすごい・・・。

昔、台湾の故宮博物館や、
NYのメトロポリタンミュージアムで観たような、
世界的な美術品や芸術品となんら引けを取らない。

浮世絵などが当時ヨーロッパに輸出され、
ヨーロッパの芸術家に多大なる影響を与え、
日本ブームが起きたといいますが、分かる気がします。

これは当時かなりの衝撃だったはずです。

猫は、ホント、かわいくなかったですが、
初めて日本浮世絵の素晴らしさを認識出来て、
それだけでも寒い中自転車で来て、ほんと良かった。

帰りは、美術館のショップで買い物。

実は、先週末、
年末にベトナムに航空便で送った郵便物が、
まだ届いてないということが判明、
郵便物が全くの行方不明に・・・

発送した郵便局に問い合わせると、
国際航空便とはいえ、普通郵便にしたため、
発送ナンバーが無いので追跡調査ができないとのこと。

電話口に出たのは男性職員さんで、
「EMSとかで出されましたでしょうか?」
「いいえ、定形外航空便です」
「そうしますとちょっと探すのは無理かと・・」
「じゃあ、ベトナム側の問題ってことですか?」
「はあ、そういうことになるんでしょうか・・・」

なんという無責任な・・・!

あの時、2つの国際郵便物を出しに行って、
「2つともEMSでお願いします」
って言ったのに、
対応した窓口職員の年配の女性は、
1個目の小包みの長々としたEMSの手続きを終えて、
次にベトナムの郵便物に取りかかるとき、
「こちら(ベトナム便)は定形外の航空便でいいですか」
となぜかこちらのオーダーを無視、
それしか選択の余地が無いような言い方だったので、
言われるまま、普通の航空便にしたんだっけ・・・

オカシイ・・・・

不審に思い始め、ブチ切れ寸前(笑)、
「最近、郵便物の未配達の不祥事続いてますよね。
そちらの郵便局内に発送し忘れてるとかってないですか?」
「いや~、そういことは・・・
毎日昨日の郵便物が残ってないか、
郵便物を入れておく箱を確認しておりますので・・・」

まったくらちがあきませんでした。
そして、あまりに人ごとな対応で、唖然。

精算は終わっていて、
「荷物がどこに行こうと、後は知りませ~ん」
だなんて、なんという無責任な仕事をしてるんだ・・・

こっちはサービスの対価、
「送料」をすでに前払いしてるんだぞー。

航空便の料金を受け取っておいて、
船便クラスの遅さで届いたり、荷物が紛失してたりしたら、
「結果責任」はどこが取るんだー。

と、喉まで出かかってましたが(笑)、
言ったところで、結果的に「航空便」にしたのは自分だし、
どうしようもない・・・

大事なものや必ず相手に届けたい品物は、
EMSや書留で出さないと、こういう事態があるのですね。
そうなら、最初に言ってほしかったです。

ま、勉強になりました。

そうそう、あと国際便を出すときはいつも、
日本郵便のHPで予め料金を算定し、
近所の小さな郵便局に出しに行ってたのですが、
その料金になったためしがなく、いつも高額に。
またHPにはお得な料金サービスがあるのに、
窓口ではその存在を知らなかったり。

国際便は、中央の郵便局から出さないとダメですね。

で、あの郵便物はベトナムにはいつ届くのか、
はたまた届かずに終わってしまうのか、
全く分からないので、再度ベトナムに荷物を送るために、
日本らしいグッズを幾つかチョイス。

後は、色んなジャンルの「猫アート」作品を集めた、
「猫まみれ」という本も1冊購入。
猫をモチーフにしたアイデアとセンスある作品ばかりで、
店内に置いておきますので、ぜひご覧ください。

「CHUC MUNG NAM MOI!」

今日は午後からお店をオーナーに任せ、
とある会場へ。

ベトナム人留学生が主催の新年会です。
20140125ベトアジ春節イベント
ベトナムの新年も中国と同じだそうで、
年末にシンガポールから届いたカレンダーでは・・・
今年は1月31日が元旦のようです。

ちなみに中国での新年と言えば、数年前、
中国本土でその日を迎えたことがありましたが、
前夜の大みそか、一般市民が夜な夜な外に出て、
日本では考えられない火薬量の爆竹と花火を、
零時を挟んでの深夜中、上げ続けてましたねぇ。

段ボール一個分の爆竹&花火に火を点け、
一気に爆発させてるのを見たときは、
その爆音と火花の閃光のすさまじさに、
思わず腰を抜かしたのを覚えています。

ちなみに、毎年中国全土で、
大みそかから正月にあげる爆竹&花火が原因で、
発生する火事の件数は、万の数だそう。

今日は、ベトナム。
会が始まると30分ほど、
スライドを使って「ベトナム正月」の説明。
20140125ベトナム新年会(新年のあいさつ)
日本と同じように、大掃除をしたり、
年末年始の準備で皆さん買い物にくりだすそう。

ベトナム語で「新年あけましておめでとう」は、
「チュック ミュン ナム モイ!」
と言うそうです。

あと、「ベトアジ」の活動内容の説明があり、
直接現地に募金が届けられてる様子が報告されてました。

参加者全員でベトナム語で新年のあいさつをして、
ビュッフェタイムスタート。

定員が36名とのことでしたが、
定員オーバー?してるような盛況ぶりで、
人を壁を掻い潜りながらお料理を取りに行くほど。
20140125ベトナム新年会
留学生たちの知り合の新潟市民や大学関係者の他、
中国人、韓国人、ロシア人、インドネシア人・・・
と「新潟大学」の留学生さんたちも参加してましたねぇ。

今日は、いつもの「料理教室」とは趣向が異なり、
「ベトナム正月を祝う会」ということで、
ベトナムのお正月料理などビュッフェスタイル。
各調理台の上には、ベトナム料理が沢山!
20140125ベトナム新年会(バィンチュン)

バィンチュン(ちまき)&ゾールア(ベトナムハム)
20140125ベトナム新年会(バィンチュン&ベトナムハム)
緑の四角の塊は、
ベトナムの代表的なお正月料理で、
「バィンチュン」という「ベトナム風ちまき」。

もち米の中に豚肉、緑豆などの具を挟み込み、
バナナの葉?で包んで10時間!も蒸すのだそう。

大きいのでカットしてから頂くのですが、
最初、糸!で切ってましたねぇ。

ピンク色のものは、ベトナムの「ハム」でしたが、
両方ともクセもなく優しい味つけで、
日本人の口にはとても合います。

春雨炒め
20140125ベトナム新年会(春雨炒め)
こちらは、ナンプラーとニンニク風味がする、
韓国の炒め春雨「チャプチェ」風。

レシピをゲットしたので、
今度の「アジア料理を食べる会」でご用意しようかな。

生春巻き
20140125ベトナム新年会(生春巻き)
出ました!、生春巻き。
手間がかかるので、これだけの数作るには、
さぞかし大変だったことでしょう。

バンゴイ(ベトナム風餃子)&ラッキョウ漬け
20140125ベトナム新年会(ベトナム風揚げ餃子)
いわゆる「揚げ餃子」ですが、
チリの「エンパナーダ」のアジア風って感じ。

