FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



「朝日新聞」さん取材

今日も、常連さまを始め、
お久しぶりさま、初めての方々や、
福島ナンバーお子さま連れのママさんたちが、
作品を観にいらしてくださったり。

2Fは、先月何度かいらしたママさんと、
ママ友さん&お子さまグループ。
前回フレンチトーストを食後にご注文されたようで、
今日も食後にご注文くださいました。

が・・・・
1Fで、地域の元運動推進委員の6名さまが、
ご予約なしで久々にお昼を食べにご来店。
フレンチトーストを食後に間に合わせることが出来ず、
あろうことか、お客さまにキャンセルを願う羽目に。

せっかくご注文頂いたのに、
全くもって申し訳けございませんでした。

お昼には、
「朝日新聞」の記者さんからお電話。
「春のてしごと展」の取材の申し込みが。
ランチタイムをはずして頂き、
2時にご来店されるとのこと。

が、予約の2時前になると、
「前の取材が押してて、4時に変更しても大丈夫ですか」
と取材時間の変更連絡が。

4時にいらっしゃると、展示のことだけでなく、
当店の名前の由来から床板のこと、メニューを始め、
常設展示の作家さんのこと、店内の珪藻土の壁など、
色んな所に興味を持たれてましたねぇ。

展示のことについても細かく興味を示されたので、
「春のてしごと展」のいきさつや経緯、
布の提供くださったお客さまのことなども、
お伝えすることにしました。

「某局さんは、展示開催に至るまでにあった、
『新潟市民』とのつながりに全く興味無かったようで・・・。
でも実は、その色んな市民とのつながりが無かったら、
この展示も無かったんですけどね・・・」
とお伝えすると、
「そうだったんですねぇ。
実は、避難者交流施設での展示会じゃなくて、
なんでこちらでなのかって思ってたんですよ」
「そうなんですよ!
うちはギャラリーなので、
場所を提供するという形で応援ができたんですけど、
福島でなくて『新潟』のメディアだからこそ、
『新潟市民』との色んなつながりを伝えてたら、
「自分でも出来る支援があるかも」と、
沢山の新潟市民に思って頂けたと思うんですけどねぇ。
まあ、各局でそれぞれテーマがあったんでしょうけど」

それからも、2Fに上がってスペースを見たりと、
じっくり取材されてましたねぇ。

とても感情豊かにお話を聞かれる記者さんで、
ほんと、聞き上手な記者さんでした。

最後に、オーナーの写真撮影も。
P3128048.jpg
写した画像をちゃんとオーナーに見せてくれるなど、
丁寧な対応ぶりでしたねぇ。

週末の高島さんのパステルアート体験教室にも
取材にいらっしゃる予定だそうで、
ご来店時間と駐車場予約をしてくださいましたねぇ。

遅くまでお疲れさまでした!
スポンサーサイト