ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



伝統

今日は、開店前、
オーナーは近くの小学校へ。
というのも、『鼓童』の巡回公演があって、
チケットを譲ってくださる方がいて、
聴きに行ってきました。

帰ってくるなり、
「すばらしかったわ~」
「子ども参加の教え方も上手だったわ~」
「床から体に振動が伝わるし、
体育館のガラスが振動でガタガタ言ってたわ!」
「狩野さんもあそこにいたのねぇ。
素晴らしいはずだわ~」
と朝から興奮冷めやらぬ状態でしたねぇ。

私も、小学校の時だか、佐渡で聴きましたが、
あれは体で聴く音楽というか演奏ですねぇ。
本格和太鼓は、あれ以来機会がありませんが、
その時の衝撃は、今でも記憶に残っていますねぇ。
なかなか和楽器の音に触れられない昨今、
今日の児童たちも良い機会になったことでしょう。

お店の方は、
今日も展示者の石川さんがご来店。
お嬢さんもご一緒でランチをしてくださいました。
連日、ありがとうございました!

他にも、お久しぶりの方々や、
ヨーガ教室の生徒の方々、
お茶タイムのグループさまがご来店、
閉店近くまでゆっくりされてましたねぇ。

ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、午後に、
燕の伝統工芸の彫金作家さんがご来店。
ご家族全員が作家さんというご一家で、
今日いらしたのは、すらーとした美人姉妹!
私と同世代のお二人ですが、
伝統工芸の世界で新しい境地を広げるべく、
頑張ってらっしゃる若手のお二人です。

10月に当店5周年特別企画として、
作品展をして頂くことになり、
作品のいくつかを見せていただきました。

銅彫金では珍しいという色味のある作品や、
モチーフがモダンな作品も。
さすがに手の込んだものは、数万円と、
すぐに手が出るお値段ではありませんでしたが、
その手間と時間を考えれば、納得というもの。
どんな展示になるか、楽しみです。
スポンサーサイト