こちらはウズラの卵を使ってましたが、
エンパナーダと同じく茹で卵も入ってて、
作り方が良く似ていましたねぇ。

世界の食文化は、どこかでつながってるんですね。

これもレシピをゲットしたので、
今度アジア料理の会で作ろうと思います。

他の料理は、事前に用意されていましたが、
こちらは「揚げたてを食べて欲しい」と
直前まで揚げていて、熱々を用意してくれました。

ラッキョウは、フツウの甘酢漬けなのですが、
唐辛子粉が入っていましたねぇ。

チャー・ゾー(揚げ春巻き)
20140125ベトナム新年会(チャ―・ゾー)
こちらも手間のかかる揚げ春巻き。
料理教室で作りましたねぇ。

やっぱり何度食べても、いつ食べても、
ほんと美味しい・・・。

フォー&さつまいものお汁粉
20140125ベトナム新年会(フォー&おしるこ)
フォーも料理教室でやりましたねぇ。
出来立て熱々を目の前で作ってくれました。

紙コップに入っているのは、
冷めてもトロトロの「サツマイモのお汁粉」。

「ココナッツロング」を振り掛けて頂きますが、
ぐっと、アジアンテイストになりますねぇ。

黒糖入り白玉団子
20140125ベトナム新年会(白玉団子)
一口噛むと、中から蜜がトロッと出てきて、
次に黒砂糖のカケラが歯に当たったので、
粉の糖類と塊の両方が入っていたみたいですねぇ。

親指の頭ぐらいの小さなお団子なのに、
具を包んでキレイに丸められてて、
さぞかし包むの大変だったろうなと思います。

全てのお料理を頂きましたが、
手間がかかり、自分のためには作らないであろう、
「生春巻き」と「揚げ春巻き」を何度かお代わり(笑)

途中、「ベトナムのお正月クイズ」大会がありました。
20140125ベトナム新年会(越南お正月クイズ)
ちなみに、問題は、この6問でした。
①ベトナムのお正月を何という言う?
②大みそかにすることは?
③新年の挨拶で元旦は父の家、2日目は母、3日目は?
④元旦にしてはいけない事は?
⑤ベトナムのお正月料理は?
⑥ベトナムのお正月に飾る植物は?

正解者には、ポチ袋に入った、
「ベトナムドン」紙幣?がプレゼント。
「2000ドン」とかって聞こえてましたから、
今の為替だと10円くらいでしょうか・・・。

最後には、参加者の皆さんと記念写真。
20140125ベトナム新年会(記念写真)
途中で帰られた方もいたので、
全部で6、70人は居たかもしれませんねぇ。

今日の会費は、食べ放題で1500円。
経費を除いた全額を、
ベトナムの恵まれない子どもに送られるそうで、
大盛況で良かったですねぇ。

また次回、「ベトアジ」企画のイベントがあること、
楽しみにしております!

帰りは、万代に寄って、
ラブラ2に初めて足を踏み入れ、ショップの偵察。
土曜日の6時過ぎでは早すぎたのか、
思ったほど人出が無く、さみしい感じでした。

ついでにラブラ1の方も寄ってみましたが、
個人的な趣味趣向の問題かも知れませんが、
「欲しい!」と思えるモノが、ほんと無い・・・。

ネットでチェックしていた商品が売ってても、
ショップだとやはり値段が高かったりして、
買う気にはならず・・・。

高校生の頃だったら、今ほど情報もないし、
毎日のように学校帰りに寄っては、
「あれが欲しい、これが欲しい」
と目を輝かせていたような気がします。

今日は久々に夕方の時間帯に街を歩き回ったせいか、
眠気がいつもより早く来て、それだけは良かったです(笑)

「ろう梅」2014~つぼみ膨らむ~

今日は、これまでの寒さと打って変わり、
青空と日差しは、まるで春間近のような感じで、
とても新潟の1月とは思えませんねぇ。

1月は、氷点下の日が続きましたが、
特に海岸平野部では、雪がほとんど降り積もらず、
ほんと変な天気でしたねぇ。

そのため、庭の「ろう梅」も「つぼみ」が膨らんで、
今日みたいな日が数日続けば、開花しそう。
20140124ろう梅2
畑には、スズメが数羽舞い降りて、
地面に口ばしを突き刺し、虫?を探してるし、
空中にも虫がふわふわ漂ってて、ほんと春です。

でも、向こう3か月の天気予報によると、
3月に例年よりも気温が下がって降雪も多いとか。

3月の大雪って・・・
春を便りを目の前にして、気分的にキツイかも。

ま、雪が降らなきゃ困る土地柄「新潟」なので、
降るのは仕方ないですが、なんでも、ほどほどですね。

そんな勘違いしそうな天気の中、
2Fは、ママ&お子さまのランチでした。
「友達から教えてもらった」
という初めてのお客さまでした。

お友達の方は、
ご来店くださったことがあるんでしょうかねぇ。
お友達に紹介して下さったなんて、
ほんと、ありがたいことです。

そして、そのご紹介でご来店くださり、
誠にありがとうございました!

また1Fでは、常連の方をはじめ、
お久しぶりの方が、初めてのお友達を連れて、
ランチにいらしてくださいました。

「お久しぶりですね~!」
とオーナーが言うと、
「いや~、悪いことも、良いことも、
色々とあってねぇ~。
天気がずっと悪かったでしょ~。
今日はそれでも良くなったから来れたの~」
とおっしゃってましたねぇ。

今日は久々に最高気温が、
10℃近くまで上がりましたが、
植物と同じで、人間も活動し易くなるんですねぇ。

また午後には、一昨日ランチにいらした方が、
早速、マッサージ教室のチラシをご持参くださいました。

仕事早いですねぇ、すばらしい!

~ベビーマッサージ教室のご案内~

講師: 渡部理絵
    NPO法人ロイヤルセラピスト協会認定講師
    指定スクール「リリィ」主宰
日程: 3月12日(水)14時~15時半
場所: 当店の2F
料金: 2000円(オイル、シート、ケーキセット付き)
対象: 2か月以上の赤ちゃんとママ
持ち物:バスタオル、赤ちゃんの飲み物、お出かけセット
申込み:lily.baby.w@gmail.com、025-287-4772
(①ママと赤ちゃんのお名前②月齢③連絡先
を申し込み時にお知らせください)

チラシは、店頭に置いてあります。
ぜひ、ご覧くださいませ。

ところで、誠に勝手ながら、
25日(土)は、15時30分で、
お食事の提供を終了させていただきます。

というのも、ちょっと珍しいイベントに、
参加してこようかなと思っています。
20140125ベトアジ春節イベント
参加申込みは、すでに受付が終了していますので、
残念ながら、当日の参加はできません。

後日、様子をここでもアップ出来たらと思います。

一安心・・・

今日は開店早々から、
初めてらしき年配のご夫妻がご来店。

新聞記事を読まれていらしたようで、
友人の方が仕事を辞めて、
ヒマラヤなど1か月行っていたのだそう。

またしても・・・・
実際に現地に行かれた方や、
行かれた方を知っているなどなど、
ほんと思ってる以上に多いですねぇ。

足を運んでくださり、ありがとうございました!

