ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



サバ寿司

昨日、今日と、全くの晴れなのに、
突然結構激しい雨が降りましたねぇ。
東南アジアのスコールみたいです。

今日のお店は、
長谷川さんの関係者の方々がグループでいらして、
長谷川さんも合流、ランチをしてくださったり、
大滝さんも顔をだしてくださって、
次々いらっしゃるお客さまのお相手。

お昼には、6名さまのご予約もあり、
昨日に続き、ご注文が立て込み、
危うく品切れになりそうでした。
お待たせした皆さま、失礼いたしました。

午後からも、
いったんお帰りの大滝さんと、
大滝婦人とお友達がいらしてお食事くださったり、
大滝さんの写真つながりの方々、
長谷川さんの知人の方などがいらして、
ゆっくり談笑されてましたねぇ。

分かりずらいところ、ご来店の皆さま、
ありがとうございました!

「そろっと、案内出した人来たから、終わりだわ~」
とおっしゃってからここ2日、
次々関係者の方ががいらして、
開店早々からいらっしゃるお客さま方を見ながら、
「いや~、ほんとすごい人脈だわ・・・」
と毎日感嘆しきりです。
沢山の方をお呼びいただき、
大滝さん、長谷川さんには感謝しきりです。
ありがとうございます!

ところで、今日はお昼がひと段落して、
昨日の買出しで買ってきた〆サバで、
手作りのサバ寿司を作って見ました。

先日、ご馳走になった自家製サバの押し寿司。
〆サバを見たとたん、無性に食べたくなって、
〆サバを思わず買ってしまいました(笑)

すし飯に、炒りごま、ショウガの千切りを混ぜ、
まきすの上にラップを敷き、〆サバを皮目を下に置き、
身の上にすし飯を置いて、ラップごときつく巻くだけ。
P9117374.jpg
冷蔵庫でそのまま4時間くらい置きましたかねぇ。
レシピでは、「半日くらい置く」とありましたが、
冷えてご飯が引き締まれば、食べれると思います。
レシピでは、大葉の千切りも入れてましたねぇ。
生姜ももうちょっと多めに入れてもいいかも。

2本作ったのですが、
1本は、閉店までいらした長谷川さんにおすそ分け。
長谷川さんにすし飯多めの方が渡ったみたいで、
もうちょっとすし飯が多くても良かったかなあ。

ちょこっとお醤油をたらして食べると、
サバの臭みが消えて、醤油の旨味と香りが加わって、
サバの油の甘みが引き立ち、ほんとおいしい!
って、そもそも、〆サバが美味しいからなのですが(笑)

こんなに簡単なら、また作りたいですねぇ。
「ビールを見て喉がなる」と言いますが、
まさに、思いだしただけで、喉がなり、唾液がでる!
おいしい冷酒なんかで、口の中を流したくなりますねぇ(笑)
スポンサーサイト