ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



焼きアゴ

今日は46年ぶりの皆既日食、
部分日食でも5年ぶりだったそうですが、
生憎の曇り空、見られた方はいらっしゃいますかねぇ。

専用のグラスもないし、
試しに緑や赤のクリアファイルを重ねて見ても、
全然太陽が見えないので、
せめて暗くなった風景でも撮っておこうと、
10時と11時に同じ風景を撮ったものの、変化なし。
後で知ったことですが、新潟の日食時間は、
11時過ぎからだったそうですねぇ。しまった・・・。

次回の26年後の皆既日食は、
新潟、長野が皆既日食地域だそう。
その時はぜひ生皆既日食、見れるといいですねぇ。

ところで、今日は開店前、荷物が届きました。
開けてびっくり、「焼きアゴ」が入っていました。
30本!は入っていましたねぇ。
P7226815.jpg
「焼きアゴ」といえば、トビウオの焼き干しで、
とても上品で、濃い、おいしいダシが取れます。
えらい高級品で、自分じゃ買えません。
ラオス旅行をご一緒した佐渡出身のお客さまが、
「杜々で使って欲しくて」
とおっしゃって、送ってくださいました。

普通、焼きアゴといえば、
頭付き・羽根付きの乾物で、
薄っぺらなものを見たことありますが、
これは肉厚で、ダシ用のアゴ品種だそう!

しかも、頭と羽根がちゃんと取ってある!
地元は佐渡の近所のおばあちゃんが、
「あっちぃ、あっちぃ」と言いながら、
家庭用の七輪で焼き干したものだそう。
えらい手間がかかり、とても採算がとれないので、
一般には流通しない非売品だそうです。

早速、アゴダシを使ったランチを考えてみます。
夏なので、そうめん類がいいでしょうかねぇ。
焼きアゴのダシが使えるなんて、なんて贅沢!

貴重で手間のかかったものを、
こんなに大量に送っていただき、ありがとうございました!
大事に大事に使わせていただきます!

長期保存ができ、お正月料理にも最適だそうなので、
2重の密閉缶に保存しました。
全部缶にしまうと、箱の底にアゴのカケラが残ったので、
試しに散歩中のチビにあげてみると、
食いつきましたねぇ。鼻息はオカカ以上!
P7226824.jpg

目を細め、陶酔しながら食べてる(笑)
P7226825.jpg
猫のくせに、キャットフード以外は、
魚といったら釣りたての魚の刺身しか食べないから、
焼きアゴはよっぽどおいしかったんでしょうねぇ。

しまった!
ダシを取った後のガラを最初にあげるべきだった・・・。
ガラでもかなり味が残るそうですが、
焼きアゴの味を知ってしまった後でも、
ガラを食べてくれるといいんですが・・・。

まあ、ダシを取った後のガラとはいえ、
老猫用の不味いキャットフードよりはおいしいはず!
当分、チビにとってはグルメな日が増えそうです。
あ、そしたら今度は、
キャットフードを食べなくなっちゃうかも(笑)
スポンサーサイト