ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



言論の自由

今日は一日中、よく雨が降りましたねぇ。
ザ・梅雨って感じの天気でした。
涼しいし、野菜たちもよく育つし、
降る時に降る方が自然のようが気がします。

今日のお店は、お久しぶりの方々や、
常連さま方がランチにおいでくださったり、
ママ&お子さまが2Fでランチをされたり。
蒸し暑いこともあって、
グリーンカレーとトマトの冷製パスタが良く出ました。

カレー、パスタと召し上がった方々からは、
「おいしかったわ~」
おっしゃっていただきました。
特にグリーンカレーを初めて召し上がった方は、
わざわざ「おいしかったです!」
と言いにきてくださいましたねぇ。
初めてのものをご注文頂き、
お口に合って良かったです!

皆さま、土砂降りの中ご来店いただき、
ありがとうございました!

ところで話は全く変わって・・・・
数日前、中国のウルチムで暴動事件が発生、
日本でも色々と報道されていました。
親戚の一人がちょうどその前日くらいに、
中国の深センに入り、中国に滞在していたのですが、
ホテルのテレビでNHKのニュースを見ていると、
ウルチムの暴動のニュースになると、
突然画面が真っ暗になって、報道規制されたそう。

現地では、暴動についての報道は、
「海外の亡命組織が起こし、被害者は漢民族だ」
と伝えられているだけだそう。
深センの漢民族系の市民も、
「またか!」「いい加減にしろ」という反応だそう。

日本で伝えられているような、
中国政府の戦車が群衆に突っ込んで、
市民を引き殺したとか、
中国政府発表の死者数以上の数字が、
伝えられていることなどは、
中国では全く報道されてないそう。

いくら多民族国家を維持するためとはいえ、
事実を隠さなければならない国って、
どうなんでしょうかねぇ・・・。
インターネット社会のこのご時世とはいえ、
中国にはネットを24時間監視する、
サイバーポリスが3万人も配置されていて、
ネット上で反政府的な表現を強固にし続けると、
突然警察が来て、逮捕されるそう。

それに比べて・・・・
平和ボケの国民だの、政府に無関心だと言われても、
「言いたいことを言える日本は、
何はともあれ、健全なんだなあ」と思う今日この頃です。
スポンサーサイト