ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



ドーナッツ棒

今日は、オーナー、
朝のコーラスサークル帰りのご出勤。
お店に入ってくるなり、
「あなたにお土産よ~」
と紙袋を差し出しました。
20110215黒糖ドーナッツ棒1

「誰からか当ててみて」
「・・・・あ、Aさんだ!」
Aさんは70代のオーナーのコーラス仲間。

先月ご来店の時、
「黒糖ドーナッツ棒」なるお菓子を、
オーナーと2本ずつ頂いたのですが、
それがとても美味しかったんですよねぇ。

自分でも手に入れたくて、
食べずに大事に1本取っておき、
「こないだ頂いたこれ、
何処で手に入れたんですか?」
と後日いらした時に伺うと、
「あれ~、食べなかったの~?」
「もったいなくて、食べれなかったんですー」
「ちょっとしかあげなくて悪かったわねぇ。
そしたらまた注文して買ってあげるわよ~」
とおっしゃてくださっていました。

で、今日、カワイイ紙袋とシールに入れて、
オーナーに渡してくださったそうです。
すぐに携帯にお礼の電話をしました。

すっかり忘れてましたが、
ちゃんと覚えててくださったんですねぇ。
ありがたいことですねぇ、ほんと。

人差し指くらの長さの棒型で、
ベースは、硬めの揚げドーナッツ。
沖縄のサーターアンダギーみたい。
その表面には黒蜜が染み込み、しっとり。
サイズも食べ易くていいですねぇ。
20110215黒糖ドーナッツ棒2
コーヒーにも合うので、
お食事をご注文くださった方々にサービス。

午後には、
オーナーのラジオ体操仲間の男性がご来店。
前回いらした時、寝坊してラジオ体操を休み、
「(毎日会っている仲間に会えなくて)
なんか落ち着かなくてさ~」
と言ってらしたので、
「あら、今日も寝坊しちゃったんですか?(笑)」
「勘弁してくれてー(笑)」
とおっしゃったのですが、
「そうじゃないのよ!Bさん、今日誕生日で、
ラジオ体操のみんなでお祝いしたのよ~」
とオーナー。
「そうなんですか!それはおめでとうございます!
・・・敢えて歳は聞きませんが(笑)」

今朝のラジオ体操の後、
お仲間がハッピーバースデーの歌を歌って、
お祝いしたのだそう。
『そういうことなら・・・』と、
誕生日ケーキの替わりではないですが、
昨日のサービスチョコと棒ドーナッツ、
手作り酒まんじゅうを特別サービス!

帰り際には、
「また次来た時、饅頭食わしてくれっや」
とおっしゃって、お口に合ったみたいですねぇ。
良かったです!

ところで実は、Bさんとの「始めまして」は、
数年前に突然お店に掛って来た電話。

その時の電話の内容は・・・・
『オーナーの血圧がかなり高いらしいけど、
冬の寒い朝、起きてすぐにラジオ体操に来るのは、
万が一があるといけないから、
寒い間はしばらく来ないように言っといて』
というもの。

面識のない方からの電話で、
しかも家族以上に心配してくださるので、
最初は面喰ってしまいましたが、
10分以上に渡って真剣に心配されるので、
「言っても聞かないんですよ、あの人は!
Bさんからも言ってやってくださいよ!」
「そうだ、こういっちゃなんだけど、
頑固すぎるのも良くない。」
と、最後には互いに意気投合?モード(笑)。

ドーナッツ棒の方しかり、こちらの方しかり、
家族や親族の間柄でなくても、
親身な人間の関係性があるということを、
お客さまから教えていただいております。
スポンサーサイト