ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



ヤケドのその後

先日負ったヤケドですが、
ヤケド3日には、こんな感じに。
やっぱり火ぶくれが出来てしまいましたねぇ。
やけど3日目
改めて見ると・・・
なんだか皮膚の奇病みたい(笑)。

ところで、今日の夜は、チビの執着が私の足に。
5分くらい、私の足に噛みつきまくったチビ。
PB040345.jpg

そういえば、2カ月前にもありましたねぇ。
チビ9月

チビ9月2
この頃は、まだ小さかったので、
甘噛み程度で可愛いものでしたが・・・。

今や本気噛みをするので、皮膚に穴があいたり、
ヘタすると流血ものです。

「もう治らないよ~」
と、やっぱり噛み癖のある成猫を飼っているお客さま。
どうも、チビの場合、親猫や兄妹たちから、
1か月足らずで引き離されたのが原因だとか。
こんな状況が、後10年以上続くのでしょうかねぇ・・・。

チビとのお遊びが終わり、お風呂に入り、
ヤケドの消毒をしようとしたら、
チビが寄って来て、患部の匂いを嗅いでましたねぇ。

1日中、ラップで密閉してるので、
傷口が露出している訳ではないのに、
「バンソウコが蒸れた」あの匂いが・・・。
PB040346.jpg
チビには、たまらない匂いだったみたいで、
しばらく嗅ぎまくってましたねぇ(笑)

消毒の邪魔だったので、
チビを手で追い払うと、突然、さっきの戦闘モード!
『ヤバイ』と思いつつ、気をそらした瞬間、
チビは右足の甲の上に馬乗りになり、
患部に噛みついている!

次の瞬間、たら~と黄色い液体が流れ出している!
「ちょっとー!なんてことしてくれたのー!!」
PB040347.jpg
今まで破れないように気をつけてきたのに・・・。
またしてもチビにやられるとは。

黄色い液体は、全くの無臭。
仕方なく、液体を押し出し、拭きとっていると、
今まで全く痛くなかった患部に、
ヒリヒリと痛みが出てきました。

「下から新しい皮膚が出来てくるまで、
水を入れとかないと、痛いぞー」
と父に言われたので、
少し水を残して、切り口を消毒し、
切り口にバンソウコを貼ることに。
PB050348.jpg
結果的に、痛みも、水を残したせいか、一時だけ。
伸びきった皮膚も、元通りに貼りつきました。
でも、跡はそう簡単には消えないだろうなあ・・。
まあ、キズモノで困るような歳でもないので(笑)、
大して気にしてはいませんが。

いや~、チビにはホント要注意です・・・。
スポンサーサイト