お昼には、来月の展示をしてくださる方々が、
お手伝いの方も含め、6名さまでご来店。
打ち合わせを兼ねてランチをしてくださって、
ありがとうございました。

展示、楽しみにしております!

昼過ぎには、以前妊娠中にご来店くださって、
その時は1Fでお食事されたという女性がご来店。

お食事も終わり、食後のドリンクをお出しすると、
2Fの部屋の使用条件を知りたいとのこと。

聞けば、近くのクリニックで、
医療事務のお仕事をされている傍ら、
ベビーマッサージの教室をされてるそうで、
今までご自宅や地区センターで教室をやってるとか。

色々お話伺っていくうち、
3月に当店2Fで「教室を計画してみます!」とのこと。

一応2Fのお部屋をご覧いただくと、
「こんな素敵なところがあったなんて、
子どもがいながら、知らなかった~!」
「貸切の時なんか、お食事を持って上がって来たら、
ママさん全員が母乳あげてる時もありましたよ~」
「え~、素敵~!」

部屋の写真を色々撮られ、
1Fに下りてからも店内の写真、撮られてましたねぇ。

「(教室をやるなんて)そんなつもりなかったので、
名刺も持って来てなくて」
とおっしゃってましたが、ご縁があったんですねぇ。
教室、上手く行くといいですね。

午後には、超常連だった皆さまが、
久々&今年初のご来店をしてくださいました。

お一人は、年末ぶりのご来店で、
昨日近況報告がオーナーのメールに届いたばかり。

年末年始は、体調を崩し、
脳検査をしたら異常はなかったものの、
足などがしびれて痛くて不自由だったとのこと。

今日は天気もひどくないし、
ようやく出て来れたとおっしゃって、
「もう歳だから・・・」
と何度もおっしゃって、
すっかり生気が失せてしまった感じ。

また別の方は、去年一年は、
2度の手術やら腰の骨折、車事故と災難続きで、
そんな切ないニュースが届く度、心配してました。

今日はご家族が付き添ってくださって、
心もとない足どりでしたがご自分の足で歩いてらして、
「ほんと、お会いできてうれしいです~!」
とオーナーもほんと喜んでいましたねぇ。

お二人とも顔見知りなので、同席して、
甘いもの食べたり、色々お話して、
終いにはいつもの笑い声が上がってきて、
お帰りになるころには、以前の元気な気力が蘇ったよう。

お一人の方は、
「ここに来ると、元気になれるの」
とおっしゃってくださって、
ありがたいお言葉です、ほんと。

年明けから「どうしてらっしゃるか・・・」
とずっと心配してた常連さまお二人が、
同じ日の同じ時間帯にご来店くださって、
ほんと一安心しました。

寒い日が続くので、
体力・気力はまだまだ万全とは行かないでしょうが、
暖かくなって来れば、元の感じに戻っていくと思います。
無理せず、少しずつ元気取り戻して下さい。

また元気なお姿でご来店頂けること、
心よりお待ちしております!

今日もご来店頂きました皆さま、
ありがとうございました!

エビドリア8人分

今日は、2Fは、
12時から8名さまのご予約ランチ。

幹事の方は、前にママ友さんと一緒に、
ご来店されたことがあるそうで、
忘れずご利用頂きまして、ありがとうございました。

ちなみに今日は、事前に、
「ドリア」での同一メニューでご注文くださったので、
サービスのバナナシフォンケーキがセット。

8人分のドリアとなると、
仕込みの「量」も「手間」も多くなるのもさることながら、
キッチンの設備は家庭用レベルなので、
「焼き」の段取りがなかなか大変でした。

トースター、グリル、オーブンをフル回転させて、
それぞれの火加減を見ながら入れたり出したり、
なんとか8食分に焼き色を付けてお出しできました。
20101215エビドリア
「美味しそうね~」
とお給仕していたオーナーが思わず言ってましたが、
こうも寒い日が連日続くと、
こういう熱々で、濃厚な料理が食べたくなりますよねぇ。

が、自分や家族のために作る気は毛頭ありません。
手間がかかって経費もかかって一銭にもならないので(笑)。

また、1Fでは、
お久しぶりの方がランチをしてくださったり、
体操教室帰りの方々が近所のお友達と待ち合わせて、
一緒にランチをしてくださったり。

今日も寒い中、ご来店、ご利用くださった皆さま、
ありがとうございました!

またまたヒマラヤ繋がり

今日は、朝からお電話があり、
「新聞を読んで。これから行きたいので
行き方を教えて欲しい」と女性の方。

聞けば、亀田の方らしいのですが、
次の予定もあるので長居は出来ないとかで、
着いたらすぐに食事もしたいそうで、
「オムライス」をご注文くださったので、
いらしたらすぐにお出しできるように準備。

いらっしゃると、
展示を観るのもそこそこにテーブルに座り、
食事をされながらオーナーと色々お話に。
数年前に、58歳の時にヒマラヤに行かれたそう。

新聞に展示のことを掲載して頂いてから、
「ヒマラヤ、ネパールに行ったことがある」
という方々が次々と展示を観にいらしてくださって、
しかも、年配の女性もいらっしゃるので、
ほんとびっくり。

「辺境の地」とか、
「一生のうちに行けるか行けないか・・・」
という遠い遠い場所というイメージが強いのですが、
意外に皆さん行かれてるんですねぇ。

ところで、お急ぎだとおっしゃってたのに、
店内を隈なくご覧くださったそうで、
「水風呂&熱湯風呂に浸かる猫」のマグカップを、
2つともご予約くださったそうで、
来月の手作り作品展の時にいらして下さるそう。

お気に入りが見つかって良かったです!
ぜひ来月のご来店も、お待ちしております。

センター試験にチャレンジ

今日は、定休日。

お昼近くに起きて、軽くパンを食べ、
ダラダラと新聞を読んでいると、
昨日のセンター試験1日目の問題&解答が。

「そんな時期か・・・・・
久々に解いてみるか・・・」

と不意に思い立ち、
「英語」の問題を解いてみることに。

が、文法問題など前半を終える頃には、
すでに集中力が切れ始め、
長文などでは本文の内容はすぐに分かっても、
「問い」の意味がすぐに理解できず「フリーズ」、
解答する前の段階で一苦労(笑)。

終いには、トイレや水を飲みに席を立ったりと、
全く緊張感がなくなる始末で、
同じ時間に試験を受けてる受験生に失礼なほど。

最後の長文では、ほんと嫌になり、
止めてしまおうかと思いましたが、
「一応最後までやってみるか」
と自分にムチ打ち続けながら何とか終わらせ、
制限時間80分のところ、約120分!、
1.5倍の時間が掛かって、何とか自力解答が終了。

で、採点してみたら・・・

なんと200満点中、175点!

