ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



コカリナコンサート

今日は午前の土砂降りのあとは、
肌寒いくらいの涼しさで、
これくらいが過ごしやすくていいですねぇ。

今日のお店は、
常連さまたちや町内の方々がご来店。
皆さま、ありがとうございます!

午後には、
以前、車いすのお母様といらしてくださった方が、
自家栽培?のプラムを沢山届けてくださいました。
P7136743.jpg
なんと沢山、50個!は入っていまいたねぇ。

プラムの袋を手渡してくださると、
名前を伺っても名のることなくすぐにお帰りに。
わざわざ届けていただきまして、
ありがとうございした!
居合わせたお客さまと一緒に旬の味、
早速味あわせていただきました。
ごちさそうさまでした!

ところで、
今日はいつもより早めに閉店させていただき、
三条へ車を走らせました。
P7136745.jpg
越後平野の稲は、真っ青!きれいでしたねぇ。

目的地は、三条市総合福祉センター。
というのも、5年前の今日、7月13日は、
三条で甚大な水害があり、
多くの家屋が水害にあうばかりか、9名の方が犠牲に。

災害後、「7・13水害ファーラム実行委員会」企画の、
「7・13水害メモリアルコンサート」が開かれていて、
今日、第5回のコンサートが開催されます。
いつもお世話になっている石山おやこ劇場さんより、
入場券をいただけることになって、
オーナーとオーナーのコカリナ仲間さん達と、
石山おやこの方々の計10名で行ってきました。
P7136750.jpg
第5回の今日のコンサートは、
水害からの復興がほぼ達成されたこともあり、
ラストコンサートだそう。
会場には、ほぼ500人ほどの方々が参加、
P7136753.jpg

会場の一角には、災害時の写真と、
P7136755.jpg
様々な防災グッズが展示されていました。
P7136756.jpg

出演は、日本でコカリナの第一人者、
黒坂黒太郎さんと奥様の矢田周子さんです。
P7136758.jpg
第一声ならぬ、一曲目を聞いたとたん、
「すごーい、全然違ーうっ!!」
と叫んでしまいました。
隣の席のおやこ劇場の方も
「でしょー!でしょー!違うのよぉー!」
と二人で感激の大拍手!

さすがと言うか、第一人者だから当然とはいえ、
音色そのものに奥行きがあって、深みがある!
ビブラートも気持ちいいくらいにかかっているし、
テクニックもすばらしく高度!

「ひばり」という曲では、
この春に福島潟で聞いた野生のヒバリの声そのもの!
二胡曲の「賽馬」では、
あの馬の疾走場面の超高速演奏もさることながら、
最後の馬の嘶きは、まさに本物の嘶きそのもの!

コンサートでは、コカリナ演奏ばかりでなく、
黒坂さんの歌、矢口さんの歌&演奏も。
P7136764.jpg
奥様の声は、やさしく心に染みる歌声で、
「千と千尋の神隠し」のテーマを歌った、
木村弓さんの歌声に似てましたねぇ。

コカリナの本場ハンガリーには無い、
低音の大きなコカリナ演奏もありました。
P7136765.jpg
最高峰の演奏のみならず、
黒坂さんの面白いトークと、
被災した三条の方々への励ましの心があふれた、
すばらしいコンサートでしたねぇ。

コンサート終了後、撤収作業が終わるまで粘り、
黒坂さん所有のコカリナを見せていただいたり、
P7136768.jpg

一緒に行った石山おやこ劇場さんの計らいで、
お疲れのところ出てきていただいて、
皆で記念写真を一緒に撮らせていただきました!
0907黒坂さん矢口さんと一緒に

P7136772.jpg
新潟にコカリナを広めた立役者は、
なんといっても新潟おやこ劇場さん。
石山おやこ劇場さんのお陰で、
最高レベルのコカリナ演奏を聴くことができました。
ありがとうございました!

ただ、一つだけ懸念することが・・・・
会場には、NHK、UX、テレビ新潟など
各社TVカメラが沢山入っていて、
我々一行は、被災した三条市民でもなのに、
最前列に席を陣取ったため、カメラを向けられてしまった!

コンサート終了後には、
NHKの取材クルーにマイクを向けられたのですが、
「三条市民ではないので・・・」
と言って断ったのすが、
コンサート中、特に一緒に歌う時なんかでは、
一緒に行った方たちの方に、
ドアップでカメラが向けられていたんですよねぇ・・・。

三条市民でもなければ、被災者でもないのに、
なんか場違いというか、申し訳ない・・・。
我々一行がテレビに映っていないことを祈ります(笑)
スポンサーサイト