ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



今年のGW

今年の5月は、3、4、5日とお休みしましたが、
近年稀にみる、内容も成果も少ない連休でした(笑)

2日の朝に痛み出した腰の神経痛。
体をまっすぐにすると、
立って歩こうとしても、横に寝ようとしても激痛が。

連休中にやろうと思ってた作業も何一つ出来ず、
悲しいかな、3日間、どこにも出かけることなく、
夏日のような熱い中、
腰とお尻にホッカイロを2枚も貼りながら、
テレビの前に座って一日時間つぶし。

悲惨なのが、夜。
寝ようと横になって足を延ばすと、痛くない姿勢が無い!
唯一痛くない姿勢が、なんと体育座りのみ(笑)。
結局、この3日間、毛布を体に巻きつけ、
ソファーの上で体育座りをして寝るはめに。

夜中は数時間ごとに目が覚めて、
痛くない姿勢を探しながら姿勢のチェンジ・・・。
「ヨーロッパ旅行のフライト中だと思えば、まだまだ」
「NYに行った時の『エコノミー13時間』よりまし」
と「長距離フライトの飛行機の中」モードで、
なんとか乗り切りました(笑)

そんな中、唯一の外の空気が入ってきたのは、
最終日の今日、オーナーの知人の方が、
「バングラディシュの料理一緒に食べない?」
と言って訊ねて来てくださったこと。

こちらの方、留学生に日本語を教えてらして、
昨日バングラディシュの留学生のお宅に招待され、
家庭料理をご馳走になりに行かれたとか。

「エスニックなら杜々に味あわせてあげよう」
と、お土産にもらってらしたという、
バングラディシュ料理を持ってきてくださいました。

が、さすがに腰が痛いため、
同席は遠慮させて頂いて、オーナーだけがお相手、
私は後でご馳走になりました。

バングラディシュのカレー
P5059417.jpg
カレーは、クミン独特の香りが強く、
スパイシーさが鮮烈!
自分でスパイスを調合したのが分かりますねぇ。
ライスも、ジャスミンライス?と思いきや、
パラパラ感、サイズ、特に香りが全然違います。

デザート
P5059419.jpg
ご飯をミルクで煮たデザートで、
おもったより甘くて、コンデンスミルクで煮たような味。
かすかですが、何かハーブか香辛料の香りがしました。

オーナーは、ご推薦の食べ方、
本場を真似て手で食べてみたそうです。
ご飯と具をぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのだそう。

最近、インド音楽を聴くことが多くなりましたが、
そういえばよくよく考えると、
同じアジアなのにインド方面といえば、
これまでほとんど馴染みがなかったなあ。

タイに行った時のマーケットで、
タイの民族衣装のつもりが間違って、
インドの民族衣装テイストの服を買ったくらいかも(笑)
ましてやインド系の本場の味は今日が初めてですねぇ。

それこそ学生の時から、
「一生のうちに一度は、インドに行かなきゃなあ」
とは思っているのですが、
なぜかこれまでほとんど行く機会がなかったですねぇ。

なんとも味気ない連休でしたが、
知人の方が寄ってくださったお陰で、
インド方面に旅行に行った「つもり」で、
自分を納得させたGWでした(笑)。
スポンサーサイト