やっぱり集中力が切れ、嫌々に成り始めた長文で、
ケアレスミスが多く出て減点。

実は、大学入試の時には確か、
文法と長文で2問ミスしただけだったので、
そのころに比べれば、解答時間がすごい遅く、
判断のスピードがすごい落ちている・・・。

でもまあ、今は受験生ではないし、
速さを競う必要ものないので、
「寝起きじゃなく、マジで気合い入れて、
「問い形式」にも慣れてたら180点は取れたかも~」
と予想外の結果に、ちょっと上機嫌でした。

それにしても、
英文を全く読まなくなって10年近く経つのに、
返り読みしないでスラスラ読めて、自分がびっくり。

それとも・・・
受験人口が一番多く競争率も一番激しかった、
我々世代の時よりも単純に難度が下がっているのか・・・?

ただ、私自身、あの頃より、
人生経験、社会常識、知識も増えたし、
様々なトピックや社会問題の諸論点・見解にも
数多く見聞きして来たこともあり、
出題された長文の内容はオーソドックスなもので、
読み終わる前に、論点や結論が予想出来てしまった。

また、解答の際、
誤りの選択肢なども読みながら、
「なんでこんな選択肢を作るんだ?
意味わからん・・・。
これを選ぶ受験生は、本文の内容なんて、
ほとんど理解できないじゃないか・・・・」
と出題者の意図に疑問を持つ余裕も。

あと考えられるとしたら、
大学時代とそれ以降も長い間、
哲学書などの専門書を英語の原典で読み続けてて、
あの原典に苦悩した頃の感覚が今も体に残ってたのかも。

どんな学部でも、その先企業に就職してからも、
原典で専門書を読みあさったり、
英語で論文を書かねばならないような、
グローバルに活躍する専門職や、
大学や企業の研究者を目指すとなると、
旧帝大クラスのセンターで8、9割正解率が無いと、
どの道、かなり苦労するはず。

なんだかんだ言っても、
受験学力が無いと、その先通用しない世界は沢山あるし、
もちろん無くてたって、幸せな人生は幾らでもあります。

受験学力は、所詮、「手段」すぎませんね。

今回、約20年ぶりに素で解答してみましたが、
思った以上に、単語も文法も覚えてたし、
入試問題程度の長文なら、大して苦でなかったので、
このまま埋もれさすのも勿体ないかもなあ。

ただ、今のセンター試験では、
英語の「ヒアリングテスト」が1時間!もあって、
よっぽどこちらの能力の方が実用的なのに、
多分今試に解いたらほとんど全滅でしょうね(笑)。

超~久々に2時間!もの長時間、
脳の高次機能を使ったら、一気に血糖値が下がり、
しばらく頭はボーっとしたまま、
終いには寝起きなのに睡魔が襲い、
午後から全く稼げませんでしたが、
昔とった杵柄、眠ってた記憶が呼び起されて、
脳にはとてもいい刺激となりました。

これから毎年、センター問題にチャレンジして、
英語の読解力が基礎レベルを維持しているか、
毎年確認するにはいいかもしれません。

夜営業

今日は朝から久々の方々が、
今年初のランチにいらしてくださったり、
「今日、やってますか~。
これから行きたいんですけど2F空いてますか。
大人2人子ども2人です」
とお電話があり、しばらくして車が入ったので、
お出迎えに出たオーナー。

車からお子さんが降りて来たので良く見たら、
「あら~!○子ちゃん・・なの?!」
と驚くと、
「とどさぁ~ん!」
と両手を広げて走り寄り、抱き付いて来たそう。

5年くらい前に当店を会場にした、
スチールパン、チェロ、ギターのライブがあり、
その時ママ&パパさんに連れられていらしたのが最初。

幼稚園に上がってからご無沙汰で、
ほんと久々のご来店。

すっかり大きくなって、ご来店中、
「これ欲しい~!○子~、これママに買って~」
とママが言えば、
「えー、○子、お金ないよ~」
と応えてたり、
「フランスに行ってきたんだよ」
と言うので、
「へ~、フランスに行ってきたの~。
アメリカじゃなくて、なんでフランスだったの?」
とオーナーが聞くと、
「うーん・・・わかんない。それはママに聞いて!」
と大人と普通に会話が出来ててビックリ。

幼児の頃からママさんやパパさんが、
ライブなどイベントに色々連れて行かれてたので、
「感受性豊かな子に成長するだろうな」
と思ってましたが、
興味関心が旺盛で、人見知りしない、
自分の考えをはっきり伝えられるお子さんに成長。

今年小学1年生だそうですが、
いや~、これは将来が楽しみですねぇ。

そうそう、ママさんの方は、お琴を弾くと伺ってたので、
来月の「年初め事始め大会」への参加をお願いすると、
「『頼まれた時は、試されてる時』だわ・・・やるわ!」
とおっしゃってくださったそう。

「『頼まれた時は試された時』、だからやる!」

とは、すごい名言ですねぇ。
ちょっと忘れられそうにありません。

やはりこの親御さんに、このお子さんあり!
ですねぇ。

久々のご来店、ありがとうございました!
成長ぶり拝見で来て、うれしかったです。
「事始め」の方も、楽しみにしております!

今日は他にも、常連の方で今年初めての方や、
超常連の方が仕事の合間にランチにいらして下さったり、
新聞を見て初めていらしたくださった男性も。

「いや~、居心地良くて、帰りたくなくなるな~。
薪ストーブとか、こういう感じ好きなんだよな~」
と店の雰囲気をいたく気に入られたようで、
店内あちこちをご覧になっては、感想を述べられてて、
気に入って頂けて良かったです。

午後には、ビーズ&ニットの中野さんが、
12月の展示で出会ったお客さまと待ち合わせ。
長いこと色々お話されてたようで、
お二人でお茶もしてくださいましたねぇ。

また夕方には、
近くのコンビニにバイトしている、
近所の女子高校生さんがご来店。

「さっき、バイト先に来たお客さんに、
「杜々」さんへの行き方を教えたんですけど、
ちゃんと来れましたか?」

とわざわざ確認に来てくださって、
しかも大事なバイト代でご注文まで。

「ケーキセット」を頼もうと思って来てくださったのに、
夜営業の準備で手いっぱいで対応できず、
「紅茶」にして頂きました。
すみませんでした。

オーナーがお話相手して近況などを伺うと、
すでに進学先も決まったそうで何よりです。

お客さんが来れたか確認しに来てくださって、
ありがとうございました!

