ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



手作りエプロン

今日のお店は、
2Fは貸切ランチがあったり、
1Fも常連さま方やお久しぶりの方々、
「お友達から聞いてきました」
という初めての方々などがご来店くださいました。
ご来店の皆さま、ありがとうございました。

ところで、今日の午後、
常連のお客さまがご来店くださって、
カフェエプロンと共布のバンダナを
わざわざ作って来てくださいました。
(紺色のエプロンの方です)
100308手作りエプロンセット
体型をよくご覧になっていたのか(笑)、
ダーツが入ってお尻まですっぽり、
ゆったり作られてて動きやすく、
バンダナも一枚布でなく、
結び手が別布で長めに縫いつけてあるので、
余裕があって結びやすい。
さらに「アイロンなんてしない人でしょ」
と、ノーアイロンでいい布にしてくださったそう。

ご自宅には、数十個もの簡易引き出しに、
山ほどの布が眠っているそうで、
スカートやブラウス作りから、
コートの直しまでご自身でされるそう。

某料理研究家のブランドのもので、
今日私が着けていたエプロンも、
「ボロボロになっても、使い勝手が良くて、
なかなか捨てられないんですよねぇ。」
と言うと、
「それ借りて行っていい?作ってあげるわ」
とおっしゃって、
後日同じようなものを作って来てくださるとか。

また今日お店に来ていた姪っ子にも、
持ってらした大量の布から好きな柄を選ばせて、
子ども用のエプロンを作ってくださるとか!

モノを作りだせる技術があるって、すごいですねぇ。
スポンサーサイト