FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



グッドニュース

今週初め、常連さまが息子さんとご来店。
息子さんは、イタリア在住のヴァイオリン職人で、
お仕事の関係で帰国中とかで、
いつも新潟に帰郷されると寄ってくださいます。
以前は、自作の楽器を弾いてくださったことも。

で、今日嬉しい報告があり、
息子さんが作られたヴィオラが、
昨日2台!も某交響楽団に売れたとか。
国際コンクールで上位を収めただけありますねぇ。

ヴィオラやチェロは大きい楽器のため、
職人が手を抜くことが多く、良品が少ないそうで、
その点、息子さんは丁寧に作られるので、
音色が比べ物にならないくらい良いのだそう。

次回の帰国の時には、チェロなども持って来て、
フィルの団員さんに見せる約束になったとか。
決して安い買い物ではないでしょうから、
丁寧な仕事をし続けていれば、
口コミが広がっていく可能性もありますねぇ。

いや~、帰国の度にステップアップ、
次に繋がる成果を上げてらっしゃってて、
30代そこそこの若さで、すごいですねぇ。

そうそう、ヴィオラを1台新潟に残し、
イタリアに戻られたそうですが、
プロの奏者の方がそれを預かって、
すでにコンサートなどで使って育ててるそう。
音色がほんとに良いらしく、
チェロの様な音色が出るのだそう。

いつかそのヴィオラを聴く会が出来たらいいですねぇ。
スポンサーサイト