ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



尺八 &手続き

今日は定休日。

午後から自転車で芸文へ。
能楽堂で尺八四重奏団「破竹」のコンサートです。

1週間くらい前に、日報で取り上げられていたし、
好評につきアンコールコンサートだそうで、
会場は、ほぼ満席!すごい人気ですねぇ。

前半は、4人とも和装の袴姿で登場。
トークは「あれ?」というくらい抑えめで、
表情も硬い・・・。
『やっぱり能楽堂だから、
純粋で伝統的な尺八演奏なのかな・・・』
と少しがっかり。
選曲も、The・尺八曲というような曲。

尺八用の曲を聴いて、ふと思いました。
尺八用の音楽って、クラッシクの様な、
何分の何拍子っとかではないのでしょうか。

試しに色々拍を取ってみたのですが、
なかなか一定のリズムが取れず、
これが日本の和楽的な音色の特徴なんでしょうか・・・。
ど素人の私には、いまいち音色を捉まえ切れず、
ちょっと難しかった・・・。

でも、さすがのテクニックは色々あって、
4人のソロパートも加わって、
尺八そのものが出せるいろんな音色が楽しめました。
和楽器が奏でる独特の空気感、呼吸は伝わりました!
グリーンプラザの時より、
アコースティックな感じが良かったですねぇ。

後半は、一転、黒のスーツに着替えられて、
「前半は重すぎて、休憩中にお客さん、
帰えったんじゃないか心配でした~」
と本人たちが言うように、
後半になると、本来の?爆笑トークが戻って、
大いに笑わせて頂きました。

選曲も「天地人」など「時代劇メドレー」あり、
「クルミ割り人形」よりクラッシック曲があったり、
「津軽海峡冬景色」、梅沢富雄の「夢芝居」、
「民謡組曲」ありと、馴染みがあるものばかり。
しかも、アレンジが今風なので、
ド演歌な感じとかがなくて斬新で、
拍手も前半の倍くらいあって、ホント大きな拍手でした。

演奏後は、パンフにサインをしてもらえたのですが、
待ち合わせの時間を過ぎていたので、
仕方なく諦めて、そのまま古町へ直行。
年明けの韓国旅行の手続き&入金です。

当初予定していた出発日は、なんとキャンセル待ち!
しかたなく、次の日出発でも手続き。
保険は、新潟空港の自販機で買うつもりだったのですが、
「空港の販売機は撤去されました」
と言われ(後で調べたら、そんな事実はなかった・・・)
旅行社おススメの保険に入ることに。

手続き&入金を済ませると、
なぜかサツマイモのお菓子「芋けんぴ」を、
一人一箱ずつ粗品で頂きました。
でも・・・粗品なんていらないから、
他のサービスとか、安くしてほしかったかも(笑)

これでよっぽどのことがない限り、韓国旅行決行です!

ところで、途中、担当の方に、
「やっぱり、不景気でお客さん減りましたか?」
と聞くと、
「そうですね、正直減りましたねぇ。」
とおっしゃってましたねぇ。
衣食住以外のお楽しみ、旅行は、
真っ先に削られるのだとか。
またインフルエンザの影響も大きいそう。

ただ、韓国は、数年前から人気は変わらずだとか。
2時間で行けるし、金額・内容を比べると、
国内旅行よりお得感があって、
不景気もインフルエンザも関係ないそう。

確かに、3泊4日、全食事・観光付きで、
保険を入れても6万でお釣りがくるのだから、
お得感がありますねぇ。
なんで今まで行かなかったんだろ(笑)
スポンサーサイト