また今日は、中野さんのネックスを去年買われた方が、
そのネックレスをバックチャームにしてらして、
とても良かったので写真に撮らせて頂きました。
DSCN7148.jpg
バリバリの営業職の方なので、
ガッツリPC用のビジネスバックでしたが、
女性らしさが出て、良かったですねぇ。

ちょうど製作した中野さんもいらしてて、
作ったご本人も思いもしなかった使い方だったようで、
「資料にしたいので、私も撮らせてください」
と写真撮ってましたねぇ。

色んな方々がご来店くださって、
色んな価値観が交じり合うと、
思いもしなかった新しい価値が生まれ、
それまでの世界がぐっと広がるものなんですねぇ。

閉店後の18時からは、夜営業。

オーナーのボランティア仲間6名さまの、
1年ぶりの顔合わせ食事会です。

今日のラインナップは・・・

木耳の冷製(台湾)
20140118木耳冷製
中国料理の冷製料理「涼伴」の一つ。

中華風の甘酢タレに、
戻して熱湯に潜らせ水分をとった木耳を浸し、
冷蔵庫でガッツリ冷やして準備。

食べる直前に、白髪ねぎ、人参、キュウリの千切りを
さっと和えます。

手持ちの台湾料理のレシピ本には、
木耳の他は、白髪ねぎとパクチーのみですが、
蘇州に行ったとき蘇州麺の有名店で食べた、
「切り昆布の涼伴」をまねて、
キュウリと人参の千切りも入れてみました。

木耳は、上海の外資系のスーパーで、
一番値段が高かった特級の木耳を使ったのですが、
水に戻すと1個がすごく大きくなり、
2、3カットしても1カット分が、
フツウの木耳の1つ分よりも大きい!

そのためか、
「どいう状態でこの木耳、売ってるの?
戻した状態で売ってるものなの?!」
と召し上がった方は驚いてましたねぇ。

バイ貝の韓国風(韓国)
20140118バイ貝の韓国風煮
昨日の閉店後、原信に買い出しに行ったら、
旬なのか、大量に売ってたので使うことに。

甘醤油タレにニンニク、唐辛子粉を入れて沸かし、
生のバイ貝を入れて一煮立ちさせて冷まし、
味をしみこませます。

豆腐とひき肉のキノコ蒸し(台湾)
20140118豆腐とキノコのひき肉蒸し
寒いので温かいものを用意。

豚と鶏のひき肉、豆腐、卵、キノコ等を混ぜ、
器に入れて更にキノコを上に乗せて蒸します。

器入り大きな蒸し肉団子って感じです。
肉とキノコから出る熱々のスープで、体が温まります。

サテー・アヤム(インドネシア)
20131214サテー・アヤム
冬は濃厚な味が欲しくなるので、
ピーナッツソース付きの焼き鳥を用意。

厚揚げのはさみ揚げ(タイ)
20140118厚揚げのはさみ揚げ
厚揚げに切り目を入れ、
豚ひき肉タネを挟んで揚げます。

肉タネは、豚ひき肉、春雨、パクチーの根、卵、
ニンニク、調味料などが入っています。
スイートチリソースを付けて。

白菜のミルク煮(北京)
20140118白菜のミルク煮
ほんと寒いので、またまたご用意のミルク煮。
今日は、一段と濃厚なエバミルクを作って、
仕上がりの濃度もいつもより濃いめに調整。

干しエビ、ハムの出汁、濃厚エバミルク味に、
たっぷりの生姜のみじん切りがアクセントです。

アサリとニラのチヂミ(韓国)
20140118アサリとニラのチヂミ
こちらも昨日の買い出しで、
アサリのむき身を見つけたので、久々に用意。
キムチの刻んで入れました。
酢醤油を付けて。

揚げワンタン(タイ)
20140118タイ風揚げワンタン
豚ひき肉、パクチーの根、ニンニクの肉タネを、
ワンタンの皮で包んで油で揚げます。
こちらもお好みでスイートチリを付けて。

高菜炒飯(日本)
20140118高菜炒飯

最後に、お客さまのお一人から差し入れ。
20140118東京土産
余った分を、私&家族まで分けてくださって、
ごちそうさまでした!

今日のお客さまは、
オーナーとボランティアつながりでしたが、
数十年前の保護者つながりでもあり、
お子さんたちが私と同学年だったり、
姉妹の同級生だったりして、
「小学校の時のH先生、今年退職だって!」
などという情報を教えてくださって、
「マジですかー!?、あの若かった先生が退職?!
うっわー、私、歳取るはずだわ~!」
「そうよ!もうあなた●●歳なんだから!」
と、日頃あまり意識しないような、
「現実」を突き付けられた感じでしたねぇ。

店を始めてから仕事環境は変化なく、
会社だったら役職に付くだの新人が入るだのとかいう、
対外的に年配になったと実感をする機会がなく、
生活環境もほとんど変わりがないため、
「役割」や「立場」に合った行為の必要性も無いため、
感覚的に私の歳は8年前から止まっていた・・。

が、それが間違っていることを今日痛感しました(笑)。

今日は予想よりもお昼の営業時間に切れ目が無く、
朝から1度も座ることなく、立ちっぱなし、
動きっぱなしのフル労働の12時間で、
夜の9時近くには珍しく異常に肩が凝るほどで、
さすがに疲れ果てましたねぇ、年齢に関係なく(笑)。

が、色んな方々にご来店頂き、
皆さまのお蔭でまたとない1日を過ごさせて頂きました。
本日もご来店頂きました皆さま、ありがとうございました!

今年初の団体さま

今日は、開店早々から、
職場のお仲間?らしき女性3人さまや、
教室帰りのご近所さまが先生?と一緒に
ランチにいらしてくださったり。

また2Fでは、
「Kite-me」さんの講習を受けた帰りという、
6組のママ&お子さまがご予約されてて、
今年初の6名以上の大人数さまのご利用。

聞けば、6人中5人のママさんが初ご来店だそう。

当店をご指名、ご紹介くださり、
ありがとうございました!

今日は、いらしてからのご注文で、
ご注文品は、見事に6種類!に分かれ、
どうなることかと焦りましたが、
1Fのご注文と少しずつずれて、
なんとか無事お出し出来て良かった・・・。

午後には、
常連の方が遅めのランチにいらしてくださったり、
「新聞を見て」初めてご来店くださったという
女性の方が、お茶もしてくださったり。

次の展示のチラシを持って行かれて、
興味を持ってくださったようで、
またご来店くださる感じでしたねぇ。

お待ちしております!

沢山の方々にご来店頂き、
お蔭さまでにぎやかな一日となりましたねぇ。

今日もご来店頂きました皆さま、
ありがとうございました!

