ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



台湾ボーロ

今日は閉店後、買い出しのためにムサシへ。
自分の買い物が終わり、
一緒に行った妹が食料館で精算をしていたので、
それを待つ間、パン屋さんに入って時間つぶし。

商品棚を見まわしていると、
「台湾風」がついたパンが3種類も!
『レシピ開発で「台湾」まで行ったかあ。
パン業界も大変だなあ・・・・』
と思いながらそれぞれを見ていると、
「台湾風」パンの中に、見覚えのある名前が!

その名も「台湾ボーロ」。
清算が終わった妹を呼んで商品を指さすと、
「あー!、黄伯父さんの店のだー!
なんでここにあるのー?!」
とびっくりしてましたねぇ。

台湾に行った時、
親戚の人がパン屋のオーナーで、
人気商品の「ボーロ」を頂きました。
1日に3000個!売ったという人気商品で、
雑誌に取り上げられたこともあるそうで、
雑誌の切り抜きがお店に貼ってありましたねぇ。

いわゆる台湾の「メロンパン」だそうで、
あまり味の記憶が残っていなかったので、
強烈な個性のある味では無かったのかも。

味見用にカットされたものが置いてあったので、
妹、姪っ子と一緒に味見をすると、
「そうそう、この味、この味!」と妹。
「おいしいねー」と姪っ子も言うので、
買って帰ることに。

こちらの「台湾風ボーロメロンパン」は、
大きめのメロンパンサイズで、1個157円。
台湾ボーロメロンパン1
パンの上を覆っているクッキー生地が、
日本のものより、メロンとかバニラとかの香りが無く、
ずっと焼き菓子風で素朴な感じで美味しい!

中華っぽい香りなんか全くないし、
言われなければ、台湾風なんて分からないかも。

台湾ボーロメロンパン2

台湾の親戚の店のボーロは、
中にクリームは入っていませんでしたが、
こちらのパン屋さんの「ボーロメロンパン」は、
軽めのカスタードっぽいクリーム入り。
台湾ボーロメロンパン3
「クリーム入りも美味しい!」と妹。

「ボーロ」って焼き菓子を指す言葉ですが、
台湾ボーロは、さすがボーロと言うだけあって、
日本のメロンパンよりクッキーテイストが強いし、
中にクリームも入っているので、
パンとお菓子の両方が楽しめますねぇ。
また買いにいこうかなあと思います。

スポンサーサイト