ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



立松和平写真展始まりました!

今日から、「立松和平 写真展」が始まりました。
201011立松和平写真展

生前、立松さんは、ダルニー奨学金を通じて、
奨学金をラオスに支援してらして、
昨年、ご自分の奨学生に会いに行かれた立松さん。

ご自分の奨学生とそのお母さんと一緒の写真、
村をあげての伝統的な歓迎会の様子、
村の生活の様子など写真展です。

今日ご覧になったお客さまが一言、
「未来があるって感じの写真だねぇ」
とおっしゃってました。

ところで、驚いたことに、
立松さんが訪れ、滞在した村は、
ハドチェンジー村と言って、
なんと3年前に私も滞在した村でした!

メコン川を渡ってラオス入りする際、
川の税関を通って上り下りした急階段や、
見覚えのある船着き場の写真、
村を離れる朝、托鉢した村の集会場も!
ホームステイした家の子どもに似ている、
子どもの姿もありましたねぇ。

「あれから個人の寄付で立派な校舎が建った」
と話には聞いていましたが、
建築途中のレンガ造りの校舎の写真なんかもあって、
ほんと懐かしかったですねぇ。

立松さんも同じ村に行かれていたなんて、
ほんとご縁を(勝手に)感じます。
ぜひ、ご覧くださいませ!
スポンサーサイト