引き続きネパール繋がり

今日も今年初めての常連の方々が、
早めのお茶にいらしてくださったり、
ランチや午後のお茶にいらしてくださったり。

「あけましておめでとうございます、
今年もよろしくおねがいします」
とご挨拶できる有難さ、ほんと有難きことです。

午後には、隣の町内にお住まいだという、
初ご来店の年配の男性がいらして、
入店されるなり、作品より店内空間、
ギャラリーの規模を見定めてらっしゃるご様子で、
「何点作品、掛けられる」
と早々に声をかけて来られました。

昨日の夕方、
「新聞を見た、今何の展示してる。展示料はいくらか」
という問い合わせ電話があったので、
「ああ!もしかして昨日電話くださった方ですか?」
と聞くと、そうでした。

ご自分は水彩をやっていて、
中越地方で油絵をやってる友人がいて、
「いつもあっちの方で展示してて、行くのも遠い。
新潟で個展やれば、一段上手くなるはずなんだ」
と友人のために、友人に代わって、
新潟の展示会場を見て回ってる最中なのだとか。

他には、午後には長岡ナンバーの車が入って、
いらしたのは母娘さま。

聞けば、先日の展示記事をご覧くださって、
ご来店くださったそう。

オーナーが伺ったところによると、
娘さんは、以前ネパールに行かれたことがあり、
しかも3か月ネパールに滞在されたのだそう。

なんで行かれたのかというと、
ネパールでの農業指導に残りの人生をかけている、
あの近藤亮さんを訪ねて行かれたそうで、
そこでボランティアをされてきたのだそう!

お母さまのほうも、
「ヒマラヤは飛行機の中から見た」そうで、
「路上に品物を並べて売っているような
現地の市場では、天然石とか、ほんと安く売ってるのよ」
と教えてくださいましたねぇ。

そうそう、「猫写真展」にも興味を示して下さって、
ありがとうございます!

いや~、それにしても、
展示の情報が新聞に掲載されてからというもの、
見かけにはよらない、
非常にバイタリティーのある、
誠に興味深い経験をお持ちの方々が、
展示を観に次々ご来店くださって、ほんとびっくり。

新聞掲載されてなかったら、
絶対出会えなかった方々ばかりで、
ほんと新聞に掲載して頂いたおかげです。
改めて記者さんに感謝。

そして今日もご来店頂きました皆さま、
ありがとうございました!



営業日の外出

今日は、「成人の日」の祝日営業日。
しかも、気温はすごい低かったですが、
晴天のまさに外出日和。

ということで、午後2時過ぎ、
オーナーに店番を頼んで東区区役所プラザへ。

自転車で店から20分弱かかりましたが、
お日様も出て晴れてるのにすごい寒くて、
思わず、北京の冬を思い出しました。

なぜ、東区プラザに来たかというと・・・・

新潟市では珍しい、
「ハンドメイド資材」専門のフリーマーケット
が初めて開催されており、
お世話になってる作家さんが出品されるとのこと。

その作家さんが先日いらした時、
「(売るものあれば)預かってて、店番しますよ~」
とおっしゃってくださったので、
「オーガンジー巾着」の残りをお預けしたこともあり、
店で熱々の珈琲を入れて「表敬訪問」して来ました。
20140113ハンドメイド資材フリマ
出品されてる資材はジャンルはバラバラ、
色々なものが出品されてましたねぇ。

主に出品者にとっては不要で余った資材で、
「フリマ」ということもあり、
お値段は、儲け無しみたいな価格帯。

ちなみに、オーガンジー巾着は1袋売れたそう!

「すみません、1Pしか・・・」
と預かってくださった作家さんは恐縮してましたが、
どこに置いてあるかも全く気付かなかったくらいの、
あれだけの品数、あの低価格帯の中でも、
1P出たなんてすごい!

買ってくださった方は、
「ハート柄」の方をお求めくださったそうで、
「バレンタインデーにちょうどいい」
とおっしゃってとか。

お買い上げ、ありがとうございました!

聞けば、ご来場になったお客さんたちは、
ハンドメイドの材料を求めにいらしてるようで、
包装などの備品よりも、
「杜々さんで1本売りしているあのガラスビーズ、
今日出してたら売れてましたよ~」
と様子をずっと見てた作家さんの分析。

やっぱり・・・・
参考になりました。

会場では、3月にハンドメイド作品を出品してくださる、
福島からの避難者の方や常連のお客さまとバッタリ。

お客さまの手には、
大量の購入品が入った袋が幾つも。
今日の来場者の中で一番のお買い上げだったみたいで、
お孫さんのものを色々手作りしたいのだそう。

3時に会場を後にして、
足を延ばして赤道沿いにある商業エリアへ。

ユニクロのセールを期待して行ったものの、
が、買うものなし・・・。

ついでに同じエリア何にある「サンキ」にも
久々に足を伸ばしてみたら、
ちょうど大特売期間の最終日だったみたいで、
ハンテンがなんと700円!で売ってたりと、
冬物大値引きセールをしていましたねぇ。

が、こちらも大して買うものなし。

またまたついでに、隣接する業務スーパーにも、
1年ぶりくらいに寄ってみましたが、
いつの間にか価格が全体的に上がってて、
業務スーパーのメリットが無い感じ。

消費税が8%、来年10%に上がったら、
もっと上がるってことだから、
業務スーパーで今からこの価格なら、
一体どうなるやら・・・

消費税が5%に上がった時から、
ランチ代はそのまま据え置きでやってきましたが、
今回はどうするか・・・
帰りは、全く気が重い帰り道となりました。

とはいえ、お蔭で、
一回の外出で色々廻れていろいろ勉強になりました。
たまには外、出ないとだめですね。

新聞掲載2日目

今日は新聞掲載から2日目。

開店前から、新聞記事をご覧になった方より、
新発田からの行き方を尋ねるお電話があり、
しばらくして、ご夫妻でいらしてくださいましたねぇ。

こちらのご夫妻は7、8年前に、
ご主人の大学時代の友人と一緒に、
ヒマラヤに行かれたことがあるそうで、
「この写真、私も撮りました」
とおっしゃる奥さま。

結構ヒマラヤって、
行ってらっしゃる方っているんですねぇ。

他にも、開口一番、
「昨日の新聞に出てたろも、場所、どこらね」
と言うお電話があり、
「えっと・・・・・東区東明4-3-22です」
「(苦笑)だからぁ、そうでなくて、どこなんだ!」
「えっと、そうしましたら・・・・
最寄駅は、JR信越線の越後石山駅になります」
「それで?」
「線路沿いの道はご存知ですか?」
「ああ」
「そこに看板が出ています」
「そこらに『金信酒屋』ってあるろ」
「ああ!ここら辺をご存じなんですね。
そしたら、そこは今は更地になってますので、
そこから新潟方面に通り3本目です」
「結構向こうだな」
「そうなんですかねぇ。
造園屋さんの所に看板を出させてもらってるので、
そこを入って来て頂くと右手にございます。
突き当りが東明保育園になります」
「その造園屋ってなんて言うんだ」
「ハイブリッジガーデンさんです」
「ふーん・・・
そこは色々展示があるんかね?」
「そうですね、今は1か月ごとに替わります」
「ふーん、休みはいつなの?」
「日曜日です。11時から17時までやっております」
「遅いな」
「え?・・・
あ、ランチタイムに合わせての開店なので・・・」
「なに、そこで食事ができるの?」
「はい、飲食ができるスペースが隣にございます」
「・・・・・・・」
「あ!、別に飲食して頂かなくても、
展示だけでもご覧いただけますので」
「ふーん」
と背後からはテレビの音が流れ、
個性的な年配男性からのお電話があったり。

