ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



音楽、芸術、久々の浜茶屋

今日は定休日。

昨日の感動冷めやらぬまま、
午後から古町の砂丘館で、
オカリナの五十嵐正子さんのコンサートです。

が、駐車場がないので、近くの新潟市美術館へ。
ちょうど今、「水と土の芸術祭」の最中だったので、
館内の受付で、パスポートを購入。
県内の屋内展示会場に全部入れて、
しかも、いろいろな特典付きだそうです。
無断で駐車するのも気が咎めていたので、
ちょうど良かった(笑)

車を駐車場に置いて、ど昼間の暑い中、
1キロくらいさまよい歩き(笑)、なんとか砂丘館へ。
旧日銀新潟支店長役邸だけあって、
門が高くて、和風のお屋敷で、趣があります。
P7266869.jpg

P7266910.jpg

会場の和室の部屋には、40人くらいのお客さま。
0907砂丘館5部屋

今日のコンサートは、新潟でご活躍のオカリナ奏者、
五十嵐正子さんのコンサートです。

五十嵐さんは、この度CDアルバムを初リリースされ、
今日のコンサートには、アルバムに参加された、
ピアノの二村希一さんを東京からお迎えし、
さらに、スペシャルゲストとして、
新潟を中心に活躍されているギターの経麻朗さんも参加。
P7266905.jpg
Ⅰ部は、CDに収められた曲が中心。
毎日のようにCDをお聴きしていますが、
生演奏はやっぱり違います!

CDで初めて知って、最近好きになった、
ラフマニノフの「ヴォカリーズ」も良かったし、
アルカーデルトの「アヴェ・マリア」も、
やさしい生の響きがいいですねぇ。
何より、ビブラートがCDよりよく聴こえましたねぇ。

Ⅱ部は、
カザルスの「鳥の歌」、武満徹の「翼」、
バッハのG線上のアリアのアレンジ曲、
ラカールの「アマポーラ」、「島唄」、「虹の彼方に」
などなどです。

ピアノの二村さんとギターの経麻朗さんが、
オカリナに負けず劣らず、すばらしかった!
二村さんは、簡単な伴奏の時でも、楽譜を凝視、
一音一音にとても集中し、丁寧に真剣に弾かれ、
経麻朗さんは、繊細で、テクニックのあるジャズギター!

決して出過ぎることなく、最適の音量で、
色々な音色とアレンジを演奏に加えてくれて、
突き抜ける感じの素朴なオカリナの音質に、
ジャズの色彩が加わって、とてもおしゃれに!

さすがプロ!と思わせる技ありな演奏で、
あんなお洒落なジャズ風の「砂山」(中山晋平作曲)、
今まで聴いたことありません!
アレンジ次第で楽器のイメージって変わるんですねぇ。

アンコールを含めて17曲、
オカリナの生音の良さ、アレンジの醍醐味を実感した、
素敵なコンサートでした!

外に出ると、砂丘館の和風庭園に、
芸術祭参加作品が設置されていました。
P7266907.jpg
野外展示作品は無料で見ることができ、
市内各所に設置、12月27日まで見られるそうです。

砂丘館を後にして、また1キロ近く歩いて戻ります。
途中、隣接している旧市長公舎「安吾の館」へ。
P7266911.jpg

P7266919.jpg
館内には、新潟出身で「堕落論」の作者、
坂口安吾の資料が展示されていました。
改めて経歴を見ると、若くして鬱病を発病、
激しい生き方をした人だったみたいですねぇ。

新潟美術館に戻ると、早速先ほど買ったパスで、
水と土の芸術祭の展示会場へ。
(下の作品は、写真撮影OKの作品です。
自分の目で見て感動したい方は、見ない方が・・・)

土器のアート
土器のアート

千何個?もの花を樹脂で固めたアート
P7266927.jpg

花のアート

地層の断面に、接着剤が付いた布を貼り付け、
日本各地の地層を剥ぎ取ったアート。
地層のアート
地層にもぐったような気になって、
地殻変動、地層形成の壮大な時間の流れを感じれます。

各地の砂を小瓶に集めた砂のアート
砂のアート2

砂のアート

作家さんの水、土のイメージや切り口が色々あって、
なかなか楽しめましたねぇ。

この芸術祭関連で、新潟美術館には12作品が出展。
作品ごとにスタンプを押して集めることができ、
全部集めると、景品がもらえるそうです。

学芸員さんも配置されていて、
こちらから聞かなくても(聞けばなおさら(笑))、
丁寧に作品解説をしてくださいます。

せっかく来たし、パスでも入れるので、常設展も一回り。
ちょうど、期間限定の特別展示とかで、
3000点の所蔵から人気の作品やレアものが展示中。
ロダンのマスク彫像や、ピカソの銅版エッチングもあり、
なかなか見ごたえありました。

結局閉館までの2時間近く、
歩きまわってアートを観まくり、頭はフラフラ(笑)、
往復2キロの歩きの疲れもあって体もヘトヘト・・・・
雨も降ってきて、テンションが落ちかけでしたが、
がんばって次は、関屋浜の浜茶屋へ。

お世話になっている石山おやこ劇場さまの会があり、
昨日演奏してくださった薄井さんと、
昨年薄井さんと一緒にライブをしてくださった、
ギターの菅又さんもいらしているということで、
参加してきました。

昼間の乳幼児向けのイベントの打ち上げも兼ねた、
カレーパティーで、この夏初のかき氷付き!
P7266941.jpg

P7266936.jpg

P7266937.jpg
甘みが控え目のかき氷は、
ダイエットには良いですが(笑)、
疲れで思考停止気味の頭には、
もうちょっとシロップが欲しかったかも・・・

食後は、海側の窓を開けて海をバックに、
プチ演歌大会あり・・・・
P7266949.jpg

薄井さんの生演奏もあり。
昨日の今日で、また聴けるなんて、
帰らずに来てよかっった!
浜茶屋で聴くバッハの無伴奏曲もなかなかです。
0907バッハ無伴奏

ギターの菅又さんも加わって、「リベルタンゴ」。
P7266965.jpg

お昼のイベントでもそうだったみたいですが、
曲が盛り上がってくると、お子さまたち、
前に出てきて、一緒にセッション!可愛いですねぇ。
P7266969.jpg
お子さんは、純粋に体で感じるんですねぇ。
演奏の楽しさがちゃんと伝わってる!
0907セッション2


ヴォーカルの山口愛さんも加わり・・・
P7266977.jpg

菅又さんのタンバリンも登場し、盛り上がりました!
0907セッション3

最後に皆さんと記念写真。
0907皆さんで記念写真

初めての砂丘館でのコンサートに、
ハイソな西大畑・旭町近辺の散策、
美術館でのアート三昧に、
最後は子どもの頃以来の浜茶屋で、
懐かしい味のカレーとかき氷付きで、
楽しいセッションも聴けて、
さすがに疲れましたが、久々に濃~い一日でした!

そして、皆さま、お疲れさまでございました!
スポンサーサイト