ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



手芸

今日は暑かったですねぇ。
そんな中、2Fにはママ&お子さまグループが、
1Fでは、常連の方々や
以前展示してくださった3名さまが、
偶然にも次々とご来店くださいました。

皆さま、ありがとうございました!

また8月に猫グッズコレクションと
手作り猫作品展示してくださる方がいらして、
展示品を搬入してくださいました。
ありがとうございました!

こちらの方のご紹介で、
9月に展示をしてくださるご夫婦もご来店くださって、
作品をいくつか持ってきてくださいました。
P7069932.jpg

色んな色の布を何枚か重ねて縫い、
縫い目と縫い目の間をハサミで裁断!して、
敢えて「ほつれ」を出すのだそう。
P7069933.jpg
せっかく縫ったのに切ってしまうなんて、
すごいアイデアというか、発想の転換です。
初めて拝見しましたねぇ。
オーナーは、同じようなやり方で作った、
洋服を来ている方を見たことがあるとか。

ピアノの上に置いてある二胡に掛けたら、
色合いといい、サイズといい、ぴったり!
布のヒダ部分が開いて、面白い模様が出ましたねぇ。
P7069937.jpg

同じような手法で作られた、
箱ティッシュカバーも頂きました。
P7069935.jpg
この手法を使ったものは、
フラットに使うよりも曲面や立体的に使うと、
重ねた布のヒダ模様が生きますねぇ。

また、姪っ子には、
絹の着物生地で作られた巾着を頂きました。
P7069939.jpg
手間のかかったものを幾つも頂いてしまって、
誠に恐縮です。ありがとうございました。

9月の展示の時には、
2Fにパッチワークの大作を展示したり、
手持ちの着物生地なども販売されたいとか。
どんな展示になるか楽しみです!
スポンサーサイト