夕方には、関屋の方からいらしたという男性も。

関屋からわざわざいらしてくださったのかと思ったら、
たまたま同じ記者さんが担当し、
数日前に新聞に出てた別の写真展を観に来たついでに、
当店へも寄ってくださったそう。

ちょっと迷われてご来店されたみたいで、
「こんな住宅街にギャラリーがあったんですねぇ」
と意外だったご様子。

確かに、初めてご来店くださる方には、
分かりづらくご迷惑おかけしております。

今日もご来店頂きました皆さま、
ありがとうございました!

それにしても、新聞に掲載れたとはいえ、
当店でこれまで開催した写真展の中では、
一番の反響、反応ですねぇ。

やっぱり「世界のヒマラヤ」ともなると、
なかなか撮れない被写体だし、
そう簡単に行ける場所ではですからねぇ。

新聞掲載してくださったおかげで、
憧れや特別な思いを持った方々に
展示の情報が届いたってことですねぇ。

有難いことです、ほんと。

新聞掲載&反響色々

今日、昨日取材してくださった内容が、
早速朝刊に掲載されてましたねぇ。

そしたら・・・・・
開店前から駐車場には車が。

いらした男性は、
新聞を見て初めていらして下さったそうで、
ヒマラヤは5、6回行かれてて、
フランス、イタリア、カナダなど世界の山にも、
写真メインで行かれているとか。

その後も、新聞記事を見たという、
初来店の方々が続々。

「ヒマラヤに行ってみたい」
というご夫妻はお食事もしてくださったり、
またご主人が「大分出身」だという女性は、
ケーキセットをご注文してくださって、
「人生ニャンとかなる」を読まれてたので、
「猫好きですか?」お声掛けしたら、
夏の「猫写真展」に出品くださるとのこと。
ありがとうございます!

午後には、
佐藤純子さんと「八ヶ岳」で会ったという、
女性お二人が「表敬訪問」してくださり、
ご来店記念にビーズネックスをご購入くださったり。

閉店近くには、
「『トレッキングの現地法人を立ち上げた』
と新聞に書いてありましたけど、
旅行のパンフレットとかって、そちらにありますか」
と電話でのお問い合わせがあって、
パンフレットは無かったので、HPをお教えしたり。
(ちなみに「NJSTREK」で、HPがヒットします)

毎度のことですが、
日報さんの影響力ってやっぱりすごいですねぇ。

ただ、新聞に展示のことを掲載して頂いても、
その反響は、展示によって様々なので、
今回は、想定してた以上の反響でびっくり。

皆さん、記事の内容をしっかり読まれてるので、
沢山の取材内容・情報から取捨選択し、
佐藤さんをフューチャーした記事にまとめ上げた、
記者さんのセンスが良かったのかも。

今回も取材&掲載して頂き、ありがとうございました!

ランチの方は、開店早々、
某職場の皆さんがご来店くださって、
またまたお皿をご持参され、
来れなかった同僚の方のテイクアウト注文も。

いつもありがとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!

他には、「e旅」の「監督」さんを始め、
お世話になってる方々もご来店くださって、
新年のごあいさつが出来て良かった。

今年もよろしくお願いいたします!

今日もご来店頂きました皆さま、
ありがとうございました!

取材

今日は開店前の10時から「手芸部」で、
中野さんと参加者の方がご来店。

営業前の時間帯は、駐車場が丸々使えるので、
午前中の教室などでの店内利用もアリかも・・・。

11時半過ぎには、
お世話になっている日報記者さんからお電話。

展示を取材しにこれから!来てくださるそうで、
「展示者の佐藤純子さんにも電話取材したいので、
連絡とれるようにして欲しい」
とのこと。

記者さんの電話を切り、
佐藤さんにお電話すると、なかなか繋がらず。

しばらくすると折り返しのお電話があって、
今、大分から東京に向かうのに、
ちょうど大分の空港に着いたところとか。

「後で記者さんからお電話行くかと思いますので
よろしくお願いします~」
と電話を切り、しばらくして記者さんご到着。

挨拶もそこそこに記者さん、
手芸部をしていたテーブルへ。

朝刊の情報欄も担当されてるので、
中野さんとは電話面識があったそうですが、
今日が初ご対面だったようで、早速名刺交換。

また手芸部にご参加の方もクラフト作家さんで、
ちょうど去年当店で展示してくださった時、
展示を同じく記事に取り上げてもらったことがあり、
こちらも記者さんと名刺交換。

何かまたご縁が繋がるといいですねぇ。

で、こちらのお二人にお願いして、
被写体になって頂き、展示風景の写真撮影。
20140109取材1
快く撮影を受けて頂き、ほんと助かりました!
ご協力誠にありがとうございました!

その後は、記者さん、
大分空港を離陸直前の佐藤さんにお電話し、
取材されてましたねぇ。

取材が終わると、
「自分、仕事遅いので、ここで仕事させてください」
と持ってきたPCを広げ、
取材内容を原稿に起こしてらっしゃいましたねぇ。

それにしても、なんか記者さん、
最初にいらした春の頃に比べると、
仕事が比べ物にならないくらい早いような・・・。

撮影時間も短時間で終わったし、
取材も的確に聞いてるって感じで、
迷いがないとういか、
気のせいか「自信」オーラすら感じる・・・。

「何か良いことありました?」
と聞きたくなるくらいで、
いい「仕事始め」が出来てるみたいですねぇ。

今年も引き続き記者さんのお力添えを賜りたく、
何卒よろしくお願いいたします!

