ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



買い出し

今日は閉店後、
北京から頼まれた品々の買い出しへ。

北京市内にもイトーヨーカドーが出来て、
日本の食材も冷凍で手に入るそうですが、
やはり美味しくないそう。

企業の駐在員の奥さまたちは、一時帰国すると、
シラスやさつまあげ、アラスカなどを、
保冷してまで北京に持って帰るそう。

今回頼まれた品々は、お菓子類。
あちらのお菓子は美味しくないそうで、
日本のお菓子も売ってるそうですが、
種類は少ないし、倍以上の値段とか。

リクエストは、乳幼児用のお菓子やら、
チョコレート菓子、米菓、ちらし寿司の素、
ハヤシライスのルー、真空の切り餅、きなこ、
かつお節、のり、などなど、
5000円分くらい買って来ました。

頼まれたお菓子の量は、
スーパーの買い物かご2つ分以上!
幼稚園のママさん同士のお付き合いが頻繁で、
お宅への「お呼ばれ」の時に手土産に必要とか。

手持ちの中で一番大きなスーツケースは、
ほとんどがお菓子で埋まってしまいましたねぇ(笑)。
まあ、お米だ、味噌だ、醤油だとリクエストされたら、
完治していないヘルニアの腰では、
多分運べないでしょうねぇ。

ところで、28日に出発予定ですが、
その日、韓米で軍事訓練が予定されていて、
北は、第2、第3の砲撃を宣告しているようで、
予断を許しませんねぇ・・・。

当事者国に行くのではないので、
最悪のケースにはならないと思いますが、
北京は、現地からそう遠くない位置関係。
非常事態の時、モノ事はどう動くのか、
身を持って実体験する機会に遭遇するかも・・・ですねぇ。
スポンサーサイト