ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



初漢方

この度北京に行くにあたり、
携帯を一番安い最新の国際仕様のモノに、
急きょ買い換えたのですが、
3年ぶりに携帯を買い換えてビックリ。

ワンセグテレビはキレイに映るは、
画素数も500万画素以上で、
そこそこのデジカメ並みにキレイに写るし、
動画もほんとキレイに映って、録画時間も長い。
ピントは、スーパーマクロでさえオートフォーカス!

難点は、画像データをPCに落とす際、
毎回携帯のバッテリーをはずして、
SDカードを取り出すことくらい。

テレビ、カメラ、ムービー、メール、電話、
がこれだけの高性能で揃っていれば、
3万円くらいのお値段も納得ですねぇ。

ということで、
オーナーがデジカメをハワイへ持っていたので、
しばらくの間、携帯画像をお楽しみください。

今日は、オーナーのお友達の方が、
ルレクチェのハネモノを持ってきてくださいました。
20101210ルレクチェ
この冬の初物ですねぇ。
いつもご馳走さまです!

傷や熟れ過ぎ個所はあるものの、
味は変わりないですからねぇ。
今日お食事をしてくださったお客さまに、
少しずつですがサービスでお出ししました。

また今日は、台湾から速達で漢方薬が届きました。
20101210漢方薬
というのも、北京に行った目的の一つが、
そろっと2年が経過しようとしている、
慢性の機械性蕁麻疹体質に、
漢方を処方してもらうことでした。

台湾にいる親戚のご厚意で、
北京からTV電話で台湾の漢方医に問診してもらい、
薬を処方していただきました。

せっかく北京に来ているので、
セカンドオピニオンをもらうのもアリと、
北京の漢方医にも問診してもらうつもりでしたが、
問診料だけで1万円!くらいと聞き、断念。

漢方薬の処方は、人ごとに違うそうですが、
ほんと問診の内容は細かくて、
患部のみに関心のある西洋医学とは違いましたねぇ。
診断結果その他は、後日ブログでアップしますが、
とりあえず、処方された2週間分をトライしようと思います。

が・・・
説明書が中国語のため、飲み方が分からない(笑)。
まず知り合いの中国の方に、訳してもらってからですね。
スポンサーサイト