他にはお久しぶりの方が、
お友達を連れてランチにいらして下さったり、
午後には、「まだお昼食べてないんだけど~」
と遅めのランチに常連さまがいらして、
お菓子の差し入れも。
20140209差し入れお菓子1
あいさつ回り?した先のお寺さんだかで、
頂いて来たお菓子だとかで、
我々と一緒に食べようと持って来てくださったようで、
ランチの後で皆さんで頂くことに。

ご注文品を作っていると、
オーナーの友人の方がいらして、
オーナーと新年会の打ち合わせだそう。

そしたら、こちらもまたまたお菓子の差し入れ!
20140109差し入れお菓子2
東京土産など色んなお菓子だとか。

すごい偶然!重なるもんですねぇ。

先の常連さまのお菓子は、
中野さんも加わってジャンケンして、
勝った人から好きなものを頂くことに。

「余ったものでいいわ~」
とジャンケンに参加せず、「大人の体」だったオーナー、
替わりに私がジャンケンして1番勝ちし、
どれにしようか迷っていたら、
「それ、その一番大きなお菓子!」
と横から口だし。

なんとも大人げないというか、
「大人の体」どころか、まるで子ども(笑)

最後に1つ余ると常連さまが、
オーナーの友人に「どうぞ」と分けてくださったので、
友人さんから頂いたお菓子を逆にお福分け。

珍しく居合わせた方々との
お菓子の物々交換となり、楽しかったです!

それもこれも持って来てくださる方々のお蔭、
ごちそうさまでした!

今日も気温が下がり、雪舞う中、
ご来店頂きました皆さま、ありがとうございました!

そうそう、今日は3組のママさんグループから、
ランチのご予約が入り、結構人数が多いグループも。
皆さん、新年会のランチでしょうかねぇ。


お重セット

今日も開店早々から常連さまがご来店。

「ハートカフェ」の「ぱせり」さんが、
「ハートカフェタイムス」の新号を持って、
ご来店&ランチしてくださったり、
若い女性の常連さまたちもランチにご来店。
「ぱせり」さんとも繋がりがあるみたいで、
「あら~!」と偶然にも居合わせて、
びっくりされてましたねぇ。

昼過ぎには、
超常連のお客さまが今年初来店。
昨年約束した品々を早速持って来てくださいました。

お得意様の付き合いで、
毎年おせち料理を2か所から購入されるそうで、
一つは、某温泉街のホテルで16000円、
もう一つは、古町の料亭の28000円!

しかも、料亭さんの方は、
結構しっかりしたお重箱に入ってくるそうで、
「これまで空き箱、しかも知り合いにあげたわ~」
とおっしゃってたので、
「今年、行き場が無いようなら、欲しいです!」
とお伝えしたら、
「そしたら、持って来てあげるわね~」
とおっしゃってくださいました。

で、そのお重箱がこちら。
DSCN7118.jpg
プラスティック製なのですが、すごいしっかりしてる!

昔バイト先で一緒だったパートさんが、
ご主人が市内の某ホテルに勤められてて、
毎年勤務先のおせちを半強制で買わされてて、
「空いたお重が溜まってしょうがない」
とある年の年末におっしゃてたので、
「要らないならください!」と言って、
1つもらったことがありますが、
こんなにも分厚くしっかりしてなかったっけ。

さすが料亭は、値段も使ってる物も違います・・・。

しかも、一緒に小物も付いて来たそうで、
汚さず、取って置いてくださったそう。
DSCN7130.jpg
祝い度満点の箸置き、箸カバー、黒文字の楊枝!

「来年もまた要らないとか、貰い手がいないなら、
私にください!!」
と思わず言ってましたねぇ。

小物や何かの収納にしてもいいけれど、
お菓子入れにしてもいいし、、
お料理を入れて幾つも並べてもいいし、
差し入れ料理の入れ物にもちょうどいい!

他には、「福茶」なるものも頂きました。
DSCN7111.jpg
お仕事が営業職なので、
お年始でお客さんに配るのでしょうか。

当店ごときまで頂いてしまって、恐縮です。
ありがとうございました!

午後には、昨日もいらした常連さまが、
またまたご来店。

「美味しそうだったから~」
と某産直で買われたというお団子を
差し入れてくださいました。
DSCN7109.jpg

そうこうしてたら、
昨日、こちらの常連さまと相席になった、
別の常連さまもご来店。

昨日中野さんのネックレス&イヤリングが気に入られ、
予約してくださって、今日お支払いにご来店。
DSCN7125.jpg
「私のお年玉だわ~」
とおっしゃって、とても気に入られたようで、
しかもとってもお似合いで、良かったです!

常連さまがまたまた揃ったし、
「●●さん、珈琲だけご注文くださったら、
いまこちらから頂いたお団子、付きますよ」
とドリンクの押し売り(笑)。

お団子をくださった方には、別に大福をお出したら、
新たに紅茶をご注文してくださったので、
オーナーも一緒になって皆さんお茶タイム。

そんなこんなしてるところへ、
先ほどお重をくださった常連さまの車が止まり、
玄関先で自家製の「たくあん」を届けてくださいました。
DSCN7127.jpg
先ほどお帰りの時、お返しではないですが、
去年漬けたミョウガと生姜の味噌漬けを、
ほんの少しだけ差し上げたのですが、
そのお返し?のおつもりだったようで、
かえって気を使わせてしまい、すみませんでした・・・。

せっかくなので、早速切って皆さんで味見。
DSCN7129.jpg
ほんと美味しい「たくあん」で、
甘味、塩気、風味がちょうどいいバランスで、
売ってほしいほど!

去年は30本、昔は80本!も漬けたそうで、
今年、お願いしようかな。

甘いものが続いたので、去年私が漬けた
ミョウガの味噌漬けなんかも少しお出して、
20130930野菜の味噌漬け
「なに、これあなたが漬けたの?!
美味しいわ~、良くやるわねぇ」
「味噌床は、味噌だけ?」
「あ~、ご飯食べたいわ~、
日本人に生まれて良かった~」
などなど、ほとんど近所のお茶飲み会状態(笑)。

後からいらした常連さまは、
今までデスクワークされてたそうで、
「今日最初の珈琲だわ~、疲れとれたわ~」
とおっしゃってくださって、良かったです。

今日も常連さまが次々ご来店くださって、
新年のごあいさつも出来て良かった。
本日もご来店頂きました皆さま、
誠にありがとうございました!

仕事始め

今日から新年の仕事始め。

今年も変わらぬご愛顧のほど、
何卒よろしくお願いいたします。

で、今日も開店早々から、
「あけおめ~」
と常連さまがご来店くださったかと思うと、
「6人だけど、大丈夫~」
と月一で会合終わりにいらっしゃる、
地域の某推進委員の方々がいらして、
「私たちも今日からよ~」
とおっしゃってましたねぇ。

他にも常連さまが次々いらしてくださったり、
午後には、超~お久しぶりのご夫妻が、
お子さんの近況報告兼ねて、お茶してくださったり。

新年の営業初日から沢山の方々にご来店頂き、
お蔭で、休みボケしてたのが一気に仕事モードに。
ご来店の皆さま、ありがとうございました!

年末年始

今年の年末年始は、ここ近年の中で一番、
家にこもって自堕落な時間を過ごし、
余計な出費もなく堅実で地味な休みでしたが、
思いのほかリフレッシュ出来た7日間でした。
[続きを読む]