ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



キャンドル台をご購入された皆さまへ



この度は、キャンドル台をお買い上げいただき、
誠にありがとうございます。

キャンドル台で使用するティーキャンドルですが、
当店で販売・おススメしたティーキャンドルは、
色々試した中で比較的ススが少ないものでしたが、
一番最初に点火して使うとき、
ポット底へのススの付着が避けられませんでした。

その後、色々試した結果、
ススが付かない方法を発見いたしました!

キャンドルの芯を短くカットしてから(写真右側)、
20111130キャンドルの芯の適切な長さ

火を付けると炎のサイズが小さくなり、
ポットの底との間に隙間が出来るので、
最初から燃やしてもススが付きませんでした。
20111130キャンドルホルダーと炎の大きさ

同じキャンドルを何回かに分けて使用する場合、
ロウ、芯の量が減って行きますので、
炎が低く小さくなってススは付きません。

心配の方は、いずれの場合でも、
芯を短くカットしてから点火していただければ、
ポットの底にススは付きません。

上記のように使用しますと、
キャンドルの火力は小さくなりますので、
最初から熱湯を入れ、お茶の保温台としてお使いください。
スポンサーサイト