FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



日報さん取材

今日は、朝から姪っ子はご出勤。
「A子が出来るお手伝いは~?」
とやる気満々。
小さいものなら配膳もしてくれたり、
初めての方々から声を掛けて頂いても、
ちゃんと受け答えが出来てましたねぇ。

今日はお昼すぎ、いつもの料理好きの方が、
お焼きを手作りして持ってきてくださいました。
カボチャ、野沢菜、ナス味噌の3種類。
20110204手作りお焼き
いつものことながら、居合わせた皆さまにも、
少しずつですが味見でお出ししました。
もっちり皮と濃いめの具が、美味しかったですねぇ。
いつもごちそうさまです!

午後からは、昨年姪っ子を可愛がってくださった、
常連さまのお一人がご来店。
姪っ子にお菓子を買ってきてくださいました。
20110204お菓子プレゼント
わざわざありがとうございました!

午後には、顔見知りの常連さま方が、
姪っ子相手に手品をしてくださいましたねぇ。
20110204お客さまと手品
が、姪っ子といったら、
「ゆびで動かしてたんでしょ!」
「手の中に水が入ってたんでしょ!」
と1発でタネが分かってしまって、
「キビシイな~」とオトナ泣かせ。
最後は、手品を一緒に練習してましたねぇ(笑)。

夕方には、昨日切り紙遊びをしてくださった方が、
別件でご来店くださったのですが、
今日も姪っ子のお相手をしてくださいました。
20110204工作

また初孫さんのお下がりを、
姪っ子に持って来てくださいました。
20110204お客さまからお下がり
昨日に続き、今日もありがとうございます!

ところで、午後の4時過ぎ、
面識のない日報の記者さんからお電話が。

この1日からの新展示、
「ばばたちのホノルルマラソン体験展」
を取材をされたいとか。
さらには「一緒に走った方々の話も聞きたい」
とおっしゃるので、急きょ皆さんに電話して、
お忙しい中、集まって頂きました。

記者さんがいらっしゃると、
皆さんに手伝っていただいて(笑)、写真撮影。
20110204日報さん取材

後は、「なんでホノルルマラソンに挑戦したのか」
などなどを、皆さんに取材されてましたねぇ。
20110204日報さん取材2
記者さんの上司の方が、
イベント情報欄で当展示のお知らせを見て、
「取材して来い」
と言われて、こちらの記者さんがいらしたそう。

電話の段階で、
「載らないかもしれませんが・・」
とおっしゃってたそうなので、
掲載はあまり期待でき無いかもしれませんねぇ。

「きっと『ばばたち』っていうのが良かったのよ」
とオーナーは言っておりましたが、
「こういうコトする人いないから」
とお仲間のお一人。
確かに!そうですよねぇ。(笑)

でも、他のお仲間の方からは、
「あなたがお店やってるから集まれるし、
思い出話が出来るのよー。
『行って楽し、帰って来て楽し』だわ~」
と言っていただきましたっけ。

また、お仲間のみならず、
ツアーでたまたま一緒になったという方々や
ツアーの監督さんが展示の話を聞きつけて、
写真や貴重な展示品を突然持って来てくださって、
お陰さまで、思いのほか展示内容が充実しました。

当初展示にあたり、
「オーナーの自己満展示に終わるのか・・・」
と内心心配していたのですが、
色んな方が展示したいものを持ってきてくださったり、
新聞社さんが気に留めてくださったということは、
『少しはやる意味が合ったかしら?』
とちょっと思い直し始めました。

まあ、展示を観た妹が、
「楽しそうだねぇ~」
としみじみ言ってたそうなので、
それが伝わっただけでも良かったかも。

あわよくば、「ばばたちの挑戦」を見て、
「私でもまだまだイケるかも!」
と一人でも思ってくだされば、
展示した意義があるかもしれませんねぇ。
スポンサーサイト