ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



遠出の休日

今日は定休日。

お世話になっている演奏活動されている方より、
急きょ連絡があって裏方のお手伝いです。
10時にお店前でピックアップして頂いて、弥彦へ。

途中、岩室を通過。
岩室といえば、角屋悦堂さんの「おこわだんご」。
日テレの「ケンミンショウ」で、
新潟が特集された時に取り上げられましたねぇ。
夕方になると売り切れることも多いそう。

運転してくださった方が、
妹家族が食べたこと無いことをご存じで、
わざわざ寄り道してくださいました。

名物の「おこわだんご」を購入。
P5239562.jpg

1Pは6個入りで720円。
なかなか買いに来ることができないし、
妹家族もいるので、2P買いました。
P5239565_20100523223841.jpg
醤油おこわの塩味と小豆の甘さが絶妙だし、
2種類のお餅の食感もたまりませんねぇ。
初めて食べた妹も、
「おいしい~!」
と、夕食後!に2個も食べてましたねぇ(笑)

11時前には弥彦の目的に到着。
会場は、弥彦駅近くのギャラリー「はえゆ」さんです。
P5239566.jpg

開場まえの会場の様子。
P5239565.jpg
お手伝いの内容は、
演奏中の朗読に合わせて、
PCに取り込まれた画像ファイルをクリック、
スライドに画像を写すことです。

単なる裏方ではありましたが、
初めて出演者側の仕事を体験させて頂いて、
『間違えたらどうしよう・・・』心配したり、
頭の中でシミュレーションを何度もしたり、
日常には無い緊張感を味わいました。

久々に弥彦に行けて、念願のだんごも買えて、
ボケ気味の頭も活性化!
お陰で充実した休日になりました。
声をかけて頂いてなかったら、
明らかに昼過ぎまで寝て、だらけた休日でした(笑)
ありがとうございました!

5時半には家に送って頂いて、すぐに家族で外出。
姪っ子のパパさんが明日から北京へ移住し、
当分日本に戻らないため、
今日の夕飯が、家族との最後の食事となるので、
皆で久々に外食することに。

イオンなら授乳室があるだろうから、
イオンのレストラン街へ行くことに。

和食系がいいだろうと思ったものの、
結局、ジィジィが選んだ中華!のお店に決定。
なんで中華を選ぶかなあ・・・。
パパさんは明日から本場の北京なのに(笑)

大人数なので、一人1680円(2名以上)の、
10品を選べるバイキングセットを注文。
本来なら1グループで10品しか選べないのですが、
大人数で色々食べたかったので、
姪っ子のパパさんが中国人の店長に中国語で交渉、
特別に2グループ扱いにしてもらって、
沢山の種類をオーダーできることに。

前菜
ピータン豆腐
P5239568.jpg

キュウリの和え物
P5239569.jpg

クラゲの和え物
P5239570.jpg

チャーシュー
P5239572.jpg

鶏から揚げレモンソース
P5239578.jpg

小龍包、エビシュウマイ、カニ蒸餃子
P5239577.jpg

P5239575.jpg

小松菜の炒め物
P5239582.jpg

エビマヨ
P5239584.jpg

イカの唐辛子炒め
P5239588.jpg

香港風焼きそば
P5239593.jpg

エビ炒飯
P5239596.jpg

ごま団子
P5239603.jpg

タピオカココナッツミルク
P5239606.jpg

ワン・ソフトドリンク付き。

今日が2回目ですが、どれもハズレなし。
味も香りもマイルドなので、
小さな子どもから年配の方まで口に合いますねぇ。

が、あまりに沢山の量で食べきれず・・・。
残りをお持ち帰りにお願いしたら、
それぞれ料理が混ざらないようにラップして、
パックに入れてくれました。

今度中華を食べる時は、
北京で本場の中華料理になるかなあ・・・。
スポンサーサイト