ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



検査

今日は開店前、保健所の立ち入り検査がありました。

もちろん、何か問題があったわけではなくて、
今月で5年間の営業許可の期限が切れるので、
先週、8千円+諸経費800円を保健所に支払って、
営業の更新の許可を申請。

保健所が許可書を出すにあたり、
開店時に提出した厨房とトイレ周りの施設に、
増設などの変更があるかないかと、
衛生面のチェックを一応するとのこと。

いらした保健所の方は、比較的若い男性。
まず化粧室周りのチェックをしてから厨房チェック。

設置義務のある、シンクの数、
厨房入り口前の手洗い場と、
冷蔵庫内の温度を量る温度計の設置を確認し、
包丁の設置場所のチェック、
施設の変更箇所については変更理由を問われました。

衛生面のチェックも問題なく終了。
1週間くらいで営業許可書が届くとのこと。

あと、店内のイベント写真やサイン色紙を見て、
「沢山のお客さんが来ると、
他でノロウイルスに感染した人が、
こちらのトイレで吐いたりして、
そこからの感染が広がったとしても、
お店で提供したものが疑われることがあるので、
『いついつお客さんが吐いた』
などと記録に残して置いてください。
そちらの方に調べがつきますので」
「へー。
じゃあ、吐いたモノ取っておいた方がいいですか?」
「いや~、そこまでしなくても」

などなど、色々お話聞かせて頂きました。

これから冬の時期は、
実はノロウイルスが猛威をふるう時期とか。
気をつけねばなりません。

そうそう、職員さんが乗ってらした車が、
車の上には選挙カーの上に乗ってるような音声拡張器、
車体には「地域防犯パトロール」の文字・・・。

まさか市の財政が厳しいから、
防犯課との共同車しか使えないとか(笑)。

まあそんなはずはないでしょうが、
飲食店の駐車場に「保健所」の文字の車が止まってたら、
それこそどんな噂が立つやら。
法律で定められた正当な検査で来てるとはいえ、
そんな車で来られたら、ある意味営業妨害です。

そういえば、以前、
とある裁判でオーナーの所に調書を取りに来た、
警察の方も背広姿だったし、車も普通車でしたねぇ。

お上の仕事なんて横柄なイメージありましたが、
ちゃんと市民生活に配慮してるんですねぇ。
スポンサーサイト